出産前後の痔にはご注意!

一戸建て建築予定中で始めの経験でお願いします。
排水管が壁に通して外にいく?地下に通して外にいく?どちがベストですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

掃除 意味」に関するQ&A: 年末の大掃除の意味

A 回答 (5件)

>基礎の壁から出して地下に行くの場合は基礎の壁に、建物に影響がありますか?



基本的には影響はありません。
細かくは既に他の方から回答がありますが、きちんと施工時に対応していれば問題にはなりません。

シロアリ被害については私はシロアリ専門家が安全ではないという指摘をしているのでせっかくのベタ基礎であれば避けるべきという意見です。
というのも、シロアリというのは土中を進みますが土中の配管に出会うとそれに沿ってやってきます。そういう習性があるそうです。
つまり攻撃の糸口を与えることになります。
しかも、コンクリートの打ち継ぎ部分でさえ、少し弱ければ侵入する(シロアリはコンクリートでもかみ砕くことは既に実証済)ことがわかっているので、配管とコンクリの間に隙間がなくてもこじ開けて侵入する危険があるそうですから。

ちなみにシロアリは他の昆虫より弱い生き物なので(だから土中に住んでいます)、地上を出てということはまず滅多にしませんし、地上に出ても他の天敵にやられる確率が極めて高いです。ちなみに普通の蟻はシロアリが大好物です。

ただベタ基礎でなければわざわざ建物の横からだす意味はそれほどないのでお好きな方を選ばれるとよいでしょう。
    • good
    • 0

新築おめでとうございます。


ご質問の内容からすると、現在は基礎工事が始まる前のようですね。それくらい早い段階でこのようなところに気を配れるのはすばらしいです。
さてご質問の配管位置ですが...
敷地内にある最終枡の高さと、排水取りだしの位置によってある程度制約ができてしまいます。水は高い所から低い所に流れますので、枡が浅ければどうしても排水管も浅く埋設することになり、場合によっては基礎立ちあがり部から出さざるを得ない事もありますが、よほど無理なGL設定などしなければ、枡の深さが足りないことはあまりないと思います。
通常は土間コンから立ち上げます。
基礎構造もよりますが、立ちあがり部から出すと..
1.配管を伝わって雨などが浸入しやすい
2.配管の径によっては鉄筋の補強が必要になる
3.配管が露出してしまい外観が非常に悪くなる
などの心配があります。
型枠の関係で1.の場合はスリーブといって穴だけあけておき後から配管するのですが、土間コン配管は、コンクリート打設前の鉄筋だけの状態でパイプそのものを配管します。コンクリートとパイプは密着してしまい白蟻などが上がる心配はないと思います。
ただしNo3の方がおっしゃるとおり白蟻への配慮はとても大切です。よく業者に確認してください。
その他、何か土間配管に不安なものがあるのでしたら...
いっそ露出配管にして全て外壁から出してしまうという手段もあります。
1.配管ルートが短く、シンプル
2.室内での排水音などが軽減する
3.メンテナンスし易い
など利点もあります。配管する面があまり見えないなど、美観を気にしなくても良いのでしたらこの方法も検討してみてはいかがでしょうか?
良い住まいにしてくださいね。
    • good
    • 1

基礎の壁から出して地下に行くか、基礎の下に潜り込ませてそのまま接続するか?



という意味ですか?

もしベタ基礎ならば横から出しましょう。
理由はシロアリ侵入口になるからです。

布基礎であればどちらでも良いのですが、横からの方が後からメンテナンスしやすいです。

この回答への補足

回答をいただきましてありがとうございます。
基礎の壁から出して地下に行くの場合は基礎の壁に、建物に影響がありますか?お願いします。

補足日時:2005/05/15 22:40
    • good
    • 0

横引きという意味ですかね?


損傷しにくいという意味では埋設配管でしょうし、
詰まったりしたときに簡単に掃除口等から点検・掃除できるという意味では、壁?に通してじゃないでしょうか。
あとは見た目もあるかもしれませんね。
自信ありません。
    • good
    • 0

何階の排水管で、何を流す排水管なのですか?


また建物の構造は?木造?鉄筋?

この回答への補足

一階の排水管で、下水を流す排水管です?
また建物の構造は木造です。

補足日時:2005/05/15 22:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでしょうか?

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題な...続きを読む

Aベストアンサー

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、

しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。

Q重量物の下に埋設された排水用塩ビ管について

現在、木造2階建ての住居を新築工事中です。

 今は基礎工事と屋外給排水工事が終わり大工さんが木工事をして
いる最中なんですが休みの日に工事現場を見に行った際、何気にエ
コキュートのタンクを据え付ける予定の場所を見渡すとベタ基礎のベ
ース部から横に出た差し筋3本が何故か根もとあたりから上に折り
曲げられていました。

 すぐ工事担当者へ確認をしてみると給排水の工事業者が排水の
配管を図面どおりに埋設するためそこにあった差し筋が邪魔なので折
り曲げて排水用配管を埋設したとの事でした。

 邪魔だからといって差し筋を折り曲げられた事についても驚きましたが、
何より重量物の下に配管を埋設するというのが私的には長期的に見て
配管が沈んだり割れたりしないかどうかが不安です。

 まだエコキュートのタンク用の基礎工事は行っていないのですが、今の
うちに基礎を迂回するように配管ルートを変更してもらった方がいいので
しょうか。

 あとこの折り曲げられた差し筋はそのまま曲げ戻して基礎を打つと言って
いましたが、それで問題は無いのでしょうか。

 エコキュート(370L用)のタンクですが満水時の重量は約450kgでその基礎
の約10~20cm下に塩ビ管(VP管 75Aくらい)が基礎の中央あたりを横断す
るように埋設されています。

 地盤は良好でベタ基礎も地盤改良等はなしで行っております。

 確かに工事前に頂いていた図面を見ると図面どおりのルートとなっていまし
たが何分素人の私では、そこまで気がまわらず実際の現場を見て初めて気
が付きなぜ図面をもらった段階で気が付かなかったのかと後悔しています。

 今となっては後の祭りなんですが、この先どうするべきか良きアドバイスを
どうぞよろしくお願いいたします。

現在、木造2階建ての住居を新築工事中です。

 今は基礎工事と屋外給排水工事が終わり大工さんが木工事をして
いる最中なんですが休みの日に工事現場を見に行った際、何気にエ
コキュートのタンクを据え付ける予定の場所を見渡すとベタ基礎のベ
ース部から横に出た差し筋3本が何故か根もとあたりから上に折り
曲げられていました。

 すぐ工事担当者へ確認をしてみると給排水の工事業者が排水の
配管を図面どおりに埋設するためそこにあった差し筋が邪魔なので折
り曲げて排水用配管を埋設したとの事でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

エコキュートは基本的に配管接続部分が下にあるので給排水管を基礎より立ち上げます。
深さ・コンクリート配合等によっても変わると思いますが、VP管なら大丈夫でしょう。(VU管は薄いので・・)


現場図面がないのでなんとも言えませんが、出来るだけ外れたところを通るのがベターですが、配管の勾配・マスの位置・設置場所の関係上どうしてもやむを得ない場合があるでしょう。
そんなときは必ずその重量に対しての設計になってるはずです。配管図とは違っていて重量物の下を通っているとかであれば設計外なので耐久性とか心配しても良いかと思います。

(エコの)基礎の中に入れないで基礎外部に立ち上げてしまってはカバー等取り付け出来なくなり外観も悪くなります。
機能重視。外観気にしないのであればそのように変更してもらっても良いかと思います。

Q住宅の汚水、雑排水の排水経路についてお尋ねします。

住宅の汚水、雑排水の排水経路についてお尋ねします。
基本的な考え方、ルール等が知りたいのですが、参考書の事例等を調べてもなかなか明確な答えが得られません。どうぞよろしくお願いします。もし、参考になりそうなサイト、住宅に特化した解説書等ご存知でしたら教えていただけるとありがたいです。

以下の参考例事例(3パターン)についてのご意見をお聞かせ下さい。

(1) 汚水管を単独処理とする場合。
ある参考書によりますと・・・「汚水は別系統とし、最終桝の手前で雑排水と合流させる」という説明になっています。
雑排水は、平行した別の埋設管100φにそれぞれの衛生器具、流し等の箇所で接続しています。

(2) 他の参考書の設計例では・・・
床下を100φの汚水管が横断し(建物の中央部)、そこに50φや100φの雑排水管を床下で接続している場合。

(3) 最終桝から延長された埋設管100φが建物に沿って配置され、そこに外壁に面した便器、手洗い、浴室、キッチン等からの排水管を接続している場合。
((1) の汚水系統を一緒にした場合と同じようです)

(1)の場合、コストアップにはなるでしょうが、やはり一番ベターな方法でしょうか・・?

(2)の場合、床下とはいえ建物内を汚水管が横断するため、気になります。床下で何かトラブルが起こるとは想定しなくとも良いでしょうか?
また、この事例の場合基礎貫通は1ヶ所で済みますが、基礎貫通との関係はあまり意識しないものでしょうか?(貫通箇所はできる限り最小限にすべきとか?)
また、「原則、最短距離で最終桝へ接続する・・」と何か見た記憶がありましで、そこから考えますと、建物外周を廻すには距離がある場合、このような床下経路を考える事も十分あり得るのかなと言う気もします

(3)の場合、水周りが全て隣地側外部に面しており、基礎貫通部分以外、建物床下での横引きはないため、(2)とは逆にイメージ的には良いのですが、貫通箇所が5箇所程度ある事や、単独系統?のため、管のトラブル、メンテの必要が生じた場合、問題になる事はないですか?(貫通箇所は(1)についてもいえる事ですが・・・)

いろいろ参考図書の事例を見ましたが、この(3)のパターンが一番多い気がします。

また、キッチンの排水については一般的に他の雑排水の系統と同じで良いようですが、
詰まりがあるとすればキッチンかと思いますが(油の固まり等)、排水経路・桝設置について考慮すべき点はありますか?

水廻りの配置状況や、コストによって一概には言えない事もあるかと思いますが、原則論でも結構ですし、他に注意すべき点等ありましたら、ご教授願います。

以上よろしくお願い致します。

住宅の汚水、雑排水の排水経路についてお尋ねします。
基本的な考え方、ルール等が知りたいのですが、参考書の事例等を調べてもなかなか明確な答えが得られません。どうぞよろしくお願いします。もし、参考になりそうなサイト、住宅に特化した解説書等ご存知でしたら教えていただけるとありがたいです。

以下の参考例事例(3パターン)についてのご意見をお聞かせ下さい。

(1) 汚水管を単独処理とする場合。
ある参考書によりますと・・・「汚水は別系統とし、最終桝の手前で雑排水と合流させる」という説明に...続きを読む

Aベストアンサー

 No.2です。質問がありましたので。

 質問1>
 逆に考えてみて下さい。屋外埋設管を汚水・雑排に分けるとして、汚水と雑排の違いはなんでしょう? 汚水には固形物がある程度流れる事と、雑排水は油分の流出が考えられる程度です。これが配管を分ける理由になりますか? 本管では混在して流れているし、宅内で一緒に流している実態が多い(多くの自治体がそう)中で、一緒に流す事で問題になったケースはありません。あるなら(2)の事例が成り立ちません。方法が間違いではなくても、そこまで費用・手間をかけるのは無意味だと言う事です。

 質問2>
 >「雑排水のトラップ桝の下流側に、汚水管を合流させるための桝を設置すべき」と言う意味でしょうか?
 正確には、「屋内から来た雑排水管はトラップ(トラップ桝あるいはトラップ構造の配管)を通過した後に、屋外の埋設主管に合流させる」です。一般的にはトラップと合流を兼ねた「トラップ合流インバート」が主流なのでトラップ桝1箇の設置で合流も出来る事になります。ちなみに汚水は継手や合流桝で直接合流させます。
 また、実際には雑排水管と汚水管のどちらが上流側になるかは建物にもよりますので、床下で調整するのではなく、桝や配管の配置で対応します。
 例えばUTと呼ばれるトラップ桝は合流と兼ねていて主管に接続するだけでトラップを使った合流が可能ですし、最上流に設置する場合には専用のUTKというタイプがあります。自治体によっては目皿付きのトラップ桝を指定している場合もありますが、一部の商品を除いては合流インバートと兼ねています。トラップ桝の形状や配置によっては「雑排水のトラップ桝の下流側に、汚水管を合流させるための桝を設置する」場合もあります。
 アロン化成や前澤化成、タキロン等のメーカーホームページで桝の形状は確認出来ると思います。各自治体の下水道施工基準でも(ネットで)見られる場合があります。

 「・・・条例で設置が決められている場合もあるのでトラップ桝を設置するケースが多いのです」については、
 自治体の下水道施工基準で、「台所・洗面所・風呂・洗濯の排水管には原則トラップ桝(あるいは目皿付き桝)を設置する事」みたいな内容の記述が見受けられます。この様な規則がある場合、トラップ桝の設置が必然となりますが、そうなると汚水は分ける(トラップ桝に汚水は詰まるので流せない)必要があるので、原則屋内配管は雑排・汚水で分離する必要があります。

 施工方法については色々あり、基本的には下水道法等が基本となって技術的にそれに適合していれば問題なく排水できるわけですが、実際には自治体毎に条例(下水道施工基準等)で(使用材料や桝の形状・設置位置や管の口径等)細かい部分が決められています。例え技術的に大丈夫でも法律的に駄目なケースもあるのわけです。下水の配管方法を考える時には、図書館の資料よりも、各自治体の違いを見ていくと結構面白いです(中には反対の主張もあったりします)。
 
 

 No.2です。質問がありましたので。

 質問1>
 逆に考えてみて下さい。屋外埋設管を汚水・雑排に分けるとして、汚水と雑排の違いはなんでしょう? 汚水には固形物がある程度流れる事と、雑排水は油分の流出が考えられる程度です。これが配管を分ける理由になりますか? 本管では混在して流れているし、宅内で一緒に流している実態が多い(多くの自治体がそう)中で、一緒に流す事で問題になったケースはありません。あるなら(2)の事例が成り立ちません。方法が間違いではなくても、そこまで費用・手間をかけ...続きを読む

Q住宅の基礎工事・配管について

近所で新築工事をしているのが、窓から見えるので、
興味深く見ています。

そこで質問なのですが、
排水のパイプ(トイレ・風呂・キッチン)というのは
太く、また床より下に敷設すると思います。
一階の場合、多分基礎の部分と同じ高さになると思いますが、最終的に外の配管につなげる時、どうやって外に通すのでしょうか?基礎にあらかじめ穴があけてあるんでしょうか?どうもそうはみえないのですが・・・

Aベストアンサー

条件によって、基礎にスリーブ(配管より一回り太いパイプ)を入れる場合と、基礎の下を通す場合があります。

Q排水管の施工ミスでは?

初めて質問させていただきます。
2003年に注文住宅を新築し、今年で8年目を迎えます。

1ヵ月ほど前の夕方、突然トイレの水が流れなくなってしまいました。
原因もわからず、とりあえず建築してもらった工務店に連絡したところ、
配管がつまっている可能性が高いので、配管工事を担当した業者に翌朝見に行かせるよう
手配しておくとのこと。
翌朝、業者の方に見てもらった所、我が家の汚水管と公共マスをつないでいるパイプの境目に
汚物やトイレットペーパーなどがつまっていて、スムーズに流れず、
公共マスの中が汚物であふれている状態でした。
(ちなみに車庫の中にある私設の汚水マスからも汚物が噴出していました)
清掃してもらった後、「公共マスと汚水管をつなぐパイプの角度が浅いかもしれないので
削った方が良い(別途費用必要)、また今後もつまる可能性があるので、
トイレを使う時には大量に水を流して使用してください」とアドバイスもありました。
別にトイレに何か落とした訳でもなく、普通に使用しているだけなのに、汚水がつまることが
何となく腑に落ちず、また、つまった場所が公共マスだったので、
後日、市の下水管理センターの方にも見に来ていただきました。

ちなみに我が家は、東側に風呂、洗面所、キッチンがあり、廊下を挟んだ向かい側(西側)に
トイレがあります。
下水管理センターの担当者曰く、「普通、水周りは、排水のことを考えて1か所にまとめて
建てるのですが(排水管を1本にまとめておくのが普通だそうですが、
我が家の場合、排水管が独立して3本程あるらしい)お宅の間取りはおかしいですね」との
こと。また「パイプを削るのは止めた方が良い」とのことです。
こちらも素人なので、排水管に関してその様な予備知識もなく、工務店の方を信用して
提供された図面を見て契約した訳ですが、
まさか8年後にこの様なトラブルに遭遇するとは思いませんでした。

私自身、今回の原因は、配管または間取りの設計ミスだと思うのですが、どう思われますか?
修繕費などは施主が負担するものなのでしょうか?
またこうしたトラブルが発生した場合、どこに相談したら良いのでしょうか?
(瑕疵担保責任に該当するような気もするのですが…)

別に工務店と大ごとにしたい訳ではないのですが、追加費用を支払うのにいささか
抵抗があります。

長文になり恐縮ですがアドバイス頂けると幸いです、宜しくお願い致します。

初めて質問させていただきます。
2003年に注文住宅を新築し、今年で8年目を迎えます。

1ヵ月ほど前の夕方、突然トイレの水が流れなくなってしまいました。
原因もわからず、とりあえず建築してもらった工務店に連絡したところ、
配管がつまっている可能性が高いので、配管工事を担当した業者に翌朝見に行かせるよう
手配しておくとのこと。
翌朝、業者の方に見てもらった所、我が家の汚水管と公共マスをつないでいるパイプの境目に
汚物やトイレットペーパーなどがつまっていて、スムーズに流れず、
公共マスの...続きを読む

Aベストアンサー

 >公共マスと汚水管をつなぐパイプの角度が浅いかもしれないので削った方が良い
 他の方も言ってますが、削るの意味がわかりません。配管の角度や勾配に問題がある場合は、一般的には配管そのものをやり替えたりします。パイプはそれ程厚いものではない(数ミリ程度)ので削ったりすると弱くなりますし、最悪穴があきます。 

 >普通、水周りは、排水のことを考えて1か所にまとめて建てるのですが
 そんなことはありません。間取りは施主の希望に沿ったものでなければなりませんし、水周りが離れているケースなんていくらでもあります。それに合わせて配管の設計・施工をするのが水道屋の仕事です。排水管の本数は器具の配置等によって適正(法律や施工基準等に沿って)に設計しますので多くても問題ありません。
 だいたいが工事完成時に市の下水の担当者が検査しているはずなので、間取りや本数などと言うのはおかしいのです(検査時になぜ気がつかなかったのか)。その担当者は当てにしないほうが良いでしょう。

 >トイレの汚水管に少しずつ溜まっていた8年分の汚物が、こらえきれなくなって一気に噴き出したと思うのですが…
 8年分もの汚水を配管に溜め込めません。せいぜい数日~数週間程度の汚物でしょう。それまでは普通に流れていたと思われるので、なにか原因があると思われます。

 まずは原因を特定する事が大事ですが、文面からみるに、公共桝あたりの配管をやりかえるのが妥当かもしれません。詰まりの原因が異物等によるものであれば、その必要はありません。まあ設計ミスってのは考えられないですね(下水の配管設計は市でも審査しています)。施工ミスならありえますが。
 

 >公共マスと汚水管をつなぐパイプの角度が浅いかもしれないので削った方が良い
 他の方も言ってますが、削るの意味がわかりません。配管の角度や勾配に問題がある場合は、一般的には配管そのものをやり替えたりします。パイプはそれ程厚いものではない(数ミリ程度)ので削ったりすると弱くなりますし、最悪穴があきます。 

 >普通、水周りは、排水のことを考えて1か所にまとめて建てるのですが
 そんなことはありません。間取りは施主の希望に沿ったものでなければなりませんし、水周りが離れているケースな...続きを読む

Q排水管の口径は太い方が良い?

新築平屋一戸建ての基礎工事目前ですが排水管の径を75ミリにするか100ミリにするか判断しかねています。 合併浄化槽は7人サイズです。大は小を兼ねるで100ミリの方が良いのか、75ミリサイズがあるからにはそれなりの理由(トイレ大が上手く流れる?)があるのだろうと想像したり。 そもそもサイズが2つ有るのもどう言う理由があるのでしょうか? 単なる経済的な理由なのでしょうか。
どなたかご存知の方ご教示願います。

Aベストアンサー

設備屋です。
多分、土間逃げ配管の事ですよね?
トイレ75 ・ 洗面50 ・ 洗濯50 ・ ユニットバス50 ・ 台所50
これで良いです。
基礎から外へ出てしまったら各個別に小口径塩ビ桝を設置し浄化槽までは100でOK。
但し、先の回答者の言う通り、自治体によってはトイレは100で指定も有るのでその辺りは地元の指定工事店さんに要確認です。

太ければ良いってもんじゃありませんので!
2階建てで排水管のルートに無理があったり、パイプスペースに余裕があるならば2階トイレは100で下ろしたい所ですが、今回は平屋ですよね、上記サイズで十分ですよ!

Qリビングの床下にトイレの配管

ただ今、新築を建てている真っ最中です。
今基礎工事が終了したところです。先日その確認にいくと、配水管の場所がリビングのところにありました。建築屋の人に聞いてみると、トイレ、お風呂、キッチンの配管をリビングを床下を通って外の下水管につなぎますとのことでした。それが一番最短の距離で下水管につなげれるので、『詰まりの事を考えると一番いい方法』ですとの事でした。
ここで気になったのが、リビングでくつろいでいる時、トイレの流れる水の音が聞こえるのでは?と…。
また基礎工事が終了している段階で配管の場所を変えてもらうことはできますか?

Aベストアンサー

■緩やかな勾配をサーッと流れていくので音自体はまず聞こえません。トイレがリビングの近くでなければ、流す直接の音のほうが気になるでしょう。

■2階から落下する部分が近いとさすがにかなりの音がします。

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング