線幅50マイクロ程度で銅を用いた回路をフォトリソグラフィーの技術を使って作成しようと思うのですがその時にどの薬品を使えば良いのか全くわかりません。
ネットで調べては見たものの何せ素人なので皆目見当もつきません。何方か詳しい方、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 線幅50マイクロ程度で銅を用いた回路をフォトリソグラフィーの技術を使って作成しようと思うのですが



どんな基板に、どれぐらいの膜厚で形成する必要がありますか?言い換えると、プリント基板と半導体集積回路のどちらに近い分野でしょうか?これにより手法が少々違います。

前者については詳しくないのですが、おそらく電子工作の感光基板を参考に考えればいいかと思います。メーカー(サンハヤトなど)から製作に必要な諸機器、薬品が発売されていますので、これらをうまく利用するのがいいでしょう。
実際に50ミクロンの配線をうまく形成する(パターンの切れや短絡がない)にはいろいろ難しい部分もあるかと思いますが。

後者についてはやや厄介です。基板の関係上使用できる薬品が限られており、またプリント基板のように銅接着のための接着剤も使えません。
これは、半導体プロセス分野の「銅配線」に属する話です。まだ研究中の分野のため、実際に製作できるような詳しい情報は公開されていません。論文に断片的には記載されていますが、詳細は企業秘密のようです。
と言っても何の助けにもならないので、わかるかぎりで。

いわゆるフォトリソグラフィ工程については、フォトレジストが決まれば現像液、リンス液などはメーカーからのデータシートにより決定されます。参考プロセス条件も提供されますが、一部変更が必要かもしれません。

銅の堆積も、もしやめっき法で薬品使用でしょうか?田中貴金属(?)あたりが薬品を出しているという話も聞きますが、まだまだオリジナル調合の溶液利用が多いようです。

なにかの参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

denden_keiさん有り難うございます。

>どんな基板に、どれぐらいの膜厚で形成する必要がありますか?言い換えると、プリント基板と半導体集積回路のどちらに近い分野でしょうか?

どちらかと言えば前者の方です。
教えて頂いたメーカーに問い合わせてみたいと思います。
有り難うございました。

お礼日時:2001/09/21 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJXホールディングスの今後の株価について

JXホールディングスの4月20日の終値は477円でした。3月に538円の高値を付けたにも関わらず下落してしまいました。そこで質問ですが、JXの株価は今後騰がるでしょうか?騰がるとしたら、いつごろ幾らくらいまで騰がると思いますか?

Aベストアンサー

JXホールディングスの今後の株価というか全銘柄、先のことは誰にもわからないでしょう。

ただJXホールディングスの株だけを見ても意味がありません。市場全体で見てみるのもいいかもです。1例で日経平均高値(3/27 10.255)と現在(4/20 9561)と個別株の比較(商事…三菱商事、武田…武田薬品、ファースト…ファーストリテイリング(ユニクロ)。全て日経平均採用銘柄です。

3/27        4/20
日経 10255   9561 (-6.8%)
JX    536    477 (-11.0%)
トヨタ  3600   3295 (-8.5%)
商事  2015   1788 (-11.2%)
JR東  5410   5020 (-7.2%)
武田  3765   3435 (-8.8%)
ファースト 18460  18590 (+0.7%)

日経平均(先物)が下がると個別株も下がる(連動します)。値動きが同じようになりますが、景気敏感株(JXや三菱商事など)は値動きが荒く日経平均の1.5倍~2倍程度動くのが普通です。

日経平均(225銘柄)で1番日経平均を動かす(日経平均寄与度)のがファーストリテイリングです。4/13に日経が+113円(+1.2%)でしたが、ファーストリテイリング1社で日経平均を60円も押し上げました。

なので日経が3/27から4/20まで-6.8%ですが、ファーストリテイリングがほぼ変わらずですので、他の銘柄は日経平均より下げがきついのがわかります。

JX株個別で言うと日経新聞(17日)で、経常利益が前年4136億から今期は在庫価格の変動を除くと3000億程度で前年を下回った(在庫価格変動込みで約4000億)。震災の復興需要で利益よりも石油の供給を優先したみたいです。会社としてはすばらしいのですが…。

個別の材料がない限りは、JXは日経平均の1.5倍~2倍程度で動くと思います。四季報を見ると業績予想は↓(下降)です。

以上を踏まえたうえで、ご自分で判断されるとよろしいかと思います。


 

JXホールディングスの今後の株価というか全銘柄、先のことは誰にもわからないでしょう。

ただJXホールディングスの株だけを見ても意味がありません。市場全体で見てみるのもいいかもです。1例で日経平均高値(3/27 10.255)と現在(4/20 9561)と個別株の比較(商事…三菱商事、武田…武田薬品、ファースト…ファーストリテイリング(ユニクロ)。全て日経平均採用銘柄です。

3/27        4/20
日経 10255   9561 (-6.8%)
JX    536    477 (-11.0%)
トヨタ  3600   3295 ...続きを読む

Q「硫酸銅の水溶液を両極とも炭素棒を用いて電気分解すると、陰極で銅が析出

「硫酸銅の水溶液を両極とも炭素棒を用いて電気分解すると、陰極で銅が析出し、そのうちその水溶液は硫酸になる」これは正しいでしょうか?

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムは食塩水を電気分解して作ります。
食塩水の電気分解で水酸化ナトリウムができるという表現は可能です。
100%の水酸化ナトリウムができるわけではありません。食塩が100%消費されるというわけでもありません。
そういう意味では「硫酸ができる」という表現は可能です。
でも「そのうち硫酸になる」という表現ではなくて「だんだん硫酸の濃度が高くなる」とか「濃い硫酸ができる」とかの表現にとどめておいた方が誤解が少ないでしょう。

Q銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

銅とその化合物の炎色反応について教えてください。

 中学校理科の実験で酸化銅と炭素の混合物を加熱するという酸化還元反応を扱いますが、この実験によって酸化銅が銅になったことを実験結果から結論づけたいと考えています。薬品庫にある酸化銅IIをガスバーナーの炎の中に入れると緑色の炎になりました。これは銅が酸化銅になりきっていないために起こった現象なのか、それとも酸化銅など、銅の化合物でも銅と同じように緑色の炎色反応を示すのでしょうか?

 また、この実験において、酸化銅が銅になったことを結論づける良い方法があったらご教授ください。教科書では通電性を調べたり、化学反応式から結論づけたりする方法をとっています。化学の初歩を学ぶ生徒に実験結果から思考させたいと考えております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「銅の炎色反応」と言いますが金属の銅では炎色反応は見えません。
銅の化合物で見えます。
金属の銅では見えないが塩化銅では見えるという事を使った塩素の検出方法があります。バイルシュタインテストと言います。
湿らせた濾紙に酸化銅を付着させて炎の中に持って行っても見えます。硫酸銅の結晶をピンセットで挟んで炎の中に持って行っても見えます。

酸化銅が銅になった事を調べるのであれば希硫酸の中に入れればいいです。
未反応の酸化銅は硫酸に溶けて青い溶液になります。そこに金属の銅が沈みます。銅は目で見て分かります。

Q酸化銅が酸を使って銅になる・・・?????

こんにちは。質問します。
自由研究で、「十円玉の汚れを取る」というのをしているんですが
酸化銅と炭素を加熱すると銅になる(汚れが取れる)のは知っているんですけど
十円玉(酸化銅)に酸がつくとどうして汚れが取れるんでしょうか?
いろいろ調べたんですが分かりません。
教えてください!

Aベストアンサー

No.2のご回答で、概ね良いかと思います。
しかし、酸に溶けるかどうかに関する議論には注意が必要です。
すなわち、銅は硝酸などの酸化力を持つ酸には溶けます。銅を溶かす際には、酸化できるかどうかということが重要になります。

したがって、銅が酸に溶けないと言うのは塩酸や酢酸などの酸化力のない酸についてのみ当てはまることです。

酸化銅の場合には、銅はすでに酸化されていますので、単体の銅に比べて簡単に溶け、酸化力のない酸であっても溶けてしまうということです。


それと、銅というのは比較的酸化されにくい金属ですので、酸化銅は銅の表面を薄くおおっているに過ぎません。そのために、それが溶けてなくなってしまっても、見た目には、小さくなったのではなく、汚れが取れたように見えるのでしょう。

Q化学1 銅の電解精錬

化学の勉強で銅の電解精錬を勉強していますが幾つか疑問があります

陽極に粗銅
陰極に純銅
水溶液に硫酸銅(II)水溶液

で電気分割すると陰極に純銅が出るとありますが
これは純銅が無いと不可能ですよね?

その電気分解に使う純銅はどのように作られたのですか?


バカバカしい質問ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

はははは!おもしろい質問ですね。
私もよく知りません。

しかし、次のような方法も可能ではないでしょうか?
99%の粗銅100gで細い針金を作ります。
これを陰極にして10kgくらいの銅を析出させると、不純物の量は0.01%以下に
なるのではないでしょうか?
これを融かして合金にするとほぼ99.99%の銅になっていると思います。

QNaClを用いて涙液と等張な2w/v%の薬品Aの点眼液を300ml作ろ

NaClを用いて涙液と等張な2w/v%の薬品Aの点眼液を300ml作ろうとしている。
これに必要な薬品AとNaClの量を求めよ。ただし、薬品Aの容積化は30mlとする。

という問題について質問です。
2w/v%なので300mlに必要なAは6gだから、
Aを6g、水30×6mlにとかし、生理食塩水120mlを加えて300mlとする
と考えたのですが、ここからどのようにNaClの量を求めたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> Aを6g、水30×6mlにとかし、生理食塩水120mlを加えて300mlとする

等張な生理食塩水に,等張でない液混ぜて,等張になるわけないでしょう.
混ぜた後全体で等張になるようにするってこと.
Aの分子構造とか浸透圧の食塩相当量とかそういうのが与えられてなければ計算不能.

> 薬品Aの容積化は30mlとする。

なに,これ?

Q硫酸銅五水和物

少量の硫酸銅五水和物を加熱して無水硫酸銅にしたものに、水一滴をたらすと、硫酸銅五水和物になり、さらに過剰に水を加えると、テトラアクア銅イオン[(Cu(H2O)4]2+ になる、ということは正しいのですか?

水酸化銅や銅イオンにはならないのですか。詳しい解説をお願いします。

Aベストアンサー

>水酸化銅や銅イオンにはならないのですか
水酸化銅にはなりません。これは水に難溶です。
沈殿が出来ると言うことは観測されませんよね。
銅イオン(正確に言うと銅(II)イオン)については次。

無水硫酸銅(白色)に少量の水を含ませると硫酸銅一水和物(斉白色)ができ、更に水を加えると硫酸銅五水和物(青色)ができます。この硫酸銅五水和物の色はその中に含んでいるテトラアクア銅(II)イオン[Cu(H2O)4]^2+によるものです。硫酸銅五水和物に水を加えると出来るのではなく、硫酸銅五水和物中に既に出来ています。
そしてさらに水を加えると硫酸銅が水に溶け青色溶液になります。
また、水溶液中での銅の挙動を考える場合、テトラアクア銅(II)イオンを銅(II)イオンと見なす場合もあります。

Q臭素化に臭化銅を用いた理由について

先日、大学の有機化学実験で、4’-ニトロアセトフェノンの臭素化の実験を行いました。

この際、アルキル(メチル)基を臭素化するのに、クロロホルムで4’-ニトロアセトフェノンを攪拌溶解させた後に、臭化銅(II)を入れ、3時間加熱攪拌して臭素化を行いました。

ここで、なんで臭素ではなく、臭化銅を用いたのかよくわからないのですが、どなたかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

個人的にはクロロホルムは溶媒として、臭化銅は臭化水素となる臭素と臭素化のための臭素であると思っているのですが、それだったら銅の必要性は。。。?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ケトンの水素がBrで置き換わるということは、通常、置換反応という見方をしますが、酸化数を考えれば酸化反応であることもわかります。
すなわち、炭素に結合していた水素がH+として取れて行き、かわりにBr-が入ります。すなわち差し引きで酸化数が2変化したことになります。
そして、その酸化の推進力になったのがCu(II)です。
しかし、その酸化の際にCuはCu(I)までしか還元されません。Cu(II)からCu(I)への還元に比べて、Cu(I)からCu(0)(単体の銅)への還元が起こりにくいからでしょう。したがって、ケトンの酸化数の変化を補うためには2倍の物質量のCuBr2が必要になります。

ちなみに反応式は
ArC(=O)CH3 + 2CuBr2 → Ar(C=O)CH2Br + 2CuBr + HBr
ということで物質収支が合います。
反応に際してHBrガスが発生するはずです。

Q銅に丹銅のメッキは可能でしょうか?

銅材料に丹銅の電気メッキを行いたいのですが、丹銅をプラス極に付ければ丹銅のメッキが出来るのでしょうか?
イオン化傾向の差はあるとしてもどちらも単体ではメッキできますので、銅と亜鉛はそれぞれ銅にメッキされると思います。
その際についたメッキは合金になるのかが分かりません。
また合金がメッキされたとしてもイオン化傾向の差で銅と亜鉛の割合が変わってしまう可能性はあるのでしょうか?
当方、メッキされた銅の分析することが出来ない為 質問をさせていただいております。

回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特に電気メッキの必要はありませんが、イオン化傾向の差で亜鉛が付着する。
きれいにメッキしたほうがよいので、亜鉛を銅に電解メッキをします。単純に硫酸亜鉛や塩化亜鉛では汚くなりますので、EDTAとか糖とか加えて調整するとよいです。
 銀色にメッキされたら、バーナーで過熱すると亜鉛が銅に拡散していき、真鍮色~銅色に変化しています。この銅色の状態が丹銅です。

Q「ソルベント」という薬品の代わりとなる薬品

 私はある知的障害者授産所にて、パートタイマーとして働いているものです。
 ハンガーに付着しているシールをはがし、そのシールの粘着物(ベタベタ)を落として、業者に納入しています。
 そのシールのベタベタを落とすのに、今までは『ソルベント』という薬品を使っていました。揮発性が非常に高いものですが、無臭の液体です。職場の先輩によると、『ベンジン系の薬品ではないか』ということでした。これを使うと、シールのベタベタが浮き上がってきて、一拭きでベタベタを取ることができます。
 しかし、最近の原油高騰で、このソルベントの供給がストップすることになってしまいました。これがないと、仕事の進行が大幅に遅くなると先輩職員が嘆いています。何とかしてあげたいのですが、代わりとなる安価な薬品がないかと思うのです。そこで質問なのですが、『シールのベタベタを浮かして取ることができるような、それでいて安価な(または容易に製造可能な)薬品はないでしょうか? 利用者さんたちの健康を害さないものであることが条件なのですが。どなたか良い情報をお持ちの方がおられましたら、どうか教えて下さい。

 私はある知的障害者授産所にて、パートタイマーとして働いているものです。
 ハンガーに付着しているシールをはがし、そのシールの粘着物(ベタベタ)を落として、業者に納入しています。
 そのシールのベタベタを落とすのに、今までは『ソルベント』という薬品を使っていました。揮発性が非常に高いものですが、無臭の液体です。職場の先輩によると、『ベンジン系の薬品ではないか』ということでした。これを使うと、シールのベタベタが浮き上がってきて、一拭きでベタベタを取ることができます。
 しか...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.a-one.co.jp/cgi-bin/catalogue/product.cgi?prcd=20057&viewf=1
若しくは、
http://www.a-one.co.jp/cgi-bin/catalogue/product.cgi?prcd=20059&viewf=1

なんかどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報