あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

化学の授業の課題で、[水素]についてのレポートを書かなくてはならなくなりました。必衰項目は[性質]と[製法]なのですが、使用している教科書が英語で書かれていて、英語が大の苦手な私にはさっぱり分かりません。ネット上でも検索してみましたが、何故かうまいこと欲しい内容を検索できませんでした。レポートの締め切りは9月25日(火)です!こんなギリギリに質問するのは失礼かもしれませんが、どなたか水素の製法について教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2の発言の補足です。



「燃料電池」は水素と酸素を反応させて電気を起こす電池でした。

その「燃料電池」の乗せて走る「燃料電池自動車」で、水素を発生
させるために、天然ガスやガソリンから水素を発生させる仕組みが
あるということです。

詳しい内容は、上記の括弧内のキーワードで検索して調べてください。
    • good
    • 3

主に、三通りの方法があります。

 水の電気分解は一般的に知られていますが、これはあくまでも化学の実験や工業化されていない国が行う方法です。
鉄と水蒸気との反応もありますが、わが国においての水素の製法としては、ナフサを水蒸気改質して水性ガスという一酸化炭素と水素との混合ガスに転換後、深冷分離やパラジウム膜分離法などにより取り出します。また、さらに必要ならば、一酸化炭素をも水蒸気改質し二酸化炭素と水素の混合ガスから同様に分離します。
CmHn+mH2O→mCO+(2m+n/2)H2,さらに、CO+H2O→CO2+H2です。深冷分離法は-200℃に冷却すると、この反応においては水素以外はすべて液化してしまうので簡単に分離できます。また、パラジウム膜分離法につきましては膜表面において、水素が原子にまで解離しパラジウム原子内を通過する性質を利用して分離させ精製します。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とてもご親切な回答、ありがとうございました。
まさか専門家の方からの回答をいただけるとは思ってもいませんでしたので、すごく驚きました。

きっとこれで良いレポートが仕上がります。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/09/23 19:35

講談社のブルーバックス「元素111の新知識」によれば、


水素の工業生産の例として、
 1.水の電気分解
 2.石油類と水蒸気の高温反応
 3.鉄と水蒸気の高温反応
の3つが紹介されています。
水素についての記述が解かりやすく出ているので、本屋さんで立ち読みでもどうですか。気に入れば買えばよいしお勧めです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
すごく分かりやすく、親切な回答で、すごく役に立ちました。

お時間を取らせてしまって申し訳ありません。
明日にでも本屋で「元素111の新知識」、探してみますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/22 21:37

大学生でしょうか・・・・???


図書館には行かれたのでしょうか・・・?????
化学関連の辞書は見ましたか・・・???????
ネット検索、本当にしたのでしょうか・・・・?????

一つだけサイト紹介しますので、この中で探してみては如何でしょうか・・・?
「楽しい高校化学」

cse_riさんの回答のように、「水素」は「水素エネルギー」として、クリーンエネルギーの燃料として非常に注目されてます!

ご参考まで。

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!!

私は現在高校1年生です。ネット検索は本当にしましたが、やり方が悪いのかうまいこと検索できなかったのです。

それと…ごめんなさい。図書館という検索方法を忘れていました…。
本当にすみません!それと、本当にありがとうございます!!

ご親切に良いサイトを教えていただいて、ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/09/22 21:18

水素を製造するには水を電気分解する方法が、一番簡単かと思います。


中学や高校生の教科書にも出ている内容です。

英語の教科書しかないということは、海外で生活しているのでしょうか?
もし国内にいるのでしたら、早速本屋に行って日本語の化学の参考書を
漁ってください。


ちなみに、その他に天然ガスやガソリンなどから水素を取り出す方法も
あるようです。最近話題の「燃料電池」では、そのような方法で水素を
取り出していると聞いています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な解説、ありがとうございました!

私は海外では生活していません。
ただ、私の通っている学校がインターナショナルスクールなので、貰う教科書はすべて外国から取り寄せた英語の教科書なのです。

そうですね。本屋へ行くという手段がありました。あせるあまり、ついついネット検索しか思いつきませんでした。わざわざ質問してしまってごめんなさい。

ご親切に沢山の情報をお教えいただいて、本当に感謝しています。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/09/22 21:34

製法かどうかわかりませんが、水の電気分解で取り出すことができました。

H字のガラスの容器で中学の時実験した気がします。

 水に電極を通して電流を流します。そうすると+極には酸素が、-極には水素が集まったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!大変役に立ちました!

そういえばやりました。水の電気分解。すみません、わざわざ回答させてしまいまして…それなのに、回答していただいてすごく嬉しかったです!

ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/22 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水素の工業的製法について

石油や石油ガスを触媒であるニッケルや酸化鉄を用いて加熱分解すると水素が得られる
CnH2n+2 + nH2O → nCO + (2n+1)H2
CO + H2O → CO2 + H2

上記の説明と反応式をみてると水を加えてるので、石油や石油ガスに水を加えてから加熱分解するということですか?

Aベストアンサー

この式の上の方は水蒸気改質反応、下のほうは水性シフト反応と呼ばれる反応で、工業的には別々の反応器で行われます。
どちらも原料と水蒸気を所定の圧力と温度にして、触媒が充填された反応器に送り込んで反応させています。質問では「水を加えてから加熱分解する」と書かれています。もし「釜のなかに石油と水を入れ、触媒を放り込んで、加熱する」というようなイメージでしたら、(そういうイメージではないのなら、ごめんなさい。)違います。工業的には「水蒸気と石油類の混合物を連続的に加熱しながら触媒を充填した反応器に送り込み、連続的に取り出す」という連続操作で反応させています。
水蒸気改質反応は800から900度の高温が必要ですが、非常に吸熱的な反応なので、すぐに温度が低下してしまいます。そこで実際には細い反応器を何本も用意して、周りをガスバーバーで加熱しながら反応させています。これでCOとH2の混合ガスができます。
このままで都市ガスや化学原料として使用されますが(都市ガスは最近では天然ガスが主流になっています)、さらに水蒸気を加えてシフト反応器に送り込むことにより、COとH2Oが反応して、水素を増やすことができます。これは発熱反応ですので通常の反応器が使われます。

この式の上の方は水蒸気改質反応、下のほうは水性シフト反応と呼ばれる反応で、工業的には別々の反応器で行われます。
どちらも原料と水蒸気を所定の圧力と温度にして、触媒が充填された反応器に送り込んで反応させています。質問では「水を加えてから加熱分解する」と書かれています。もし「釜のなかに石油と水を入れ、触媒を放り込んで、加熱する」というようなイメージでしたら、(そういうイメージではないのなら、ごめんなさい。)違います。工業的には「水蒸気と石油類の混合物を連続的に加熱しながら触媒...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較