今年、初めてキャンディタフトの種まきをしました。
園芸の本には冬の寒さに強い、と載っていたので地植えにして冬越しさせようと
思っていたのですが、種苗会社のカタログなどでは「耐寒性中」だったり、「耐寒性弱~中」などと表記されています。
種袋にも「冬はビニールなどで霜よけをして」と書かれていました。

実際の所、どれくらいの寒さに耐えるのでしょう?
地植えはあきらめて、ポットで冬越しした方がよいでしょうか?
アドバイスお願いします。

当方は関東地方、霜は沢山降ります。マーガレットは外に出しておくと枯れてしまう位の寒さです。日向に地植えしたニゲラは問題なく育ってましたが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

品種によって違いますよ。



あまり背丈の高くならず、茎が軟らかい、草っぽいキャンディタフト(日本では一年草扱い)と、
背丈が大きく、低木っぽくなる多年草のとがあります。

木っぽくなるタイプの方が強いでしょうけど
花は一年草タイプの方がいいかも。
(ロベリアと宿根ロベリアでは、宿根の方が花がまばらっぽいのと
似ていますかね)

性質の表記が違うのは、まぁ..よくありがちです。
実際は置き場所も千差万別、環境次第でうまく適応してくれたり、
実際育ててみないとなんともいえません。
弱~中と幅があるなら、弱と考えて育てるとよいかと思います。

因にマーガレットは寒さにも暑さにも弱いですよ。
関東地方で冬に外に置くのは....普通は無理。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ポット植えで冬はフレーム内で管理。春に植えつけ。
がいいようですね。

品種は一年草のウンベラータです。
キャンディタフトという英名はウンベラータにのみ使われるものと思って
ましたが、センパビレンスの事もそう呼ぶ事があるのですね。知りませんでした。
草丈のあるタイプのセンパビレンスにすればよかったかも(^^;
なんて思いました。

品種や環境をなるべくわかるように書こうと心がけたのですが、
全然出来てなかったなあ、とちょっと反省しました。

マーガレット。
昨年は軒下で平気でしたが、今年は軒下でも枯れてしまいました。
おっしゃるように、海沿いや市街地でなければ外(軒下でなしに)では無理ですね。

>実際育ててみないとなんともいえません。

というのには頷きながら苦笑いしてしまいました。
本当にそうなんですよね。園芸って。
春には綺麗な花を咲かせられるようにがんばってみたいと思います。

お礼日時:2001/09/24 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q八ヶ岳縦走する際の車の駐車場について

麦草峠⇒天狗岳⇒硫黄岳⇒赤岳⇒権現岳⇒編笠山の縦走を1泊2日(土日)で考えております。
名古屋在住のため、金曜日の夜に茅野まで車で移動し車中泊。その後、朝一番のバスに乗り換えて麦草峠に入ろうと思います。
茅野駅付近に車を安く止められる場所はありませんでしょうか?
また、山行の工程については、上高地~槍~穂高の縦走3泊4日、便が島~聖岳~光岳~易老渡2泊3日、千畳敷~空木岳~越百岳~伊奈川ダム1泊2日などで歩いたことがあるので、八ヶ岳縦走も1泊2日でいけるかなぁと思っています。(無理なら途中で下山するつもりです。)
山行工程についてもアドバイスがあればお願いします。

ちなみに、名古屋から茅野まで金曜日の夜に電車で移動するのは、「特急しなの」で電車酔いしてしまうので難しいです。

Aベストアンサー

高速バス「茅野バス停」に駐車場がありますよ。
ただし駅まで15分~20分徒歩でかかります。
タクシーならワンメーターくらい?ですかね。
駐車料金は無料なので(たぶん)、駅近くのパーキングに停めるよりは
タクシー代で済めば安いとは思います。
朝予約しておけば、駅まで楽々バスに間に合うと思いますよ。

テントですか?小屋泊ですか?
いずれにしても、初日は赤岳付近まで行ってしまえば
2日目は行程は楽だと思いますが。

Q寒さに弱い木の地植えは可能?

オクナ・セルラータ(ミッキーマウスツリー)の鉢植えを買いました。「南アフリカ原産で寒さに弱い」とお店の人が言っていました。この木を地植えするのは無謀でしょうか。場所は東京・武蔵野市です。もし地植えした場合、寒さ・霜対策は具体的にはどのようにしたら良いのでしょうか? 本当に枯らしたくないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

himeyuriです。再びお邪魔します。

http://park12.wakwak.com/~tks/6gatsunohana.htm

↑これをちょっと見てみてください。
かなり下のほうにミッキーマウスツリーがあります。
そこに「地植え」という文字を発見!

http://home.att.ne.jp/air/jobcci/info-suginami/nisiogi/public/element04.html

↑これがその小学校の所在地だと思われます。

ということは、100%不可能ではないということになりますね。
でも、ネットでどのページを見ても5度以上と記載はあります。
同時に「冬は室内へ」という記載も多いのは確かですね><
参考までに。

参考URL:http://park12.wakwak.com/~tks/6gatsunohana.htm

Qジャンダルム縦走(奥穂~西穂)の際のシューズについて

ジャンダルム縦走を計画していますが、シューズについてお尋ねします。
ショップなどに行くと、底の硬い冬靴のようなものでないと
岩の突起に立てないのでダメ、といわれます。
一方、ブログなどを見ると
トレランシューズなどで行っている方もいて
むしろ、岩が足底に感じられるのでそのほうがいい、という意見もあるようです。

私自身は、冬靴以外は底の硬い登山靴は履いたことがなく、
普段はトレランシューズで
馬場島~劔~立山~薬師~黒部五郎~槍~上高地のテン泊縦走も問題ありませんでした。
しかし、妙義山に行った時は
多少の雨もあって、トレランシューズでは
下る時の足場の確保で、ちょっと難儀しました。

実際のところジャンダルムの奥穂~西穂は、どうでしょうか。
岩がツルツルでなくて足がかりがあるようであれば、
トレランシューズのほうが取り回しが楽で、
重い本格的な登山靴だと、かえって大変そうな気もするのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、山で50年の還暦を少々過ぎたオヤジ(ジジイ?)です。

奧穂西穂をトレランシューズでいかれるということですか? 私は底が固い登山靴しかはいたことがありませんが、剱をトレランシューズでいかれた経験があれば、別にどちらでもいいと思いますよ。むしろ慣れているトレランシューズの方がいいのではないでしょうか?

ただ、剱にくらべても、足場ははるかに悪いですから十分に注意してください。そして雨の時の縦走は自殺行為ですのでやめてくださいね。

Q裏庭に、手のかからない耐寒性のある花を植えたい

お世話になります<(_ _)>
東北の山奥、最低気温が-20近くになる土地で、白樺や松があり、結構日陰になる裏庭。
玄関先の庭は 芝生を植えたのですが 結構手がかかり とても裏まで芝生にする気になれません。
ここ何年かは 土に優しいという除草剤をまいていますが、
思い切って 雑草じゃない植物でいっぱいにしようと考えています。
あまり 草丈が高くならず、手がかからず、なんといっても、雑草ではなく、寒さに強い植物。
夏が短い土地柄、早めに対処したいと思います。よろしくお願いします
お知恵をお貸し下さいませ♪

Aベストアンサー

>あまり 草丈が高くならず、手がかからず、なんといっても、雑草ではなく、寒さに強い植物。
果樹の一種ですが、レッドカラント(和名:フサスグリ)がぴったりだと思います。背丈1mくらいで一度植えれば勝手に増えていきます。果実も真っ赤で大変美しく、酸っぱいですが生食できます。果樹の中でももっとも寒さに強い種類だそうです。ただし夏の暑さと水枯れには弱いです。夏場に日当たりが悪いくらいがちょうどいいです。レッドカラントのほかに、ブラックカラント(カシス)、グーズベリーも同類で同じように使えると思います。
http://blog.so-net.ne.jp/berryherb/archive/c79202

そのほかのものはこちらを参照してください。
http://www.yasashi.info/kage_01.htm

Q国内関東近辺でおすすめの縦走コースを教えて下さい。

国内関東近辺でおすすめの縦走コースを教えて下さい。
 初めまして。今週22、23日あたりで国内関東近辺でおすすめの縦走コース教えて下さい。
 黒部渓谷縦走縦走を計画していたのですが、天気予報によるとどうやら22、23あたりは雨が降るらしく、計画を変更して別の山を縦走しようかと考えています。
 今回は男2人で登る予定で、登山の経験は今まで中四国の小さな山から瑞垣、大菩薩、大山、富士山等、日帰り初心者レベルの登山はいくらか経験しています。夜間登山も何度か経験しましたが、縦走は初めてなので、あまり難易度の高い山は危険と考えています。
 また、寝袋はまだ持っていないので山小屋等の宿泊施設に予約を入れる必要があり、かなり限定されてしまうかと思いますが、どなたか心当たりがありましたら教えて頂ければ大変助かります。
 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

こちらは、三ツ峠山頂の山小屋のHPに掲載の地図です。
http://www.mitsutoge.com/hike/index.html

アクセスが電車なら、富士急の三ツ峠駅からのぼり、(上から二番目の◇三ツ峠登山道)
楽に降りるなら、天上山(カチカチ山ロープウェのあるところ)方向に。
こんな感じですが、天上山からはもっとまっすぐに河口湖におりられます。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-23933.html

ロープウェーはありますが、使用するほどの距離ではありません。

体力的に楽なのは、最初にロープウェーを利用して上がり、他のコースで降りる事ですが、それでは、ほんの初心者か中高年向きになります。


三ツ峠の駅から山頂を見上げると、テレビの電波塔やいろいろな建物がみえるので、あれが山頂だとすぐにわかります。
よく、朝の報道番組や天気予報で、「三ツ峠山頂からの映像です」と言って、映し出される、あの設備があります。

距離的には短いのに、あそこまで登るの!?という感じがします。

手元にある、「首都圏からのハイキング」というガイドブックでは上記コースで日帰り上級向き、所要時間6時間50分となっていますので、物足りないようでしたら、もっと縦走をとりいれてよいかもしれません。

北口登山道です。
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=14813
「本コースは上級者・熟練者向けコース」と明記されているように、距離としては短そうなのに、結構な斜度なんですよ。

こんな登り方も。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~tamu/133mitutouge.htm


最初に三ツ峠に行こうと思ったのは、東京にある山梨のアンテナショップにおいてあった、
「三ツ峠を10陪楽しむ」というパンフレットでした。
実際にいくと、観光案内所や駅など、あちこちに三ツ峠のパンフレットがありましたので、検索すると沢山出てくると思います。

#2です。

こちらは、三ツ峠山頂の山小屋のHPに掲載の地図です。
http://www.mitsutoge.com/hike/index.html

アクセスが電車なら、富士急の三ツ峠駅からのぼり、(上から二番目の◇三ツ峠登山道)
楽に降りるなら、天上山(カチカチ山ロープウェのあるところ)方向に。
こんな感じですが、天上山からはもっとまっすぐに河口湖におりられます。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-23933.html

ロープウェーはありますが、使用するほどの距離ではありません。

体力的に楽なのは、最初にロープウェーを...続きを読む

Q1週間前に植えたつるバラの大苗を地植えに植え替えても大丈夫でしょうか。

約1周間前につるバラの大苗を10号鉢植えにしました。品種はアンジェラです。
これを地植えにしようと考えています。
それは,日当たりや,水やり,今後の成長を考えてのことです。
まだ,2月中なので,根は活動していないので,植え替えは大丈夫だと考えているのですが,どうでしょうか。
それとも,鉢植えで1年間育ててから,地植えにするほうがいいのでしょうか。
また,このアンジェラの大苗の他にも つるミミエデンという品種のバラも1週間前に鉢植えにしていますが,この品種は,あまり病気に強くないようなので,地植えよりも鉢植えで育てるほうがいいのでしょうか。
アドバイスよくろしお願いします。

Aベストアンサー

バラの植え付けは今が時期(休眠期)なので最適です。従いこの時期に苗木が多く売られています。
出来れば早いほうが良いと思います。
ミミエデンはどちらでも問題ないのですが、病気 特にうどんこ病が発生しやすいので
その対策(風通し、日当たり)に注意が必要です。鉢の方が管理がしやすいかもしれません。
庭植えなら 苗木ですので、雨の時の泥除けが必要かと思います。
鉢植えなら(雨除け、)日当たり、風通しと場合によっては早めの薬剤散布(春)で大丈夫でしょう。
時々ジョウロ等でシャワーも必要かと思います。(風通しは大事です。)

結構どちらも 日々の点検と早めの対策が好ましいと思います。
バラは比較的病虫害が多いので、放置は危険です。

Qクローン病と縦走潰瘍

クローン病患者です。
先日大腸カメラでS状結腸など数箇所で縦走潰瘍が見られました。
それで、今まで一日ペンタサ12錠、プレドニン4錠を服用していたのですが、
急遽次の日からイムランを一日半錠の追加を始めました。
その後5日後血液検査のCRPが0.5(その時白血球は9400)と下がっていたので
(ここ1週間ごとの血液検査は2.9→1.6→2.6→1.8→0.5)
縦走潰瘍は治癒したのかなって思うのですが、どうなのでしょうか?

縦走潰瘍はレミケードを打たないと治癒しないと聞いた事がありますがどうなのでしょうか?

あとペンタサ注腸は縦走潰瘍には効果がないのでしょうか?

それとCT検査で縦走潰瘍の経過は分かるのでしょうか?

以上、解かる範囲で結構なんでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

消化器内科医です。
>ここ1週間ごとの血液検査は2.9→1.6→2.6→1.8→0.5)
縦走潰瘍は治癒したのかなって思うのですが、どうなのでしょうか?
炎症はコントロールされてきていると思いますが、縦走潰瘍が治癒したかまでは分かりません。これは、内視鏡で確かめるしかないです。
>縦走潰瘍はレミケードを打たないと治癒しないと聞いた事がありますがどうなのでしょうか?
そんな事はないと思います。
>あとペンタサ注腸は縦走潰瘍には効果がないのでしょうか?
局所の作用という点では効果は一般的には期待できると思います。ただ、注腸剤は、奥まで進めるのが慣れないと難しいです。
>それとCT検査で縦走潰瘍の経過は分かるのでしょうか?
CTでは難しいです。X線を使用した検査だと、注腸造影になります。
細かい点は主治医にお尋ね下さい。注腸剤の適応についても検査所見を見ていないので、あなたに使用できるかは分かりかねます。

Q地植えでのチューリップが咲き終わった後について教えてください。 チューリップの花が咲き終わった後、花

地植えでのチューリップが咲き終わった後について教えてください。
チューリップの花が咲き終わった後、花を摘んで、葉が黄色くなるまでそのままにして、球根を掘り起こすといいと聞きました。
球根を掘り起こす場合と、掘り起こさずに翌年まで地植えのままにしておく場合とがあると思います。
それぞれの場合で、長所と短所とを比較するかたちで教えて頂けると分かりやすく、助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

短所は、掘り起こさないと、水分が多い所では腐ってしまう事が有ります。
また、細分化して球根が細かくなって、翌年一か所から何本もの芽を出し小さな花に成る可能性が有ります。
長所は、掘り起こしたり植え替える手間がかからない事です。

Q縦走の難易度

 最近山登りを始めました。六甲山頂を何度も何度も登ったり、六甲山をあちこち縦走したりしています。
 当面の目標は立山三山の縦走を目指しています。でも難易度がいまいちわかりません。そこで比較的わかりやすい六甲全山縦走とどちらが難しいでしょうか?
 また、将来的には富士山を目指したいと思いますので、立山・六甲全山・富士山の3つのルートをそれぞれ1日で駆け抜けるとしての難易度の順番をつけるとしたらどのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

富士>立山>六甲だと思います。
六甲は知らないのですが、多分です。
富士山は3回ほど登りました。(登る山ではないですね、見る山です。行き掛かり上3回も登りましたが)

富士登山と比べる場合、注意すべきことは。いつどのような登り方をするかでまったく違います。ここが他の2山と大きく違います。
富士登山の場合、ほとんどが夏になります。
昼間だと完全な炎天下で日影などありません。灼熱です。体力消耗も激しく日射病にけっこうやられます。
そこで、多くの人は夜間登山をします。
朝ご来光を拝もうと大体、夕方5合目まで上がって仮眠して8:00くらいから登ります。すると概ね徹夜登山になり体がまいってしまします。
私は高山病なのか徹夜からなのか3回中2回(30才前でしたが)モドシテ山頂でふらふらでした。
穂高や八や谷川岳などけっこうあちこち登っていましたがバテルなんて一度も無かったですが、富士山だけは体力で負けました。(登り方が無理ですね)
なのでこのような登り方をするのであればもっとも厳しい山だと思います。(富士山の場合高山病というまったく違う敵がいることを忘れずに)

富士>立山>六甲だと思います。
六甲は知らないのですが、多分です。
富士山は3回ほど登りました。(登る山ではないですね、見る山です。行き掛かり上3回も登りましたが)

富士登山と比べる場合、注意すべきことは。いつどのような登り方をするかでまったく違います。ここが他の2山と大きく違います。
富士登山の場合、ほとんどが夏になります。
昼間だと完全な炎天下で日影などありません。灼熱です。体力消耗も激しく日射病にけっこうやられます。
そこで、多くの人は夜間登山をします。
朝ご来光...続きを読む

Qバラを地植えから鉢に植え替えたいのですが。

中古で購入した家の庭にすでにバラが根付いていたので、バラの種類等は全くよく分からないのですが、草丈50センチくらいで、直径7センチくらいの白いバラが毎年咲いています。今年も6月頃に咲いて、その後、先のほうを剪定しています。

今回、庭をインターロッキングにしようと思い、そのバラを撤去しなくてはならなくなりました。
鉢に植え替えてこれからも育てていきたいと思うのですが、地植えで何年も育ったものを鉢に移すのは成育が難しいでしょうか。
また、バラというのは、上記のサイズくらいのものは根がどれくらいまで伸びて這っているものなのでしょうか。適する鉢のサイズなど教えていただけたら助かります!

なにぶん初心者のためご教授お願いします。

Aベストアンサー

私も、地植えから、鉢に移し翌年の春に別の地域で地植えにしました、バラは非常に丈夫ですのであまり心配いりませんよ。
私の場合、ご質問者様と同じくらいの大きさでした。
去年の10月頃、根を掘り、鉢に植え替えました、それから今年の4月に別の場所で地植えにしました。
その後も順調に育ち、枝も伸びて花も10個以上咲かせてくれました。
今の次期は、やめた方が良いです、秋(9月末~11月)頃が良いですよ、真夏は駄目です。
枝は、思い切り詰めても、春に成れば、すぐに新芽が出ますので、大丈夫です。
根は、30cmくらいあれば、根付きます。但し細い根は、出来るだけたくさん残してください。
鉢の大きさは、直径35~40cmくらいあった方が良いです、深さのあるテラコッタなどが良いです。
根付くまでは、水やりを忘れない様にすれば、大丈夫です。


人気Q&Aランキング