こんにちは。今、ぼくは大学4年生で公認会計士を受験するか、税理士を受験するか迷っています。でも公認会計士になりたいほうが強いです。ぼくが一番不安なのは将来性で、公認会計士と税理士があまりかわらなかったら確実になれる税理士を選ぼうと思っています。公認会計士は税理士登録できますが、税法に特化している税理士にはなかなか勝負できない。と聞いた事があります。そおゆうとこも含めて公認会計士か税理士かどちらのほうがよろしいでしょうか。教えて下さい。どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 私の会社の経理部長は、税理士で、資産税(相続税や所得税など)は得意ですが、会社勤務経験が乏しく、会社会計が不得手です。


 税理士が税法に特化していることはありません。得意、不得意が明確です。
 私は、あなたがなりたい公認会計士を目指すほうがいいと思います。
 税理士では価値が乏しいでしょう(税務署に長年勤めれば、なれます)。
 ただ、税理士は科目受験が出来ますから、1科目ずつでも、力だめしに受けていったらいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。なりたい公認会計士に成ろうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 19:23

 税理士では食っていくのは難しいです。

税理士になっても実務経験がないと、仕事できないですから、個人事務所などに入ることになります。でも、個人事務所ではめちゃめちゃ給料が安いです。個人で開業しても、人脈が無いと仕事をとってくるのは難しいです。特に今は税理士は余っています。それなら、NO.2さんの言われるように税務署に勤めて税理士資格をもらうほうがいい気がします。それならば、ある程度人脈もできますから。
 次に、会計士ですが、今現在会計士業界は超売り手市場です。二次試験に通れば好きな監査法人に入れます。ただ、試験は難しいです。何十年も二次試験を目指して頑張っている人が専門学校に行くと、鬼のようにゴロゴロしています。将来性についてですが、税理士に比べて将来性の面では、海外に行こうと思えば、それなりの勉強をすれば行けるとか、コンサルティング業務につきたいと思えば就けるとか色々な面で恵まれています。
 会計士になってから、個人事務所を開いて、税理士業務をやっている人が税理士に比べて専門性の面で劣っているかというとそれは個人差の問題であって、必ずしも税理士に劣っているということはありません。

 koinburaさんが将来何をしたいかによって変わってくると思います。まず、将来何をしたいのかを明確にされてから、考えられたら、良いと思います。

 頑張って下さいね。(^-^)/~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。すごく参考になりました。

お礼日時:2001/09/21 19:21

福岡県在住者です。


前に公認会計士の人からこういう話を聞いたことがあります。
「福岡は企業(本社)の数が少ないから公認会計士じゃ食えない。だから僕は公認会計士の資格は持っているけど、税理士の仕事をして食っている。」
だから、あなたが地方に住んでらっしゃるのなら税理士の方が良いかもしれません。でも、その人は公認会計士ってことでステータスがあるからこそ税理士の仕事が舞い込んでくるって面があるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深い情報有り難うございます。このことをもうすこし調べてみようと思います。

お礼日時:2001/09/21 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公認会計士 米国公認会計士 税理士

転職を考えています。
(背景)
私は、今年の春から証券会社に勤務し始めました。
現在会社が事業転換の時期に当たり、社内が正直とてもぐらぐらしている状態です。半年後の自分さえ見えない状況なので、転職・資格を考えています。

(今後の方向性)
業務内容は財務諸表などを見て審査をする部門です。
現在、簿記2級、外務員一種、民法などを勉強中ですが、会社を辞めて資格を取るなら会計士、税理士を考えています。英語もできるので、米国公認会計士も考えています。

ただ、相当ハードな資格なので、もっとこれらの資格について知った上で結論を出したいです。

(質問)
(1)これらの資格を持ってる人は、この職業のやりがいとか、ハードな勉強を乗り越えられたモチベーションになったものを教えてください。

(2)今、審査部で学んでいること(財務諸表を読めるように簿記、民法などを勉強し始めました)を、これらの資格に結びつけるには、どのような勉強の仕方をしたらいいですか?

教えてください。

Aベストアンサー

(1)
リクルーターなどをしていてもよく聞かれる質問です。そして答えも十人十色でしょう。ただ、試験に合格する人間全員に共通していることは最初に決めたことは必ず成果を出す形でやりとげようとする意気込みや気迫のある人間ばかりだということです(それができたから合格しているので当然ですが)。どちらかというとモチベーションよりこちらの方が重要だと感じます。これを持たない方は、よほど勉強面での優れた才能を元々有していない限り合格することなく散っていきます。
やりがいはいろいろあるでしょうが長くなるので他の方に任せます。


(2)
おそらく個人で行う勉強は、これらの試験に照らして考えると勉強のレベルにおそらく入らないものです。だからと言って勿論重用性がないというわけではありません。
個人的には1ページ学習をすすめるのにどんなに時間がかかってもいいので、その結論の背景や結論に至る過程をたとえ文字になって示されていないものであっても、読み取って理解していくような勉強をすれば先につながると思います。またそのような姿勢がないと合格してもなかなか仕事についていけないと思います。

(1)
リクルーターなどをしていてもよく聞かれる質問です。そして答えも十人十色でしょう。ただ、試験に合格する人間全員に共通していることは最初に決めたことは必ず成果を出す形でやりとげようとする意気込みや気迫のある人間ばかりだということです(それができたから合格しているので当然ですが)。どちらかというとモチベーションよりこちらの方が重要だと感じます。これを持たない方は、よほど勉強面での優れた才能を元々有していない限り合格することなく散っていきます。
やりがいはいろいろあるでし...続きを読む

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

Q公認会計士・会計士補登録をしていない公認会計士

公認会計士・会計士補登録をしていない公認会計士は、どういった理由で登録していないのか教えていただけますか。
資格はとったが、まったく関係のない仕事をしているから登録をしていないだけなのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、会計士や会計士補登録にはそれなりにお金がかかります。
監査法人はもちろん、一般企業でも場合によっては負担してくれる会社もありますが、
そうでない場合にはそこまでして登録する意義が無いのだと思います。
一般企業の場合、せいぜい名刺の肩書きになるくらいですし(企業によっては、それすら載せないところもあるみたいです)。

また、特に会計士の場合は、CPE制度というものがあり、論文を書いたり、外部研修を受けたりして、年間で一定の単位を取得する必要があります。
監査法人にいる人は法人内の研修で十分稼げますが、一般企業に就職するとなると、大変です。
平日の研修には出にくいでしょうし、論文を書いたりする時間もないでしょう。
現に私の知人で、一般企業で働く会計士は、登録を停止している人が結構います。

Q税理士や公認会計士を受験する人はどんな勉強をしているのですか?

会計事務所などに勤務している人が多いのでしょうか?
仕事が終わった後に先輩からノウハウを学んだりするのですか?
仕事が終わった後に学校に通っているのですか?
大原やTACの学校の通っているの?

何年ぐらい掛かるの?
会計事務所に勤めていても資格取得をめざしていない人もいるの?

分かるところだけでいいので教えてください。

Aベストアンサー

税理士のことについて僕の経験からお答えします。

>税理士や公認会計士を受験する人はどんな勉強をしているのですか?
毎回、専門学校で受けた授業を宿題として上がってきます。その宿題から次回の授業の前にミニテストを受けます。
そのテストを学校側で満点が取れるような勉強をして下さいといわれます。
さらに毎回、理論(税法の規定文、条文)を覚えさせられます。その暗記などの勉強に時間を割いております。もちろん、その暗記した理論をミニテストとして書き取りをさせられます。

>会計事務所などに勤務している人が多いのでしょうか?
ほとんどがそうです、あとは税理士試験に短期合格する為、勉強専念でいる人がほとんどです。
もちろん、企業税理士を目指して一般企業の人も勉強しに来ていますが、なかなか続く人が少ないのが少ないのが現状です。

>仕事が終わった後に先輩からノウハウを学んだりするのですか?
そりゃ~何かと教わったりはしているかもしれませんが、個人的にそのノウハウを知りえたから合格に直結することはありませんので、「そういう考え方もあるんだな」という程度に聞いています。

>仕事が終わった後に学校に通っているのですか?
専門学校の授業はたいてい週2回のペースで行われますが、働きながらであれば、仕事が終わり次第学校に直行で勉強に行きます。
授業の無い日は、自習しに学校へいく事もあります。自分のペースが遅れていると感じたりしたら仕事帰りに3時間ほど自習して帰宅しています。

>大原やTACの学校の通っているの?
有名どころといえば、大原かTACがほとんどです。他にも大栄やLEC、クレアールとありますが、どこで勉強しようとしても同じだと思います。

>何年ぐらい掛かるの?
早い人で5年とかいわれていますが、一般の人にはあまり参考にならないと思います。勉強専念で7~8年、社会人で10~12年ぐらいというのが妥当ではないでしょうか?

>会計事務所に勤めていても資格取得をめざしていない人もいるの?
もちろんいますよ、けどそういう人は以前は税理士試験を一生懸命勉強していたが、どうしてもあと1科目が受からないと、途中で投げ出した人が多いように思います。

いずれにしても税理士にしても公認会計士にしても過酷な試験であるにはちがいありません。

税理士のことについて僕の経験からお答えします。

>税理士や公認会計士を受験する人はどんな勉強をしているのですか?
毎回、専門学校で受けた授業を宿題として上がってきます。その宿題から次回の授業の前にミニテストを受けます。
そのテストを学校側で満点が取れるような勉強をして下さいといわれます。
さらに毎回、理論(税法の規定文、条文)を覚えさせられます。その暗記などの勉強に時間を割いております。もちろん、その暗記した理論をミニテストとして書き取りをさせられます。

>会計事務所...続きを読む

Q財務会計論(公認会計士)と簿記論(税理士)

初めて質問します。
公認会計士の財務会計論を勉強すれば税理士の簿記論に対応できますか?
私はの公認会計士試験対策(TAC)の通信講座を受けていましたが、
環境が変わったこともあり、働きながら税理士試験の簿記論を取得したいと思うようになりました。

そこで質問なのですが、公認会計士試験の財務会計論のテキストで勉強すれば、
税理士試験の簿記論に合格することは可能でしょうか。
「範囲は同じだが出題形式が違う」「範囲も違うが●●の部分を独学で勉強すれば合格可能」など、アドバイスいただけると幸いです。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

新たなご質問としては、独学用のお勧め教材等が無いかということですよね。

問題集は人により、あうあわないということが多いので、あくまで一例としてお答えします。

まず、TACの通信講座に通われていたということはTACのWEBは、利用したことがありますか。

あれば、定価よりも少しですが安い形で問題集や過去問題集が購入できます。

個人的には、まず、簿記論の過去問題を購入するといいと思います。

過去問題集を見れば、どういった問題経緯式で出題されているとかが分かると思います。

そのうえで、たしか、TAC出版だったと思うのですが、毎年度対応の「平成○○年対応 簿記論 個別問題編」と「総合問題編」があります。

今年受験ということは、半月あるかないかというところでしょうか。

予算的にもったいないので、まず過去問題集だけ買って見てください。

新しい問題の解答集なら毎年タダで、専門学校で手に入ります(ネット請求可能だと思いました。)から購入の必要性がありませんし。

今年、受験でなくて金銭的に余裕があれば、紹介した問題集を参考にしてみてください。

近くの書店で中身は見れますから。

あと、直前模試に関しては時間や地理的に無理が無ければいいので、直接TACや大原の会場で開催参加されたものに参加してみてください。

通信講座ですと周りにどんな受験生がいるのか、分かりにくいと思いますので、どんな人がいるのかってののすごい参考になると思います。

また、会場なので、本番よりも緩くなりますが、監督者もいますし、時間計測も正確なはずです。

長くなりましたが、この程度でいいでしょうか。

会計大学院生の知り合いや、もし機会があって、オープンキャンパスに参加できれば、図書館(通常の図書館よりも、税理士、会計士受験の問題集は、新しいものをそろえているので)を見させてもらえる機会があるといいのですが。

また、こちらの健康にも気を使っていただきありがとうございます。

真夏日が続き間ますが、互いに健康に気をつけて、頑張っていきましょう。

お礼ありがとうございます。

新たなご質問としては、独学用のお勧め教材等が無いかということですよね。

問題集は人により、あうあわないということが多いので、あくまで一例としてお答えします。

まず、TACの通信講座に通われていたということはTACのWEBは、利用したことがありますか。

あれば、定価よりも少しですが安い形で問題集や過去問題集が購入できます。

個人的には、まず、簿記論の過去問題を購入するといいと思います。

過去問題集を見れば、どういった問題経緯式で出題されているとかが分かると...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報