質問するカテゴリが違っていたらスミマセン。こんなケースはどのように調査が進んだり、裁かれたりするのか教えてください。
例えば、他に誰もいない場所で2人の人の間でトラブルが起こったとします。
両方が相手が先に手を出したと言い張った場合、この事件はどのような扱いになるのでしょうか。国や法律によって異なるのかも知れませんが、日本では一般的にどのような扱いになるのか教えてください。

A 回答 (4件)

●民事なら、この場合、結果として何もなかったことになります。


民事裁判では、立証責任と言うものがあります。この主張は、原告が証明しないと原告に不利に判断される、或いは被告が証明しないと被告に不利に判断される、というものです。
喧嘩の場合、一方が他方に不法行為責任を追及することになります。この場合、要件は原告が立証する必要があります。
甲と乙が喧嘩して、甲が乙を訴えたとします。この場合、原告である甲に立証責任があります。
従って、判断できない=立証できない、となると二人の間には何もなかったことになります。従って、甲は損害賠償を貰えません。
しかし、甲は原告ですから、乙に損害賠償をする必要はありません。乙が損害賠償を貰うには、今度は自らが原告として甲を訴えねばなりません。
多分、今度は原告である乙も立証できないでしょうから、やはり何もなかったことになり、乙は賠償を請求できません。
※ただし、普通は原告被告を入れ替えた2回の裁判をするのではなく、一つの裁判手続きで本訴に対する反訴という形で処理します。

●刑事なら、この場合、両方とも暴行・傷害になるでしょう。
刑事裁判の場合、基本的に全ての立証責任は検察官にあります。
従って、判断できない=立証できない、と何も無かったことになり、被告人は無罪です。
この例では、暴行・傷害をしたこと自体は立証できますから、被告人は有罪です。
もっとも、どちらが手を先に出したかによって正当防衛が認められる可能性があり、その点で理論的には正当防衛でなかったことを立証できず無罪という可能性はあるのですが、実務では一般に喧嘩の場合には正当防衛を認めませんので、その点は問題にならないでしょう。

●国による違い
民事の立証責任の配分は、国によって多少違うこともありますが、一般不法行為なら原告に立証責任があるのが普通です。何故なら、被告に立証責任を課すと、いきなり知らない人から「殴っただろう」といちゃもんをつけられたとき、「殴ってない」ことを立証するのは困難だからです。
刑事の立証責任が検察官にあるのは、近代国家なら当然です(無罪推定の法則)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答をありがとうございます。
つまり、そのような状況で喧嘩などをふっかけられた場合は、正当防衛が認められない以上、それに対して手を出し返してはいけないということなのでしょうね。
実を申しますと、教育の現場ではどのようになるのかという疑問を抱いたわけです。「偏見」があってはいけませんが、明らかに片方が「いじめ」タイプの人間で、他方が「いじめられ」タイプだったり、どう考えても普段の行動からして「疑わしい」子とそうでない子がそういう状況になった場合など、どのように対処するのだろう、と思ったわけです。そこで一般的にはどのようになるのか、伺ってみたのですが、やはり何もなかったような扱いにしかできないということなんでしょうね。

お礼日時:2001/09/23 10:44

手を出したというのはけんかのことだと思いますが、


刑事事件としてはやはり暴行あるいは傷害に当たると思います。一般的に、喧嘩のような事案は略式起訴されて罰金刑で済むことが多いでしょう。
民事事件としては、やはり不法行為に基づく損害賠償請求ができます。
相手方(被告)が反訴を起こさなくても仮に和解するときには訴訟物以外の権利関係についても合意することができますから一般的にはお互いに発生した損害を相殺することになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまり、喧嘩などをふっかけられた方としてはなかなか納得できなくても、これは仕方がないこととして割り切るしかないということでしょうね。結構、教育現場でのいじめなどはそういうケースが多いと思うので、先生としてはどのように判断(裁くことはできないでしょうが…)すれば良いのだろう、と思ったわけです。ここから先は「教育」のカテゴリに質問すべきかも知れないですね。

お礼日時:2001/09/23 10:50

刑事の場合は双方とも暴行または傷害に問われます。

けんかというのはそういうものです。民事の場合は、まあ和解でしょうね。被害の大きい方がいくらか貰うことになるでしょう。あなた、またはお友達のことでしたら警察に訴えるというのは得策ではないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、並びにアドバイスをありがとうございます。
残念ながら、身近な話題ではなく、ふと気になったのでご質問しました。他の回答者の方のお礼の中でも触れていますが、教育現場での場合や、子どもの喧嘩等の場合では、どのように納得させるべきかと思ったわけです。そこで「大人の世界では…」と説明しようかと考えたのですが、…高校生以上にしか納得してもらえそうにないですね…。

お礼日時:2001/09/23 11:00

刑事も民事も同様でしょうが、双方の言い分をそれぞれに聞きます。

そのご、双方の言い分を付け合せて、状況を判断していきます。

 ご質問のような場合は、一般的には「喧嘩両成敗」のようにお互いが悪かったというような処理になると思いますが、それでも納得しない場合は、裁判になりますが「和解」するような方向で進むと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答をありがとうございます。
喧嘩を仕掛けられた方はなかなかつらいということですね。しかし、和解する方向に進めようとしてもぶつぶついって和解しないような場合は、裁判所は「あずかり知らず」ということなのでしょうか。当然、何かしてしまえば逆に裁かれることになるのでしょうけど。
結構、こういうパターンでつらい思いをされている人は多いのかもしれませんね。

お礼日時:2001/09/23 10:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション管理費はどのような扱いになるのでしょうか。

 3年ほど前にマンションに住んでいた祖父が火事でなくなりました。
 同じマンション内に住んでいた私の家族は、火事になった祖父の家をどうすることもできず、相続を放棄しました。祖父の子供たち(私の叔父や叔母)も相続を放棄しました。
 最近になって、マンションの管理組合が、相続者不明ということで、立て替えていた祖父の家の管理費をどうしたらよいか、ということで弁護士を立てて、裁判所に話をしているということです。
 最悪の場合、マンションの管理費滞納分ということで、我が家へ請求がくるのではないかと心配しているのですが、実際どのようになるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

管理会社の社員です。

原因は違いますが、似たような相続放棄物件を扱った事があります。
まず、ご安心ください。遺族の皆様が相続放棄をされた、と言う事でしたら、御祖父様の部屋は、現在誰の所有物でもない、して言えば国庫に入ってしまうものになります。

私が手がけたケースでは、幸い住宅ローンが残っており、銀行が抵当権をつけていたこと、さらに転売が容易な有料物件であったため、信用保証協会と交渉して、代位弁済をしてもらい、さらに相続管財人を選任して貰って売却、と言う流れになりました。過去の管理費は、区分所有法で、新しい所有者に請求する事が認められておりますので、それで終わりです。

私の場合は幸い信用保証協会が全て片付けてくれたので、割と楽でしたが、そうでない場合は、管理組合が相続管財人(当然弁護士です)をたて、これらの始末をした例もあります。恐らく、今回もそのケースでしょう。まず弁護士は相続人を探し、相続人がいなければ、法的な手続きをした後で、売却、と言う形になるでしょう。

仮に、管理組合から請求が来ても、私は相続放棄をしたから、関係無い、と突っぱねてしまえば、相手はそれ以上のことはできません。

管理会社の社員です。

原因は違いますが、似たような相続放棄物件を扱った事があります。
まず、ご安心ください。遺族の皆様が相続放棄をされた、と言う事でしたら、御祖父様の部屋は、現在誰の所有物でもない、して言えば国庫に入ってしまうものになります。

私が手がけたケースでは、幸い住宅ローンが残っており、銀行が抵当権をつけていたこと、さらに転売が容易な有料物件であったため、信用保証協会と交渉して、代位弁済をしてもらい、さらに相続管財人を選任して貰って売却、と言う流れになりました...続きを読む

Q皇族は法律で裁かれるのでしょうか。

変なことを思いつきました、どうしても気になったので質問させていただきます。
もしも、仮にということなんですが、僕たち平民より上位の地位を持つ
皇族(天皇)が、悪いこと刑事罰の対象になるようなことをした場合、
日本の法律で裁かれることはあるのでしょうか?

また、日本ではなく国外で法に触れるような悪いことをした場合、
外国の法律上裁かれることはあるのでしょうか?

変な質問ですが、わかる方いましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定期的に出てくる質問ですね。ご参考に。
http://okwave.jp/qa1129215.html?rel=innerHtml

Q通勤災害で人身扱い?物損扱い?

通勤災害で人身扱い?物損扱い?

こんにちはすいません質問なのですが
原付(スクーター)通勤途中(帰宅途中)に急に飛び出してきた自転車をよけようとして急ブレーキと急ハンドルを切り転倒してしまい鎖骨骨折(全治1カ月)になりました。
相手の自転車はそのまま逃げて行きました。
また間一髪よけましたので自転車との接触はしませんでした。
警察の現場検証を済ませまして後日警察に連絡しましたところ「人身事故扱い」にするとあなたに行政処分が来る可能性があるので「物損扱い」してもらえないかと言われました。
保険は帰宅途中ですので会社の労災を使う予定です。
この場合「人身事故扱い」 「物損扱い」どちらにしたほうがいいのでしょうか?
警察は「物損扱い」にしたいみたいですが「物損扱い」にすると何か問題がありますでしょうか?
すいませんがご共助よろしくお願いします。

Aベストアンサー

交通事故賠償監視センター
http://www.kanshi-center.org/study/jiko_01.html

とても参考になるHP
http://rules.rjq.jp/jinshin.html

引き抜き
 人身事故とは運転中にて交通事故を起こし、その事故が相手に対して被害を負わせたとき(治療・通院を要する怪我をさせたとき)の事故を表し、人的被害をを起こさない物損事故、自損事故は含まれません。

質問者様自身が事故を起こし、自ら怪我をしている以上、過失に関係なく刑事処分・行政処分の処分されることはありません。
刑事処分・行政処分の処分対象は事故により相手に怪我を負わせた場合です、今回の質問者様の事故は誰にも怪我を負わせていませんから処分はありません。
過失どうこうの問題ではありません、根本的に処分される事故ではないと言う事です。

保険適応する為には人身事故として処理はさます、ですが内容は自損事故と同じ扱いですから、処分はされません。
自分の怪我に対して、訴える事は出来ませんから、処分されると言うのであれば、如何にしてご自身の怪我に御自身に対し被害届・訴えを起こせるのでしょうかね、御自身の怪我に関しては無処分なんです。

過去の質問に既に多数の回答が出ています。

 

交通事故賠償監視センター
http://www.kanshi-center.org/study/jiko_01.html

とても参考になるHP
http://rules.rjq.jp/jinshin.html

引き抜き
 人身事故とは運転中にて交通事故を起こし、その事故が相手に対して被害を負わせたとき(治療・通院を要する怪我をさせたとき)の事故を表し、人的被害をを起こさない物損事故、自損事故は含まれません。

質問者様自身が事故を起こし、自ら怪我をしている以上、過失に関係なく刑事処分・行政処分の処分されることはありません。
刑事処分・行政処分の処分対象は...続きを読む

Q再度恐縮です。息子はどう裁かれますか?

先ほど
QNo.3167265 戸籍謄本を請求されたら   とお訊ねした者です。
katyan1234 様にお礼を投稿しようとして、ログインパスワードを度忘れし、登録内容からも取得できませんでしたので、新たに登録して今に至りました。詳しく教えて頂いて有難うございました。

自業自得の息子ですが、「裁判」なんて私達両親にとって、とても恐ろしく、まるで重罪を犯した人間として烙印を押されてしまった様な想いで気が滅入っています。

息子は「正式に呼び出しとか来る前に、弁護士に相談に行ってみる」
そうですが、裁判は家庭裁判所とかで扱われる物でなく、正式な判決を受ける「裁判」なのでしょうか?

ちなみに、私共は九州に住んでおります。息子は東北地方に居ります。
女性が「両親を連れてくれば、あなた(息子)にも会う」と言ってるそうです。
遠方でもあり、息子は大人ですから自分で責任を持って解決するべきだと私共は思っています。

前回の質問にあとから回答頂いた方にもお礼は申し上げられませんが、
お許しください。

質問以外の事を書き、申し訳ありませんでした。

先ほど
QNo.3167265 戸籍謄本を請求されたら   とお訊ねした者です。
katyan1234 様にお礼を投稿しようとして、ログインパスワードを度忘れし、登録内容からも取得できませんでしたので、新たに登録して今に至りました。詳しく教えて頂いて有難うございました。

自業自得の息子ですが、「裁判」なんて私達両親にとって、とても恐ろしく、まるで重罪を犯した人間として烙印を押されてしまった様な想いで気が滅入っています。

息子は「正式に呼び出しとか来る前に、弁護士に相談に行ってみる」
そうです...続きを読む

Aベストアンサー

>自業自得の息子ですが、「裁判」なんて私達両親にとって、とても恐ろしく、まるで重罪を犯した人間として烙印を押されてしまった様な想いで気が滅入っています。

不安に思う気持ちはお察ししますが、そんなに深く考えないでください。少し難しい話になりますが、裁判といっても刑事事件と民事事件とがあります。
刑事事件は、法の下に罪を犯したものを裁く・処断する手続きです。民事事件は、争いのある双方の権利・義務を調整・確定する手続きです。息子さんは刑事事件ではないですから、怖がる必要もありませんし、ましてや重罪の烙印なんて考えすぎです。

>裁判は家庭裁判所とかで扱われる物でなく、正式な判決を受ける「裁判」なのでしょうか?

管轄の裁判所と弁護士しだいと思います。内縁関係の解消による争いは家庭裁判所の調停・審判になりえますが、一般の民事調停に移動させられたり、損害賠償の提起として簡易・地方裁判所になる事が多いです。
簡易・地方裁判所が正式という事ではなく、扱う事件によって裁判所が違うだけですから。

>息子は大人ですから自分で責任を持って解決するべきだと私共は思っています。

勿論、相手方にはそのような対応でよいと思います。息子が成人である親が責任を取る義務はないですから。ただ、息子さんの言い分もあるでしょうし、不安に思っているのは息子さんも同じはずです。よくよく話し合ってみて、息子さんを応援する必要があれば応援してあげてください。

そしてどういう結果になるのかは、息子さんの言い分、相手の言い分、証拠によって決まってしまうので、何とも言えないです。

>自業自得の息子ですが、「裁判」なんて私達両親にとって、とても恐ろしく、まるで重罪を犯した人間として烙印を押されてしまった様な想いで気が滅入っています。

不安に思う気持ちはお察ししますが、そんなに深く考えないでください。少し難しい話になりますが、裁判といっても刑事事件と民事事件とがあります。
刑事事件は、法の下に罪を犯したものを裁く・処断する手続きです。民事事件は、争いのある双方の権利・義務を調整・確定する手続きです。息子さんは刑事事件ではないですから、怖がる必要もあり...続きを読む

Q男女関係金銭トラブルの法で裁く、または回収方法は?

男女関係金銭トラブルの法で裁く、または回収方法は?

友人の話です。
友人(女性)の一人暮らしの部屋に付き合ってた男が同居というより1年ほど居座っていました。男は弁護士の卵と偽ってたようです。普段は高校の非常勤講師のバイトをしてると言っていましたが、パチンコや他の女性とのホテルへ行った証拠など明らかに遊んでる様子でした。出て行けといっても友人の家に居座り、友人は内気な性格で言葉巧みなウソと男に怒鳴られると怖くなり、小額ずつお金をせびられていたようで総額160万円になります。
脅しが酷くなり我慢の限界が来た友人は、男が家にいない時に男の荷物を出して鍵を増やすと、男が近所をうろついたため、警察にDV被害として保護してもらい、男が出頭して厳重注意となりました。
今後は金銭面のことですが、警察は民事不介入なので弁護士に依頼することになります。
証拠は明らかに自分で作成したウソの領収書(支払いを助けてと言う理由に友人が領収書を出すように言うと、全て手書きで男宛の領収書に男の判が押してある意味不明なもので収入印紙もない明らかな本人直筆)と、引き出した際に出てくる銀行の明細に借りたことを1筆書いてある紙のみです。
最後に彼女へ宛てた手紙の中に金銭面の返済をしますと、金額は書いていないものの認めた文章があります。

それ以外は友人のメモ書きですが証拠になりますか?
そして、領収書の偽造、身元を偽ったこと、それ以外に何かで詐欺などとして被害届を出せますか?
その男の元カノも200万円被害にあったことが発覚しました。
親が助けなければ返済不可能に近い状態ですね。

男女関係金銭トラブルの法で裁く、または回収方法は?

友人の話です。
友人(女性)の一人暮らしの部屋に付き合ってた男が同居というより1年ほど居座っていました。男は弁護士の卵と偽ってたようです。普段は高校の非常勤講師のバイトをしてると言っていましたが、パチンコや他の女性とのホテルへ行った証拠など明らかに遊んでる様子でした。出て行けといっても友人の家に居座り、友人は内気な性格で言葉巧みなウソと男に怒鳴られると怖くなり、小額ずつお金をせびられていたようで総額160万円になります。
脅し...続きを読む

Aベストアンサー

手書きの領収書や銀行明細書に書いたメモであっても「いつ,誰が,誰に,いくら渡したか」ということが推測できるものであれば,一定の証拠にはなると思います(モノにもよりますが)。民事なら内容証明→訴訟提起,刑事なら恐喝罪等による告訴等の対応になるかと思いますが,事案的には専門家に相談することをお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報