4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

先日 連れてってもらったボートシーバスに すっかりハマッてしまい 専用ロッドを 購入しようとおもいます。自分は バス専門だったもんで バスロッドでいったんですが その日はバイトが浅く 使っていた DEPSのサイドワインダー ハザードマスターでは バイトをはじいてしまい ほとんど 掛けることができませんでした。

バスロッドには 結構詳しいのですが ソルト系は初めてなので 竿・メーカーとも よくわかりません。

できれば 少しやわらかめのティップで 6f未満の竿を探してます。

ヤフオク・もしくは中古屋で 買うので 定価は高くてもかまいません。

これ いいよ!

って竿 教えてください☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ボートシーバス専用の6フィート程度のロッドは、ショアからの7~9フィートと比較して、バスロッドが流用できるためか種類はあまり多くありません。

ラパラやメガバスが主だったところだと思います。

ベイエリアでのショートバイトを獲るには、グラスなどのスローテーパーよりもティップだけが柔らかく張りのあるファーストテーパーが良いです。シーバスがルアーを口に入れてから吐き出すまでは、コンマ数秒ですので、あわせのほとんどは、一度フッキングしたフックを深く突き刺すものにすぎません。あたりに反応してフッキングさせるのは不可能だと思います。そこで、ティップのみが柔らかいと、シーバスがルアーを捕食した瞬間にティップが引き込まれ、次に張りのあるファーストテーパーの特性で自動的にロッドが返ってきますから、ショートバイトでも獲ることができます。

これからすると、メガバスがお勧めです。バスロッドですが、デストロイヤーF3-610xsは良いと思います。また、私は使用したことはありませんが、シーバス専用のXORシルバーシャドウは、伊藤さんによると「かけまくり」らしいです。(本人が言うのだからあてになりませんが)

なお、私は5フィートのショートロッドを使っています。数人でボートに乗った場合では、超ショートの方が扱いやすいのですが、なかなか良いロッドがみつからなかったので自作しました。
    • good
    • 1

こんばんは。



ショア派なのでオフショアのつりに口を挟むのはいかがなものかと思いながら・・・ですが・

テンリュウなどブランクメーカーのロッドはいかがでしょうか?大手メーカーに比べるといろいろな意味で種類にかけるかもしれませんが。

ところでDEPSのサイドワインダー・ハザードマスターのロッドとしての味付けはWebサイトで見てファーストテーパーの竿かな、と思ったのですがどうでしょうか?ルアーウェイト自体は普通の私の持ってるシーバスロッド(ショアのロッドですが)とあまり変わらないと思います。そこで硬いという表現がでたので調子の問題かな~~と思ったのですが・・。ちなみに私の使っているのは9.6ftでルアーウェイトが5-24gです。
調子はややスローな感じがします・

ところで、1つ教えてもらいたいのですが100式という竿はいったいどんな竿なんでしょうか?(ルアーウェイトや調子など)私は分かりかねるかもしれませんが、他の方がロッドを進められるときに基準になるような気がします。

この回答への補足

陸戦型 Seabass Rod
SFGTガイドユニットを採用し、ブランクの潜在性能を引き出した次世代シーバスロッド!!

らしいです。ZENITHですね。

メーカーのHPが分からなかったので 販売店の解説をごらんください。
http://www.konky-jp.com/offshore/webpage/30825-1 …

DEPSのハザマスですが 昨日 75cm掛けたのですが 無難に取り込めました。

前回 釣行時  食いが浅かっただけ?

数釣りするなら やはり グラスでできた竿のほうがいいのでしょうか?←バスなら 食いが浅い時はグラス竿に変えたら のるです。

ご意見 よろしくお願いします。

補足日時:2005/05/20 03:33
    • good
    • 0

ヒットをしたとき、合わしていますか?



 ボートフィッシングだからとは言いませんがロッドを上に起こすように合わせるとはずれやすいのです

 いくらロッドが堅いからと言ってかかりが悪いと思わない方がいいと思います。

 ボートの場合ロッドは海にむけて下側にしておきます、その後ヒットした場合水平、もしくは斜め左右どちらかに引くように合わせます

 こうすることで下から食らいついてきたスズキに横の方向への針がかりを誘発させることが出来ます

 あの大きなお口ですから少し待ってもいいくらいです 吸い込むようにルアーを口に入れるのであたりがあったらワンテンポ遅らせて合わせるとさらにヒット率も上がります

 さらにこういった場合ルアーは基本的にスローでよたよたと言った感じでリトリーブするといいと思います。  竿は本当に最後の選択ですね。

 1500円の竿でも十分に、80オーバーとやり合えますから。 あまりロッドの腰が弱いとフッキングが出来ないことの方がよくあることです。

この回答への補足

せっかく回答いただいたのですが できれば竿について書いてほしいです。

自分はルアー暦20年~
同船者たちも おなじくらい。

それで 最終結論が 竿が堅い!

とりあえず100式という竿を遣わしてもらったら あっさり連発でしたので・・・

あわせがどうのこうのではないと 思います。

ラインスラッグの変化などでも アタリ取れてますので。

補足日時:2005/05/17 22:01
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Q汎用性の高いオフショアロッド&リールは?

東京湾&オフショアで青物&シーバスを釣りたいと考えています。(対象魚毎にロッド&リールを揃えるのがベストなのはわかっていますが…)東京湾で釣れるサイズ(どれくらいですか?)から考えて、より青物&シーバスに適しているロッド&リールはどれでしょうか?具体的な製品名を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後ですがラインは3号。
それらを1タックルで済ませるなら上記のロッドなどが汎用性高いですね。

東京湾ですとメインはイナダ、ワラサ、サワラですが、そう思って細ラインで攻める方が少なくありません。
が、ラインブレイクが多いのをみると、大物もけっこういると感じてます。
(もちろんサワラの歯にやられている例もかなりありますが)
なので私はラインは2.5号か3号を使っています。

リールに関しては、汎用性の点からPE3号が300m巻けるものが基準になると思います(実際には2号とか2.5号を巻くにしても)。
私の先代バイオは6000と8000が同じ重さで糸巻き量の違い(ゆえにスプールに互換性があった)だけでしたが、現行バイオはちょっと帯に短し・・・ですねぇ。
5000XGだとキャスティング用としてはいいかもしれませんが、ジギングである程度の大物を狙うには糸巻き量もハンドルの形状もドラグ力もやや不満ですね。
かといって8000はおっしゃる通りちょっと重いです。
ツインパ6000HGはジャストサイズだと思います。
ダイワのキャタリナ4000Hは私も使ってました(諸事情で手放しましたが)が、リコール対策されたものは非常に良いリールです。

資金に余裕があって長く続けるならツインパ、キャタリナですし、とりあえずということであれば重さを我慢してバイオマスター8000HGですね。あるいは先にも言ったように、ニューツインパを待って旧ツインパを買うか。

悩みは尽きませんね・・・

シマノ グラップラー ジギングシリーズ S603
ダイワ ブラスト JIGGING 57S-3/4 or JIGGING 61S-2/3
メジャクラ クロステージ CRJ-S60/3 or
アースシェーカー ゴールデンミーン ASS-60-II3-4 or ASS-64-II3-4
ダイコー ・・・なぜかサイト開けず・・・

要は60-120g程度のジグを背負えて、2~3号のPEラインを使用できるロッドということです。
イナダ狙いならジグは60g、ラインは1.5~2号くらいですし、ワラサならジグは100g前後、ライン2号以上、ブリクラスも視野に入れるならジグは同じく100g前後です...続きを読む

Qバスロッドとシーバスロッドの違いと他の用途

ブラックバス用のバスロッドとスズキ用のシーバスロッドの違い、特徴は何でしょうか。
また、他の釣りの使い回し(例えばウキ釣り、サビキ、エギングなど)ができるのはどちらでしょうか。

Aベストアンサー

ブラックバス用のバスロッドとスズキ用のシーバスロッドの違い、特徴は何でしょうか。
>>長さで飛距離の違い、グリップで両手投げできるかの違い。パワーでデカイ獲物に備えているかどうかの違いなどです。バスロッドは短いので、例えば、潮の引いた磯でカサゴのえさつりくらいに使えます。すきまのある石のまえに魚の切り身を落とすと食ってすぐに石に戻りますので見ながらつれます。ただし、これは当然シーバスロッドでもできることです。

また、他の釣りの使い回し(例えばウキ釣り、サビキ、エギングなど)ができるのはどちらでしょうか。
>>長さでシーバスロッドの方です。

流用は自由ですが、魚に耐えられること、ラインとロッドの組み合わせに無理がないこと。完全に無理な組み合わせではドラッグ調整でラインとロッドを守ることなど考えます。とか言っても自分で考えて自分でトラブルのも自由です。私のよくやるパターンです。

/////////////////////////

ロッドは、それぞれ対象魚の大きさによりラインナップされています。

おおまかにロッドの強さ 
バスロッド < シーバスロッド < ショアジギングロッド

長さは飛距離が必要なものが長くなりますので
バスロッド < シーバスロッド ・ショアジギングロッド

キャスティングウェイト(投げることのできるルアーの重さ)
バスロッド < シーバスロッド < ショアジギングロッド

でかい魚を重いジグで狙うにはジギングロッドのXH(エクストラヘビー)などです。
L ML M MH H XH と強くなります。
ロッドの曲がりかた(調子)も複数あって、
先調子(ファーストテーパー)と胴調子(スローテーパー)などがあります。

///////////////////////////

ブラックバスロッドを流用する場合トラウトやメッキなど40cmくらいまでの魚によいのかもしれません。ただ、海では短かいのが欠点で飛距離で不利かもしれません。飛距離のため海では両手キャストがおおいです。あとはキャストできるルアーの重さを確認して流用してください。

シーバスロッドを使用してエギングとシーバス共用なら、まず、キャスティングウェイトの比較から入ります。シーバスのMかMLくらいです。(だいたいMLで先がやわらかめくらいがいいかな?)
MLだとキャスティングウェートが30gくらいになろうかと思いますのでエギの3.5号という標準サイズは完全に使えます。他に、ミノーから小さいジグまで投げることができます。
他の流用はタチウヲのワインドなど。シーバスロッドのMLの用途は多いです。

逆にエギングロッドでシーバスを共用するならエギ3.5号くらいを標準にしたML?でいいかもしれません。エギングロッドは先があんまり固いと乗ったときに警戒心となるので先はやわらかいほうがいいようです。一方で、エギをしゃくったときにエギが鋭く跳ね上がる必要があります。(エギングに最適化されています。)また、先が柔らかめだと他の釣りにも使えそうですが、先の感じの違いは実物で比べないとわかりにくいです。ミノーから小さいジグまで投げることができます。
シーバスフィッシングのワインド釣法はエギングロッドを使用したのが始まりです。
流用は、小型シーバス・タチウヲワインド。こっちもけっこう使えます。

ただこれら2者を比較すると、全体的にシーバスロッドのほうが太くてエギングロッドよりタフであるけれどもタフな分繊細ではないということです。
たしかに、浮き釣りには完全に短いですが先が柔らいほうが良いです。

長さの選択ですが軽くて長いほうがいいですが、ロッドの片手アクションにこだわるなら短めのほうがよいです。8.6フィートを基本に9フィートを超えると長め好みで7フィート台は短め好みかな?(人によりけりです。)飛距離にも影響します。10フィート前後が多用できそうです。


あと、流用を前提としたロッドを探すと、そういった適応範囲が書かれていますので、そういうの買うか、それの仕様を参考値として探したほうが納得できるとおもいます。
http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/cross_b/index.html

ブラックバス用のバスロッドとスズキ用のシーバスロッドの違い、特徴は何でしょうか。
>>長さで飛距離の違い、グリップで両手投げできるかの違い。パワーでデカイ獲物に備えているかどうかの違いなどです。バスロッドは短いので、例えば、潮の引いた磯でカサゴのえさつりくらいに使えます。すきまのある石のまえに魚の切り身を落とすと食ってすぐに石に戻りますので見ながらつれます。ただし、これは当然シーバスロッドでもできることです。

また、他の釣りの使い回し(例えばウキ釣り、サビキ、エギングなど)が...続きを読む

Qシーバスロッドでバス釣りをしないのは?

よく『バスロッドでシーバス』というのは目にしますが、
逆に『シーバスロッドでバス釣り』はあまり聞きません。

・バス釣りがメイン・シーバスは遊びなのでバスロッドで代用
・バス専用ロッドがたくさんあるのでわざわざシーバスロッドを使わない

この辺りがメイン意見かと思うのですが、
他にシーバスロッドでバス釣りをするのに
何かしら決定的な不都合があるからなのでしょうか?

もしロッドの硬さ・長さ等で問題があるとすれば
バスロッドでシーバスを釣る場合やその他色々な専門の釣りを
専用のロッドで行わない場合にも当然問題が出るでしょうから
『シーバスロッドでバス釣りをされる方が少ない』
理由としてはどうなのかなと思いまして。

Aベストアンサー

まずは入り口の問題があると思います。一昔前のバスブームでバスロッドを持っている人が沢山似ます。「バスは最近釣れないし、外来種問題などで風当たりが強いから、今人気のシーバスをやってみようかな」と言う感じです。逆のパターンもありますが少ないでしょう。タックルの問題で言えば、一番のネックは長さです。バスロッドは6ftをメインで長くても8ftくらいですよね、シーバスロッドは、釣る場所にもよりますが7ft前後から12ft位まで有ります。
海や河口部など広いエリアに出ると遠投したくなりますが意外とバイトがあるのは足元です。足場の低い護岸からでしたら、6ftできれば7ftのバスロッドで十分対応できます。ところが、シーバスロッドをバスエリアに持ち込むとほとんどの場合長さが邪魔になり使い物になりません。ちなみにバスロッドはほとん対象魚に対してオーバースペックなので、ミディアムクラスのバスロッドではシーバスには硬すぎます。

Qオカッパリシーバスで4000番リール

僕は最近オカッパリでのシーバスフィッシングをやっています 使っているリールがだいたい2500~3000番と聞きますが僕はDAIWAスプリンターRの4000番を使っていますそこでオカッパリシーバスフィッシングでの4000番リールの利点と欠点を教えてください。出来れば2500~3000番と比較しながら教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

スズキと言えば70cm以上のサイズのシーバスですが、シーバスと一概に指してしまうと20数センチのものから1mを超える物までまちまちです。

60cmクラスのシーバスならメバリングロッドに、ダイワ2004、シマノ1000Sリールに2lbラインでも引き抜けないまでも寄せてタモ入れまでなら十分可能です。PEなら0.15号(4lb)ラインから現在そろってます。


最近では、メバリングタックルで取れるような60cm位までと70UPを取ることに主眼を置いたシーバスロッドと大きく分かれると考えています。

前者ならダイワ2000番~2508Rまで、シマノならC2000~C3000迄で十分です。

後者ならダイワ2508R~3000番、シマノならC3000~4000と考えた方がよいです。
後者がシーバス用のプラグを投げることを前提としたタックルで、質問の趣旨に添っていると思います。

タックルバランス(重量、ガイド高さなど)を考えると、ダイワ3000番やシマノ4000番が良いかもしれませんが、多くの人はPE1~1.5号を150m巻くことが出来るリールで十分と考えていると思います。
ただし、16lbクラスのナイロンラインを150m巻くのであればダイワ3000番や、シマノ4000番が必要になります。

ダイワのシーバスリールのフラグシップはイグジスト ハイパーブランジーノカスタム2508Rで、専用リールですら2508R(Rとは3000ボディーにスプール2508、ローターが2500番用の物になっている)です、シマノでも同サイズのステラC3000で良いと思います。

竿の長さはともかく、重さに関しては1万円以下の物と、5万円以上の物でもまったく異なります。
ある程度のバランスは必要かもしれませんが、ティップを下に向けて巻くだけの釣りがメインである以上わざわざ重たいリールにするメリットはあまりないと考えます。

話がそれますが、メバリングタックルを用いたシーバスフィッシングはスリリングがあって楽しいです。
ルアーはジグヘッド+ワーム、ミニマルなどの小型プラグですが30~50cm位迄の数釣りが楽しめます。
メバルの外道として釣っていましたが最近は本格的に狙ったりしてます。
ルアー(ワームなので)が安上がりなのも魅力です。

スズキと言えば70cm以上のサイズのシーバスですが、シーバスと一概に指してしまうと20数センチのものから1mを超える物までまちまちです。

60cmクラスのシーバスならメバリングロッドに、ダイワ2004、シマノ1000Sリールに2lbラインでも引き抜けないまでも寄せてタモ入れまでなら十分可能です。PEなら0.15号(4lb)ラインから現在そろってます。


最近では、メバリングタックルで取れるような60cm位までと70UPを取ることに主眼を置いたシーバスロッドと大きく分かれると考えています。

前者ならダイワ...続きを読む

Qソルトウォーターでバス用ベイトリール

ソルトウォーターでバス釣り用のベイトリールを使うのってやはりリールにはよくないのでしょうか?
シーバス釣りで使いたいのですが、錆や塩が気になってしまいます。
海にはスピニングリールの方が向いているのでしょうか?
また、海で使った後のよい手入れ方法などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォース等の軸にベアリングを使用していない(はずの?)リールを買って、使用するという選択です。オーバーホールも簡単だと思います。
 寿命・巻き心地を気にしないならば、買ってすぐに全部ばらし、CRCなどで全部グリスを落としておき、釣行前にシリコン等の皮膜スプレーを吹き付けておけば大丈夫だと思います。釣行後、オイル等の濁りはありますが、グリスを落として再び…そしてオイルも…という作業を考えると、「お湯でザブザブ…乾かしてプシュー」が楽だと思います。

 シリコンスプレーをスプールの軸に吹き付けると、CRCよりも回転性能が悪くなりますので、軽いミノーは投げにくくなりますが、バイブレーションならばリールの性能はカバーできると思います。

 個人的にはフックのメンテナンスの方が面倒だと思います。(ヒットの確率はフックのシャープさがキモだと体験的に思いましたので…)

 参考になれば幸いです。

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォー...続きを読む

Q船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。

船からワーム等で根魚狙いをする場合の仕掛けについて教えてください。
 
水深:20-50m
対象:アイナメ・ヒラメ・ソイ
海底:キツイ根と砂地が混在する
 
竿:ハードロックフィッシュ用7ft(7-28g,10-20lb)
リール:RYOGA1016HL
 
糸:?
リーダー:?
仕掛け:?
  
オカッパリ用でテキサスリグ一式はそろえてあります。ただしオモリは7-21gなので少し軽いかも?と思っています。そもそも船でテキサスリグがいいのかどうかも自信はありません。生きイワシでヒラメを狙う場合は30号のオモリを使用するそうです。
 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

釣り場(茨城方面?)の状況や特性にもよりますが、水深50mくらいになると20gのリグではキツイかもしれません。最近流行の、1.5~2ozくらいのZZヘッド+マナティー(90mm)でワインド釣法で狙うのも手かと思います。とにかく、大ハズレの仕掛けを持ち込むと釣りにならない(下手すると船長に使用を禁止される)ので、乗船する船の船長に事前に確認をとることをお勧めします。

ちなみに、ルアーOKの乗合船(またはルアー専門の乗合船)の場合、私はラインはPE0.6~1号、リーダーはナイロン5号を2m、これに上記のZZヘッドとマナティーの組合せで狙います。ラインシステムをしっかり組んで、ドラグの調整を適正にしておけば、万が一大ヒラメが掛かってもなんとかやり取りできるかと思います。

Qルアーロッドと、船釣り用の竿の柔らかさについて。

ルアーロッドと、船釣り用の竿は基本的にはどちらのほうが柔らかくて、しなるのでしょうか。

船釣り用の竿でもちょい投げできる物があるときいたのですが、
投げ釣りできるくらい柔らかいのでしょうか。

Aベストアンサー

性格の違う用途なので一概にはいえませんが、
「同じオモリ負荷」
で比較した場合で回答します。

しなり
最近の竿は魚が掛かったときに胴から曲がるものが多いので、ぶっちゃけ、差は無いと思います。

硬さ
ルアーロッドは、ルアーを正確にキャストしやすいように先調子のものが多いので、
そういう意味では「硬い」部類です。
対して船竿は、魚が掛かったときにショックを吸収しやすいように、柔らかめのものが多いですが、
一つテンヤ、カワハギ、フグ等、アタリを取ることを重要視しているものは先調子なので、
ルアーロッドに近い「硬さ」になります。

なので、
「ルアーロッドと船竿の柔らかさを単純に比較するのは難しい」
というのが本音です(^^;)

次に、柔らかいかどうかは置いておいて、
「ちょい投げできる船竿」
ですが、
これはいろいろあります。

ちょい投げの定義にもよりますが、
「5~15号くらいのオモリを使って、軽く投げる」
とするなら、
・キス竿
・カワハギ竿
・フグ竿
・ライトジギング用の竿
等が代表的でしょうか?

上記は、基本的には先調子の竿であり、ルアーロッドに近い使い方ができるため、
当然ちょい投げにも使用可能です。

ただし、スピニングリールを使用するなら、スピニングリールに対応した竿であることが前提になりますけどね(^^;)
(両軸用でトリガーがあるものでもスピニングリールは使用できますが、使いにくいと思う)

性格の違う用途なので一概にはいえませんが、
「同じオモリ負荷」
で比較した場合で回答します。

しなり
最近の竿は魚が掛かったときに胴から曲がるものが多いので、ぶっちゃけ、差は無いと思います。

硬さ
ルアーロッドは、ルアーを正確にキャストしやすいように先調子のものが多いので、
そういう意味では「硬い」部類です。
対して船竿は、魚が掛かったときにショックを吸収しやすいように、柔らかめのものが多いですが、
一つテンヤ、カワハギ、フグ等、アタリを取ることを重要視しているものは...続きを読む

Q初!ボートシーバスのロッド選び

近いうちに、初めてのボートシーバスに行こうと思っています。
そこで1本購入しようと思っているのですが、最初はある程度安いロッドを購入しようと考えています。

そこで実売価格15000円以下でオススメのロッド等ありますでしょうか。(こんなのもあるよ!と言うのでもかまいません)
(バスロッドの転用はしないで、シーバスロッドを購入したいと思っています)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バスロッドの転用は確かにお奨め出来ませんね。
予算を多少オーバーしますがガマカツの「斬鱸」シリーズがお奨めです。(実売で1.7万円程度)
ボートは思わぬ大物が掛かる事も少なくないですし、すっぽ抜けなど船上でのトラブル防止の為にもワンピースロッドがお奨めです。
1.5万と2.0万の間には製品に置き換えると格段の差が出ます。
多少の無理をしても+2~3千円の出費を出し惜しみしないで納得出来る専用ロッドを1本持っていると楽しみ方が違ってくると思いますが、如何でしょうか?

参考URL:http://www.gamakatsu.co.jp/catalog/index.html#01


人気Q&Aランキング