AB社のオイル交換が気に入って20年近く利用 PAJEROは16万キロ 7年で150万位AB社に貢いで完璧に整備をしていた7年目の車検でメーカーからAB社の車検にした その折にファンベルト3本交換も依頼 車検後2ヶ月3500Kmほど走ってだんだん音が大きくなりエンストしたAB社に来てもらうとクランクシャフトについているベルトのかかっているプーリーのネジの緩みが原因なので持ち帰って直しますと だが治らない プーリーもクランクシャフトも山が無くなり交換するしかなく 三菱に出し1ヶ月半と40万かかったが AB社は 作業領域でない との答えで責任を負わない 社長宛にも手紙を出したがお客様担当から同じ答え 納得がいかないどうしたらいいのか メモや映像実物もあります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

お怒りのようですね。

おそらく対応した社員の態度も良い印象ではなかったのかもしれませんね。
で、そのAB社と言うのは、"黒とオレンジ"のカー用品店のことでしょうか? そして社長宛てに手紙を出したと言うのは、客相(=お客様相談室)とかけあったと言う事でしょうか?
もしそうだとしたらこういった大手の企業は(東芝の件も話題になりましたし)客相に弁護士などの法律のプロを雇ってて、正当・不当を問わずクレームには万全な体制で接してます。店舗レベルではなく、AB社としての正式回答がそうだとしたら、あなたがAB社の過失であると明らかに証明できないかぎり仮に裁判ザタになっても勝ち目は無いですよ。

文面を見た第三者の私としては、AB社の対応は正当に思えますが・・・あなたの感情的なことはさておき、とりあえずディーラーに「これはAB社の責任として請求できると思うか?」と聞いてみてはいかがでしょうか?
よく整備をしてるのと、修理をするのは全く別問題ですよ。 車検は車両の性能を保証するものではありませんから、車検後に故障がおきてもAB社に過失は無いでしょう。

以上、文面から判断した一般論です。依頼時の内容によってはこの限りではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 感情的な文面で恥ずかしく思ってます y-ikbさんのご指摘のとうりなのです
勝ち目が無いですがしっくりせず勝ちたいですが本音です
AB社の過失であることを証明する方法はと....とはと考えてみても 車検+ベルト交換 の前後しかわからず いってみれば作業はブラックボックスです 1.車検後妻が運転をして500メートルほど走って音が大きいわねと一時止まりました
その間私はAB社の車検に対する保証条件を読んでまして5条に整備保証から除外される物として音とか振動の不具合とありまた次の日に車で遠くまで行かねばならぬこともあり戻らなかったのです(今考えてみると音の不具合は除外というのもおかしな物ですがおかしいなと戻るべきでした) 2.AB社の店長が三菱と相談してからお返事しますといったあと 責任は無いというので 三菱にどんな話の内容でしたかと聞くと
このとき三菱は何とか隠しであまり歯切れも良くなかったのです(二人目のお方の返事に書かせていただいたのですが)プーリーにベルトをかけるときはネジを緩めることも往々に有りうる そして更にAB社がお客様のところに伺ったときにネジの緩みは無かったといってたので それはお客様の言い分とは違いますね とのことでした
この辺の電話のやり取りはTAPEにあるのですが
1.2.では弱いのでしょうかね
DEALERに聞いてみては.... どうもこの時期三菱も立場が良くなく歯切れが悪いのです  泣き寝入りですかね

お礼日時:-0001/11/30 00:00

まぁ、私なんかは『餅は餅屋』みたいな人なんで、


『日産が作った車を三菱で直すな』ってな事を言っちゃうんですけどね
(先日道交法違反の観光バスに日産車をぶつけられて、
その修理を先方の契約している三菱の工場でやりたいと言って来たのを
こう言って断りました)。

PL法って『製造者表示責任法』とかでしたっけ?
今回のケースだと、どうなるんでしょうねぇ。
とりあえず、メーカーに問い合わせてみて、
もし、ファンベルトを交換するのに、プーリーのネジを
外さなければ不可能な構造なのであれば、AB社が作業した際に
締め付け不足だったと言う事の証明にもなりませんかねぇ?
    • good
    • 0

16万kmって言うと、相当なモンですよねぇ。


その、音が出る症状と言うのは、車検前には出ていなかったのですか?
例えば、そのプーリーのネジの緩みが、ベルトを交換した後に出たものであれば、
当然AB社では気付くハズも無く、責任は問えないですよねぇ。
例えば、その作業中にプーリーを緩めて、そのネジの締め方が不十分だったのであれば
AB社の作業ミスと言えるでしょうが・・・。
ベルトを新品に替えた事がその緩みの原因であった場合。
つまり、新品のベルトに老朽化した他の部品が追い付けなかったと言う意味なんですが、
この場合はどうなるんでしょうねぇ? それが予測できる事なのであれば、
それを予め伝えなかった事に責任が生じるのかどうか?

私個人の感想としては、ベルト交換までする予定があったのであれば、
最初からメーカー車検に回しておいた方が良かったんじゃないかと言う気がします。
恐らくメーカーであれば、自分のとこの車がトラブルを起こせば
メーカーの信用に関わりますから、重大なトラブルに繋がりそうな所は
各部チェックしてくれるでしょうが、ショップでは、
言われた最低限の事しかやってくれないと思いますので。

まず、どうしても納得が行かず、AB社の責任を追求したいのであれば、
一連のトラブルが全てAB社の過失によるものである事を
証明しなくてはならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今までのお三方そしてKENKENKENTさま 親身のご返事ありがとうございます これからも何十回と車検をやるわけですから 今までの回答から やはり長く乗る私のようなタイプは 長くしっかり乗るのを喜ぶメーカーに車検を依頼するのが一番だとわかりました

その一方 製造にLP法があるわけですが
今度のケースのように
たとえばフアンベルトの交換ではこういうことが起こりがちでそんなときは こちらに責任あり この場合はなしなど 様ざまなケースを考えて 運輸省なんかがきちっと
分類が出来そうな気がするのだけど
これだけ多くの人が車を使っていて過失をこちらが証明しなければいけないというのも変な物ですね いやーありがとうございました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

車の調子が悪いとのことで、お気の毒です。


さて、怒られている理由はクランクシャフトとプリーが減ったこと?ですか。
それとも、車検にだしたのに、すぐ故障したことですか?
どちらかわからないので、2通り回答します。

1、車検に出したのに直ぐに壊れた、、、
答えは、一般的には、しかたがないでしょう、です。
なぜなら、車検は事前に問題がわかる試験を受けるようなものなのです。
わかりやすく言えば、試験に出るところだけ点検、調整
(ブレーキのパットが無い、ランプの球切れ以外)をすれば、車検は合格するし、車検整備とは普通それだけしかやりません。(依頼されない事はやらないのが普通です)
★特に何処か悪い所があり修理依頼をしたとか、よほど車検を通すのに問題な個所があれば別ですが。
問題のプリーのガタも、車検の点検項目にはありません。
したがって、よほどガタが来てなければ、修理はしないでしょうね。(プリーは交換時期を過ぎている)
車検後の保証については、点検、修理した個所のみに限定されているはずです。(車検整備保証書の記載を確認)
また、ファンベルトを3本((正確にはフアン、エアコン、オルタネータ(発電気)のベルトでしょうが)取り替えた時に、プリーのガタが許容量以内ならOKとなります。
2、それよりも、おそらくクランクシャフトの磨耗の方が気になります。
よほどの事がなければ、まだもつような気がします。
貴方の場合、エンジンオイルが純正ならば、保証の対象となります(但し10万キロまで)が、16万キロでは対象にはなりません。

貴方が保証を受けられる場合は下記の場合です。

法令に定めれれた点検を(年1度)受けている。
純正部品を(オイルも含む)使っている。
定期交換部品(プリーも含む)を交換していた。
オイル交換時期が守られている。
異常に着気づいたら、直ぐに修理に出していた。
メーカー保証の範囲(期間、距離)以内である。
以上がメーカー保証となります。

それと、先に述べた車検保証(整備した個所の)です。

したがって、上記の項目に該当しなければ、冷たいようですが、どこに持っていっても保証は受けられないでしょう。

10万キロ以上乗る場合は、こまめな整備と点検、部品交換、それと車に対する気遣いが必要となります。
怠ると、直ぐに壊れると思つた方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご返事いただきありがとうございました
このAB社でオイルは3-4000で フラッシングからオイルエレメントまで
きちっとやっており それがいいので始めて車検もやってみたわけです 
プーリーノ交換時期については始めて承りました
詳しく説明いたしますと クランクシャフトとプーリーの 接合点が両方とも全部こそげているのです これに対し AB社も三菱も シャフトにプーリーを止めるネジの緩みといってます もしベルトを取り替える際に それまでに緩んでいたとするのならば 気がつくだろうし そして緩みを直すかプーリーの交換を言うのではないかと思うのです だからベルト交換に際しプーリーのネジをいったん緩め ベルトを取り付け そして十分な締め付けをしなかったのではないのかと思いました 子供の頃の模型ではプーリーの位置を変えてベルトをはめ込む作業をよくやりましたから 三菱に聞いてみると 3本のベルトを取り替える場合は ネジを緩めることはおうおうにしてあります ベルトが固くて馴染まないからです 100%プリ―のネジは緩めずにベルトを交換する とは言い切れないといってましたAB社の言うベルト交換には補機の調整だけでやっているから関係ない とはいいきれないと思うのです
どうしても車検前には順調 車検後に故障これが納得いかないのです 2年前まで乗っていたRX-7は17年のり
1台目のPajeroは10年のり友達にと 永く大切に乗るほうなので 参十何年間に何十回かの車検を経験して初めてでした それゆえどうも解せないのです
御礼を言うつもりが くどくどになっちゃてすいません 

お礼日時:-0001/11/30 00:00

大変な目にあってしまいましたね。

そのAB社とはディーラーではないですよね?ショップやスタンドなどの車検というのはラインを通すための車検でほとんど見ないのが現状です。車検後の保証もしないので安いのです。AB社は認定を受けている工場ですか?意外と認定受けていないところもあるようです。私は安さより保証を求めたいならディーラーで受けることを勧めます。ディーラーの場合車検項目内での車検後最低半年は保証されます。かなり難しい問題になってきます。一度消費者センターや弁護士の方に相談してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました AB社はあとで回答をいただいた方のご指摘にあった全国ネットの展開をいたしているところです オイル交換なんかはしっかりやってますし状況を見ることが出来ます そしてその意気に感じて初めてメーカー車検からこちらに出したのです しかし裏目に出ました
もうお金は支払済みだし 時間も取れそうなので
ducatiさんのおしゃるように消費者センターや弁護士に相談してみます
返事が遅れてすいませんでした

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカムシャフトをはずした後でクランクシャフトボルトをはずしてもいいか。

カムシャフトをはずした後でクランクシャフトボルトをはずしてもいいか。

ヘッドガスケットを交換するつもりで、カムシャフト、カムシャフトスプロケット、ロッカーアーム等をはずしたのですが、その後で気が変わってついでにクランクシャフトシールを交換することにしました。

現在はinとoutのバルブ、スパークプラグがついたままのシリンダーヘッドがシリンダーブロックに乗っています。

これからクランクシャフトボルトをインパクトレンチではずそうとする場合、またはずした部品(カムシャフトなど)を仮組み付けなければならないでしょうか、あるいはこれらの部品をはずしたままでインパクトレンチでクランクシャフトボルトを回しても支障は無いでしょうか。

エンジンはタイミングベルト式ではなくタイミングチェーン式です。
ですからカムスプロケットをはずしても、チェーンがクランクシャフトにリンクしたままです。

くだらない質問だとわかっています。素人です。
以前3回ほどタイミングベルトの交換はしたことはあります。ヘッドガスケットの交換は以前2度だけ。

Aベストアンサー

気を付ければ問題ないと思うのですが、
チェーンの巻き込み等の危険はあります。

リスクを減らすと言う事で、
作業終了後にクランクプーリーを外してはどうでしょうか?
ほとんどの車が、クランクプーリーを外せばシール交換できると思いますが・・・・
補機のベルトを組み付ける前なら手間は同じだと思いますが・・・

Q軽量のクランクプーリー

某エンジン車載車持ってるのですが、チューニングパーツというか社外品で軽量のクランクプーリー
があるのですが、ノーマル(ゴムはさみのトーショナル)

が約2.7kで軽量品(アルミの切削もの)
が約500gと重量差があり、ゴムはさみじゃないので千切れる心配
もないのが魅力なんですが、宣伝文句ではレスポンスがよくなる云々でありますが、
純正品も何かの意味があって
重量があるのでしょうから、へたに軽量化
とかするとフライホイール側とのバランスの兼ね合いで
メタルとかスラストベアリングとか偏磨耗、耐久性が落ちるのでは?
と勝手に想像してるのですが、どうでしょうか?
私はギャンギャン回したり、コースとか走ったりせず、
通常走行で耐久性重視で大切に乗ろうと思うタイプですが、
詳しい方アドバイス御願いします。

Aベストアンサー

 
 クランクシャフトは両端に、フラーホイールと、クランクプーリーと言う重りが付いていて、ねじれ震動を繰り返しながら回転しています。
 この震動周期が高負荷の領域で共振しないように、クランクプーリーを重量を決めたり、ダンパーを付けたりしています。
 チューニングエンジンで、高回転域を常用するので、中間域での共振域は使わない、フラーホイールを軽くした、等の場合は、プーリーを軽くします。
 プーリーのみを交換しての街乗りは、お勧めではありません。

 

Qクランクシャフトにつく黒いボルトの材質は何ですか?強度区分は?

クランクシャフトにつく黒いボルトの材質は何ですか?強度区分は?
ドライブプレート固定用のこのボルトは、整備マニュアルにはプレコートボルトとあり、ボルトの頭には数字の11に似た2本の棒線があります。このボルトの材質は何でしょう?車種はトヨタの古いカムリSV41、エンジンは3S-FE、AT、FFです。これの長いものが欲しいのですが、普通のJISボルトでは無いのは当然ですが、マニュアルのボルトの説明にも無いです。ノギスで測定するとM10×P1.25のようです。

Aベストアンサー

11と書いてあるので、強度区分11の高張力鋼のボルトと思います。

11T、強度110Kg/mmです。 強度100Kg/mm2の10.9のボルトよりも高強度。

この規格は10年ほど前に廃止されていますので、昔のJISボルトと言ったところかな。

ただ、トルク+回転角度とかの降伏点締付け等でなければ、ドライブプレートですし、10.9のネジの代用でも問題無いと思います。

表面処理は高張力鋼で一般的な 黒染め(四三酸化鉄皮膜)に見えます。
(マニュアルにあるプレコートの意味は分かりませんが、率直にディーラーかメーカーにに聞いてみては?)

ご参考までに。

Qクランクシャフトとドライブプレートの芯出し方法は?

クランクシャフトとドライブプレートの芯出し方法は?
部品同士の嵌め合いだけでできるのでしょうか?その寸法公差はどれくらいでしょうか?H7h7くらいでしょうか?また、トルコンの出っ張りはエンジンとATを接続する時に使用し、これも嵌め合いで芯出しするのでしょうか?車種を特定する必要があるとすれば、トヨタカムリSV41、FF、4ATです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
トヨタ車の経験はありませんが、基本的にはドライブプレートもトルコンもクランクシャフト後端のインロー部への嵌め合いで芯出しとなっていました。
寸法公差は整備解説書にも記載はありませんでしたので不明ですが、結構きつかった記憶はあります。
ご参考まで。

Qカーコンビニ倶楽部、ホリデー車検、ヤマト車検など、安い車検屋さんがあり

カーコンビニ倶楽部、ホリデー車検、ヤマト車検など、安い車検屋さんがあります。自賠責、重量税、印紙代などの必須費用以外に、車検整備代として、1万円から1.5万円程度かかるようです。この中には、24ヶ月点検と車検の費用が含まれると考えればよいでしょうか?つまり、特に交換などが不要な状態であれば、自分で車検場に持ち込む場合に必要な費用と比較して、1~1.5万円程度余分にかかるだけ、ということでしょうか?

Aベストアンサー

その認識で良いと思います。
あと、各社事務手数料や印紙代等必要なようですが、HPにて総額いくらと載せてるので、
事前に確認できるだけの費用でできます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報