拡張型心筋症の患者さんが頻脈のためにショックの状態に陥る機序について教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

頻脈であるからといって有効拍出量が増加しているとは限りません。

拍出量が拍動回数の増加(頻脈)によって代償される場合と心拍出機能の低下(無効な拍動の増加)によって代償されない場合があるのです。心室細動などがこの典型です(拍動はあっても拍出量が確保されていないわけです)。拡張心筋で無効な拍動が増えるのは心伝導系の異常機序以外にも乱流層流という流動系の観点からも説明されています。
プレショック状態は頻脈によって生じたのではなく他の要因でおこり、代償するために頻脈となった。さらにそれでも代償しきれずにショック状態が継続したと考えるほうが素直じゃないでしょうか。しかし、通常頻脈のままではなく、(有効な対処をしなかった結果)心室細動、心停止にいたるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたの回答ありがとうございます!
頻脈は体の異常の結果として引き起こされたってことですか~
全くの初心者にきちんとした回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/23 20:16

スターリングの法則というものを探してみてください。


なぜ拡張していくのか、合目的的に説明されます。
頻脈になるのは普通に拍動しているのでは間に合わないからです。

この回答への補足

解答ありがとうございます。この患者さんは、普段は正常なんですよ。
でも急にショック症状になったそうなんですよ。その時の脈を計ったら頻脈だった、という症例なんです。この時の原因は、拡張型心筋らしいんです。不整脈の
本を調べると電気の流れとかの説明は、あるんですけど、たぶん先生が求めてる
答えは、血の流れについてみたいなんですけど、、、お願いします。

補足日時:2001/09/23 00:00
    • good
    • 0

こんにちは。


 拡張型心筋症の患者さんの心臓は、心収縮力が弱いため、一回の収縮あたりに送り出される血液の量は健康な人よりも非常に少ないものになります。ですから頻脈を起こして心臓の拍動数は増えていても、送り出される血液の量は少なくなっていると考えられます。
 いわゆるショックを起こすときと言うのは頻脈と言うよりは心室性期外収縮などの不整脈を生じている状態の時でしょう。最終的には心室細動に至り、ショック状態となるでしょう。

この回答への補足

解答ありがとうございます!つまりこの患者さんは、普通の時に正常な方に比べて拍動数が多いということですよね。でも、この方にとっては、普段に比べて一分間あたりの拍出量は増加したんじゃないんですか??

補足日時:2001/09/22 23:51
    • good
    • 0

的を外しているでしょうが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「心原性ショック」
この中で特に「原因と危険因子」と関連リンク先を参考にしてください。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(拡張型心筋症)

恐らくショックを起こすまでの化学物質を含めて、そのメカニズムが知りたいのでは想像しますが・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …

この回答への補足

ありがとうございます!難しいメカニズムは多分説明されても、理解できない
んで紹介されたURLを参考にさせて頂きます。ただ、頻脈って、心拍数は増加
するじゃないですか?それなのに、ショック症状がどうして、起きるかが分からないんです,お願いします。

補足日時:2001/09/22 20:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗精神病薬の機序について

統合失調症の原因は脳内のドーパミンの過剰なんですよね。
この統合失調症の治療薬として、D2受容体遮断薬があるのですが、
このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。
そのD2受容体を遮断したら、抑制系を抑制するということで、かえってドーパミンの放出を促進してしまうと思うのですが、
いったいどういうことなのでしょうか。どなたか御教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは。

>このD2受容体はGiタンパク質と共役してアデニル酸シクラーゼを抑制して、ドーパミン遊離を抑制するんですよね。

二つの話がごちゃ混ぜになっていませんか。
D2受容体の役割はDA(ドーパミン)の遊離を抑制することではないです。
「D2受容体はアデニル酸シクラーゼを抑制し、カリウムイオンチャネルを活性化、カルシウムイオンチャネルを抑制する」です。
このため、D2受容体を持つ神経細胞がDAの投射を受けますと、その機能が抑制されます。

DAの遊離が抑制されるのは、黒質緻密部などDA生産ニューロン自体がD2受容体を持つ「自己抑制回路(オート・レセプター)」の話です。ここで遊離されるDAはDAニューロン自身のD2にも投射されており、「DAの遊離機能を抑制」します。ですから、ここでD2遮断薬を使いますとDAの分泌は増えます。
D2遮断薬でDAの分泌は増えますが、黒質・線条体路など他の標的ではDAの作用が一様に抑制されますので、統合失調症の症状は改善されます。

Qラパマイシンの作用機序

ラパマイシンの免疫抑制効果はどの機序によるものか教えて下さい。
mTORの抑制による、p70S6 kinaseの阻害と考えてよいのでしょうか。
それとも、その他の複合的な作用によるのでしょうか。

Aベストアンサー

 チョット前の記憶なので勘違いがあるかもしれませんが・・・・。

 免疫抑制剤の作用機序の研究は Harvard University の Stuart L. Schreiber 教授達が始めたものだったと思います。

 という事で,Schreiber 教授のページをあげておきます。「Research Results」や「Publications」を御覧になれば,参考になりそうな論文もあがっていると思います。

参考URL:http://www-schreiber.chem.harvard.edu/index.html

Q褐色細胞腫の発汗過多の機序

学生です。褐色細胞腫に関して疑問がありまして、ご存知の方いらっしゃいましたらご教授下さい。

褐色細胞腫の5徴といえば5H
Hypertension---高血圧
Hypermetabolism---代謝亢進
Hyperglycemia---高血糖
Headache ---頭痛
Hyperhydrosis---発汗過多

ということになると思うのですが、この発汗過多が起こる理由がわかりません。
交感神経節後線維の終末は基本的にはNAを放出しますが、例外的に汗腺の神経終末ではAChが放出され、これがムスカリン受容体に結合して発汗が起こっていたと思います。

ですから、褐色細胞腫はカテコラミンを産生するので、汗腺以外の臓器・器官に作用し、発汗以外の症状を起こすのは解りますが、いったいどういった機序で発汗が起こるのかが解らないんです。

もし解る方いらっしゃればよろしくお願いします。解りにくい文章ですいませんm(_ _)m

Aベストアンサー

もっとシンプルに考えていいみたいですよ。

発汗は代謝亢進に伴う体温上昇の代償と考えられます。

QGqタンパク質共役型受容体の作用機序について

はじめまして。
薬理学を勉強していたら、分からないところが出てきましたので質問させてください。
よろしくお願い致します。
Gqタンパク質共役型受容体の作用機序について調べた中で疑問が出てきました。
標準生理学(医学書院)と青本(薬学ゼミナール)の本を見ると、プロテインキナーゼCとCa2+/カルモジュリンキナーゼは別の酵素であるように書いてありました。(青本の画像を参照してください)
しかし、虹本(ファーマプロダクト)や黒本(日本医薬アカデミー)やコスタンゾ明解生理学(エルゼビア・ジャパン)を見ると、プロテインキナーゼCとCa2+/カルモジュリンキナーゼが同じものであるかのように書いてありました。(下のコスタンゾ明解生理学の文章を参照してください。)どちらの本が正しいのでしょうか?
僕と致しましては標準生理学(医学書院)が一番信頼できるような本のような印象を持っているので、標準生理学(医学書院)と青本(薬学ゼミナール)の本が正しいと思っていますが、どうでしょうか?
※コスタンゾ明解生理学には以下のように書いてありました。
 ホスホリパーゼC系
(1)細胞膜の受容体にホルモンが結合すると、αqサブユニットの立体構造が変わる。これによってGDPがαqから離れ、代わってGTPが結合してαqはGq・タンパクから解離する。
(2)αq・TP複合体は膜内を移動してホスホリパーゼCに結合してこれを活性化する。ホスホリパーゼCが活性化されると膜のリン脂質であるPIP2が分解されてジアシルグリセロールとIP3が遊離される。生成されたIP3は小胞体や筋小胞体からCa2+が遊離され、細胞内のCa2+が一過性に上昇する。
(3)Ca2+とジアシルグリセロールはCキナーゼを活性化して、このキナーゼによるタンパクのリン酸化によって生理機能が発現する。
拙い質問ですが、ご存知の方は答えていただけると非常にありがたいです。
ぜひともよろしくお願いいたします。

はじめまして。
薬理学を勉強していたら、分からないところが出てきましたので質問させてください。
よろしくお願い致します。
Gqタンパク質共役型受容体の作用機序について調べた中で疑問が出てきました。
標準生理学(医学書院)と青本(薬学ゼミナール)の本を見ると、プロテインキナーゼCとCa2+/カルモジュリンキナーゼは別の酵素であるように書いてありました。(青本の画像を参照してください)
しかし、虹本(ファーマプロダクト)や黒本(日本医薬アカデミー)やコスタンゾ明解生理学(エルゼビア・...続きを読む

Aベストアンサー

プロテインカイネース=タンパク質リン酸化酵素です。
カルモジュリンもタンパク質ですから、プロテインカイネースによってリン酸化されるでしょう。
ということで、カルモジュリンカイネースと結果的に同じ作用があると言えます。

細胞内にはカルモジュリン以外にもプロテインはいくらでもあります。
プロテインカイネースの一つとしてカルモジュリンカイネースが同定され、
カルモジュリンカイネースはプロテインカイネースに分類されるでしょう。

そのような意味あいですが、それ以上でもそれ以外でもないでしょう。

より詳しくは、担当講座の教員にご質問するのが良いでしょう。

QO型はA型、B型、AB型に輸血できる

A、B抗原の両方の突起を持たないO型はA型、B型、AB型に輸血できる可能性があるとききました。
しかし、O型でも抗A抗体、 抗B抗体はもっているはずです。A型に輸血した場合、O型の抗A抗体とA型にあるA抗原が反応することはないのでしょうか?

Aベストアンサー

反応しますが、少量(1単位200ml位)であれば輸血血漿中の抗体による反応はそれほど重篤になりません。
それに、O型の輸血による不適合輸血は他の血液型のそれに比べてなぜかリスクが低いそうです。

輸血されるホストの赤血球はいくらか破壊されますが、新たに供給されるO型赤血球はホスト側抗体によって破壊されないので、「新鮮な赤血球を供給する」という点で意味があります。

しかし、現在は全血液型の輸血が容易になり、そのようなリスクを冒さなければならない事態もほとんどないので、新生児溶血性疾患などの例外を除けば基本的に不適合血液型の輸血はしないそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報