状況説明が長くなりましたが、スミマセン。
状況を詳しくご説明しなければ、的確なアドバイスを頂けないと思い…。

ご質問はこれからです…。(^_^;)

さて、この場合、彼女は音信普通となっている彼に何かを要求することはできるでしょうか。
(どうにかして、子育てのために作ったとも言える残りの借金分でも分捕ってやりたいものですが…)
私自身、法にくわしくありませんから、彼女に「こうすればいいのよ」というアドバイスをしてやれません。

彼女は
  *母子医療手当て
  *県からの母子家庭養育補助(4ヶ月で11万)
をもらっています。

昼間はパート、夜はPCでの入力作業などの仕事を請け負っており、これ以上働くことができないようです。
持病も3つほどあり(血栓症・喘息・子宮内膜症)、あまり丈夫ともいえない体ですから、これ以上ムリをして欲しくないのです。

何らかの形で救済できる方法があるなら、教えてください。
(宗教の是非に関する回答・アドバイスはお断りします。彼女の決断は、宗教うんぬんを抜きにして“英断”だと私は信じていますので)

ちなみに、彼はもう結婚をし、幸せな(怒!)家庭を築いているそうです。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まずお断りしておきますが、実際に行動するときには弁護士さんとよく相談の上行動されるほうが良いでしょう。


市町村では無料法律相談などもありますし、お住まいの県の弁護士会から紹介してもらうことも可能です。
母子家庭の場合は確か色々補助などもありますので、まずは相談してみることです。

さて、ご質問のケースですが、
借金云々と、養育費の問題は法律的には別個のものなので分けて処理する必要があります。

1.養育費について
まずは相手方と相談することになります。どうしても相手が認めない場合は法律に乗っ取って対応することになります。
(ここから弁護士の出番となります)
認知されていないと言うことなのでまず認知してもらいましょう。これがないと先に進めません。
認知を拒否された場合は訴えを起こすことになります。
基本的には相手が自分の子供で無いという立証が出来なければ認知されることになりますので、勝てる見込みは非常に高いです。
無事認知がもらえた場合、この認知は子供の出生児に遡って適用されます。
つまり、養育費も遡って支払わなければなりません。具体的にどの位を支払っていくのかなどは調停、だめならば裁判となります。
金額は大体月に3~5万円の範囲と思って下さい。(請求するだけならばいくらでもかまいません。)
厳密には養育費の権利はその子供にあります。よって親権者である母親がかわりに請求するわけです。
実の親には子供を養育する義務があり、また子供は親と同一の生活水準の生活をする権利が法的にもありますので拒否は出来ません。
(もし、話し合いがうまくいき、裁判にならなかった場合でも、裁判所による調停または公正証書による約束を取り付けることが重要です。これにより、もし将来不払いなどがあった場合は、直ちに強制執行できることになります。)

2.借金について
どこからの借金かわかりませんが、支払いが可能な範囲であれば早く返済することです。
ご質問及び補足内容を読む限りは、そのご友人には支払い義務はないかもしれませんが、ご両親には間違いなくあるでしょう。
こちらも具体的に話によっては軽減する方法(借りているところの金利が高い場合は安くするなど)などがある可能性もありますので、弁護士さんに相談して下さい。
気を付けなければならないのは、既にご友人は成人していることと思いますが、かわりに借金を支払わないことです。
こちらの方はすぐに弁護士さんに相談して下さい。成人していて借金の肩代わりをすると自分にその借金の支払いの義務が発生することがあります。

さて、借金がどうにもならない場合には、任意整理又は破産+免責という手段もあります。
財産がある場合(家、土地など)はこの方法を採ることは難しいですが。

これ以上は具体的な内容見て考えないといけないことが多いのと、私もそこまで詳しくないので、あくまでアウトラインとして見て下さい。
いずれにしても現在の状況は法律の力を使って打開できるもので希望は大きくあります。
お子さんのためにも元気を出して希望を持って生きて下さいとお伝え下さい。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいアドバイス、ありがとうございます。
すぐにこのアドバイスをプリントアウトして、彼女に渡してやろうと思います。
何分総合的に「マイナス200」という銀行通帳の数値になっていますので、分けて考えることが出来ませんでした・・・。
せめて今までの養育費らしき?額でも分捕れたら?・・・と。
とりあえずマイナスだけでも消してやりたい一心でご相談しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 10:41

SALAさん、こんにちは。


補足の内容を拝見させて頂き、借金がないと分かりホットしております。
まずは良かったと思います。
整理すると、借金ではなく、叔父様にあと200万円の貸しがあるとの事
でよいですよネ。

いずれにせよ、まず、ご友人の方の生活基盤を安定にする事を第一
優先順位として、考えましょう。
それから、ご指摘の男性との争議を改めて考えられた方が良いと思います。
(これは、私見ですが、その争議は長くかかるのではないかと思います)

生活基盤の安定の為に、
1.そのご友人のお住まいの行政区の区役所の福祉課へ一度ご相談
  にいかれる事を強くお勧めします。
  そして、生活保護の支給のご相談をなされて下さい。
  恐らく、ご記載になっている状況であれば、
  ○生活扶助
  ○扶養扶助
  ○教育扶助 等の対象になるのではないかと考えられます。
  詳しい状況が分かりませんので、まずはご相談に行かれて下さい。
生活保護なんてとお考えになる方もいらっしゃいますが、これは国民全体が
受けれる権利であり、恥ずかしい事ではありません。
そして、現在、どのような所にお住まいかは分かりませんが、これらの
ご相談の際、
  ○住宅扶助 等もよく聞いて下さい。
お身体もご病気がちであり、扶養されているお父様もパートの収入との事
そうすると、少なく見ても親子3名(お母様がご存命であれば、4名となりますが‥)
それであれば、少なくとも一定基準の金額を満たされていない場合になりますと
それらの扶助を受けられます。
(ある一定の貯金があっても受けられます。)
そして、まず、生活基盤の安定を図り、先程の男性の件への対処を行いましょう。
そして、時間がかかるかもしれませんが、その一件にて、何らかの補償及び
教育資金が確保できる事になれば、それらのある一定額は預託し、確保すれば、
その分は収入と見なされません。
それぞれの都道府県により、一定の水準や内容に見解の相違がありますので
実際にご相談ないし、調査が必要と思います。

是非とも、これらの事をそのご友人の方にお話しになり、ご相談に
のってあげて下さい。
(まず、いかなる事があろうと、現在の生活と明日の生活の安定が先だと
 思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお話、ありがとうございました。
ひょっとしてお役所勤めでいらっしゃるのでは・・・?
必要な手続き、また相談先まで教えてくださってありがとうございます。
すぐにこのアドバイスをプリントアウトして、彼女に渡してやろうと思います。
せめて今までの養育費らしき?額でも分捕れたら?・・・と思っていましたが、こういう方法で少しでもラクにしてやれるのなら、是非とも相談に行かせます。
とりあえずマイナスだけでも消してやりたい一心でご相談しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 10:44

SALAさん、ありがとうございます。


素早い回答補足ありがとうございました。

どうでしょうか?
まず、何とかそのご友人の残債(200万)を何とかしてやりたいとの
お話しが先決ですよネ。 (分捕ってやりたいとの気持ちは、充分に
理解できますが‥、まず、彼女の負担を減らす事が大前提ですよネ)

そこで、二通りの方法から、解決の糸口を見つけていきませんか?
1.その男性への訴え。
  まず、SALAさんの詳細なご説明で、概要は分かりましたが、
  どうも複雑に込み入っており、ここでは、その判断が難しいのでは
  ないかと思います。
  まず、親子関係存在を立証する事から始めなければならないのでは
  ないかと言う気がします。
  この内容から判断するには、本人同道の上、弁護士へご相談に
  行かれた方が賢明であろうと思います。
  勿論、これは、そのご友人の方が不利という事ではありません。
  ご両家の親族がご存知ですし、そこで、口頭とは言え、養育費に
  ついてご指摘があったとの事ですので、しかしながら、時間が経過し
  それについての双方の認識も恐らく変わっているのではないかと
  思います。
  是非、ご相談されて下さい。
2.借金が、マスコミ等で話題になった企業からの借金であり、かつまた
  ご両親の借金である点の争議。
  マスコミ等によって指摘があった企業であるとするならば、その金利も
  法定以上の利息及びその借金の取り立て、また、その契約書を
  もう一度チェックしてみて下さい。
  どうも、ご両親がご契約された借用書に、ご友人のその方が連帯保証人
  になっている筈がないと思うのですが‥。
  その時には、未成年ではなかったのでしょうか?。
  もし、この点が立証できるならば、今まで払ってきたその金額やそれに
  蒙った損害賠償をも請求できます。
  こちらの方は、先の1より、もっと早く解決できるのではないかと考えられ
  その措置も意外とスムーズに執り行えるのではないかと考えます。
  まず、この2により、そのご友人の経済的重荷を外しておあげになって
  それから、ゆっくりと1に取り掛かっても良いのではないかと思います。

いずれにせよ、まず、そのご友人の経済的重荷をいかに早く取り除いて
あげるかが先決のような気がします。
また、出来れば、その残債の金利等もお聞きになった方が良いと思います。
もし、それらが合法的に背負わなければならないものとしても、現在の金利
は低いので借り換え等もそのご検討を要すと思います。
母子家庭であり、更に、それだけのご病気という事であれば、県及び市の
融資関係もチェックしてみる必要があります。
まず、ご契約内容の事をお聞きになり、出来れば、また補足でもかまいませんが
あげて頂ければ、私に分かる範囲内でアドバイスさせて頂きたいと考えています。

是非とも、そのご友人を強く支えてあげて下さい。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。

借金のことですが…スミマセン、より詳しく聞き出せましたのでこちらに記入いたします。

実際は彼女のおじさんが借りた物です。
だんだんと取立てが親戚一同へも打診されるようになり(おじの兄弟、つまり彼女の父親の兄弟一同)、一同がまとめて返済することにしたのだそうです。
一応○栄へは返済済みなのだそうですが、その後おじが兄弟一同にコツコツと返し続け、それは半分ほど返済されているそうです。
彼女の父親も定年を迎え、ですが何とかパート勤務のような状態で生活費を入れてくれているとのこと・・・。
銀行の通帳にマイナスが付き続け、子育て分もさらに圧迫しつづけますから…。

先にマイナスを埋めることを主眼に置いたとき、
今までの養育費用を彼女が全部被ってきた事も大きな理由だと思います。

こういった状況のようです。

スミマセン、書き込み方が足りませんでした・・・。

補足日時:2001/09/20 14:53
    • good
    • 0

SALAさん、こんにちは。


そのご友人の方あるいはご家族の方は、17年間の間、その男性あるいは
その男性の家族に対して、養育費の請求をされた事がおありですか?

また、お子様は、失礼ですが、認知は受けてありますか?。
(親子関係存在)

更に、17年前に何らかのお話しになった折(ご家族同士で)に、何らかの
書類等を交わされたものがありますか?。

この回答への補足

残念ながらありませんようです。
(お金を出してもらえば、彼に何かのとき、子供を取り上げられてしまうと思っていたとのこと)

上記理由で、認知は受けていません。
“戸籍が汚れる”“新しい彼女”…意地になってました。

書類はありません。

例えば口約束でも“婚約”したことになる、と何かの本で読みまして・・・。
この例も、こういうモノにあたらないかと・・・。
どうでしょう。

補足日時:2001/09/20 13:10
    • good
    • 0

今までの養育費は


彼から支払いがあったのでしょうか?

この回答への補足

一番大事なところが抜けてましたね…(^_^;)
口約束のみで、実行はされていないとのことです。
(一番大事なトコロなのに。。。スミマセン)

追伸ですが、当然の事ながら認知もされていません。(彼女側が依頼しなかったと言う理由もありますが)

補足日時:2001/09/20 12:31
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母子家庭の遺産相続について

私は息子と二人暮らしの母子家庭です

昨年マンションを購入しました。
私が死んだら団信で返済はチャラになり、更に生命保険が降り、多少の預貯金もあります。

そこで質問です。
私には母(父は他界)と姉がいますが、マンションと遺産は全て息子にいくのでしょうか?
正直言って、私は母や姉に遺産を渡したくなく、、息子に全額渡したいと思ってます。
更に言えば、息子が母や姉と同居もして欲しくありません。
同居=遺産目当ては確実で、二人の性格上食いつぶされるのは目に見えてます。

1親等の母にも相続の権利はあるのでしょうか?
遺言状を書けば息子に全部財産を渡す事が出来るのでしょうか?
遺言状には息子と同居させないって書く事も可能なのか、教えてください

Aベストアンサー

母子家庭とのことですから、「現在」ご質問者さまには「配偶者=夫」はいらっしゃらないのでしょう。

相続人の範囲は、民法で次のように定められています。
・ 死亡した人の配偶者は常に相続人となる。
・ 配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になる。
第1順位:死亡した人の子 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となる。 
第2順位:死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など) 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になる。
 第3順位:死亡した人の兄弟姉妹 その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となる(一代限り)。第3順位の人は、第1順位の人も第2順位の人もいないとき相続人になる。
 
「現在」ご質問者さまは独身ですが、将来については分かりませんよね。
ご質問者さまが亡くなった時点でご結婚されていなくて、今いらっしゃる息子さん以外にお子さん(養子も含む)がいなければ、ご質問者さまの法定相続人は息子さんだけになります。
お母さまやお姉さまに遺産が行くことはありません。
ですから、遺言を書く必要もありません。

ただ、問題は、ご質問者さまが亡くなった時の「息子さんの年齢」になるでしょうね。
ご質問者さまが亡くなった時に、息子さんが未成年だった場合です。

未成年者は「制限行為能力者」ですから、財産行為を行う場合には、「法定代理人」の同意を要することになります。
未成年者の「法定代理人」は、通常「親」になるものですから、「息子さんの父親」がご存命であれば、そちらも関わってきます。

> 遺言状には息子と同居させないって書く事も可能なのか、教えてください
遺言に書いても、息子さんが未成年のうちにご質問者さまが亡くなってしまった場合で、「息子さんの父親」が存命でなければ、ご質問者さまのお母さまやお姉さまが、息子さんの「法定代理人」となる可能性か出てくるのではないかと思います。

母子家庭とのことですから、「現在」ご質問者さまには「配偶者=夫」はいらっしゃらないのでしょう。

相続人の範囲は、民法で次のように定められています。
・ 死亡した人の配偶者は常に相続人となる。
・ 配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になる。
第1順位:死亡した人の子 その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となる。 
第2順位:死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など) 第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になる。
 第3...続きを読む

Q医師の説明不足でうつが再発*訴えて勝てるか

うつで約2年休職、その間ずっと同じ医師の指導で回復し、復職しました。その医師の指示で減薬、そして復職半年で「もう完治。断薬しましょう」と言われ、ようやく長い闘病から開放されたと喜びました。しかし、たった3日後に再発、1週間後に服薬を再開しても、症状はどんどん悪くなりました。何より、積み上げてきた小石が一気に崩れてしまったような無力感、絶望感。。勤務先も、「もう休職は不可」とのことで、退職する予定です。
断薬のときに医師は「禁断症状で少し気分が悪くなるようなこともある」というような簡単な説明でした。その後、いろいろ調べてみると、断薬後の再発率は非常に高かったことをしりました。再発を防ぐために、医師の中には「断薬は一日おきに徐々にする」とか、「完治(寛解)から少なくとも2年は服薬を勧める。失職する危険がある場合は服薬を続けるよう話す。」といった配慮をされている方もいました。今回、わたしの担当医師は明らかに断薬についてのインフォームド・コンセンスが足りないと思うのです。
少なくとも医師から「再発率は高い。再発して重篤な症状になることもある」という説明を受けていたら、断薬に同意しませんでした。
再発し、おまけに職を失いました。
医師の責任を問えるでしょうか?

うつで約2年休職、その間ずっと同じ医師の指導で回復し、復職しました。その医師の指示で減薬、そして復職半年で「もう完治。断薬しましょう」と言われ、ようやく長い闘病から開放されたと喜びました。しかし、たった3日後に再発、1週間後に服薬を再開しても、症状はどんどん悪くなりました。何より、積み上げてきた小石が一気に崩れてしまったような無力感、絶望感。。勤務先も、「もう休職は不可」とのことで、退職する予定です。
断薬のときに医師は「禁断症状で少し気分が悪くなるようなこともある」とい...続きを読む

Aベストアンサー

医療過誤訴訟は、民事訴訟の中でも難度最高(=勝つのが難しい)の部類です。

・カルテを筆頭に、証拠と呼べるものはほとんどが医師の手の内で、証拠を確保するためには証拠保全手続が必要
・過失を立証するためには、単にミスしたというだけでなく「そのときの医療技術レベルに即して、するはずのないミス」まで言えなければならない

…これだけでも素人では気の遠くなるような手続であることがわかるでしょう。

勝ちたいけど、そのためにどうしたらいいだろうか?という状態であれば、弁護士に相談すべきです。

これは法律論を離れますが、医師が持っている患者に関する情報(つまりカルテ)を
患者と共有できるシステムができない限り、この難しさはずっと残るだろうと思います。

Q人身事故で物損の書類での事故状況説明について

長いですが、宜しくお願いいたします。

先月の15日に原付(私)で優先道路(県道)で中央線は黄色です。
そこを直進中に、信号の無い交差点(T字)一般道より出てきた
相手の車に左側面をぶつけられました。相手は右折です。
私は渋滞中の車の横をすり抜けておりました。
すぐ先の信号が青に変わり車が動き出したときです。
相手の車はずっと見えてましたので、出てくるかもと思い
20キロまで減速して交差点内に入り再度気になるその車を確かめて
直進していたのですが、相手の車の目の前に来て急に発進をされ
ハンドルを切ったのですが、間に合いませんでした。
相手は見えてなかったようで、そのままさらにアクセルを踏んでますので転倒後押されてしまいました。

バイクに挟まれ立てなかったのですが、相手は笑いながら「大丈夫ですか?」と車の中から言うばかりで出てきません。
このままでは渋滞がひどくなると思い、立ち上がりバイクを上げようとするものの
手に力が入らずバイクを起こすことができなかったのです。
しかし相変わらず笑っている方で降りてきません。
ようやく降りてきたらタクシーに乗って病院へ!ばかりをいいます。

そんな事故発生の時からの相手の対応が信じられなかったので
名も名乗らずの人ですから警察を呼び、検証を終えてから病院へいきました。大怪我ではないですが、現在も通院中です。
当日の病院代は私が支払い6万ほどで、この支払いも言い訳ばかりされて1ヶ月たっても保険屋からは支払われず。
ご本人に請求するので領収を返してくださいとお願いしたら、翌日に支払われました。

警察を交えての現場では、互いの説明には、間違いはなかったのですが
その後の相手の保険屋の物損担当からの話は
私が相手の車の側面にぶつかってきたので過失割合は7(相手):3(私)だといきなり言われたのです。

車とバイクの傷を確認した保険屋だったのですが、私は側面に
相手は前方に傷があるにもかかわらず、私が相手の側面にぶつかったと言うのです。
加害者の事故状況を聞いて言っているといいますが納得がいきませんので
現場を見て、互いの車両の傷を見て、私の説明を聞いて話をしてくるようにお願いしました。

次の電話では、今度は相手が優先道路で、私が一般道で
相手の車道が広いので8(相手):2(私)だといってきました。
現場を確認して言っているのかを確認すると、していないと言います。
すべて加害者の報告を元にとおっしゃいます。

その時点で、ますます信じられなくなり、その保険屋の本社に電話をしてすべてをお話しましたら、謝罪され
されに翌日担当者の上司から謝罪がありました。
また担当者からは後日謝罪があり、現場をようやく確認し私の話を優先にするとおっしゃいました。

過失割合は9:1となったのですが、すべてが信用できないので相手の車の修理の見積り、私の分の見積り、事故の説明書等々の書類を送ってもらったのです。
そうしますと、事故状況の説明図が実際の事故状況と違うのです。
直進している道路の左側でぶつかっているのですが
その説明では、私が交差点内を左から斜めに中央線まで出て行き、
そこでぶつかっているのです。
そのことを申し上げると、私が言うようにかけばあなたが不利になると言ってきました。
その説明を求めても、判例、判例ばかりです。

私にも非がありますから9:1で納得してますが、事故状況の図に事実を書くことが不利になってしまうのでしょうか?

長いですが、宜しくお願いいたします。

先月の15日に原付(私)で優先道路(県道)で中央線は黄色です。
そこを直進中に、信号の無い交差点(T字)一般道より出てきた
相手の車に左側面をぶつけられました。相手は右折です。
私は渋滞中の車の横をすり抜けておりました。
すぐ先の信号が青に変わり車が動き出したときです。
相手の車はずっと見えてましたので、出てくるかもと思い
20キロまで減速して交差点内に入り再度気になるその車を確かめて
直進していたのですが、相手の車の目の前に来て急に発進...続きを読む

Aベストアンサー

保険屋は嘘をつくのが商売です。支払額をねぎるためにはあらゆる手を
使ってきます。素人は訳のわからないまま丸め込まれます。

そういう仕事なのです。やりとりは必ず対峙して交渉してください。
会話はすべて録音するとの旨を伝えて目の前でレコーダーを回します。

少しでも納得いかなければ絶対に拒否してください。
それでも物損では金銭的に必ず損するようにできてるので
支払い金額に納得いかなければひたすら通院してください。
首が痛いと言えばいくらでも通院は延ばせます。首の痛みの原因は
現代医学では特定できません。

通院が長引くほど相手は態度を軟化させてきます。折り合いのつくラインまで
相手をひきずり下ろしてください。事故保険は制度ではなく交渉ということを
肝に銘じてください。多少とりすぎたところで気にすることはありません。
相手は別の無知な人間から差額を取り返すだけですから。

Q憲法 *手形・小切手*

約束手形・為替手形・小切手、この3つはどういう機能を果たしているのか。
共通点と違う点をいれて教えてください!!
あと、全然関係のない事なのですが、質問に答えてもらった人にお礼をしたい
のですが、ログインしてお礼を言うをクリックしても何回もログイン画面に
戻ってしまうのですが、何でですか??

Aベストアンサー

共通点は、有価証券であること、金銭の支払手段であることが主なところでしょう。

相違点は、為替手形(為手)と約束手形(約手)の場合は、
振出人自身が受取人に一定の金銭の支払いを約束する(約手)と
振出人が別の支払人に対して受取人に一定の金額の支払いを委託する(為手)の違いが第1です。
つまり、AがBに支払いをするのに、売掛先のCからお金を回収して支払うようなとき、
Aが回収してBに支払う場合振り出す(発行する)のが約手、
AがCに対して直接Bに払ってくれと委託する場合に振り出すのが為手というわけです。
この仕組みから為手の場合、支払人が支払いを引き受ける引受行為が必要となり、これが違いの第2です。
なお、受け取る権利者が為手を振り出して、支払人に引受させるという回収の手段に使われることもあります。

手形と小切手の違いは、手形が将来の確定日に支払われるものであるに対し、
小切手は一覧払といって、呈示即支払の必要があるという点が第1でしょう。
次に手形の場合は、期日までの間に裏書譲渡を重ねて転々流通することが予定され得るという点が第2の違いでしょう。

細かくはそれぞれいろいろな違いがありますが、大きくは以上でしょう。

お礼のクリックのことは、残念ながら知りません。

共通点は、有価証券であること、金銭の支払手段であることが主なところでしょう。

相違点は、為替手形(為手)と約束手形(約手)の場合は、
振出人自身が受取人に一定の金銭の支払いを約束する(約手)と
振出人が別の支払人に対して受取人に一定の金額の支払いを委託する(為手)の違いが第1です。
つまり、AがBに支払いをするのに、売掛先のCからお金を回収して支払うようなとき、
Aが回収してBに支払う場合振り出す(発行する)のが約手、
AがCに対して直接Bに払ってくれと委託する場合に振り出...続きを読む

Q*強制執行に必要なもの*

似たような質問がありますが、みなさんのお力をかして下さい。

2年前に調停離婚し、5歳の息子と実家住んでいます。
毎月、2万円の養育費を元夫から振り込んでもらっていましたが、
今年の5月から支払いが止まりました。(仕事がクビになった)
仕方なく、新しい仕事が決まるまで待っていましたが、
いまだに連絡も振り込みもありません!
先月、『仕事は決まった?』とメールを入れたところ
『何社か受けて、結果待ち・・・金、金ってしつこい』と言われ、
口論になりました。
挙句の果てに、『もう払わない!連絡してくるな!』と。
そろそろ仕事も決まっていると思うので、裁判所で履行勧告を
お願いしようと思います。
それでも無理なら強制執行を考えています。
 ・相手の住所
 ・勤務先
上記以外にも強制執行で必要なものはありますか?
元夫の口座とかも必要なのでしょうか?
また、勤務先が不明なので財産開示をすれば裁判所で勤務先を聞き出してくれるのでしょうか?
長文になりましたが、皆様、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらを参考にhttp://www7.big.or.jp/~single-m/youikuhi/sakakibara.htm
(地方裁判所の債権執行係に問い合わせてもよい)

相手の「何を」差押えるかによって必要なもの・戦法は若干違ってきます。
勤務先が変わったばかりで新しい勤務先が不明なら給料の差押えは難しいですね(裁判所は調べてくれません)。
預金がありそうなら銀行口座を差押えるほうが有効かもしれませんが、残高があるときにやらないと空振りになってしまうのが難しいところです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報