マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ADSLでインターネットにつないでいるという環境なのですが、IPCONFIGをすると、自分で設定した、Ethernet adapter ローカルエリア接続:のIP192.168.1.2と、自動で割り振られるPPP adapter isp名 :のIPアドレスが表示されますが、
ネットワークアダプタカードは一つなのになぜ2つのIPアドレスが表示されるのでしょうか。
カードが2つのIPアドレスを使い分けているのでしょうか?疑問に思います。教えてください。お願いします。

A 回答 (3件)

どのIPアドレスを使うのか決定するしくみは、ipconfigの出力だけを見ていても理解できないと思います。



route printの出力を見る必要があります。

前提として、TCP/IPのアーキテクチャを理解していることが必要ですが、
route printの出力を見れば、
・質問者の場合、ネットワークインタフェースは3つあること
・宛先IPアドレスに応じて、使用するネットワークインタフェースと自分のIPアドレス(送信元IPアドレス)が決まること
が理解できるでしょう。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/netcom/route/ …
    • good
    • 0

こんばんは


”PPP adapter isp名 :のIPアドレス”で表示されるアダプタは
”仮想アダプタ”と呼ばれるものです。

PPPoE クライアント(Windows 標準/フレッツ接続ツール)ソフトを使用すると、
上記の仮想アダプタが表示されます。

”Ethernet adapter”はADSL モデムとの物理的な接続に使用され、
”仮想アダプタ”は、プロバイダの認証装置との論理的な接続に使用されます。

ADSL ルータを使用すると、ルータが代わりに認証をしてくれるため、
”仮想アダプタ”を使用しません。
    • good
    • 0

ルーターが入っている場合


LANカードに割り振られるのは「プライベートIP」という192.168~から始まるIPです。
それをルーターがプロバイダーから借りたIPに変換します。
なので、ルーターを使っている場合、最低2つのIPアドレスが存在します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPPPoE接続時のネットワークアダプタに割り当てられているIP

光ファイバーを引っ張っていますが、ルータを通さずWindowsXPのPPPoE機能を使ってPPPoE接続しています。

ipconfigを見ると

PPP adapterにグローバルIPが割り当てられていて
Ehternet adapterにnetmaskが255.255.0.0のローカルIPが割り当てられているようなのですが

このEthernetアダプタに割り当てられているIPとはどのような役割を持っているのでしょうか?

Aベストアンサー

>Ehternet adapterにnetmaskが255.255.0.0のローカルIPが割り当てられているようなのですが
 そのアドレスは、
  169.254.*.* (*は任意の数字)
 ではないだろうか。

 もしもそうならば、そのアドレスはローカルエリア接続(=Ethernet Adapter)がDHCPでアドレスを取得出来なかった際にOS側で勝手に割り振るIPアドレスです。

 【参考】
  http://www.octalserve.gr.jp/e_support/2004/03/ip169254.html

>このEthernetアダプタに割り当てられているIPとはどのような役割を持っているのでしょうか?
 特に意味は無い(というか役割は果たしていない)と思う。

QPPP Adapterがでてしまう

win98Fで外付けLANカードです。
通信はできるのですが、起動時、IPがとれず
毎回winipcfgでPPP Adapterが選択されています。
それで外付けNICを選択後、問題なく通信できます。
でも、起動時に毎回、やるのは面倒です。
どうして記憶されないのでしょうか?
デバイスマネでは問題ある表示はありません。

Aベストアンサー

>ネットワーク接続にPPP Adapterとういのがないんです。
 winipcfgのときに出てきちゃうんです。orz

デバイスマネージャのネットワークアダプタの一覧にも無いんでしょうか?
一応確認しますが、PPP Adapterとはダイアルアップアダプタのことですよ。


人気Q&Aランキング