アメリカ独立革命の目的は端的に言って、「重商主義への反発と自治権問題」と教わったのですが、重商主義のところが、ピンときません。アメリカの北部商工業者が自由な貿易活動を望んでいたことはわかるのですが、それと、イギリス(または、他国の)の重商主義とどう関係があるのでしょうか。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

イギリスが当時進めていた重商主義とは輸出を増やして輸入を制限しましょう!


そして国内の産業を発展させましょうみたいなものだったらしいです。

当時のアメリカで植民地の自治をイギリスは認めていたのですが、商工業には
重商主義政策にて発展を抑えられたことに不満があった植民地人が反乱を起こした
らしいですね。
その間にはいろいろな事件があったらしいですが、根源はこの辺みたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど、重商主義の根本は貿易差額主義ですもんね。そこから、アメリカの産業の発展は押さえられていったんですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 07:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報