来週から沖縄へ一人で旅行に行こうと思っています。
そこで何冊か本を持参していきたいんですが、何かお勧めの本があったら教えてください。

昔から好きなのは村上春樹や太宰治、最近読んだのは江國香織や山田詠美、吉田修一や唯川恵。島本理生などです。純文学が好きですが、旅行が意味あるものに本を読みつつ色々ゆっくり考えたいなぁ~って思っています・

19歳大学生の女です。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」をお勧めします。


とても読みやすいのに、色々考えさせられます。あと、「裏庭」も読み応えがあって良かったです。

あと、唯川恵さんがお好きなら同じような系統で(?)、山本文緒さんもお勧めします。沢山出ているので、本屋さんで見て面白そうなのを読んでみて下さい。

素敵な一人旅となるように祈ってます☆
    • good
    • 0

島本理生、私も大好きです!本当に文章がきれいでいいですよね♪



オススメはよしもとばななさんの「キッチン」「ムーンライトシャドウ」です。ぜひ読んでみてください^^
    • good
    • 0

まだありました。


池澤夏樹。
ベタですが。

オキナワなんでも辞典
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101318 …

骨は珊瑚、目は真珠
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167561 …

南の島のティオ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167561 …
池澤夏樹はどれも良いよ。
    • good
    • 0

こんばんは。


沖縄に一人旅ですか~いいですね。


エッセイになりますが、

田口ランディ「旅人の心得」(角川書店)

はどうでしょうか?
タイトル通り田口さんがいろいろな地を旅して、書かれたエッセイです。
個人的に田口さんの小説はちょっと苦手なのですが、このエッセイは知らない土地の話としても面白かったですし、それだけではなくけっこう考えさせられました。
沖縄の話もあってそれがかなり興味深かったです。


楽しい旅になるといいですね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048838 …
    • good
    • 0

こんばんは。

20歳の女です。
同世代なので好みが合うといいですが。

江国香織・吉田修一・唯川恵あたりがお好みなら、村山由佳なんてどうでしょうか?
恋愛好きならオススメです。
『天使の卵』『天使の梯子』(←天使の卵の続編です)
おいしいコーヒーシリーズ
あたりが私は好きです。

あとは市川拓司。『いま会いにゆきます』の作者です。こちらも恋愛ですね。

辻仁成の『100歳まで生きたあかんぼう』は人生を考えさせられました。『代筆屋』も好きです。
旅で色々考えるとなると“人生について?”と思ったのでオススメします。

では良い本と良い旅ができますように☆
    • good
    • 0

沖縄に行くなら灰谷健次郎でしょう!


太陽の子とか。
まちがい、ない!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043520 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江國香織氏、唯川恵氏他恋愛小説の推薦作品

読書が趣味です。最近ハマッているのが恋愛小説。私がよく行く書店では「女流作家」というコーナーがあって、私は村山由佳氏のファンなのですが、その隣に何となくタイトルだけから読みたくなりそうな作家の本として、江國香織氏、唯川恵氏の作品があります。両氏の作品でお勧めの恋愛小説があればぜひ教えて下さい。できれば推薦理由も書いて頂けますと有難いです。

また、両氏以外でも構いませんので、お勧めの作家の恋愛小説とその理由も書いて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は江國香織さんが好きです。柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあって怖くなるくらいでした。山本氏は結婚生活をリアルに怖く描ける人だと思いますが、「紙婚式」という短編集にそういううまさがよく出てます。

川上弘美さんも既出ですが、「センセイの鞄」は私も大好きです。あとは短編集「おめでとう」「溺レる」なんかが、独特な雰囲気で恋愛の一場面を切り取った、ちょっと切ない短編集です。お薦めです。

少し毛色が違いますが姫野カオルコさん。
彼女については「受難」(女性の秘所に人面瘡が現れて喋りだす話。ちなみに私はこの本大好きですが)とか、一癖ある感じのものもあるので、お好みかどうかは本によりますけど、
「ツ、イ、ラ、ク」(田舎の女子高での群像劇と恋愛、まだ文庫化してません)や「終業式」(手紙形式でつづる高校の同窓生の恋愛模様)なんかは、すごく切なくて毒味も少ないいい恋愛小説だと思いました。

たくさん書いてごめんなさい。

私は江國香織さんが好きです。柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあ...続きを読む

Q村上春樹さんの翻訳本を探しています。

海外で村上春樹さんのWhat I Think About When I Think About Runningという本が出版されていますが、この本の日本語版は出版されていますでしょうか。

その場合、タイトルと出版社を教えて下さい。

Aベストアンサー

『走ることについて語るときに僕の語ること』 (文春文庫) [ペーパーバック

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%B0%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E5%83%95%E3%81%AE%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4167502100/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1292623077&sr=1-3

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q村上春樹さんのネタバレみたいな本。

村上春樹さんの解説本というか、たとえば1973年のピンボールの1973の意味などを載せている本があるというのを聞きました。またその類の本でもかまいません。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

久居つばきさんの『村上春樹の読み方 キーワードの由来とその意味 』はネタバレとは別にキーワードから意味を探っている本になります。後は割ときちんとした解説本で言えば加藤典洋さんの村上春樹イエローページは1と2が出ていて文庫にもなっています。なかなか読みやすくて深い本でしたよ☆

Q小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。

小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。
本の内容は、アオムシかイモムシが主人公で そのムシがある日 履いている靴を木に干していたら風で飛ばされてしまいます。飛ばされた靴を探しに旅に出て 見付けていくのですが、その靴はムシだけに何足もあって、そのうちの1つは ローソクが入れてあるランプ代わりに、ムカデの靴に・・・と様々な使われ方をされていると言うお話です。
絵本ほど本の中身が絵が中心ではなく文章が中心の本だったと思います。とても楽しく大好きな内容だったので大人になってもう一度読みたい、子供が産まれたら読んで聞かせたいと思っているのですが、タイトルが分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃったらお願い致します。

Aベストアンサー

こちらだとおもまれますが、
https://www.lib.pref.saitama.jp/licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=3002100019251
確認してください
今は通常流通していないみたいなのでオークションか古本屋で買うか
図書館で借りるしかないみたいですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報