食事が胃に入って消化活動が行われているときの胃のPHは何度くらいでしょう?また、成分としては塩酸と酢酸 どっちが近いですか?

A 回答 (2件)

消化活動が行われる段になると、大量の胃酸が分泌され、PHは、2.5程度になるといわれています。



胃酸の成分は塩酸に近いですね、とてもとても、酢酸などという生やさしいものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございまっす!

お礼日時:2005/05/20 14:43

たんぱく質分解酵素のペプシンの最適pHが2ぐらいなので、そのような強酸性になっています。

成分はほぼ塩酸です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老犬 食欲が無く数日前から下痢 さっき胃液を嘔吐

19年目の大型犬を飼育しています

ミックスですが一か月ほど前に脇腹に出来た腫瘍を摘出しました

摘出して一週間は調子も悪く、ステロイドやビタミン注射などを投与しました

水も飲まなかったのですが投与後、少しずつ元気を取り戻し、力はないですが数キロの散歩もこなす様になりました

二日ほど前に下痢をし始め、先ほど嘔吐しました

食欲はなく、食べていなかったため嘔吐は胃液でした

かかりつけの病院は休みなのですが緊急夜間病院は21時です

なにか緊急処置する方法はありませんか?

Aベストアンサー

はじめまして、
心配ですね、まず、焦らず様子を見てあげる事が大事だと思います、
この季節水分は大事ですので、水分を含んだ食べ物を上げてみたらどうでしょう?

QpHの範囲について。pH0~14以外のpHは存在するのか。

pHのことで質問です。ベックマンコールター社のpHメーターは、pH-2からpH19.9まで測定できるとなっていました。私はpHは0~14までしかないと思っていたのですが、 pHがマイナスな物or14以上のものとはどういうものでしょうか。教えていただけますか?]

Aベストアンサー

過去の質問に出ていますのでご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=853772

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=853772

Q胃液はどこでどのように合成されているの?

胃液についてのいくつかの疑問についてお答えください。
以下の( )カッコ内は、私の仮説です。これについてもご意見がありましたらどうぞ。

1、
胃液の主成分である塩酸は、どこでどのようにして合成されているのでしょうか?

2、
原材料の塩素も水素も、体内には豊富にありますが、それをどこの細胞が、どのような化学反応を経て塩酸に合成しているのでしょうか?
(たぶん酵素がかかわっているんだと思うんですが・・・)

3、
胃袋が胃液でとけないわけは良く知られてますが、胃液を作り出す細胞は、なぜ溶けてしまわないんでしょうか?
(ある種の虫の毒のように、何種類かの液体に分けて生産し、それを混合させると胃液に変化する、と言うのはどうでしょうか)

4、
胃液はいつ作られているのでしょうか?食べ物が入ってきた時点で、瞬間的に作られているのですか?
それともどこかに保管されているのですか?
(胃液袋?)

以上、お願いします。

Aベストアンサー

1. 胃液の主成分は塩酸だけではありません。塩酸に加えペプシンと呼ばれるタンパク質分解酵素が存在するため、食物消化作用が存在します。
 胃液を分泌するのは胃の粘膜にある胃底腺と呼ばれるくぼみです。胃底腺の中には3種類の細胞が居て、以下のような異なる分泌物を出します。
a. 主細胞        塩酸
b. 壁細胞(傍細胞)   ペプシノーゲン
c. 副細胞(頚部粘液細胞)粘液

ペプシノーゲンとは何の働きもないタンパクなのですが
塩酸にふれること(pHが下がる)によりペプシンとなり、タンパク質分解活性を持つようになります。
即ち、細胞の外に分泌されたあと、初めて消化作用をもつ胃液になるわけです。

また、興味深いことに3者は空間的にも独特な配列をしています。

胃底腺の一番深いところには主細胞、つまりペプシノーゲンをだす細胞
真ん中に塩酸を分泌する壁細胞
一番上に粘液を分泌する副細胞が存在します。

順を追ってみると、
分泌されたペプシノーゲンが出口に向かっていくと
塩酸が加えられ、そこで、消化作用のある胃液になる。
しかし、そのまま上に上がって行くと保護作用のある粘膜に包まれ、細胞を侵襲することなく胃の表面まで出るわけです。

よろしいでしょうか?

2.はすでに答えがありますので省きます。

3.塩酸を分泌する細胞は壁細胞ですが、
  塩酸を分泌するさいは、それぞれ
  水素イオンと塩素イオンが異なるポンプに
  よって細胞外に分泌されます。
  塩酸になるのは細胞の外に出てからですので
  細胞自身は塩酸の作用にさらされることは
  ないと考えられています。

4.こちらもすでに答えはありますが、
  食事をすることにより、その場で
  合成されます。
  すばらしい仕組みです。

  因みに、胃液の中和は膵臓からの
  重炭酸イオンです。

  H2O + NaCl+ CO2 → HCl + NaHCO3

  化学的にも美しいですねぇ。

1. 胃液の主成分は塩酸だけではありません。塩酸に加えペプシンと呼ばれるタンパク質分解酵素が存在するため、食物消化作用が存在します。
 胃液を分泌するのは胃の粘膜にある胃底腺と呼ばれるくぼみです。胃底腺の中には3種類の細胞が居て、以下のような異なる分泌物を出します。
a. 主細胞        塩酸
b. 壁細胞(傍細胞)   ペプシノーゲン
c. 副細胞(頚部粘液細胞)粘液

ペプシノーゲンとは何の働きもないタンパクなのですが
塩酸にふれること(pHが下がる)によりペプシンとなり、...続きを読む

Q消化される物質のpHの変化について

胃液はおよそpH2の強酸性ですが、その次の膵液はpH8の弱アルカリ性です。
消化される物質にとってpHの環境がかなり強力に変化していますが、この間にどのようなことが起こっているのでしょうか?
個人的には、おそらく胃液で消化されたpH2の環境の物質が、膵液によって中和反応が起こりpH8の環境に変化したと思っているのですが、もう少し具体的に知りたいと思い投稿いたしました。
(もし中和でしたら、そのときにかなりの熱が発生するかと思うのですが、その熱が消化器官にダメージを与えないのかも知りたいです。)
かなり素朴な質問で申し訳ありませんが、ご教授願います。

Aベストアンサー

膵液が塩基性なのは、胃液を中和するためです。これは、胃から物質を十二指腸に送り出すときに、微量の胃液も一緒に出てしまいます。そこで、十二指腸にある副乳頭から膵液を出して胃液を中和します。

( )内のことについてはわかりません。ごめんなさい・・・

Q胃液の成分

胃液は体の何から作られていますか?
吐きすぎたら体の胃液を作る材料が不足しますか?
胃液の吐きすぎで体の成分が失われることはありますか?

Aベストアンサー

吐くことは食道を傷つけるなど問題が多いので勧める医者はいません。
また、嘔吐を繰り返すことによる一番の問題は「酸蝕症」です。

今回の質問&回答で、吐くと胃から胃酸(塩酸)が出てくるとお話しましたが

吐くとその酸によりどんどん歯が溶けます。
この状態を「酸蝕症」と言います。

ですので、嘔吐は好ましくはないですし
どうしても吐いてしまった時は少なくともすぐにうがいをしてください。

Q人の胃内pHについて

人の胃内のpH範囲はどの程度でしょうか?
・健常人でのpH範囲
・胃酸の少ない人のpH
・人種による違い
など分かりましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 人間の胃のPH値は、およそ1~2と言われています。

 胃酸の少ない人の代表は、
ロシアの怪僧と言われる「ラスプーチン」ですね。

 猛毒と言われている、「青酸カリ」は、
胃の酸によって「シアン」を生成して、人を死に追いやります。

 しかし、「ラスプーチン」は、胃酸が出ないので、
暗殺のために「青酸カリ」を飲まされても死にませんでした。

 人種は関係ありません。参考になれば幸いです。

Q胃液は何色ですか? 胆汁は胃の中に分泌されますか?

尾篭な話で恐縮ですが、嘔吐を繰り返していて内容物がなくなると液体だけになりますよね。恐らく胃液だと思うのですが、その液体が黄色っぽい時と緑色の時があります。
緑色は胆汁かなと思ったのですが、胆汁は胃の中に分泌されるのでしょうか?記憶違いでなければ、胆汁は胆のうから十二指腸に分泌されると聞いたような…間違いでしょうか?
もし分泌場所が十二指腸で間違いない場合、胃を通過して十二指腸まで行った内容物を戻すことなんてありますか?胃には食べ物が逆流しないような構造があると思うのですが。
ご存知の方いらっしゃいましたらお応えください。

Aベストアンサー

胆汁は肝臓(+胆のう)から十二指腸の比較的胃に近いところに分泌され,胃から流れてきた食事や胃液と混じって,十二指腸の奥に進んでゆきます.
したがって通常では胃を通過して十二指腸まで行った内容物は戻りにくいのですが,心臓のように逆流しないふた(弁)があるわけではなく,胃と十二指腸の境目が円形に狭くなっており,括約筋(締める筋肉)の作用や蠕動により逆流しにくくなっています.
激しい嘔吐では,腹圧がかかり,十二指腸内容物が胃→食道と戻り嘔吐してしまうことがあります.しかし,十二指腸のかなり奥まで進むと,靭帯がありここを超えた場合は,よほど特殊な場合(腸閉塞など)でないと,胃に戻ってくることはありません.

Q最適phと安定phの違い

今、学校で酵素の事を習っているのですが、最適phと安定phの違いが分かりません。 正確に言うと、安定phの意味が分からないのですが、どなたか回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

安定phは酵素が、変性などしないpHだと思います。ですから、そのpHで活性が弱くてもいいわけです。そのpHで蓄えられている酵素を最適pHの条件下にすると変性してないので、ちゃんとした酵素活性が得られます。

Qここ数週間、食欲不振が続いてます。お腹が減らないわけではないのですが、お腹が減ると胃が締め付けられる

ここ数週間、食欲不振が続いてます。お腹が減らないわけではないのですが、お腹が減ると胃が締め付けられる感じがして、食べた後もずっと気持ち悪く、吐くときもあります。
空腹時に何も食べずに起きていると、胃液だけ吐きます。先ほども胃液を吐きました。
肩こり、頭痛、腕の痛み、しびれなど出てきて、最終的に食欲不振になりました。
双極性鬱で通院していた主治医に任意入院を勧められ、閉鎖病棟に入れられました。
環境が合わず、色々あって主治医も信用できなくなり、2週間ほどで自主退院してしまいました。
それから薬がもらえず、通院もしていないので断薬してます。
離脱症状かなとも思うのですが、毎日いつの時間も頭痛いのと吐き気とめまいします。
先ほどは鮮血とピンク色の胃液を吐きました。
毎日辛いのですが、まず何科を受診したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

東京と鳥取でカイロプラクティックの治療院を行っているものです。
記述内容を拝見すると病院以外での改善を望まれているように感じます。
★症状を整理すると
  ①肩こり ②頭痛 ③腕のシビレ・痛み → ④胃の不調(食欲不振、吐き気など)
  ⑤頭痛、吐き気、めまい
★症状から考えられるのは、
  ・上半身(背中・肩・頭部・腕など)の筋肉コリによる不調。
  ・背中の筋肉コリにより背骨が崩れ、胃などを動かすための自律神経が圧迫され
   胃の正常な動きが出来なくなり、胃の不調が起こっている。
   と考えられます。
★このような胃の不調のケースはよくあるケースで、胃薬などが効かず、
   お困りになった方が当店などに来店され、背骨の崩れを整えると
   すぐ改善してお帰りになります。
★不調症状の原因
  ・肩こり → 肩、肩甲骨付近の筋肉コリ
         背骨上部の骨の崩れ
  ・頭痛  → 頭の筋肉コリ(後頭部、頭頂部、前頭部、側頭部)
  ・腕   → 首の骨の崩れにより腕に向かっている神経の圧迫
  ・胃   → 背骨中部(肩甲骨の下部付近の背骨の崩れ)の骨の
         崩れによって胃を動かすための神経が圧迫されたため
  ・めまい → 首の筋肉コリ(胸鎖乳突筋など)で起こります。
★改善には
  ・上半身(腰・背中・肩・首)の筋肉コリを緩める。
  ・背骨、首の骨など上半身の骨の崩れを整える。
  ・頭部の筋肉コリを緩める。
   などの施術を行うことで改善可能と思われます。
★早急に当店のようなカイロプラクティックの治療院で診てもらうことをお勧めします。
 同様の症状、もっとひどい症状の方を当店では改善しております。

東京と鳥取でカイロプラクティックの治療院を行っているものです。
記述内容を拝見すると病院以外での改善を望まれているように感じます。
★症状を整理すると
  ①肩こり ②頭痛 ③腕のシビレ・痛み → ④胃の不調(食欲不振、吐き気など)
  ⑤頭痛、吐き気、めまい
★症状から考えられるのは、
  ・上半身(背中・肩・頭部・腕など)の筋肉コリによる不調。
  ・背中の筋肉コリにより背骨が崩れ、胃などを動かすための自律神経が圧迫され
   胃の正常な動きが出来なくなり、胃の不調が起こっている。
 ...続きを読む

Q線胃は筋胃よりも後に来る♪

牛の第4胃が線胃だそうです。
線胃も筋胃もある動物のばあい、線胃のほうが筋胃よりも下(口から遠い)部位にあるようです。
この傾向の反対の生物はありますか?

Aベストアンサー

筋胃というのは鳥のいわゆる砂肝で、一般的に牛の場合は筋胃とは呼びません。鳥の砂肝はとても分厚い筋肉で形成されているから特別に筋胃と呼ぶのです。消化液を分泌する腺胃があって、その後部で発酵を行うものは後腸発酵動物といって大きな盲腸で発酵を行います。これに属するのはウサギやモルモット、馬も、コアラなどもそうです。その反対に前腸発酵動物というのが胃で発酵を行うもので、カンガルーやナマケモノ、そして反芻動物などがこの範疇に入ります。ですから詳しくお知りになりたいときはこれらの用語を用いて検索してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報