最新閲覧日:

 静止しているコインAに、コインBを指ではじいてぶつけます。コインA・Bが

 それぞれ衝突の後 どのように動いたか矢印で示し、それらの矢印の関係から何

 が言えるか教えて下さい。(コインBがどの方向から どんな速度で来たかによ 
 って 衝突後のコインが何処へ向かうかも変わってくるが A・Bに働く力から

 どんなことが言えるか、作用・反作用の法則をつかって論じて下さい。)

A 回答 (3件)

tokomaiwasaさんの質問は先ず3つ(2つ)の内容を含んでいます。


a)コインBがコインAにぶつかるまでの運動(速度変化?)
a-1:コインBと床に摩擦が無い場合
 この場合は単純で単に等速直線運動になります。よって速度変化無し
a-2-1:コインBと床に摩擦があり、コインが回転していない場合
 この場合では、摩擦による減速を考えなくてはいけませんが、等加速度直線運動(加速度が負)で近似しても構わないと思います。
a-2-2:コインBと床に摩擦があり、コインが回転している場合
 この場合、モーメント等の計算が必要になりますので、少なくとも私には回答できません。

b)BがAにぶつる直前と直後のそれぞれの速度(運動量の伝達?)
b-1:AB間に摩擦が無い場合
 この場合は、両コインの中心軸を結んだ軸上のBの(厳密には相対)速度ベクトルと弾性係数(用語には自信無し)によって速度の計算は可能なはずです。質問には「同種」とありますが、この場合では異種(質量が異なる)でも計算は可能なはずですし、床との摩擦は考慮する必要が無かったと記憶しています。
 ここで、「運動量保存の法則」を適用します。
b-2:その他の場合
 前述したようにモーメントの計算が必要になり、かなり複雑です。

c)衝突後のそれぞれの運動
基本的には(a)で用いた考え方で、それそれのコインの運動(軌跡?)を計算することになります。

tokomaiwasaさんが知りたいのは、(b-1)の時ではありませんか?
これならば、かなりの方が回答可能なはずです。それにしても「作用・反作用の法則」はあまりこの系では適用しないと思いますよ。と言うより、暗黙の了解でこの法則が成り立たない系を私は知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼遅れまして 申し訳ありません。
 
 ご指摘の通り 知りたかったのは b-1 であります。別の観点からの考察も

 していただき大変勉強になりました。本当に有難うございました。質問の意が 

 充分でなく ご理解できない点が 有ったかと思います。お詫びいたします。

  これからも 宜しく お願い致します。

 

お礼日時:2001/10/01 20:08

えっ!軌跡なんですか。


そうするとテーブルとの摩擦も関わってきて面倒ですね。
もう少し補足していただかなければ。
    • good
    • 0

レスがつかないのは、何を矢印で示すのか分からないからではないでしょうか。


「コインの軌跡」or「コインの速度」?

この回答への補足

 すいません。コインの軌跡です。運動量保存の法則を使って説明して下さい。

補足日時:2001/09/24 11:42
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報