『男性表象について言及せよ』
とういう、テーマで400字のレポートを書くことになりました。
この様な場合、なぜ絵画に男性が描かれるのか?
を書けばいいのでしょうか?
具体的な作品名を含めて、、、とのことですが
男性表象の意味が全く分からず、
どのようなことを書けばいいのか・・・

どなたか、男性表象について
噛み砕いて説明していただけないでしょうか?

A 回答 (1件)

 だれもが目をとめる、根源的なテーマですが、もとの出題者の意図が


いささか説明不足のようですね(思いつきでないことを祈ります)。
 わたしなりのスタイルで、自由に論点を列挙してみましょう(字余り)。
 
1.佐々木 幸綱の自選句「風呂上り ふたつちんぽこ 端午の節句」
 歌詠み三代「七五調で会話している」と、噂されている佐々木家で、
 長男と次男が(こどもの日に)裸のままはしゃいでいるさまを詠む。
 
<PRE>
 佐々木 幸綱 信綱の孫  19381008 東京 /20才誕生日に父・治綱没
 佐々木 治綱 信綱の三男 19090220 東京 19581008 51 /幸綱の父
 佐々木 信綱 幸綱の祖父 18720708 三重 19631202 91 /明治 5.0603
 尾崎 士郎  作家    18980205 愛知 19640219 66 ~《人生劇場,1933》
 Michelangelo,Buonarroti 14750306 Italy 15640218 88 ~《Pieta 1500》
 Paulus III 220-221教皇 14680229 Rome 15491110 81 /[15341013-15491110]
</PRE>
 
2.女性のシンボルには諸説あるが、男性のシンボルは孤立している。
 尾崎 士郎《ホーデン侍従 1949 暁書房》は、ペニス(陽根)を主人、
 ホーデン(陰嚢)を従者にたとえた風俗小説。
 
3.ミケランジェロは同性愛者で、童貞の美少年を理想としたためか、
 壁画《アダム》その他の男性性器は、かなり小さめに描かれている。
 ローマ法王パオロ3世の命令で《最後の審判》の下半身に腰布を加筆
した弟子のダニエーレ・ダボルテッラは“ふんどし画家”と揶揄された。
(なぜ、わざわざ隠す必要があったのか、いまなお真相は不明のまま)
 昔の教科書では《ダヴィデ》像の、その部分を潰して印刷されていた。
 
4.写真・印刷の発達によって、絵画・彫刻の技法が色を失った。
 アダルト・ビデオでは、もっぱら女性のよがり声を補強している。
 もはや視覚的挑発が、幻想にすぎないことの証明ではないか。

参考URL:http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&c2co …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋絵画における近代化とはどのようなことであったか、についてのレポートを書いています

40歳を過ぎたおばさんですが、若い子たちと一緒に通信教育の大学で勉強しています。
西洋美術史のレポート課題に取り組んでいるのですが、どなたかお知恵を拝借くださいませんか。

いろいろ調べて、自分なりに漠然と分かったことは、、、
・近代とは、フランス革命ごろ以降をいう。
・ロココ美術とは、古典主義から脱しようとしていたもの。
・それまでは、貴族や上流階級のものであった。
・芸術家は、サロンに招かれたりして、パトロンがつき、生計をなしていた。
・革命以降、新古典主義がでてきた。
・新古典主義とは、古代に完成された美術がまた見直されてきたもの。

これらの事象をまとめ、自分なりの考察として、、、
革命を経験した芸術家たちはきっと新しい何かを見出したに違いない、と講釈をつけたいと思っています。
(本当はそんなエラそう言えた立場ではありませんが・・・)

ただそのためには、具体的な作品が必要なのですが、数ある作品の中から革命の影響を受けたであろう、または革命前にはこんな作品はなかったであろう、という作品を見つけることができません。
やみくもに「西洋美術館(小学館)」を借りてはきたものの、あまりにも膨大な作品数で、途方に暮れています。

教科書(カラー版西洋美術史/美術出版社)にはジャック・ルイ・ダヴィッドのホラティウス兄弟の誓いが出ているので使おうかとも思いますが、この作品のどこがどう新古典主義宣言なのかが分かっておりません・・・・。
ミレーの落ち穂拾いのような市民生活に密着した作品は、革命前はなかったんじゃないかな~とも考察しますが、単に私の探し方が足りないだけかもしれないし・・・・

そこで本題なのですが、フランス革命の前後で、革命の影響が顕著に分かる具体的な作品をご存じでしたら教えていただけませんか。
私は専門家ではありませんから(ただのおばさんですから)、小難しいことを書くつもりもありませんし、マニアックな作品も取り上げようとはしておりません。分かりやすいメジャーな作品を教えてくださると助かります。
よろしくお願いします。

40歳を過ぎたおばさんですが、若い子たちと一緒に通信教育の大学で勉強しています。
西洋美術史のレポート課題に取り組んでいるのですが、どなたかお知恵を拝借くださいませんか。

いろいろ調べて、自分なりに漠然と分かったことは、、、
・近代とは、フランス革命ごろ以降をいう。
・ロココ美術とは、古典主義から脱しようとしていたもの。
・それまでは、貴族や上流階級のものであった。
・芸術家は、サロンに招かれたりして、パトロンがつき、生計をなしていた。
・革命以降、新古典主義がでてきた。
...続きを読む

Aベストアンサー

ダビッドを扱うのならマーラーの死のほうがいい気がしますね。
ホラリウス兄弟の誓いは構図は古典的なイタリア絵画、ラファエロ
やミケランジェロなどのマニエラを使い、ホメロスだかプルタコスだか
の叙事詩を題材にしているぐらいしか書くことは少ない気がします。

題材そのものに革命的ななにかがあるようにもおもえませんし、

マーラーなら革命の殉教者の絵であり、新古典主義の装飾を廃した表現
と革命の人物を荘厳に描いて歴史画のように扱う表現などなど書きよう
も色々あるのではないかと。

封建制が崩れて市民階級の富裕層からの注文をどのように扱ったのかと、
音楽との比較、哲学からのアプローチなんか面白いかも知れませんね。

近代というと哲学だとカントとかヘーゲルとかそのへんになるのかな・・・。

Q絵画の解釈が書いてある本

美術全くの素人ですが、なんとなく絵画に興味がわいてきました。
でも、いきなり美術館へ行っても、さっぱり良さが分からずすごすごと帰ってしまった経験があるので、
タイトルのような本があればいいな、と思ってます。
素人にも分かりやすく、解説があるおすすめの本はないでしょうか?
希望としては、技巧的なことうんぬんばかりではなく、この線の描き方には、作者の○○の感情が表れている・・・、みたいな、その絵の裏に潜む意味のようなものを教えてくれる本が良いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

美術館に、ミュージアムショップと言って、絵はがきとか売ってるコーナーがありますよね。
そこに初心者向けの解説書もけっこう置いてありますよ。
できれば大きめの美術館の方が種類が多いかも。
そういうのをざっと見て、自分に合いそうなものを買ってみてはどうでしょう。

Q絵画鑑賞の入門書について

最近「ムンクを追え」という本を読んで
絵画に興味が出てきました。

絵画鑑賞についての入門書で、初心者にも
分かりやすく書いてある本を御教示ください。

Aベストアンサー

絵画の鑑賞で大事なのは、その作品についての第一印象です。
まず予備知識をつける前に、じっくりと気になった絵と向き合うことです。そして自分なりに、専門的じゃなくてもいいので自分流の感想を頭の中で言ってみてください。

自分がその作品から何を感じたか、ということをよく思い巡らすことで本に書かれていることと別の視点を見つけることが出来ます。

とにかく絵画鑑賞には知識を超えた自分の見方を見つけることが一番大切です。最近はいろんな情報が流通していて有名作品について既に示された鑑賞法だけを頼りに見てしまう人が多いと思うのです。

しかしそれでは自分と絵画の間に交流がなくなって決まった見方しか出来なくなってしまいます。

絵画を見るとき、僕は題名も見ないでじっくり絵を見ます。
どんな絵具で描かれているか、どんな時代に描かれたのか、どんな人が描いたのか、どんな国で描かれたのか、作家の生活の背景にはどんな環境があったのか、など
いろいろ予想してみるのです。

そしてある程度予想したところで
題名や説明を見てみます。いわゆる答え合わせみたいに。
これを繰り返すことで鋭い目を持つことが出来ます。

そして作品の説明とどうレベルの見解ができたり、
説明に書かれている以上のことが読めたりしてきます。
「この解説は間違っているんじゃないか?」なんてことも
たまにありますよ。

いずれにしても画集で予備知識は身につきます。
そしてどんな絵があるのか画集で見ることも出来ます。
しかし、本来は、実際の絵画を見て感じることがとても大切。
その初心を忘れないで下さい。

見る人、見る人それぞれが、一生懸命見ることによって
芸術の感心が盛り上がり、文化の向上にもつながります。

しかし、あまり難しく考えず、楽しんで鑑賞してくださいね。
これらが絵を描く者、僕の願いです。

絵画の鑑賞で大事なのは、その作品についての第一印象です。
まず予備知識をつける前に、じっくりと気になった絵と向き合うことです。そして自分なりに、専門的じゃなくてもいいので自分流の感想を頭の中で言ってみてください。

自分がその作品から何を感じたか、ということをよく思い巡らすことで本に書かれていることと別の視点を見つけることが出来ます。

とにかく絵画鑑賞には知識を超えた自分の見方を見つけることが一番大切です。最近はいろんな情報が流通していて有名作品について既に示された鑑賞...続きを読む

Q絵画を評価すること

芸術に関しては完全に素人ですがご了承ください。

はっきり言って一般人に理解しにくい絵画を評価する人たちは本当にその作品の本質を理解してそういう判断を下しているんでしょうか。
自分はフェルメールなどの描いた作品を見た時、その色鮮やかさと美しさに衝撃を受けました。
理解出来たとまでは言えないにしても、それなりに鑑賞できたつもりです。
しかし、いわゆる前衛的で、わかりにくい作品に芸術的価値が見出されている事には素直に納得がいきません。
極端な例を言えば、ピカソです。(本当に申し訳ないですが)
自分がそういった評価にあまり共感を得られないのが原因ですが、理解しにくい作品を理解したと言っている芸術家たちは、本当は一般大衆に理解出来ない作品を理解したと主張し、体裁を立てて自己満足に浸っているだけなのではないかと思います。
あるいは、時代の流行を新たに生み出すために計算された評価なのではないのかとすら考えています。
絵画は、必ずしも見る側にその作品の背景を提示してはくれないですよね。絵画において、(古い時代ものならなおさら)作者が作品を創った心境や論理を説明しない限り背景が明確に示されることはなく、(提示されていたとしたらそれはそれで奥行きがなくなるでしょうが…)あくまで個人の推測と嗜好でしか作品を評価出来ないと考えます。
つまり、大多数が分かりにくい絵画の作品に対して高評価を示すことがあるのは、おかしな話だと思います。
これは単に僕がそういった作品が理解出来ない自分から目を背けて作品を批判的に見ているからでしょうか。僕の言っていることに一理あるでしょうか。
そして、本当に絵画を理解して評価することは可能でしょうか。

芸術に関しては完全に素人ですがご了承ください。

はっきり言って一般人に理解しにくい絵画を評価する人たちは本当にその作品の本質を理解してそういう判断を下しているんでしょうか。
自分はフェルメールなどの描いた作品を見た時、その色鮮やかさと美しさに衝撃を受けました。
理解出来たとまでは言えないにしても、それなりに鑑賞できたつもりです。
しかし、いわゆる前衛的で、わかりにくい作品に芸術的価値が見出されている事には素直に納得がいきません。
極端な例を言えば、ピカソです。(本当に申...続きを読む

Aベストアンサー

絵など、芸術作品はすべて好みなんです。どの歌手が好きで、といったような。ただ、作品としての評価は、正しい鑑識眼によるものがほとんどです。分かるひとが評論します。ピカソの絵は僕は好きですよ。お店に飾ってあるのを見たことがあります。お店の雰囲気に見事に溶け合っていました。ピカソの絵は「面白い」んです。絵にも楽しみ方が色々あります。理屈や理論や意味とかではなく、もっと力の抜けた、自由で心のままに描かれた作品群です。芸術作品はすべて、心の表現です。様々な心があります。子供の心、心象風景、苦しみの表現、幸せな気持ちなど、考えられるすべての心の状態が、創作意欲につながります。知らないのに、色々決めつけてはだめです。知らない人ほどいい加減な批評をするものです。作品から制作意図や心理状態を推測したり感じ取ったり、心の表現なのですから、心や気持ちで「感じる」ことが大事です。無理に理解しようとする必要はないわけですし。興味がわいてきたら、ということです。音楽でもそうでしょう。いちいち調べず、作品から感じ取るでしょう

Qミレ-作の「オリビア」という連作の絵画について

オリビアという名前の絵なんですが、数点の連作でオリビアという
女性の日常生活を描いていて最後に絵の中でオリビアが死んでいる姿を
描いて終わるという作品です。
本の出版がありました。
たしか作者はミレ-だったと思うのですが(ドラクロアかどうかは不明)
詳細な情報が知りたいです。
また、その情報があるHPなどがあればとも思います。
ご教授お願いいたします

Aベストアンサー

前回のご質問のときも書きこませていただいたmamboです。ミレーらしい、ということがおわかりになったんですね。私もこのミステリアスな話に興味を持ち、真相をぜひ知りたくて、時々調べています。何かヒントがないかな、と手元にある「西洋美術史」という本をぱらぱら見ていたら、気になる絵が載っていました。ミレイの「オフィーリア」(1852年、英国テートミュージアム蔵)。見方によっては死に顔にも見える。それに、「オリビア」と「オフィーリア」、ちょっと聞いた感じ似ている。おっしゃっていたミレーとミレイ、まったくの別人ですが、名前がそっくり。ミレイは、John Everet Millait、ミレー(落穂拾いで有名な)は、Jean-Fransois Millet。remonpakiraさんは、この話をどなたかから聞いたのですか?どこかでお読みになったのですか?もし、聞いたのだとしたら、この辺の推理はあたっているかな、と思います。
ミレイの「オフィーリア」について、インターネットで調べてみたら、興味深いエピソードが載っていました。ミレイはラファエロ前派の画家ですが、エリザベス・シダルという女性をモデルにハムレットのオフィーリアが自殺しようとしているシーンを描きあげました。この女性、実は、同じラファエロ前派のダンテ・ガブリエル・ロセッティという画家の妻で、彼はシダルをモデルに多数の作品を描いています。そして、その後、シダルは自殺か事故かわからない理由で亡くなり、ロセッティは彼女の追悼の意味をこめて、彼女をモデルに、これまた有名な「ベアタ・ベアトリックス」という作品を描きます。

以下が私の推理です。

オリビアという女性の連作→オフィーリアという絵のモデルになった女性の連作(ただし、違う画家によって描かれた)
作者はミレー→ミレイ
死に顔→死んでいる設定の絵
死に顔の絵で終わる→死後、彼女の絵がかかれた(彼女をモデルに描いた絵はこれ以降ない)

う~ん、やっぱり、違うかなあ?

テレビ東京の「美の巨人」でミレイとロセッティが過去にとりあげられたらしく、サイトを見つけましたので、ご参考までに。この時代の画家のことは、今回初めていろいろ読んで知りましたが、人物関係が込み入っていて、調べれば調べるほど、おもしろい事実がわかりそうで、おもしろかったです。いつか本も読んでみたいです。(週間美術館という雑誌の18号がまさにミレイとロセッティの特集だそうです)

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/020427.htm

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/001223.htm

前回のご質問のときも書きこませていただいたmamboです。ミレーらしい、ということがおわかりになったんですね。私もこのミステリアスな話に興味を持ち、真相をぜひ知りたくて、時々調べています。何かヒントがないかな、と手元にある「西洋美術史」という本をぱらぱら見ていたら、気になる絵が載っていました。ミレイの「オフィーリア」(1852年、英国テートミュージアム蔵)。見方によっては死に顔にも見える。それに、「オリビア」と「オフィーリア」、ちょっと聞いた感じ似ている。おっしゃっていたミレーとミ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報