最近”熟年離婚”増えてるそうですね。気になります。別れる理由は若いカップルが離婚するのとはだいぶ違いますね。経験者の方、離婚を考えている方、離婚を決意した原因・理由を教えてください。
(ちなみに私は配偶者の血縁関係で、今仮面です)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も熟年離婚になるのでしょうね。


45歳で、離婚しました。子宮内膜症でsexができず、毎日喧嘩。結局若い彼女を作られて離婚です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
>結局若い彼女を作られて離婚です。
やりきれないですね。夫婦お互いに老いて行くのに思いやりのないことです。

お礼日時:2005/05/14 21:58

結婚の意義に、子どもを産み育てることのみしか


見出すことができなかったから、そういう結果になったのではないですか?

つまり、子どもが独立したら、もう結婚という体勢を維持する必要性を認めなくなってしまったと。

初めは子どものアル無しにかかわらず
ただ好きな人と一緒にいたい、という願望のみで
結婚の意義を感じていたと思います。

しかし、長年の結婚生活の中で
お互いが支えあい、協力することが圧倒的に少ない夫婦だと
「あのとき、私が困っているのに仕事仕事と助けてくれなかった」
「子育てで忙しいからと、疲れている俺を癒してくれなかったから、他の女に目が行ったんだ」

男女の分業よろしく
家事育児は女、仕事は男と
互いの領分を尊重しあっているように見えて、
本当は、互いにやっていることに無関心(私には関係ない、仕事のことは解らないわ。俺には関係ない、家のことはおまえに任せた)となっていき
お互いが果たしている役割りに対する
感謝の気持ちがなくなっていくわけです。

感謝の気持ちがない相手にたいして
何かをしてあげても
何の喜びがありますか?
「私は家政婦か」「俺は給料運搬人か」
そうやって自分の存在意義までを疑うもとになりま
す。

その家事や仕事も、子どものためなら
なんとか細々とやってこられたが
子どもが独立して子どものためにする必要がなくなったとき、
腐りきった夫婦とは名ばかりの
えにしがぷつんと切れます。

子どもが巣立った後を見据えて
夫婦の絆を築いていかないと
夫は妻は全く私の見知らぬ人だった。ということになりますね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
~長年の結婚生活の中で・・・気持ちが変わって行くのでしょうね。熟年離婚の場合は。同感です。

好きで結婚したはずなのに、”一緒に居るのが耐え難い”という心境に迄いたるわけですから。性格が合わないとか、どちらかが結婚制度に適さない等という理由なら、もっと早く耐え難くなって離婚しているでしょうし。

ましてや、相手はいい歳したおじさん、おばさんですからね。容姿も衰え、可愛げもない。感謝の心が育ってなければ持ちませんね。

夫婦は元は他人。縁をぷつんと切りたくなるのも頷けます。血縁は決して切れませんがね。
大変参考になる回答、感謝します。

お礼日時:2005/05/16 20:12

経験者ではありませんが、よく言われる一般論を。



お互いと一緒にいたくないと感じていて、共同生活をするのが耐えがたくても、子どもがいるから経済上や生活上、教育上その他の問題でそう簡単には離婚できないと言う状態が長く続き、しかし子どもが独立したと同時に離婚する、と言うケースです。
熟年になってからの離婚は、それが多いようです。
子どもがいなくなったら夫婦の会話がなくなってしまって、なんて言うのもあるそうです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。子供の独立と同時にとか結婚式が済んでから~というやつですね。数的には多そうですね。中には離婚するのは面倒なので家庭内別居に突入するケースもよく聞きます。

共同生活が耐えがたくなった理由は何だろう?それぞれでしょうが、そこに我が家との共通項があるような気がして・・・。配偶者以外の親族の介入です。

お礼日時:2005/05/14 22:54

年令に関係なく、日本人から我慢・忍耐心が薄れました。

反面、自我が強くなり、欲求を満たそうとするのですから他人同士が一緒に生活することが難しくなって当然ですわね。
それに経済力が付いてきていますから、独立をより
容易にしています。
お互いの性格、求めるものが同質な場合は我慢・忍耐は不要ですし、
二人して同質の欲求を満たしてゆけるのですから
共同生活は成り立ちます。
同質でない場合には、どこまで自分を抑えられるかが
分岐点でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返信ありがとうございます。
我慢、忍耐力の不足というのは年齢に関係ない離婚事由のひとつですね。納得です。
その一方で熟年であるからこそ発生したであろう事由(私の場合も)も知りたい気がします。

お礼日時:2005/05/14 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熟年離婚のわかる本

こんにちは。
今回、熟年離婚について個人的に調べようと思っています。
そこで、熟年離婚について解説された書籍を教えてほしいです。
内容は、
・増加している熟年離婚の現在を描いたもの
・若者の離婚と熟年の離婚の比較がされている
・昔の離婚意識と現在の離婚意識(ここから結婚の意識も関わると思いますが)
・熟年離婚にいたる精神的、経済的問題
・これからあるべき結婚生活
・外国の事例
などなどです。
真面目に分析された本を望みます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書籍よりサイトを調べた方が早いのでは?
「リコナビ」
http://www.riconavi.com/
「離婚相談室」
http://www.rikon-mio.com/
「離婚の学校」
http://www.ikeuchi.com/rikon/

Q熟年離婚ってマスコミがたき付けてると思いませんか?

最近、熟年離婚がよくテレビなどで取り上げられますよね。私が男だからかもしれませんが、あれってかなり女性側に有利な内容に偏っているように思いませんか?離婚カウンセラーの話も女性の肩を持った発言が目立つ気がします。一つ一つ取り上げられる事例も「え?こんなことで離婚?」って思うことあります。結果的にマスコミが偏った報道をすることで、世の奥様方が「私もこれがあてはまる、旦那にあてはまる」って啓発され、全て夫側が悪いと思い込んでいるのではないのかと思います。皆さんはどう思いますか?私はこういった問題は、ケースバイケースだと思うのですが…

Aベストアンサー

離婚自体は昔からあるし別に珍しいものではない。ついでに、昔と比べ人々の離婚に対する認識も変化してきているということも、周知の事実。

でも、マスコミがただの離婚ではなく“熟年離婚”というスタイルや歪曲した価値観を新たに作り植えつけようとしている、というのは十分考えられる。

視聴率のためであったり、宣伝のためであったりいろいろであるが、ありもしない勝手な概念やスタイル、価値観を作り上げ煽って扇動するのはマスコミの常。セレブ、韓流、勝ち組負け組み、コギャル、援助交際、ヒルズ族、萌え、プチ~、ワンランク上の~、ホリエモンもその一面がある。

さらにそれを、自分にとって都合のいい情報として意識的無意識的にかかわらず模倣・歪曲し捉えて踊らされるのが一般人。

昨今話題の“熟年離婚”もそのにおいがするのは確か。
「水は低きに流れ、人の心もまた低きに流れる」。・・・・。

Q熟年離婚について。

熟年離婚について。
うちの両親が離婚に向かっています。
父が8年ぐらい不倫をしていた事実が発覚し、母は実家に戻り離婚に向けて準備してます。

私は母の味方ですが、専業主婦なので老後の収入等が気掛かりです。
短大の私と、高校生の妹もいます。

身近な方に熟年離婚したという方はいますか?

Aベストアンサー

財産の分与をきっちりやること。

慰謝料等の支払いもきっちりやること。

他に今は厚生年金の分割ができますので、
これで経済的な心配というのはある程度は払しょくされます。

http://www.sia.go.jp/topics/2006/n1003.html

Q最近、捨てられず残していた物で、捨てた物と決意した理由は?

<質問>捨てられず残していた物で、最近捨てた物と決意させた理由は?
皆さんの場合には、どんな物が有りますか・・・
その捨てる決意は何故ですか?

因みに
◇私の場合は
ネクタイ:
サラリーマン時代、仕事に行くのか家で寛ぐかのケジメだった。
クールビズにも背を向け、若き日のデートにも、気を引き締める役目も果たしていたのがネクタイだった。
しかし、定年後1年余を過ぎ、ネクタイを締める機会もすっかり減り、流行遅れや派手過ぎる物etcで、何度か処分を決意したり思いとどまっておりました。
それを、やっと処分を決意したんですが・・・、各ネクタイには想い出があり、愛着がある物も多く、その為、中々捨てられず今日まで。
その本数、数えてみれば、252本

捨てるに捨て難く、
息子に新しい物・高価な物、若向きと思うデザインで、気にいった物を全部上げると言ったが→返って来た答えは、古臭い、センス悪い、爺臭い・・・と、即刻、辞退されました。
私、予想外の展開に・・・
「独り言:1本2,000円単価としても504,000円か・・・
もったいないなぁ~。でも、俺を支えてくれた功績を考えると自分への投資としては安いもんだったかもしれないなぁ~、新興国に贈れば喜ばれるだろうなぁ~」

昨日の夕方になって、漸く捨てる決心が出来まして、目標25本(約1割へ)にするとして、残留と処分の仕分けを始めましたが→まだ使えるとか、誰からのプレゼントだとか、ものすごく高かったとか・・・結局は、100本近くが残っています。

今日も、これから昨日に続き、目標数にする為、残りのリストラに向け→私情を捨て、必要性の面からの絞込みをします。<合掌>

※その後は、スーツも同じく処分する積りです。

<質問>捨てられず残していた物で、最近捨てた物と決意させた理由は?
皆さんの場合には、どんな物が有りますか・・・
その捨てる決意は何故ですか?

因みに
◇私の場合は
ネクタイ:
サラリーマン時代、仕事に行くのか家で寛ぐかのケジメだった。
クールビズにも背を向け、若き日のデートにも、気を引き締める役目も果たしていたのがネクタイだった。
しかし、定年後1年余を過ぎ、ネクタイを締める機会もすっかり減り、流行遅れや派手過ぎる物etcで、何度か処分を決意したり思いとどまっておりまし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

あたしは、自分で購入した衣類は、子供の頃のものから、記念にとってあります。
その中に中学のときに買った、超お気に入りの運動用の短パンがありました。ピンク地に黄色い縁取りがしてあって、超可愛いんです。
それを捨てることになりました・・・その理由はというと・・・

先日、何を思ったか、その短パン、ウエストはゴムだから、まだ穿けるかも・・・と思い、無理やりはいちゃいました。
さらに何を思ったか、きつかったんですけど、我慢して、トレーニングジムでそのまま運動しました。
そしたら、段々苦しくなってきて、ついに、失神しちゃいました。

気がついたら、床に倒れていて、下半身は、タオルが巻かれ、短パンはゴムの部分が切られていました。
「呼吸を楽にするために、切った」と、あたしを介抱してくれた、女性トレーナー。
トレーナーに付き添われて、更衣室で私服に着替えた後、
「(短パン)どうする?」と聞かれたので、
「・・・・・・・・・・・・捨ててください」と答えました。

すいません、お馬鹿な話で(^^;)

Q「熟年離婚」そしてセカンドライフ

最近、「熟年離婚」という言葉が流行ってますが、実際のところ特に女性の方は考えたりするのですか?

それから、もし離婚したとすれば、その後の人生においての不安や生きがいなどご意見がありましたら教えて下さい。
ちなみに「熟年者を対象としたお見合いパーティー」なんかもあるようですが、行ってみたいものですか?

Aベストアンサー

  こんばんは。

 熟年離婚などはマスコミや活字メディアが作り出した造語で、実際にはあるのでしょうが、マスコミが何かを言い表すのに都合が良いだけのものだと思います。
 かつて、ドラマで金曜日妻たちが大ヒットして、不倫が流行語になって、さも当たり前のように奥さん達がやっているかのようなイメージを作り上げたものです。

 熟年離婚したとして、お互いにメリットはあるのでしょうか。第二の人生と共に離婚するなどよりも、相手に飽きて新しい相手と第二の人生を過ごしたい『離婚のススメ』みたいなものです。

 財産があれば熟年離婚で生活はしていけるでしょうが、そういう人は老後はどうするのでしょう。再婚できればまだましですが、一人で老後の生活を続けるのはかなり難しいと思います。

 女性は炊事洗濯などができる人であればまだ問題は有りませんが、男の場合、料理もほとんどしたことはなく、洗濯や掃除が面倒だなどとしたら、毎日の生活がとても苦痛だと思いますし、生きて行く生きがいもなく、安心した老後を迎えられないでしょう。

 そんな人でも財産があればまだ人にやってもらうとか、外食はかりとか方法はいくらでもありますが、財産がなく家事も嫌いな男だったら、熟年離婚=死への早道となります。
 
 熟年になっても何かをしたいという夢や目標を持っている人であれば、お見合いパーティーへも行くでしょうし、やりたいことがあるので日々充実しているというものです。

 ある会社で定年制がないところでは、90歳の技術者がいて、常に新しいものを開発していこうという意欲が十分に感じられ、毎日片道1時間掛けて通勤している人を紹介して凄いなと思いました。

 仕事が好き以上に、何かを常に求めている人はいくつになっても明るく生きていけるでしょうし、そういう人はたとえ熟年離婚しても、常に前向きな行きかたをしているものだと思います。

 私はまだ熟年には程遠いですが、何か好きなことを続けられるようなエネルギーを持ち続けたいですね。
 熟年になってもお見合いパーティーに出て、他にエネルギーを与えるような者になって行きたいと思います。

  こんばんは。

 熟年離婚などはマスコミや活字メディアが作り出した造語で、実際にはあるのでしょうが、マスコミが何かを言い表すのに都合が良いだけのものだと思います。
 かつて、ドラマで金曜日妻たちが大ヒットして、不倫が流行語になって、さも当たり前のように奥さん達がやっているかのようなイメージを作り上げたものです。

 熟年離婚したとして、お互いにメリットはあるのでしょうか。第二の人生と共に離婚するなどよりも、相手に飽きて新しい相手と第二の人生を過ごしたい『離婚のススメ』...続きを読む

Q「仮面○○」「○○仮面」・・・さて○○には何が入りますか?

「仮面○○」「○○仮面」・・・
いろいろなものがあると思います。

皆さんだったら、何を連想しますか?

Aベストアンサー

仮面浪人・・・・この時期ですので
タキシード仮面・・・セーラームーン好きでした

Q熟年離婚の理由は?

よく定年と同時に離婚だなんて聞きますが、熟年離婚に踏み切る妻の大きな理由って何だと思いますか?
今までの結婚生活でなにが不満だったのでしょうか・・

Aベストアンサー

下記サイトが非常に細かく分析しています。
ご覧ください!

http://www.j-rikon.com/ent117.html
家庭に捧げてきた思い込み
宗教が原因で離婚
誰のおかげでメシを・・・はDV?
セックスレスがキッカケとなり・・・
夫婦で性格の不一致
夫婦で価値観が違う
ドメスティックバイオレンス(DV)
金使いが荒い!浪費グセ
姑や義父と合わない

http://members2.jcom.home.ne.jp/shadou/page007.html
団塊の世代と呼ばれる男性と結婚された夫婦の間には、「夫は外で働き、妻は家で主婦をこなす」という役割分担がはっきりとしていた面が強く働いていたと共に、かつて日本文化に根付いていた
家長という考え方が、夫に絶対的な権力を与えていたため、「妻は夫に従うものである!」という風潮がありました。
妻である女性は、我慢を強いられていたと言い換えることも出来るわけです。この世代に生きた女性は、ある意味、自立心や自由への志向も強い・・・

Qセラムンのタキシード仮面さまとガラスの仮面の月影先生とベルばらのオスカルが

セラムンのタキシード仮面さまとガラスの仮面の月影先生とベルばらのオスカル、この3人が
・へんなひと対決

・おめめキラキラ対決

・高笑い対決

・リアクション対決

・物理的対決

をしたらそれぞれだれが強いと思いますか。

Aベストアンサー

おめめキラキラ:オスカル様
リアクション:月影先生(白目剥いたり、稲妻起こしたりしますから)
物理的対決:タキシード仮面様(ゆーてもこの中では唯一の男性)

ナヤマシイのが「へんなひと対決」と「高笑い」
 月影先生はその辺歩いてれば恐い人だけど一般人の範疇。タキシード仮面様は変質者。オスカル様については、世の中は男装の麗人には優しいし、宝塚辺りでは容認されそうな。なので、タキシード仮面様かな。

 彼らに「様」を付けている時点で、腐女子決定。

Q熟年離婚が多いのはなぜ?

友人のご両親が最近離婚しているケースがすごく多いです。熟年離婚ですね。どうしてそんなに多いのでしょうか?50代60代からまた恋愛して再婚している方も多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 結婚したのが今から30~40年くらい前って
ことでしょ。高度経済成長と呼ばれた時代です。
女性はまだ社会進出が難しい時代で、
世間は景気がよかったんで、男性の
収入が増えて、以前なら奥さんを
養える稼ぎなどできないような人たちが
お金を持つようになったんです。

 集団お見合いなんかが流行ったんですね。

同時に核家族化が進んで、以前なら
同居しているおじいさんやおばあさん
がやってくれていたような事を、
奥さん一人でやらなければならなくなったんです。
 
 ところが男性のほうは、自分の父親の世代と
同じ振る舞いをする方が多く、稼いでいる
から自分は偉いといった態度で、いわば
奥さん対する虐待をする男性が普通にいたんです。
 
 臨月が近い奥さんを、雨が降る中
お酒を買いに行かせたたり、気に入らない
と殴る、蹴るといった具合です。
 大家族なら周囲の人が止めるような事が
核家族になって、誰の目にもとまらず
行われるようになったんです。

 この世代で旦那さんを憎んでいる
奥さんは少なくないと聞きます。

 しかし、年金などの事を考えると
女性は旦那さんの籍から外れると
不利だったし、経済的自立の手段も
少なかったので、世間の奥さんたちは
逃げようがなかったんですね。 

 今法律も変わってきてますし、
労働環境も変わってきているので、
女性が自分の人生を選択できるように
なったことが、熟年離婚増加の原因だと
思います。

 10年くらい前だったと思うのですが、
旦那さんの退職金を半分盗んで逃げて
後から旦那さんに離婚届け送りつけた
主婦の方がいて、熟年離婚の問題が
大きく取り上げられるようになりました。

 結婚したのが今から30~40年くらい前って
ことでしょ。高度経済成長と呼ばれた時代です。
女性はまだ社会進出が難しい時代で、
世間は景気がよかったんで、男性の
収入が増えて、以前なら奥さんを
養える稼ぎなどできないような人たちが
お金を持つようになったんです。

 集団お見合いなんかが流行ったんですね。

同時に核家族化が進んで、以前なら
同居しているおじいさんやおばあさん
がやってくれていたような事を、
奥さん一人でやらなければならなくなったんです。
 
 ところが男...続きを読む

Q離婚間際の夫婦や別れ間際のカップルは…

素朴な疑問なんですが、もうすぐ別れようと思っているのに二人で笑い合ったり外食しに行ったりするんですか?

Aベストアンサー

離婚経験ありますがしてました。

私の場合は問題が起きてから離婚が成立するまでに6ヶ月かかったせいもあって・・・

子ども達がいるから目の前にいる相手を無視するわけにもいきませんし、一緒にお笑い番組観てたら笑い合うこともあります。

それと離婚の話になると何故か、自称常識人がワラワラと集まってきて問題となっている現実も見ずに的外れの「子どものために」と戯言を並べに来るので、そういう人の勘違いで二人が後で笑ってしまったことも有りました。

『泣くのも笑うのも他にどうしようもなくなった人間がすることである』

上記、誰(多分、詩人)の言葉か忘れましたが絶望の淵で笑ってしまうことも、それほど珍しくないようです。
(ナチスの収容所でガス室に送られるユダヤ人がその前の晩に看守と馬鹿話をして「人生で一番笑った最期(最後?)の夜」と残した日記を扱ったレポートを読んだことあります。)

離婚だとそれほどの絶望ではありませんが。(笑)

離婚するからといって殺したくなるほど憎くなるわけではありません。


人気Q&Aランキング