先日、H9年式(10年式かも。たぶん最終型)のニッサン180SX(NA)を中古で買いました。
納車後1週間くらいは何ともなかったのですが、ある日突然、アイドリング中にエンジンがぶるぶると振動するようになりました。
この状態になると、クラッチノブなどは左右に1センチくらい大きく揺れますし、ひどい時は車体全体がガクガクと激しく振動します。
エンジンをかけて走り出し、15~20分くらい走ると、この状態になることが多いです。
振動中、タコメーターの針は750回転くらいで一定していますが、たまに500~800くらいを行ったりきたりすることもあります。
走り出してしまえば、特に問題はありません(少しエンジン音が違うような気もしますが)。
ただ、振動が始まると、発進の時にエンジンがスムーズに吹け上がらず、いつもより強めにアクセルをふかさないとエンストしそうになります。

購入時、マフラーは社外品の砲弾マフラーになっていましたが、それ以外はノーマルです。
整備工場などで点検してもらおうかとも思っているのですが、車を持っていけるのが半月くらい先なので、自分で点検できるような箇所があれば調べてみようと思います。

エンジンが振動する原因として考えられることには何があるでしょうか?
また、素人にも可能な点検や処置は何かないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

他車種も色々とトラブルがありますが、日産車もよく吸気系を換えるとアイドルトラブルが起きます。

(スカイラインなども) しかし、今回はおそらくISCVの不良が考えられます。後は、冷間時になるなら、AACバルブやコールドスタート、、、と言うバイクなどに付いているチョークの機能を持つ、自動制御装置の不良ではないかと。一番手軽に点検できるのは、スロットルバルブの点検です。距離に比例してバルブにカーボンが付着し開閉を妨げるのです。これは、単にガソリン添加剤だけでは除去できるとは限らないので直接クリーナーを吹き付けるのが最も効果がありますヨ!! でもほとんどは、ISCVです、これは、アイドリングを調整する小さなモーターで中にカーボンが溜まる事により不良します。分解するのはほぼ不可能なので交換を薦めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
せっかくアドバイスいただいたのですが、ISCVやスロットルバルブがどこにあるのかわからなかったので(これかと思うものはあるのですが自信がない)、自分では点検できませんでした。
どちらにしても簡単に直せるものではなさそうなので、工場に持っていこうと思います。

お礼日時:2001/09/23 20:54

以前、S13シルビアに乗っていました。


年式がryo_fさんより古い(H4年)ので参考になるか
どうかわかりませんが...。
一応、同じエンジン形式なので(^^;

同じ様な現象がありました。

エンジンを始動して走り始め、信号などで停止している
時に、タコメーターが500~1000をフラフラ揺れる
現象がありました。
僕の場合、調子が悪い時はエンジンストップなんて事も
ありましたね。

いろいろ調べた結果、どういう部品だったか忘れました
が、エンジン内に吸入する空気量を調整するバルブが
あるのですが、それが狂っていました。

再調整してOKでしたよ。

ただ、ryo_fさんの180SXはマフラーを変えてある
んですよね?
エアクリーナーはどうです?
僕の友人で、キノコ型のエアクリーナーを付けたら、
同じ様な現象が出てましたよ。
結局、エアフロメーターが壊れていたみたいでしたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
記録簿を見ると、エアクリーナーは何回か清掃はしていますが、交換したことはないようでした(純正のボックスのままです)。
念のために中身を見てみようと思ったのですが、ボックスにつながっているダクトを外せなかったので断念しました。
結局、工場で調べてもらうのが一番よさそうですね。

お礼日時:2001/09/23 20:53

時々という不具合はプロでもなかなか


修理が難しいものです。

いろいろと原因が考えられるので
ご自身で点検できる範囲で考えてみました。

夜でないとわからないのですが
症状が発生している状態で
ボンネットを開けハイテンションコードあたりを
よ~く点検します。

高圧リークがあれば火花が見えます。
プラグの不具合も原因としてありますが
時々という症状にはなかなかあてはまらないので
除外します。

以下は可能性としてあげてみました
ディストリビューターのガタなどの不具合、
基本噴射量決定の要素である各種センサーの
断線しかかり

アースケーブルの接触不良
特にエンジン周り

以上ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ハイテンションコードというのがどのあたりかわからなかったのですが、とりあえず、夜にエンジンをかけてみました。
エンジンあたりをじっと見てみましたが、特に火花は見えなかったです。
やはり専門家にまかせた方がよさそうなので、早めに工場に持っていきます。

お礼日時:2001/09/23 20:52

私も経験しましたが、1気筒死んでいるのかもしれませんね。

回転があがると勢いで廻ってしまうので問題が無くなったように感じます。
私の場合、以下の手順で点検しました。
(1)エンジンをかけたままプラグコードを1本ずつ抜いて調子の悪くなるシリンダを探す。
(2)インジェクションのコネクタを順番にはずしてみて調子の悪くなるシリンダを探す。
(3)コンプレッションを計る。

結局1気筒コンプレッションが抜けていました。おそらくピストンリングだろうとのことでしたが、修理せずに廃車にしたので正確にはわかりません。

(3)はディーラにお願いしましたが、その後機会があってやらせてもらいました。簡単なものですね。あんなことにウン万円も払ったかと思うと悔しいです。コンプレッションゲージも安くてありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
せっかくアドバイスいただいたのですが、車に興味を持ち出して日が浅いため、プラグコードがどれなのかわかりませんでした(^^;(ここかなと思う場所はありますが、確信が持てなくて)
自分で原因を特定するのは無理そうなので、工場へ持っていこうと思います。

お礼日時:2001/09/23 20:52

実際車をみないとわからないですが、エンジンが冷えている時に症状がでるようでしたら、吸気系の部品の故障かもしれませんしあたたまってるときなら点火系イグニションコイルなどが故障してる可能性があるとおもいます。

最悪の場合コンピュ-タ-が故障してる可能性もあります。簡単には修理や点検ができないとおもいますので自動車工場にもっていったほうがよいとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
どちらかといえば、エンジンが暖まってから振動が始まることが多いようです。エンジン始動直後に振動が始まることもあるので、確実ではないですが。
他の方の意見も参考に、ちょっとエンジンを見てみましたが、私の手には負えなさそうなので、早めに時間を見つけて工場へ持っていこうと思います。

お礼日時:2001/09/23 20:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Qエンジンをかけた後ふかす意味

たまにエンジンをかけた後ふかす方がいらっしゃいますが、あれはどうゆう意味があるのでしょうか?
私は知識が無いのでよくわからないんですが、あまりエンジンによくない気がするんですが・・??

Aベストアンサー

エンジンをかけた後にふかす事に意味はありません。
ただの気分的なもんでしょう(笑

古い車になってくるとエンジン始動直後は少しくすぶった感じになるので
1発ふかして燃焼を上げてる・・・とゆう感覚なんじゃないでしょうか??

エンジン停止時にはエンジン内部にオイルが回りきってない状態です。
始動直後でもすぐ(1秒とか)にはオイルは回りきりません。
その状態での空ぶかしはエンジンにいい事はありませんね。

エンジンを切る時に1発ふかしてから切るのもよく見かけますが
あれはS50年代半ば以前の古い車(ガソリン供給装置がキャブレターの物)では
意味がありますが
今のインジェクション車(今の乗用車のほとんどがこっちです)では
なんの意味もありません。

まぁ 雰囲気なんでしょうね。。。(笑

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qエンジン停止時にアクセルをふかす人

質問です。
たまに、車のエンジンを止める時にアクセルを一度ブオンとふかす人がいます。
あれって何か意味があるんですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに同様の質問・回答があります。ご参考に!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162267

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q車の事教えてください。 最近エンジンが温まる前に走り出すと「キー」と音がします、けっこう大きい音です

車の事教えてください。
最近エンジンが温まる前に走り出すと「キー」と音がします、けっこう大きい音です!
その音がしている時はアクセスを踏んでも加速しません‼
何処が異常なのです?
修理はイエローハート、オートバックス等でもしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、ワゴンRに乗っていた時、盛大にキーッと鳴っていました。原因は、定番の、いわゆるファンベルト、今はファンを回さないので、正確には、ファンベルトとは呼びませんが。何とベルトが真ん中から、裂けていました。ゆるゆるになっているのは、分かっていたのですが、ベルトを替えずに、鳴き止めスプレーで、ごまかしていたのが原因でした。ボンネットを開けて、ベルトの真ん中を、手で押してみれば、張り具合が点検出来ます。張りが適正でも、古くなるとゴムが硬化して、鳴きます。
キーッと鳴っている音が大きいので、アクセルを踏むのを、ちゅうちょしてしまい、加速しないと感じるのかも。
修理は、販売店かディーラーで。私は、6000円でしたが、簡単に外せる車種は、もっと安いかも知れません。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Qライトエース2.2L 中古ディーゼルエンジンの振動

平成6年式ライトエース4WDのジーゼルエンジンを12万キロ走った中古のエンジンに載せ替えました。
エンジンを載せ替えたとき、マウントは中古のエンジンについていたものを使用したそうですが、振動がひどいので、今までのエンジンについていたものと交換したそうです。すると振動は収まったとのことでした。
アイドリング時には振動も騒音も問題ないのですが、回転数が1500回転を超える頃から音が大きくなり、振動も強くなります。音についてはあまり気にならないのですが、振動は体に響くような感じの振動です。とても気になります。
振動は1500回転を超える頃から強くなり、2000回転を蹴る頃には地策なります。
質問ですが、マウントを新品に交換すると振動は小さくなるでしょうか。今使っているものは平成6年に購入したときのものを使っております。
また、ほかに振動の原因となるものはあるでしょうか。
車の症状を的確に表現できていないかもしれませんが、専門的知識のある方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

No1です。「補足」と「お礼」、拝見しました。
気になるのが1500回転から2000回転の範囲だけで振動が伝わるという点です。こういうケースではラバーマウントがうまく特定周波数振動を吸収出来ていないときに起こりやすい症状ではあります。
ただ、先入観を持たずに消去法的な考え方をしてみると、載せ替え以前は発生が無く載せ替え以降に発生、エンジンマウントは振動が出ていなかったエンジンに付いていたものを使用したほうが良くなった、ということは、残りは載せ替えた中古エンジン本体か組み付け時(ミッションとの結合や排気管との結合時など)の何らかの異常と考えてしまうのですが・・。
エンジンが何らかの不調でその特定回転数の範囲で異常に振動が大きくなってしまうこともありえない話ではありません。
整備士さん、もう少し頑張って判定・判断してもらいたいところですね、片っ端から新品に換えだしたらキリがなくなる恐れが・・・マウント交換で直らなければ次はエンジンの噴射ポンプとかノズルとか言い出さないとも限りませんよ。最後には「中古だから仕方が無い」などとも言いかねないかも。
そのへん、事前にもう一度工場の上の人などとも相談してみる必要があるのではないでしょうか、「人が変われば見方も変わる」とはこの業界用語でもあります。
もう一度ご相談されることをお勧めいたします。
的確な原因などの回答とはならず、お役に立てずに申し訳ありません。

No1です。「補足」と「お礼」、拝見しました。
気になるのが1500回転から2000回転の範囲だけで振動が伝わるという点です。こういうケースではラバーマウントがうまく特定周波数振動を吸収出来ていないときに起こりやすい症状ではあります。
ただ、先入観を持たずに消去法的な考え方をしてみると、載せ替え以前は発生が無く載せ替え以降に発生、エンジンマウントは振動が出ていなかったエンジンに付いていたものを使用したほうが良くなった、ということは、残りは載せ替えた中古エンジン本体か組み付け時(...続きを読む

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qエンジンの振動について教えてください

直6と60°V12エンジンは二次振動が起こらないので良いエンジンだと言われますが、なぜ二次振動が発生しないのでしょうか?
なぜ直4は二次振動が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

自称でない専門家の意見をぜひお聞きしたいところですが、素人の意見を1つ。
4気筒エンジンでは、ピストンが2つずつ同時に上下するため、
ピストン2グループが互いに、クランク1回転の間に2回ほど正反対に動くことになります。このせいで、クランクの回転数の2倍の周波数で振動が発生することは予想できます。
6気筒エンジンの場合、必ず逆位相に対応するピストンがあり、うまく打ち消しています。この倍数の12気筒でも同様ということではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報