血中の脂質の酸化(とくにLDL)について興味があります。
また、血中脂質の構成や代謝などについて勉強したいのですが、この分野に関する詳しいサイト情報をお持ちでしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

MiJunです。


追加情報(?)です。
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?

http://www.igaku-shoin.co.jp/magazine/rkensdir/r …
(臨床検査:血管内皮細胞の酸化LDL受容体LOX-1)

ご参考まで。

参考URL:http://www2.famille.ne.jp/~horio/text5/text5_07/ …
    • good
    • 0

英語にある程度自信があるならmedline、

http://www.healthy.pair.comで「lipid peroxidation」で検索してみては。また高コレステロール血症の治療薬「fluvastatin」商品名「ローコール」は脂質低下作用とは関係無くLDLの酸化抑制があるのでfluvastatinで検索してください。
最近京大(老年医学)の北徹先生、久米先生のグループが酸化LDL受容体LOX-1を発見したのでこの辺からも検索できると思います。
日本語では患者さん向けに各製薬会社が高脂血症、動脈硬化についての説明をだしているので参考にしてください。下に日経BPのmedwaveのアドレスから製薬(医薬)関連団体を開き「田辺製薬」「ノバルティス」「三共」「バイエル」のメーカーサイトで調べてください。

医学向けの雑誌には酸化LDL等動脈硬化はよく特集でやっているのですが、まだ内容があたらしいためか、一般向けにはアップされていないと思います。医薬雑誌をおいてある大きな本屋でバックナンバーを取り寄せるしか日本語の内容は手に入らないと思います

参考URL:http://medwave.nikkeibp.co.jp/findx/mwroot_lnk.h …
    • good
    • 0

少しお望みのものとは異なるでしょうが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「赤ワインの有効成分プロアントシアニジン」
http://www.nirs.go.jp/report/nirs_news/9907/hik4 …
(銅モデル化合物を用いる動脈硬化発症機構の解明)
http://www.jssp.co.jp/f_lipid_nut/sisitu02.html
(脂質栄養と脂質過酸化)
http://www.life.osaka-cu.ac.jp/~kojima/index2.html
(動脈硬化を予防するには)
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news …
(理研:バイオ新薬を目指して)

医学・薬学系の生化学等の成書を参考にした方が良いかもしれませんね?

さらに、もう少し的が絞れたら、文献検索で総説を探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://kbic.ardour.co.jp/~g-mimaki/porife.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの情報をありがとうございました。
特にLDL酸化に関する基本的な情報がほしかったので、大阪市立大学のインターネット講座が参考になりました。教えていただいたのはpart2だったのですが、part1も参考になりました。

お礼日時:2001/10/23 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖の摂取が脂質の代謝を円滑にする??

大学の課題がたくさん出ました(>_<)
タイトルの通り、「糖の摂取が脂質の代謝(合成と分解)を円滑にする理由を述べよ」という問題があのですが、調べてもわからなかったのでどなたか教えてください!

あともう1ついいですか?
グリコーゲンから生成したATP量と遊離グルコースから生成したATP量はなぜ違うのですか?

Aベストアンサー

脂肪酸が分解されてATPになるには、脂肪酸のβ酸化で得られるアセチルCoAがオキサロ酢酸と結合してクエン酸になり、
TCAサイクルを回る必要があります。
オキサロ酢酸はグルコースの代謝産物なので、脂肪の分解には糖が必要ということになります。

あと、グリコーゲンはグルコースのポリマーなので、ATP量はグルコースより多くなるのではないのでしょうか。

参考URL:http://hobab.fc2web.com/sub4-metabolism.htm

Qグルコース、脂質、食べるからエネルギーを生産する時に重要な中間代謝産物は?

グルコース、脂質、食べるからエネルギーを生産する時に重要な中間代謝産物はなんですか? 

選択問題でテストに出たんですけど、これだけよく分からなくて…

選択問題だったので→(ピルビン酸、アセチルCoA、アミノ酸、脂肪酸、グリコーゲン)

Aベストアンサー

質問文が解り難いのですが,「グルコースや脂質からエネルギーを生産する時の重要な中間代謝産物は何か?」という事でしょうか?

 それなら,#2 さんが回答されている「アセチルCoA」です。

 下記のページにある「代謝マップ」を御覧下さい。

 ・http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/index2.htm
  代謝マップ

 グルコース -(解糖系)→ アセチルCoA -(TCA回路,呼吸鎖)→ ATP(エネルギー)
 脂質 -(β酸化)→ アセチルCoA -(TCA回路,呼吸鎖)→ ATP(エネルギー)

 これで解るように,グルコースも脂質も「アセチルCo」に変換されないと,エネルギーを産生する「TCA回路」に入れません。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/index2.htm

Q炭酸飲料を飲むと血中の二酸化炭素濃度が上がる?

肉体労働をしていたときに上司から
『炭酸飲料を飲むと血中の二酸化炭素濃度が上がって疲れるから飲むな』
と言われたことがあるのですが、
実際のところ炭酸飲料の二酸化炭素って飲んだら吸収されるものなんですか?

Aベストアンサー

水に溶け込むので水と一緒に血液に溶け込むでしょうね
その前に胃の中の高温でほとんどが気化してゲップになるはずです
また
疲れは細胞中のアルデヒドが原因なので二酸化炭素の血中濃度は関係ないと思います

Q極性脂質、中性脂質、フロックとは?

こんにちは、質問があります。
極性脂質と中性脂質とは何か教えていただきたいのです。
あと、微生物の分野で「フロック」とは何でしょうか?
文献の中に『活性汚泥は直径200μm~1000μmの、主として細菌が凝集してできた不定形のフロックで…』という一文があったのですが、フロックとは何かイマイチ分かりません。
基本的な質問で申し訳ないですが、近くの図書館などで解決できませんでしたので、ご協力の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「フロック」に関して、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「糞尿処理に使われる用語」
ここで「活性汚泥」・「フロック」が参考になります。
●http://www3.justnet.ne.jp/~kkikuike/NW2/13filtration.htm
(濾過の基本:薬品沈澱池)
●http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/ippan08/2/2-3-1.htm
(パテントマップ:高分子凝集剤による処理)

◎http://homepage2.nifty.com/zonbi/sisitsu.html
(生体中の脂質の構造について)
●http://www.jssp.co.jp/f_biochem_exptl/seika_24.html
(植物脂質代謝実験法)

ご参考まで。

参考URL:http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/fukyu/kit/qa/11.htm

Q代謝を調べた際に 【代謝とは生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素

代謝を調べた際に
【代謝とは生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応】
とありました。
逆に捉えると無機物や有機化合物以外は素材として使用はしないと言えるのですが無機物、有機化合物以外のものとは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

無機、ってのが、有機では無い、でしょうから、言葉の上からは、有機でも無機でも無い物は無いでしょうね。
有機物無機物を取り込む、全ての物質を取り込む、という意味では無いだろけれど、分類としては有機物も無機物も取り込んでいる、ということでしょう。
少なくとも、どちらかしか取り込んでないわけでは無いということです。

たぶん、有機物でも、人間はセルロースを取り込んでいないかもしれません。
食べて腸内に存在して利用して排出している、かもしれませんが、細胞内には入ってないかもしれない。
人間の代謝には関与してないかもしれない。
つまり、そこを一生懸命逆に読んでみても、逆じゃ無いところで例外がボロボロ出てくるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報