農業委員会では、農地法の規定による農地転用許可申請が出された場合に、農業委員会の総会で意見を付し、知事に進達すことになっています。
(知事が許可権者)
ところが、総会に議案として提案する際の表現が「農地法施行令○○条の規定により意見を付すことを求められたので・・・」としていましたが、条文が間違っていることに気がつきました。
今後は改めようと考えていましが、過去に処理された案件は、遡って問題になるのでしょうか。
農業委員会が意見を付した行為と、知事が申請を許可したことが無効になるのでしょうか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

行政行為は違法であっても、無効と認められる場合を除いて、権限ある行政庁、または裁判所が行政行為を取り消すまでは、一応、効力のあるものと取り扱われ、相手方を拘束することはもちろん、他の行政庁、裁判所、処分の相手方以外の第三者もその効力を承服することになります。

これは、行政行為の公定力といって、理論的に認められています。質問の事案も事実関係においては符合しており、単に法条の錯誤に過ぎないと思いますので、この原則が当てはまると思います。

参考URL:http://law.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/simoi/972 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
こういった知識を持たないものにとっては大変助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/25 06:30

同様の事例の判例がありませんでしたっけ(自信なし)


ジュリストの行政法判例百選1を見てみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく判例をみてみたいと思います。

お礼日時:2001/09/25 06:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地開発許可をした県知事の許可の取消しは可能か?

山林を宅地として開発したA社が都市計画法、森林法の許可申請にあたり虚偽の申請書を提出し県知事の開発許可を受け、後日にその事実が露見した場合はどうなるのでしょうか。一旦、許可した行為は取消しできないのでしょうか、取り消されるのでしょうか。行政法上の取扱について教えて下さい。

Aベストアンサー

都市計画法
(監督処分等)
第81条 国土交通大臣、都道府県知事又は指定都市等の長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、都市計画上必要な限度において、この法律の規定によつてした許可、認可若しくは承認(都市計画の決定又は変更に係るものを除く。以下この条において同じ。)を取り消し、変更し、その効力を停止し、その条件を変更し、若しくは新たに条件を付し、又は工事その他の行為の停止を命じ、若しくは相当の期限を定めて、建築物その他の工作物若しくは物件(以下この条において「工作物等」という。)の改築、移転若しくは除却その他違反を是正するため必要な措置をとることを命ずることができる。

で取り消す、又は改善など命じることは可能です。
現実にそれが行われるかどうかは、個々の事例により異なります。
現実に取り消されたというものもあるし、改善案などで対応して続行というものもあります。
後者の方が現実には多いと思いますが。

Q農地転用許可

市街化調整区域の畑を農地転用許可を取得して建設会社に資材置き場として賃貸しておりましたが、このたび期間が終了したので資材置き場を解消して畑に戻そうと考えています。その際、農業委員会への連絡等は必要ですか?また、地目変更する場合には登記所に提出する添付書類に農業委員会の発行した証明書等が必要でしょうか?農地転用許可を受けてから、それを解消して地目を変更することは果たして、容易にできるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

農地を宅地や雑種地等に変える時には農業委員会の許可証がないと地目変更の登記ができないのですが、
宅地から農地にする場合は、地目変更登記の申請を法務局にだせば変更できます。

いちど農地に戻してしまうと、宅地に戻そうとする場合に農地法などの制限で困難なになる事があります。
宅地だからといって農地として利用出来ないないわけではないので、そのまま畑として利用すれば良いと思います。

固定資産税の軽減が目的であれば、農地として登記した後に市町村の課税担当課にとどけ、場合によっては農地として利用されている事を確認してもらう必要があります。
ただし、登記上は農地であっても、固定資産税は宅地並みに課税されることもあります。
 

Q農地法の許可するかどうかにおいて下限面積の例外に当たりますか。

農地法許可申請の解釈のことですが、農地の権利を取得するときに取得する面積には下限面積を越えなければならない規定があります。北海道では2ha以上となっていますが、花卉や野菜などの場合には集約栽培として下限面積の例外規定があります。
例えば、経営形態として肉牛の育成の場合は取得する面積が少なくても家畜の飼料をは購入することができるので、2haなくても営農をすることができます。
このような場合は、集約的として例外規定の適用になるのでしょうか。
ちなみに取得面積は約1.9haです。

Aベストアンサー

 農業のことについても、農地法上の面積の足切り規制についても、よく存じませんので、回答をやや躊躇しましたが、一般的には、その規制が同法の施行令、施行規則、あるいは通達などの、いずれによるものかによって、扱いは異なるものと思います。法令によるものであれば、あまり議論の余地はありませんが、通達によるものの場合にはその合理性が、要綱や行政指導によるものであればその強制力が、それぞれ問われる余地がでてくることと思います。
 また、取得される予定である1.9haは、基準面積2haの0.95%に相当しますが、これが、実測面積基準なのか公簿面積基準なのかによって、土地にはいわゆる縄伸びといわれる公簿と実測との差異がありますので、その点についても未確認でしたら着目してみていただけると糸口が見つかるかもしれません。
 以上について、そんなの知ってるよ、ということでしたら、失礼しました。

Q猪瀬新知事に付いて

全然知らなかったんですが今日のフライディーの記事で知ったんですが
都庁職員に前政権のフテ菅の様にいっつも怒ってて嫌われてるとか
何か前個人秘書との金銭トラブルが有るとかで給料未払い3か月分の120万をシツコク要求したら
70万だけ支払って**ウアサの真相記者が嗅ぎつけて記事に使用としてたら**後の半分は何だかんだ難癖付けて、元秘書の家族まで脅すような言動で怖がっているようなんですがそれが歴代最高の投票率で新知事に成って権力を容易に行使出来る立場に成ってしまって益々怯えてると言うような記事の内容なんですが
電波メディアがこれを取り上げたら凄いんですがマア無理でしょうが。

こんな記事を読んだらガッカリですね、猪瀬の本は何冊か読んで凄いこんな事書いて良く消されないなーと思った位ですから、帝の肖像とかプリンス帝国の野望とか*西武.国土開発の堤一族バクロねた*です。

Aベストアンサー

昨年末ですが、出版社関係の人から、猪瀬は大きなスキャンダルを抱えており、半年持たないと聞きました。 でも猪瀬が退任して、そのまんまがまた都知事に色気を見せないか、それだけが心配です。 昨年の総選挙で、もともとは維新支持のつもりでしたが、そのまんまを比例公認にしたので、一発で維新に対する嫌悪感が芽生えました。 好きな彼女と同衾したら、布団の中でうんこされたような気持になりました。 

Q今後の農業についてご意見が伺いたいです

現在の日本の農業で思うことですが、
農業従事者が超高齢化しており、
今後10年もしないうちにほとんど農業従事者が居なくなると思います。
そうなると耕作放棄地もかなり増えていると想像できます。
よって私が予想していることなのですが、
今から農業を本格的に始めると、将来的に数少ない農業従事者となると思います。
そうすれば相当に増えた耕作放棄地を安く借りる、もしくは安く買うことができ、
多くの農作物を扱い、多くの農作物を売ることが出来る(他に作る人がいないから)。
農業に十分なチャンスがあると思うのですが、どうでしょうか?
もちろん将来的なTPPよって、多くの農作物が海外から輸入されると予想しますが、
日本の農業がなくなるとは考えにくく、すべての農作物が海外品になるとは思えません。
逆に日本の高品質の農作物を海外に売って出る、ということも可能になるかと思います。

現在の日本の農業は完全に衰退産業と思いますが、今が本当の底で、
上記のことを考えると、今後は上昇傾向になっていくのでは?と私なりに考えています。

将来的に農業で生計を立てれたら、と考えており(現在は兼業農家・30代半ば・たまに親の農業を手伝う)、
本格的に始めるのであれば、今から準備していかねばと思っているのですが、
農業関係に詳しい方のご意見をお伺いしたく、お願い致します。

現在の日本の農業で思うことですが、
農業従事者が超高齢化しており、
今後10年もしないうちにほとんど農業従事者が居なくなると思います。
そうなると耕作放棄地もかなり増えていると想像できます。
よって私が予想していることなのですが、
今から農業を本格的に始めると、将来的に数少ない農業従事者となると思います。
そうすれば相当に増えた耕作放棄地を安く借りる、もしくは安く買うことができ、
多くの農作物を扱い、多くの農作物を売ることが出来る(他に作る人がいないから)。
農業に十分なチャンスが...続きを読む

Aベストアンサー

兼業農家の方でしたら農業事情はかなりご存知と思いますが、非常に厳しいのではないでしょうか。

確かに農地は都会では考えられない位安く借りたり買入れたり出来るでしょう。
但し其処から得られる収入も、普通の米麦大豆等を作るだけだったら考えられない位少ないのではないでしょうか。

TPPやその影響下の農業等については次の回答での検討結果を参照下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7215863.html
TPP参加 これからの日本
==>
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7215863.html
TPP

########
>80時間は10a:約1000平方メートル==1反当りの作業時間です。

これで取れる米は約7.5--8俵程度、7.5*60kg=450kg, 200円/kgとして売値9万円程度にしかなりません。

これから農機具農薬肥料代等が約50%とすると手取り4.5万円、560円/時間程度で最低賃金以下です。

農家平均耕作面積は1.2ha程度であり、米作単独では960時間の作業で4.5*12=52万円の収入程度にしかなりません。 これでは子供を学校に通わせる事も出来ません。

昔から冬等の農閑期の出稼ぎや兼業、鶏飼育や野菜(果物花)等の作物栽培等でどうにかやり繰りしていた状態です。
########

一反:約1000平方メートル当り一万円程度の安い値段で借りる事が出来ても、農家の平均耕作面積:1.2ha当りの米の収入から12万円の借地料を払ったら40万円程度の収入にしかなりません。
これは労賃も入った年間手取り値で利益が40万円ではありません。

以上のように米生産単独等の農家では非常に厳しいです。


>日本の高品質の農作物を海外に売って出る

これもニッチ商品として少量を海外の景気が良い富裕層に売っている範囲では成り立つ商売でしょうが、問題が多いのではと思われます。

放射能汚染、牛肉等の口蹄疫問題、果物類の植物検疫問題などの関係で、相手国が輸入禁止や厳重な検査を要求して来て輸出が暫く止まる事も考える必要がありそうです。

或いは高価である程度纏って売れるとなれば、相手国の中での生産が始まりそうです。

他国内で日本の種子や苗を使って生産を始める(イチゴ等)、商社等が積極的に種子やノウハウを移転して商売を始める(カボチャ他)等もありそうです。


それでも新鮮な野菜類や果物類など工夫すれば生計を立てられると思われます。

或いは高齢化は問題ですが、都会での仕事が少なくなった場合や定年後に農村に帰り、利益は出なくても農作物を生産するといった場合もあるでしょう。

いずれにしろ、農村は国土保全、環境保護、食料安全保障等の視点からヨーロッパ等の先進国と同様にある程度の保護は必要です。

ただ単に経済性が成り立たないので安く輸入出来る食料さえあれば良い等と言っていたら、既に輸出入では赤字になってきていますし、数年後から拾数年後には資本収支迄含めても赤字になってしまいそうです。

世界の人口は増加していますが、環境の悪化や水飢饉等で食糧生産の増加はあまり期待できそうにありません。
このような事柄も含めて農業問題は国民全体の問題として考えていく必要があるのではと思われます。

兼業農家の方でしたら農業事情はかなりご存知と思いますが、非常に厳しいのではないでしょうか。

確かに農地は都会では考えられない位安く借りたり買入れたり出来るでしょう。
但し其処から得られる収入も、普通の米麦大豆等を作るだけだったら考えられない位少ないのではないでしょうか。

TPPやその影響下の農業等については次の回答での検討結果を参照下さい。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7215863.html
TPP参加 これからの日本
==>
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7215863.html
TPP

########
>80時間は10a:...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報