最新閲覧日:

53歳になる母が、先日病院で緑内障の気があるといわれました。
詳しい話は私ではよく分らないのですが、眼圧が高く、長順の数値の限界だそうです。
また、視神経乳頭部分が陥没しているとのこと。
視野は今のところ狭くはなっていないようなのですが、このままだと失明してしまうといわれたらしいです。
詳しい検査は、11月にならないと受けられないとのこと。
そんなにゆっくりでも大丈夫なのでしょうか?
どこかいい病院や治療法、症状を悪化させない為の方法などご存知でしたら教えてください。お願いします。
ちなみに現在通っているのは、港区の慈恵医科大学病院です。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

眼科医です。


ご心配でしようがそんなに慌てる必要はありません。
緑内障で緊急性を要するのは、強烈な痛みと高度な眼圧上昇(40mmHg以上)を伴う閉鎖隅角緑内障だけです。
お話の用からは開放隅角緑内障でしょうからご本人には強い痛みなどないと思います。

実は成人病としての緑内障の数はかなりの数いらっしゃいます。
特に眼圧が正常の上限くらい(20mmHg)で軽い神経陥凹の見られる方は多いのです。
また眼圧がまったく正常の正常眼圧緑内障が今は増えています。

正確な診断には視野の検査が不可欠ですが、それが2ヶ月先まで待たされるというのはちょっと解せません。
ゴールドマン視野計の順番待ちだけではないのでしょう。
もっと高度な緑内障負荷試験等の検査を予定されているのではと思います。

受信当日外来で、ハンフリー視野計という簡単に出来る視野検査を受けられているはずです。
これで、軽い視野障害が認められれば、もう点眼薬が処方されていることでしょう。
点眼薬を早期から、きちんと付けていれば、失明する心配はありません。
ご安心くださいね。
またもし点眼薬が処方されていなければ、数ヶ月で急に進行することも少ないタイプのはずですので、これも心配ありません。
その疑いがあるというだけで、はっきりさせてから治療開始しましょうということだと考えられます。
詳しくは下記のサイトをよくご覧ください。
日本眼科医会の患者さん向けの緑内障のページと、もう少し簡単でわかりやすい参天製薬さんのサイトです。

参考URL:http://www.gankaikai.or.jp/health/01/index.html, …
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「緑内障」
この中で特に「原因と危険因子」「症状」「治療」と関連リンク先を参考にしてください。

>港区の慈恵医科大学病院です。
慈恵医大であれば問題ないのでは・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

現在は恐らく点眼薬が処方されているのではないでしょうか?


一応点眼薬や経口の錠剤の併用により進行は抑えられるはずですので、薬が処方されているならご心配には及ばないと思います。
緑内障でも急性のものは一晩で失明することもあるので早急な処置が必要ですが、ご質問の内容からすると急性ではなさそうですのですぐに手術とか言うことはないと思います。
ただ、検査が先延ばしになる理由が判らないですね。
私も幾つかの大学病院で精密検査を受けましたが、特に準備期間は必要ありませんし、一日で済んでしまう様な内容でした。
この辺りは理由をお尋ねになっても良いのではないでしょうか。
もしかしたら検査予約が一杯とかの理由かもしれませんので。
例えそうであっても11月の検査で充分間に合う根拠をお訊きになっておけば安心してその日を待てると思います。
一度直接お伺いしてみたら如何でしょうか?
まずはお母様お大事になさって下さい。
尚、普段の注意としては、

・水分を一気に補給しない。(一気飲み等)
・力仕事を避ける。
・ストレスを溜めない。
・感情の起伏を抑える。(特に怒り)
・規則正しい生活を心懸ける。
・処方通りのスケジュールで決まった量の薬を点眼・服用する。(最重要)

といった感じです。
重ね重ね、お大事に。
    • good
    • 0

緑内障で眼圧が高いとのことですが、先ず、眼圧を下げることが必要なのですが、眼圧を下げる目薬や治療の薬は貰っていますか。



港区の慈恵医科大学病院も緑内障では著名な病院なのですが、何故、11月まで詳しい検査が受けられないのでしょう。

もし、眼圧を下げる目薬も出ていなくて、何の治療もされていないのでしたら、早期の治療が大切ですから、別の病院へ行かれた方が良いでしょう。

下記のページが、緑内障の治療に実績のある病院のリストです。http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …

中でも、御茶ノ水の井上眼科は有名です、参考にしてください。
http://www.inouye-eye.or.jp/

緑内障は、眼圧のコントロールと薬物療法やレーザー治療、手術などの、眼圧を下げる治療を行うことで、視野が狭くなったり、欠けたりするのを防止できます。しかし、一度欠けた視野は元にはもどりませんから、早期発見、早期治療が何よりも大切です。
幸いにもまだ視野が欠けていないとのことですから、そうなる前に治療をすることが大切です。

日常生活で注意することは、基本的には健康的で無理のない規則正しい生活をすればよく、特別なことは有りません。
ただ、極度に興奮したり、長時間うつむいていたり、一度に大量の水分(1リットルくらい)を飲んだりすると、眼圧は上がりやすいと言われています。コ-ヒ-・紅茶など、カフェインの入った飲み物も限度をこえて大量に飲むのはよく有りません。

緑内障の詳細については、参考URLをご覧ください。

お大事に。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/soshin/meto/10/100 …
    • good
    • 0

 私も視神経乳頭陥没者です。


 いゃ~、最初はショックでした、調べれば調べるほど、「失明か?この年で…」とへこんでいました。
 もう診断結果から2年を経ちますが、症状の進行はないです…陥没は依然そのままですが。

 まずは、眼圧があがった原因を取り除く事です。
 眼圧があがる原因としては、「目に負担がかかっている」ということですね。
 ・細かな仕事で目を酷使する。
 ・新しい眼鏡が、目にあわず疲れている。

 私は両方でした、検査を受ける2年前に眼鏡の度を少し強くしたのが災いしたようです。

 目薬は「なみだ型」のしみない奴をするように言われました。
 目のこりをとるマッサージも効果的だそうです。
 とにかく、目をリラックスするように本人が心掛けることです。

 今思うと症状の進行はずいぶん遅いようです。
 医者が信じられなかったら、別の医者に行ってみても良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ