『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ガンバの選手は、過去に日本人、外国人を問わず次々スタメンから外され、移籍してしまうケースがありますが、
そんなに監督との相性が悪いのでしょうか?

A 回答 (1件)

「監督の方針に従わない選手はいらない」という主義のようで、選手側から意見する事さえ許されない環境のようですね。



西野監督は自身が提唱する戦術に対する絶対的な自信があるようです。
また、チーム内の規律にも人一倍厳しい監督です。
現在率いているガンバだけではなく、過去には柏やアトランタ五輪代表監督時代にも同様の処置を行っています。
当時五輪代表の中心選手だった中田選手が五輪中に監督に意見し、次の試合でスタメンからはずされたのは有名な話です。

相性が悪いのかどうかはわかりませんが、選手が意見を言えない環境をつくる監督にも責任があるように思います。
ですが、西野監督はこのスタイルで結果を出しているので複雑なところです・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/05/14 18:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング