今回もまた言語ネタで質問させてもらいます。

こぶとりじいさん、って、こぶを取られるんだから、「こぶとられじいさん」が厳密には正しいのでは。
なぜこぶとりじいさん?

A 回答 (4件)

 私も、masmas さんがおっしゃるように「語呂」の「日本語では実際には受動態で行なわれていることでも能動態で言うこと」の問題とが関わっていると思います。



 この問題に関しては「こぶとられじいさん」だけでなく「舌切られ雀」も合わせて、インターネット以前の時代から話題になっていて、どこかで読んだ記憶があります。

 そこに挙げてあった例ですが、『エエご新造さんへ、おかみさんへ、お富さんへ、ヤサ、コレお富、久しぶりだなぁ』のセリフで有名な、歌舞伎の「切られ与三(よさ)」(http://www.ffortune.net/social/seso/nihon-edo/ki … が参考になります。)は、この逆の例ですね。

 この話では、主人公・与三郎が刀で切られますが、題名は受動態のままです。「切り与三」では語呂だけでなく意味もなんか変に感じますよね。

 「こぶとり」「舌切り」に関しては、もちろん「厳密には」というなら、「こぶとられ」「舌切られ」が正しいのでしょう。確かにおじいさんや雀を主体として考えれば受動態がふさわしいわけですが、「鬼によってこぶをとったおじいさん」「おばあさんが舌をきった雀」というようなとらえ方もできそうに思います。

 それから、たとえばコロッケに付いて考えた場合、コロッケを主体として考えれば「揚げられたてのコロッケ」のはずですが、「揚げたてのコロッケ」ですよね。
 コロッケは生き物じゃないから、というならば、「飼われ犬」「捨てられ猫」とは言わずに「飼い犬」「捨て猫」であることから考えても、こういう言い方は日本語によくある表現といえるのではないでしょうか。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

何も「こぶとり」だけが特殊な例というわけではないということですね。
例を多く示してくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/09/22 16:11

それは、おじいさんが少し太っていたからです。

というのは嘘ですが、(もうすでにalbracさんが書いている)文法に捕らわれて「こぶ取られ爺さん」としたら語呂が悪いでしょう。いずれにしても物語を読まなければ内容がわからないなら、語呂のいい言い方の方が普及しやすいでしょう。だから長い年月を経て「こぶとり爺さん」という名称になったのでしょう。推測ですが。
また日本語では実際には受動態で行なわれていることでも能動態で言うことってよくありますよね。
例えば、「昨日、歯医者で虫歯を抜いた。」なんて平気で言いますし、おかしくないですよね。でも実際には「昨日、歯医者で虫歯を抜かれた。」というのが現実ですし、文法上も正しいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
言いやすさ、としては「こぶとり」の方が楽ですね。「竹取物語」なんてのもありますから、語呂がいいといえばいいですね。

「昨日、歯医者をして虫歯を抜かせしむ」・・文語と口語の問題もあるのかもしれませんね。口語は楽に楽にと動く傾向がありますから。物語は書くものではなく、話すものですから、「こぶとられ」じゃなくなってくるのも致し方ないことかもしれません。

お礼日時:2001/09/22 14:49

 このお話って,「こぶ」をとられたお爺さんの「こぶ」を最後にもらって,「こぶ」が二つになった欲張り爺さんを指して,こぶとり爺さん(人の「こぶ」まで取った)なのでは・・・。


 小さい頃に読んだ絵本の絵が楽しかったのを思い出しました。ところで,「はちかつぎ姫」は,鉢を担いでいたのではなく,頭に被っていたような気がするのですが(いや,これは余計なことでしたね)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、悪いおじいさんの方が、こぶとりじいさんなのですね?
僕は今までそう解釈していなかったので、斬新でした。

はちかつぎ、ですが、昔はかぶることを「かつぐ」と言っていたようです。

お礼日時:2001/09/22 14:44

私もその様に思います。

受動的な表現が適切だと思います。
私は、「瘤取り爺さん」を、「小太り爺さん」と勘違いしていた時期がありました。
愚談お許し下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
僕は「小太り」という語を後から知ったので、「なんで瘤取りな体格なんだろう」と勘違いしていた時期がありました。
愚談お許し下さい。

お礼日時:2001/09/22 14:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎回テストで赤点を取っていて今回とったら殺すと親に言われていても取ってしまいました。どうやって親をな

毎回テストで赤点を取っていて今回とったら殺すと親に言われていても取ってしまいました。どうやって親をなでめるもしくは、ごまかせばいいですか?

Aベストアンサー

勉強したけど解答欄ずれてるの気づかなかった
次は気をつける!とか?
勉強めんどいよねー
俺も赤点沢山あって怒られてたなー
でも、いつかはやらんといかんなって焦り始めるときが来るから自分のペースで頑張ればいいよ
高校赤点ばっかでもやる時やれば何とかなる!
俺がそーだから!わら

Qリア充って、どういう意味ですか?また、正しい読みを教えて下さい。

リア充って、どういう意味ですか?また、正しい読みを教えて下さい。

Aベストアンサー

「りあじゅう」と読みます。
ネット世界と比較したリアルの世界での生活が充実している人を表す言葉です。

まあ主にリア充って呼ばれるのは、中学高校だとクラスの中心的人物で部活などに打ち込み、異性からも人気があるような人ですね。

Qはなさかじいさん

はなさかじいさん

このあらすじの記憶が飛んでしまいました。
正確なあらすじをご存知の方、
教えてくださいませ。

Aベストアンサー

ほいっ

参考URL:http://www.digital-lib.nttdocomo.co.jp/kikakuten/mukashi/mukashi1/hanasaka.html

Qはなさかじいさん

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=139651
「こぶとりじいさん」の続編のような質問ですが、趣旨は全く違います。
もっとも、同じところから発想したのですが。

「はなさかじいさん」って、おかしくありませんか?
花を咲かせるおじいさんでしょう?
普通なら、「花咲かせじいさん」ですよ。
語呂が悪いのかなんだか知りませんけど、なぜ「せ」が抜けてしまうんでしょうか。
これだと、子供が「花坂」という苗字のおじいさんだと思ってしまうかもしれません。

Aベストアンサー

花を栄す=花栄じいさんで『はなさかじいさん』では。ちょっと古語チックに考えてみました。

Q言語能力と言語運用

アメリカの言語学者、チョムスキーが言った言語能力と言語運用
とは簡単に言うとどういうことなんでしょうか?

Aベストアンサー

 
  簡単に言えば:
 
  「言語能力」(Competence)とは、例えば、どの文化、どの国、どの民族に属する子どもでも、英語環境で育てば英語が母語になり、日本語環境で育てば日本語が母語になるというように、およそ知られているどの言語であっても、人間の子どもは修得できるので、これは、人間のおそらく脳構造に、言語の「普遍的構造原型」があるのであり、個々の具体的言語は、この「普遍言語」の構造規則の適用、展開であると考えられるということです。人間がすべて持っている、この「普遍言語」の構造より、既存言語の修得が、この基本能力から可能となるため、これを、「言語能力」と呼ぶのです。普遍言語構造が、人間には備わっていて、そこから、あらゆる言語を、人間の子どもは(そして大人も)習得でき、理解できるのだということで、考えられている人間の精神の深層能力です。チョムスキーは、この普遍構造の解明の試みとして、生成文法理論を立てたのです。
 
  「言語運用」(Performance)とは、実演とでもいうような意味で、普遍言語構造の上に、通常の具体的言語の構造規則が載り、固有の語彙や、その使用意味、実際の文章構成規則に従って、具体的な言説行為を、具体的言語で実行してみることを言うのです。個別的言語の運用ということになり、普遍構造=言語能力と、この運用のありようのあいだには、当然、相互補完的な関係があり、具体的言説行為は、文化や社会の規定や、個々人の知識や人生の経験等で、着色されて、あるいは、変調されて実現されるはずです。チョムスキーはしかし、実証的な、アメリカ構造主義言語学のサンプル収集の技法は使わず、普遍構造の規則的導出ということに、より大きな関心を抱いたのです。具体的な言語の使用例が、「言語運用」に当たるので、この部分は、チョムスキーの言語学では、規定されてはいるが、実際には、彼は、この領域での研究理論は、あまり構成しなかったのだと言える。
 
  しかし、言語運用は、当然、問題となってくるのであり、運用の解析によっては、チョムスキーの理論の妥当性も吟味されるはずです。
 

 
  簡単に言えば:
 
  「言語能力」(Competence)とは、例えば、どの文化、どの国、どの民族に属する子どもでも、英語環境で育てば英語が母語になり、日本語環境で育てば日本語が母語になるというように、およそ知られているどの言語であっても、人間の子どもは修得できるので、これは、人間のおそらく脳構造に、言語の「普遍的構造原型」があるのであり、個々の具体的言語は、この「普遍言語」の構造規則の適用、展開であると考えられるということです。人間がすべて持っている、この「普遍言語」の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報