働いている人はで会社が負担してくれる人は、厚生年金ですよね。
自分で毎月払っている人は、国民年金ですよね?
名前は違うけど同じものですよね?
なら金額も同じだと思うのですが。
国民年金はハッキリわからないですが、13000円位ですよね?
でも、給料明細を見ると、厚生年金が16260円引かれているのですが、
なんで金額が違うの!?と思いまいた。
しかも、厚生年金って健康保険同様に会社が半分負担してくれるのじゃないのですか?

どうなっているのかわかりません。
どなたか教えてください!
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>その上乗せとは何なんでしょうか?


要するに国民年金の受け取り以外に、厚生年金からも保険料の支払総額に比例した金額の受け取りがあるということです。国民年金も厚生年金もどちらも終身年金です。

>それは今、国民年金だけを自分で払っている人は、上乗せして払えないのですか?

任意で加入する手段はあります。厚生年金には加入できませんが、国民年金1号被保険者(国民年金に直接加入している人)は、

1.月400円支払って付加年金をもらう
2.国民年金基金に加入する

のどちらかを選べます。
最低でも1番には入った方がよいですよ。この付加年金は税金の補填がすごくて、掛け金は受給時に2年で取り戻せて、後はお得になるだけという代物です。

2番は最近かなり率が悪くなったのですが、それでも民間の年金保険より得で、なおかつ掛け金は全額税金控除出来ますし、1番での税金の補填相当も含まれています。(だからどちらかの選択になります)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

国民年金基金と言うのは聞いた事がありました。でも何かはわかりませんでした。

1番の話は知りませんでした。

年金の話って聞きますが、いろいろな仕組みがあるんですね。お金の話で大事な事なのに全然知らなかったです。
知ってるのと知らないのでは、かなりの損得がありますね。

お礼日時:2005/05/19 09:42

1.国民年金


日本に居住する人全員が加入する年金です。現在支払った保険料の1/2金額の補填が税金よりされています。

2.厚生年金
厚生年金は日本の法人の会社であれば「すべての会社に導入されているべき」(実態は中小企業だと...)年金制度です。これは、二階建てとなっており、

1階:国民年金
2階:厚生年金独自の付加部分(報酬比例分と呼ばれています)

で構成されています。つまり国民年金+αというわけです。
厚生年金保険料(1階2階の両方を含む)は会社と従業員で折半(5:5)と法律で決まっています。(ただし会社負担分を多くすることは許されているがそういう会社は聞いたことはないです)
また保険料は毎月の給与金額に応じて標準報酬月額というものから保険等級が決まり、それにより保険料が決まります。
基本的に4~6月に受け取る平均給与で決まると覚えればよいでしょう。
ボーナスではその金額に応じて保険料がかかります。

実はこのほかにも、厚生年金基金(厚生年金の代りに導入するものでこちらは3階建てです)とか、公務員であれば共済年金というものがあります。(まだ他にもありますが)

厚生年金は国民年金よりも受給金額も多くなるし、また障害、遺族年金の受給範囲も広くなっており手厚い年金制度です。

では。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
厚生年金は国民年金の上乗せと出ていますが、
その上乗せとは何なんでしょうか?
それは今、国民年金だけを自分で払っている人は、上乗せして払えないのですか?

お礼日時:2005/05/18 21:46

厚生年金は、国民年金の上乗せの保険で、給与の額により、保険料が異なります。


保険料の3分の2程度が本人負担、残りを会社が負担しています。
給与明細に載っている厚生年金保険料欄は、あなたの負担分です。

健康保険料も50%負担ではなく、健康保険組合の財政状況に応じてそれぞれ異なります。70%程度を会社が負担して、残りを従業員が負担しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
仕組みが良くわからなかったもので・・・・

お礼日時:2005/05/18 21:41

すでに書かれている方と同意見です。



ちなみに私が就職活動をしているとき、親から
「必ず厚生年金の制度があるところに行きなさい」
と言われました。
そして今の会社に厚生年金制度はありません。
mstkさんが、うらやましいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
厚生年金があるところがいいのですね。

お礼日時:2005/05/18 21:42

そうなんです、そこが問題です。


当然多く厚生年金を払っている人の方が年金も多くもらえます(予定ですがw)
国民年金も国民年金基金なるものをつくって、厚生年金に近づけようとしています。
また、国民年金は誰もが加入しなくてはならないので、厚生年金に加入している人も自動的に国民年金にも入っている事になるので、その分ももらえます。

だた、支払も多く会社とほぼ折半ですが、それでも国民年金よりはるかに多いです。しかも天引きなので、どっかの国会議員のように未加入など出来ません。

つまり、支払った金額に応じて年金ももらえるのです。決してどちらが得かは言えませんね。
私なら、厚生年金も国民年金も自由加入にしてもらい、自分で個人年金を貯めた方が確実だと思いますが・・・
もちろん会社が負担する分も給料に入れてもらってw

年金問題は難しいです。

参考URL:http://www.nenkinzatugaku.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

そうですよね。わかります。

お礼日時:2005/05/19 09:36

>名前は違うけど同じものですよね?



違いますよ。
厚生年金は国民年金の上乗せ年金です。
つまり厚生年金を払っていれば自動的に国民年金を払っていることになり、プラスその上に厚生年金が積みあがるということです。
そのため需給額国民年金より多いです(今の段階では)
負担額は所得によって変わります。
受給額もそれまでの収入によって変わることになります。

>自分で毎月払っている人は、国民年金ですよね?

厚生年金も毎月自分で払っていますよ?

給与明細を見て・・とおっしゃるのですから社会人の方だと思うのですが、サラリーマンが税金を一番取りやすいターゲットとして狙われている今、ちゃんと自分の支払っているものの意味を知っておくべきだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

知識不足でした・・・・
勉強になりました。

お礼日時:2005/05/18 21:40

厚生年金は給料収入額によって変化します。


国民年金は一定です。

厚生年金の場合、かけている金額によりもらう時の金額も変わり、国民年金より多くもらえるときのほうが多いですよ。
もちろん、厚生年金は半額会社負担で自分が支払っている金額と同じだけ会社も支払っていますよ。
(国民年金より掛け金が多いです)

参考URLに社会保険庁のページを入れておきますので、参考にしてくださいね。

参考URL:http://www.sia.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

勉強になりました。

お礼日時:2005/05/18 21:38

国民年金は対象国民全てが加入しています。


厚生年金は会社員等が入っている物で国民年金の上乗せ部分の扱いです。
(国民年金だけの人が行う上乗せが国民年金基金)
厚生年金は収入に比例して掛け金が変わります。

で、年金貰う際は国民年金だけの人より多く貰えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうなんですかー、全然知らなかったので勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/18 21:35

同じではありません。


厚生年金は収入により保険料が異なります。
国民年金は一律だったはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございました。

>同じではありません。
>厚生年金は収入により保険料が異なります。
そうなんですかー!知らなかったです。
だから違うんですね!
勉強になりました。

お礼日時:2005/05/17 17:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思

44年の特例で定年後満額の厚生年金はもらえるのですが、再雇用しようと思っています。
再雇用すると月160,000円でボーナス年間600,000円で、年間2,520,000となります。

再就職すると失業保険から月20,000円ぐらいもらえると聞きました。
厚生年金は年間2,088,000円の見込額です。月174,000です。
再就職すると厚生年金がひかれると聞きます。
年間給与所得2,520,000円月210,000のとき。
再雇用した場合、厚生年金額はだいたいどのくらい支給されるのでしようか?
再雇用した場合のおよその収入を知りたいのでよろしくお願いします。
再雇用を1年でやめた場合44年の特例はそのまま継続されるのでしようか。
再雇用の参考にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルタイムやそれに近い勤務形態の非常勤で再雇用された場合、
厚生年金に加入する義務があります。
なお、厚生年金に加入している間は、44年の特例は受けられません。
厚生年金は普通の人と同じ、報酬比例部分だけの支給になります。
あとでさかのぼって特例分の差額が支給されることもありません。
在職老齢年金で年金月額と直近1年間に受けた賞与の1ヶ月分と給与の
総合計が28万円を超えれば支給がカットされたりします。

厚生年金に入らなくて済む程度の勤務時間や勤務日数で働かないと
44年の特例は受けられないことにご注意ください。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Q厚生年金に、60歳までに、44年加入した場合に限り、60歳から、満額の

厚生年金に、60歳までに、44年加入した場合に限り、60歳から、満額の年金がもらえるのですか。

Aベストアンサー

御質問の件は厚生年金長期加入の特例というものですが、60歳までに44年加入した場合に限るという訳ではありません。60歳以降に44年に達した場合も含まれます。但し「退職をしていること」という条件がつきます。ですから60歳までに44年加入しても在職していれば定額部分は支給されません。(S.24.4.2以降生まれの男子は定額部分の支給はありません。65歳から老齢基礎年金として支給されます。)つまり44年加入していても退職しない限り、質問者さんのおっしゃる「満額の年金」はもらえません。もし44年加入して退職されたなら定額部分¥792413と一定の条件を満たせば配偶者加給年金額¥396000が加算されることになります。

Q厚生年金から国民年金→再度厚生年金へ

2007年6月末日付までA社派遣社員で就業していました。
期間満了(派遣先事務所閉鎖による会社都合)での契約終了だったのですが、
すぐにでも次の仕事を探す気でおりましたので、
失業保険の給付手続などは考えておりませんでしたが念のために離職票の発行手続をしました。
しかし1ヶ月間派遣紹介期間で待機が必要とのことで、
離職票はその1ヶ月の待機後に発行されるとの説明がありました。

今回運良くB派遣会社での仕事が決まり、8月1日付けで就業する運びとなりました。
もちろん派遣元の会社が異なるので、社会保険の手続は一から行うわけですが、
国民年金・厚生年金の手続の件で疑問が生じています。

6月分の厚生年金はA社で給与から天引きがされてます。
7月分は未就業のために1ヶ月だけ国民年金に加入するべきことも承知いたしております。
8月分からはB社で給与天引きになるはずです。
この際、A社雇用保険の退会手続をし、国民年金の加入手続きをする必要があるかと思います。
A社雇用保険を退会したことを証明するものが離職票になるのでしょうか?
出来れば7月中に手続をしたいのですが、手元に離職票が届くのが8月以降になる予定です。
手元になくても手続は可能でしょうか?

それと、8月から再度雇用保険に加入する予定の旨を窓口で話したほうがよいのでしょうか?
1ヶ月間だけの国民年金加入というのも説明すべきでしょうか?
このご時世ですので年金関連はしっかり手続しておきたいので、
ご教授願えれば幸いです。

2007年6月末日付までA社派遣社員で就業していました。
期間満了(派遣先事務所閉鎖による会社都合)での契約終了だったのですが、
すぐにでも次の仕事を探す気でおりましたので、
失業保険の給付手続などは考えておりませんでしたが念のために離職票の発行手続をしました。
しかし1ヶ月間派遣紹介期間で待機が必要とのことで、
離職票はその1ヶ月の待機後に発行されるとの説明がありました。

今回運良くB派遣会社での仕事が決まり、8月1日付けで就業する運びとなりました。
もちろん派遣元の会社が異...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。国民年金の事務手続きは市町村によって異なりますので、お住まいの地の市役所などにお尋ねになったほうが早くて正確です。例えば、保険料の代わりに税金(国民保険税)を徴収している自治体もあります。

 確かに無職や自営業になったことを証明する書類として、離職票の提示を求める自治体もあるようです。国民年金の保険料の納付期限は翌月末日(質問者さんの場合は8月31日)ですから、そんなにあわてることもないです。翌月、就職なさることは、やはり伝えていた方が親切でしょうね。

Q厚生年金1年以上 60歳から満額もらえる部分

厚生年金には基礎部分と報酬によって変わる部分があり、厚生年金に1年以上加入していた人は、報酬によって変わる部分を60歳から満額でもらえるとニュースでやっていました。
60歳からもらうと減額される制度と混同して、申請しない人が多いとか。

この報酬によって変わる部分だけを60歳から満額もらうという制度を利用する場合、なんの申請にきたと伝えれば良いのでしょうか?
こちらの伝え方が悪くて、窓口の人が減額して60歳から支給する方を手続きしてしまったら困りますよね。

Aベストアンサー

特別支給の老齢厚生年金のことでしょうか?
第7節 特別支給の老齢厚生年金(法附則 8)
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf
特別支給の老齢厚生年金
http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/tokubetu_rourei.html

受給要件
・60歳以上65歳未満である者
・ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること
・ 原則として、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、25年以上あること
  (平たくいうと、厚生年金、共済年金、国民年金の合算期間が25年以上あること)

ですが、支給停止になることもあります。
社会保険庁:2.老齢の年金を受けている方の届出・年金額について
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/todokede_ans02.htm

支給を受けるためには裁定請求をする必要があります。
社会保険庁:裁定請求
http://www.sia.go.jp/sinsei/nenkin/saitei/index.htm

特別支給の老齢厚生年金のことでしょうか?
第7節 特別支給の老齢厚生年金(法附則 8)
http://www.sia.go.jp/infom/text/kounen07.pdf
特別支給の老齢厚生年金
http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/nenkin/tokubetu_rourei.html

受給要件
・60歳以上65歳未満である者
・ 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あること
・ 原則として、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、25年以上あること
  (平たくいうと、厚生年金、共済年金、国民年金の合算期間が25年以上あること)

ですが、支...続きを読む

Q厚生年金→国民年金→厚生年金の支給の場合

お世話になっております。
知人が題名のように下記の遍歴をしております。

国民年金(3年)→厚生年金(7年)→国民年金(5年)→厚生年金(20年~)

このまま退職までは厚生年金に入る、要はそのまま就業するとのことです。

そこで質問なのですが、この場合は厚生年金のみ支給されるのでしょうか?
それとも国民年金からも一応微々たるものとはいえ支給されるのでしょうか?
分からないなりに調べたところ、国民年金は○○年以上は一律○○円みたいな感じのようだったので、折角払っても○○年以上払わないと支給無しであれば勿体なかったといっておりました。
まぁ、国民の義務なのは義務なのでしょうがないともいってましたが・・・。

すいませんが、宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

厚生年金は国民年金が基礎にあって、その上厚生年金分が支給されるという仕組みです。
(これが厚生年金が2階建てバスと言われる理由です)
なので当然、厚生年金加入期間も国民年金加入期間に合算されます。
支給額も国民年金+厚生年金の二重になります。
http://sme.fujitsu.com/tips/pension/pension001.html

Q父は今年65歳になります、国民年金で満額支払い済みで、今月から職場で社保に加入です。厚生年金を始めて

父は今年65歳になります、国民年金で満額支払い済みで、今月から職場で社保に加入です。厚生年金を始めて払う事になりますが、掛けた分は貰えるのでしょうか?

Aベストアンサー

>掛けた分は貰えるのでしょうか?
もらえます。
保険料からすると、あまり効率はよくないですが、
老齢厚生年金の部分が退職後、または70歳以上
となったら、加算されます。

年金を既に受給中だと思われるので、
在職者年金制度により年金の支給に
制限が受けるケースがあります。
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2015/20150513-01.html

質問文面からだと大丈夫そうに思えますが、
いかがでしょうか?

Q厚生年金と国民年金+国民年金基金

国民年金と厚生年金を単純に比較すると、厚年の方が有利な事はわかります。

1つお聞きしたい事は、
税込月額14万程の安いお給料(=掛け金)の厚年適用の仕事をする場合と、厚年適用外勤務(おそらくは扶養控除内勤務かバイトの掛け持ち)で国民年金と国民年金基金に加入する場合とでは、給付額はどちらが得でしょうか?

健保に関して考慮しない場合と健保を含めた場合の回答を頂ければ嬉しいのですが…。現在(昨年)の国保料は所得割のかからない最低額です。おそらく今年も大きくは保険料はアップしないとは思っているのですが。
健保は国保より組合又は政管健保の方が手当て等も良いとは思っているのですが、今は年金に関して知りたく思います。

未婚女性ですが、働き方に迷っています。それ以前に今上記のようなお給料で仕事をし始めてしまったのですが、この給与でこの掛け金なら(交通費込でも17万位です)、国年と国年基金で割りの良い仕事をした方が良いのかと思ったりしています。まだ今なら厚年の手続がされていないと思うので、早めに教えて頂きたいのですが…。

実際どうだと思われますか。数字的な頭の能力がなく困っています。無理なお願いで恐縮ですが、どうかお願いします。

国民年金と厚生年金を単純に比較すると、厚年の方が有利な事はわかります。

1つお聞きしたい事は、
税込月額14万程の安いお給料(=掛け金)の厚年適用の仕事をする場合と、厚年適用外勤務(おそらくは扶養控除内勤務かバイトの掛け持ち)で国民年金と国民年金基金に加入する場合とでは、給付額はどちらが得でしょうか?

健保に関して考慮しない場合と健保を含めた場合の回答を頂ければ嬉しいのですが…。現在(昨年)の国保料は所得割のかからない最低額です。おそらく今年も大きくは保険料はアップしないとは思っ...続きを読む

Aベストアンサー

細かな数字の話をしてもわかりにくいと思いますので端的に言いますと、

・厚生年金適用となる場合の手取りと同額の収入しか得られないのであれば国民年金+基金は損です。
・健康保険のことを考えるとさらに損です。
・もし外注として(つまり自営)働くのであれば(厚生年金加入は雇用されると強制なので)、収入が大きい場合は税金も大きく負担になります。(給与所得者の方が負担が少ないことが多い)

問題は手取りが社会保険加入よりも多い場合です。
結局のところこれはどれだけ同じ労働時間で高収入を得るのかという問題になりますので、収入が月に2割以上程度多いというのであれば、社会保険が無くてもそちらがお得という話が出てきます。

Q厚生年金の満額支払額を増額する方法

って何かありますか?
たしか国民年金だと500円増しで支払うとできる制度があったような気がします。
厚生年金では無いのでしょうか?

Aベストアンサー

有りませんよ、支払額、勤務先に間違いないか年金の確かめが来ましたよね、厚生年金は毎年減額、支払う若者は毎年増額ですよ、それに対して公務員の共済年金は支払った額は少ないのに、厚生年金は二階建てに対して3階建てで多くもらいます、さらに、驚くのは、厚生年金は妻しか遺族年金はもらえないのに対して、公務員の共済年金は妻がいなければ子供、子供がいなければ両親、両親がもういなければ祖父母がもらえるんですよ、国民をばかにしていると思いませんか、こんな事を平気ですねのが官僚ですよ、早くやめるようにするか、厚生年金も、子供や親がもらえるようにしてほしいですね。

Q厚生年金と厚生年金の間の国民年金

私は厚生年金と厚生年金の間の国民年金が未納です。

以前はアルバイトのみで、低所得で全免除でした。
途中で契約社員になり、厚生年金に入りました。
退職し一年ほど未納でした。その間はアルバイトです。
アルバイト先を変えアルバイトでも厚生年金に
入れるところに移動しました

そしてそこも辞め、転職し正社員になりました。
研修期間は社員でないため、国民年金期間になりますが
手続きしてませんので、未納です。

今は給料から厚生年金を払っています。
今1年ほどの未納の催促がきています。

私情とはいえ、転職ばかりで生活はゆとりありません。
今は正社員なりたてで、貯金0です。

間の国民年金は払わないと、将来もらえないですよね?
払うとしても猶予きくでしょうか。
仕事で社会保険事務所があいている時間にいけません。

現在の給与でこのままいくと、手取りで年200ちょうどぐらいになります。

親は昔離婚し、母にひきとられ、母は病死しています。
父とは連絡とれますが、戸籍上はなれています。

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

まず年金の受給要件は
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3902
老齢基礎年金の支給要件
★保険料納付済期間と保険料免除期間の合計
が25年以上であること。
であり、
老齢厚生年金の支給要件
★老齢基礎年金の支給要件を満たしており、
厚生年金保険の被保険者期間が1ヶ月以上
あること。
となります。

このあたりの見通しによりますが、
免除、猶予期間は加入期間として算入されま
すので、未納期間をどれだけ減らせるか、
相談された方がよいと思います。

以下にあるように、
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3770
>未納のままにしないで、「国民年金保険料
>免除・納付猶予制度」の手続きを行って
>ください。
が最善策だと思います。

要は25年以上、納付、免除、猶予など未納で
なければ、受給条件を満たすわけです。

あなたの将来に影響するわけですから、
下記のように
http://www.nenkin.go.jp/n/www/free1/detail.jsp?id=3641
第二土曜日は相談窓口が開いていたり、
午後7時まで開いていたりするときに
行って手続きをされることをお薦めします。

いかがでしょうか?

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

まず年金の受給要件は
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3902
老齢基礎年金の支給要件
★保険料納付済期間と保険料免除期間の合計
が25年以上であること。
であり、
老齢厚生年金の支給要件
★老齢基礎年金の支給要件を満たしており、
厚生年金保険の被保険者期間が1ヶ月以上
あること。
となります。

このあたりの見通しによりますが、
免除、猶予期間は加入期間として算入されま
すので、未納期間をどれだけ減らせるか、
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング