ASMEの古い論文の中で,固有振動数の単位として
“c/sec”
という単位があったのですが,secは秒というのはわかるのですが,
cが,何を意味しているのかわかりません.
教えてください.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既に回答がありますように,c は cycle の略です.



jun1038 さんの疑問はもっともなことと思います.
もともと,サイクルとは体系がある状態から出発して元の状態に戻ること.
5回元に戻れば,5サイクルというわけです.
したがって,本来のサイクルには次元はありませんし,
周波数の単位ではありません.

さて,1秒間に何回元に戻るかが周波数ですから,本来の周波数の単位は
c/s (サイクル/秒) です.
ところが,[サイクル/秒]を略して単に[サイクル]と呼ぶ習慣があり,
これが混乱の元です.
私は悪習と思うのですが,どうしてそうなったかは知りません.
そういうわけで,[サイクル/秒]も[サイクル]も周波数の単位として使われていました.

最近はほとんどSI単位のヘルツ [Hz] が使われています.
なかなか慣れ親しんだ単位からは抜け出せないので,
SI単位系の立場からは好ましくない単位が使い続けられている例は多いですが
(mmHg,cal,など),
周波数に関しては急速に Hz に移行したようです.
1 [c/s] = 1 [Hz] で,数値が変わらなかったからでしょう.
    • good
    • 0

おはようございます。



よくお聞きになると思います。
cは、cycle、サイクル  です。

SI単位系では、

1c/sec=1Hz  になります。
    • good
    • 0

おはようございます。



よく耳にされると思いますが、
「cycle」、「サイクル」  です。

SI単位系では、
「Hz」、「ヘルツ」  です。

 1c/sec=1Hz   となります。
    • good
    • 0

どうも。



細かい話で恐縮ですが、私も「サイクル」だと思うのですが、「周期」というのは多分時間の次元を持つのでは?この場合は「サイクル」は「(1秒間に)何回か」というような意味ではないかと思うのですが・・・
    • good
    • 0

昭和40年代の国際度量?総会の勧告によって.サイクル毎秒で使われていた「c/sec」が.Hz(ヘルツ)に変更になりました。

Hzと読み替えると理解できるかと思います。
cはサイクル(スペル忘却)の略で.たしか周期です。

サイクル毎秒を使っていた世代のため.現在の周波数の単位については自信がありません。ヘルツの略号がHzかどうか.記憶が定かではありません。
    • good
    • 0

cだからcycle(振動する周期、波の周期)かな?、と思います。


間違っていたらすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありませんでした.
サイクル、なるほどですね!
どうもありがとうございました.

お礼日時:2001/09/25 06:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのはなぜですか?

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計数字をさすためにつかわれています。
ちなみに、“roman numerals”が10万件に対して“greek numerals”が500件ほど。率にして1/200で、ざっとみたところ、“greek numerals”を時計数字の意味でつかっている page はみあたりませんでした。時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」というのは日本特有の誤りであるようにおもわれます。
さらには、算用数字(1, 2, 3, 4, 5, ...)を「ローマ数字」とよんでいる page もあります。

日本人はいつから時計数字(I, II, III, IV, V, ...)を「ギリシャ数字」とよぶようになったのでしょうか。
なにがきっかけだったのでしょうか。
---以下参考情報---
ほかの質問の page でも数人のかたが言及していますが、時計数字(I, II, III, IV, V, ...)はローマ数字であって、ギリシャ数字ではありません。
検索エンジン(私は Google を愛用しています)で検索すると、「ローマ数字」が2万件弱に対して「ギリシャ数字」が千件弱、率にして1/20ほど。そして検索結果のなかのおおくの「ギリシャ数字」が、時計...続きを読む

Aベストアンサー

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、100、1,000は、それぞれそれらに相当する文字を当てて表記するというものです。

つまり、アッティカ(?)型のギリシア数字の表記は、
現在のローマ数字の表記と非常によく似ているのです。

これは不思議なことでもなんでもなく、
そもそも、ローマ文字の由来をたどれば、ギリシア文字を借用した面があり、
(実際はエトルリア人の手を経由していますので、全く同じではありませんが)
数字の表記術も、ギリシアの都市国家によっては
ある程度は似かよった面があったのかもしれません。

ご存知のように、伝統的な歴史学に観れば、
古代ローマというのは、学問・芸術などを生み出すことにおいては、
ギリシアのそれと比して貧弱だったらしく
むしろ、文化的にはギリシアのそれを継承するにとどまったようです。

したがって、ローマ数字が、その原型である(かもしれない)(アッティカ型の)
ギリシア数字を連想させることもあるでしょう。

しかし、ご質問の誤用の原因が、
以上のような歴史的経緯に由来するとも思えませんので、
一応参考程度に・・・。

ちなみに算用数字のアラビア数字(これの由来はインド数字)を
ローマ数字と呼んでいる理由は想像つきません。

そのような誤用があるとは知りませんでしたが、
私も実際検索してみて、あるわあるわ、少々驚いています。

ギリシア数字で一般に知られているのは、α’β’γ’・・・ですが、
これは(確か)イオニア型と呼ばれるもので、
アルファベットを順に数に当てはめていったもののようです。

ところが、実は、ギリシア数字にはもう1つ、
(確か)アッティカ型(だったかな?)というものもあり、
これはどういうのかというと、

ここには表示できませんが、1が縦線1本、2が縦線2本、3が3本、4が4本で、
5、10、...続きを読む

QPeck,R.C.の老年期に関する著書を探してます

ペックは、エリクソンが分けた発達段階では、老年期についてまとめすぎていると批判し、新たに老年期の発達段階を3つに分けたということは、教科書などから知ることができました。しかし、どういった考えのもと、このように分けたのかについては、教科書には載っていませんでした。ペックの訳本について検索をかけてみましたが、ヒットせず、参考になる文献が見つからない状態です。
ペックの理論について詳しく記載されている著書がございましたら、紹介していただけないでしょうか?
自力で英訳するのは、私の力量不足ではありますが少し厳しいので、できれば日本語で書かれた著書を紹介していただければありがたいです。
お心当たりがございましたら、回答の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.colere.co.jp/booksearch/xml/602.xml
第8章2(3)

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/general_policy/kitajima/02resume/koureisyanojinkaku.htm
こちらも参考に

「ペック 老年期」で検索しました。

Q6秒掛かっていた作業が1秒になり、5秒の短縮になりました。 この場合、何パーセントの時間短縮になった

6秒掛かっていた作業が1秒になり、5秒の短縮になりました。
この場合、何パーセントの時間短縮になったのか教えてください。

Aベストアンサー

作業時間が6分の1になった。つまり全体の6分の5が短縮されて無くなった。
6分の5(=5÷6)は0.8333...。よって83.3%の時間短縮。

Q進級には48単位が必要で卒業には124単位が必要なんですが、48単位だと124単位以上取る事になりま

進級には48単位が必要で卒業には124単位が必要なんですが、48単位だと124単位以上取る事になりますよね?しかし48単位以下だと進級出来ません。どういうことなんですか?
あと留年になる場合は何の単位が取れてなかった場合ですか?
必修をとってなかったときでしょうか?

落としてしまったものは、3年、4年で再履修しようと思うんですが、出来ないんですか?
就活とかは考えずに

Aベストアンサー

48単位以下だと進級出来ないのは、そちらの大学が「絶対落としてはいけない科目を含む48単位以上」という設定になっているからでしょう。

「留年」に関する規定も、そちらの大学にあるはずです。

「3年、4年で再履修」が可能かどうかも、そちらの大学の規定によるでしょう。

一般論では分かりません。
そちらの大学に問い合わせることですね。

Q〜問題〜 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いて

〜問題〜
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が2個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか?

どのように書けば模範解答になるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、0~900円の買い物ができます(100円単位)。
1,000円札が9枚あるので、0~9,000円の買い物ができます(1,000円単位)。
  ・・・
10^n 円札(あるものと考えて)が9枚あるので、0~9×10^n 円の買い物ができます(10^n 円単位)。

ということで、これらを必要数ずつ組み合わせれば、1円単位でどんな値段でも支払えます。最大額は、全財産を合計した
  10^(n+1) - 1 円
です。

例えば、現実のとおり、最大のお札を 10,000円(= 10^4 円、n=4)とすれば、支払える最大額は
  10,000円札 9枚 = 90,000 円
   1,000円札 9枚 = 9,000 円
   100円玉 9枚 = 900 円
    10円玉 9枚 = 90 円
    1円玉 9枚 = 9 円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  (合計) 99,999円 =100,000 - 1 = 10^5 - 1

直感的にわかりやすい「10進法」だと上のようになります。

ご質問は、これを「3進法」に置き換え(「10」を「3」に置き換える)、金額の「円」を重さの「グラム」に読み替えれば、#1、#2の回答になります。

t_fumiaki さん、さすがですね。
でも、質問者さんには理解できているのかな?

これは、次のように置き換えるとわかりやすいかも。

「1, 10, 100, 1000, ・・・, 10^n のお札またはコインが9個ずつあるとき、どのような値段の買い物ができるか」

ということで考えてみます。(中途半端な 5千円札とか 5百円玉は持たない)

1円玉が9個あるので、1~9円の買い物ができます(1円単位)。「0円」ならお金がなくとももらえる。
10円玉が9個あるので、0~90円の買い物ができます(10円単位)。
100円玉が9個あるので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報