トランプの七ならべの、楽しい変則ルールがあれば、教えて下さい。
今のところ、ジョーカーを2枚にしたり、
パスを2回までにしたり、
始める数を7以外にしたりしています。
小学生の子供と遊びます。

A 回答 (2件)

Aが出たらKからしか続けられない。


逆にKが先に出されたらAからしか続けられない。
地球回りって言ってました。
それと、hoohooさんの「始める数を7以外にする」を
アレンジするのもよくやってました。
勝った人が次に何の数字から始めるかをマーク毎に指定できるようにすると、
性格が出てちょっと面白いです。
素直な人は割と真中の数字を指定するけど、
ひねくれてる人はいきなりAとかKとか指定したりします。

あと、トランプを2組使うと結構面白いです。
せっかく止めてるのにほかの人が出しちゃったりして。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。
これで、一味違うゲームが楽しめそうです。

お礼日時:2001/09/23 13:00

教えてくれた友達が「殺しの七ならべ」と言っていたルールです。



七ならべとの違い
普通の七ならべは横のつながり(同じマーク)でしか並べられませんが、
これは縦・横・斜めにつながりで並べる事が出来ます。
上下左右はループしてつながっています(ドラクエの世界みたいに上に行くと下から出てくる)。

例)
スペード      3 5 789 
ダイヤ          67 9
ハート         5 78
クローバー      4 67

こうやって並べていくと、ハートの6、ダイヤの8が入るべき所が囲まれていますよね?
こうなると、この2枚のカードは「殺され」てしまい、以後、出す事が出来なくなります。
上下左右の端はつながっていますので、スペードの3はクローバーの4からつながって場に出ています。それでみるとスペードの6とクローバーの5も死んでいます。
この状態でダイヤの4を出すとスペードの4、ダイヤの5が死にます。
こうやって、ゲームを進め、最終的に何枚のカードが死んでいるかで勝負が決まります。
七ならべ最大の駆け引き「止める」をやりすぎると不利になると言う、かなり、ゲーム性が変わるルールですので、私は楽しめました。


解りにくい説明で御免なさい…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。
こんなに奥が深いルールもあるとは、驚きました。

お礼日時:2001/09/23 13:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ