よく、ユダヤ人という言葉を聞きます。
私は、全くわかりません。
今まで、ユダヤ人と言われる方と、日常生活でお会いした事がありません。
そこで具体的に、お聞きしたいのですが、

■ユダヤ人とは、どこの国に住んでいる人なんですか?
■どんな人種なんですか? 
■主な信仰されている宗教はなんですか? 
■よくユダヤ人は商売がうまいってどういう意味? 
■ユダヤ人は頭がいいって言うけど、そのいわれは?
■ユダヤ人の方が迫害されたと聞いた事があるのですが、いつ、どんな理由で?
■ユダヤ系ってどんな意味ですか?
■ユダヤ人のおおまかな、歴史は?

素朴な疑問をいろいろ書いてしまいまして、少し歴史から脱線してしまった質問もありますが、どなたかご回答頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>■ユダヤ人とは、どこの国に住んでいる人なんですか?



世界中どこにでも住んでいます。(これについては、他の質問に対する答えを読んでいただければわかると思います。)

>■どんな人種なんですか?

人種も特定の人種ではありません。(同上)

>■主な信仰されている宗教はなんですか?

すべてユダヤ教です。というよりも、ユダヤ教を信仰する人を総称してユダヤ人といいます。

>■よくユダヤ人は商売がうまいってどういう意味?

これは、たぶんにキリスト教徒からの揶揄、いやみの類だと思います。

>■ユダヤ人は頭がいいって言うけど、そのいわれは?

過去、2000年もの長い間、迫害されてきたためか、子供の教育に熱心な方たちが多かったからではないかと思います。(有名な学者が多数いらっしゃいます。)

>■ユダヤ人の方が迫害されたと聞いた事があるのですが、いつ、どんな理由で?

2000年前、イエス・キリストをゴルゴダの丘で磔の刑に処したのが、ユダヤ人だからという理由で、2000年間ずっとキリスト教徒から迫害されてきました。

>■ユダヤ系ってどんな意味ですか?

ユダヤ人の血を引いているとか言う意味だと思います。

>■ユダヤ人のおおまかな、歴史は?

紀元前、10世紀以前から、現在のイスラエル周辺に居住していた民族が、ユダヤ人(ユダヤ教徒)のはじまりです。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の聖典である『旧約聖書』は、ユダヤ人の歴史を記したものと言ってもよいくらい、ユダヤ人について書かれています。
その中には、映画にもなった『天地創造』、『モーゼの十戒』などと言う逸話も記されています。

こんなところで回答になっていますか?詳しくは、『旧約聖書』を読めばわかりますが、結構分厚い本で、見ただけでいやになるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

私の単純な疑問に答えて頂きまして、ホントに感謝致します。
大変わかりやく答えて頂いて、頭の中がスカッとしました(笑)。

でもわかりやすいお答えの中でも、日本人の私には簡単には理解できない、複雑な問題があるんだなあと、改めて宗教・民族が異なると、歴史・価値観がおおいに違ってくるのだなあと思いました。

まずは、旧約聖書を読破してみようかなと思っております。

この度は誠に有難うございました。

お礼日時:2001/10/13 22:32

どうでもいい話かもしれませんが、少しだけコメントします。



>今まで、ユダヤ人と言われる方と、日常生活でお会いした事がありません。

複数の人から聞いた話ですが、よく道端でネックレスやイヤリングなどの宝飾品の
露店を開いているガイジンさんがいるかと思いますが、あの人たちが「ユダヤ人」
だそうです。

イスラエルから来ているのか、アメリカ在住のユダヤ人が来ているのかわかりま
せんが、どうも国外にシンジケート(!)があって、そこから送られてくるらしい。
もっとも、シンジケートと言っても何か悪巧みをしているわけではなくて、単に
ビジネスが目的のようなのですが。

この話(↑)について詳しい情報をお持ちの方は、補足でコメントをお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

かなり、アンダーグランドな!お話しで大変興味があります。

>ネックレスやイヤリングなどの宝飾品の 露店を開いているガイジンさんがいるかと思いますが、あの人たちが「ユダヤ人」だそうです。

↑そういわれたら、あの人達はホントになぞの人達ですよね。この話しの信憑性・続編をぜひ!お聞きしたかったのですが…  でも以外とユダヤ人の方達って、身近にいるのかも… なんて思いました。

ご返答有難うございました。

お礼日時:2001/10/13 23:27

私にもユダヤ人の知人や友人がいません。

従って、私なりの解釈を披露することになります。ただ、そんなに一般論からずれているとは思わないので、参考までに。
・まず国ですが、今はイスラエルになります。ただ、イスラエルは多重国籍を認めていたと思う(ちょっと自信がない)ので、他の国に在住する人でも、イスラエル国民足り得ます。イスラエルの国土には、ユダヤ教以外の信者(イスラム教徒など)も住んでいますが、彼等の国籍については知りません。パレスチナ地方には自治政府があるので、最近になって激動している可能性があります。
・ユダヤ人とは、ユダヤ教徒を意味する、と解釈して良いようです。ユダヤ教徒とは、ユダヤの神と契約を結んだ人のことを意味します。
語族的には忘れました。インドヨーロッパ語族の一派なんでしょう。
・ユダヤ人の歴史は、ほぼ迫害の歴史である、と認識されています(少なくとも彼等はそう思っているようです→彼等が行なった迫害や虐殺は、聖書において正当化されているように思えます)。古くは、エジプトの捕囚があり、その脱出の物語がエクソダス(出エジプト記)として聖書の一角を成しています。次に、バビロン捕囚が有名ですね。時代がローマになると、ローマの版図拡大に伴ってローマ人に侵略され、帝政時代には暴君と呼ばれる皇帝から無実の罪で迫害されたりもします。キリスト教が覇権を握るようになってからは、キリスト教徒(当時の世界全て)から嫌われ、イスラムが台頭してからは、キリスト教とイスラム教両者から疎まれます。近代に至っては、二次大戦におけるナチスの虐殺が有名です。
・なぜ迫害されたのか、これは議論が残る課題です。古代においては、一神教というのが珍しい存在だったことも一因でしょう。唯一無二の神に対してのみ契約する彼等は、為政者としては扱いにくかったし、心情的にも受け入れ難かったものと想像します。例えば、多神教の信者は、それだけでユダヤ人から悪人扱いされました。聖書では、悪人には何をしても良いと言っているように思えます(皆殺し的な行為が記述されていますが、その罪状はありません)。また、バビロンからの開放について、日本人的には開放してくれた政体や皇帝(王)を崇めそうなもんですが、彼等が崇めるのはユダヤの神(エホバとかヤハウェなどと呼ばれる神ですが、彼等はその名を口にすることすら畏れ多いと思うようです)だけなので、感謝や忠誠を現したり、従属の契約は結びません。
キリスト教以降は、互いに一神教であるが故に対立します。イスラム教との対立もそうです。互いに経典の民として尊重していますが、互いに偶像崇拝者として非難しあっているようです。
・以上の迫害の歴史から、彼等が自らの国土を主体的に治めた時期は極めて短いと言えます(ダビデ、ソロモン両王の頃の王国が全盛とされます)。国土とは、神との契約にある約束の地(カナン)を現します(その地でどんな歴史が刻まれ、どんな風習が生まれ、誰が住んでいようと彼等には関係ありません)。ということで、彼等には商売しか生きる術がなかったとも言えます。ローマの頃(特に前半)には、ギリシャ人とユダヤ人が商売の2勇でした。しかしながら、何でも神にしてしまうローマ人にとって、同じく多神教を信じるギリシャ人の方が扱いやすかったのは想像に難くありません。商売の種類ですが、金融業が強かったようです。現代においてさえも、金融業の社会性には難しい側面があります。古代において、この側面はより重大であったろうし、自分達の存続を最優先したために、なおさら嫌われたのでしょう。
・頭が良いかどうかは、個人的には民族は関係ないと思っています。ユダヤ人を称して、議論好き、と良く言います。聖書の解釈について、常に考え議論することが、現代学問的に優れた訓練になっていたのだと思います。
・大まかな歴史ですが、これは書籍に頼るしかないでしょう。前出の本の中には、分かりやすいが”そんな著者は存在しない”的な指摘もある本ですので、まずは一般論の一つとして読んでみることをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございました。

正直かなりしびれました!(笑)

>キリスト教以降は、互いに経典の民として尊重していますが、互いに偶像崇拝者として非難しあっているようです

ま・さ・に! ここが需要なポイント?!な気がします。この時点で私(日本人)には、全く理解できないんです。昔の話しならいざしれす、現代に至っても何一つ変わらない対立した状況。いったい宗教って何なんだろうって思います。m_chappyさんが、解説して頂いた文章を読まさして頂いて、個人的に感じたのは、日本人は強調性・和の精神文化で、西洋人が我、が強い、他者を認めない文化なのかなぁと思いました。日本でもかつて、キリスト教を弾圧した事があったと思いますが、これは政治的な理由が強く、これが宗教・神に対しての、強い信心から排他的な考えになると、末恐ろしい事なぁと感じました。

同じ現代に生きて、全く違った価値観を持った方達について、いろいろ知りたいので、まずは書籍から学んでみたいなと思います。

この度は、ご丁寧にご返答頂きまして誠に有難うございました。

お礼日時:2001/10/13 23:18

No.4の回答の補足です。



>■ユダヤ人とは、どこの国に住んでいる人なんですか?
>■主な信仰されている宗教はなんですか? 
>■よくユダヤ人は商売がうまいってどういう意味? 
>■ユダヤ人の方が迫害されたと聞いた事があるのですが、いつ、どんな理由で?
>■ユダヤ系ってどんな意味ですか?
>■ユダヤ人のおおまかな、歴史は?

ここまでの内容は、「日本人とユダヤ人」を読めばわかります。

歴史については、始祖アブラハム~バビロン捕囚までの歴史は
「旧約聖書を知っていますか」の方が詳しいですね。(旧約聖書そのまんまですが)
ディアスボラ(ユダヤ人離散)~諸国放浪~イスラエル建国まで(約2000年!)
の概略は「日本人とユダヤ人」に書かれています。


>■どんな人種なんですか? 
>■ユダヤ人は頭がいいって言うけど、そのいわれは?

人種については、私もよくわかっていません。

頭がいいといわれる理由ですが、先ず実績があります。たしかノーベル賞受賞者
の約1/3はユダヤ系とか。有名なところではアインシュタインがそうですね。

じゃなぜ頭がいい人が多いかという理由ですが、No.3の方も書かれているよう
に自分たちの国がないから、移住先の国で生きていけるように必死にがんばった
んでしょうね。

もうちょっと突っ込んで考えると、ユダヤ教徒は厳格に一夫一婦制を守りますの
で自然と家庭環境がよくなります。家庭環境が整えば子供はのびのび育ち、優秀
な人材となっていく割合が高くなります。(ユダヤ人=ユダヤ教徒です)

もう一つは、お金儲けが上手で、かつ儲けたお金を子供の教育に割り当てるから
でしょう。国も無い中でどうやって民族と宗教を維持してきたかというと、それ
は徹底した教育です。教育熱心(であった?)日本人も真っ青になるほどです。
彼らはキリスト教徒のように布教活動はしませんが、自分たちの子供に伝統を残
すため、徹底的な宗教教育をします。

その教育の伝統が、技術や医療・科学に向けられた時、優秀な専門家を輩出して
いく結果となっていったと考えられます。
    • good
    • 0

ユダヤ人の歴史を大雑把に知りたいんですね。


この本(↓)がオススメです。

「日本人とユダヤ人」 著者:イザヤ・ペンダサン 角川文庫

ユダヤ人だけでなく、他ではなかなか学べない日本人論もありますので、
まさしく一石二鳥です。


それから紀元前の歴史になりますが、この本(↓)もグーです。

「旧約聖書を知っていますか」 著者:阿刀田 高 新潮文庫

普段は日本人に縁のない、旧約聖書(≒ユダヤ教)の知識も習得できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございました。

教えて頂いて著書を早速これから読まさせて頂くつもりです。

「日本人とユダヤ人」! 著者が、外国人の方というのが、ものすごく興味がぞぞられまず。どこの国の人なんでしょうか? ユダヤ人? 答えは、読んでみてからという事で、まずは、この本からいきたいと思います。

ホントに、わかりやすくオススメして下さいまして、この度は有難うございました。 

お礼日時:2001/10/13 22:52

いくつかについて回答を;


■よくユダヤ人は商売が‥
ユダヤの商法は非常に有名です。ユダヤ人がどこかに商店を開くとします。そのユダヤ人には地域のユダヤ人からカンパが寄せられ、原価を無視した安売りを繰り広げます。そうして周囲の既存の商店が潰れるのをまってから暴利を貪る‥。これは世界各地で行なわれ、ユダヤ人への反感を強めた方法ですネ。

■ユダヤ人は頭がいい‥
ユダヤ人は第二次大戦後まで国を持たない民でした。そのために頼れるのは自分の技術と頭脳だけだったのですネ。そこで多くの技術者や学者が誕生したのです。財産は没収されても頭脳や技術はとりあげられませんからネ。

■ユダヤ人の方が迫害された‥
有史以前から迫害されつづけています。ユダヤ教が選民思想(ユダヤの民だけが救われるという教え)であることも迫害を受けた大きな理由ですネ。ロシアでもフランスでも、或いは、十字軍にも、ローマ帝国にも‥とにかくユダヤの歴史イコール迫害の歴史といえるでしょう。イギリスでも当然、迫害を受けており、かの有名なシェークスピアでさえ作品の中でユダヤ人を痛めつけていますネ。近世での迫害ではナチスドイツによるホロコーストは有名ですが、当時のユダヤ人人口を考えると600万人という数値には信憑性がありませんネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございました。

学校では世界史を習ったはずですが、kawakawaさんが答えて頂いてのは、学校では絶対に教えてくれない内容ですね。

でもユダヤも含めて、歴史っていろいろな側面があり今日がある、と言う事をすごく感じました。いろいろな昨今の国際紛争も、昨日・今日では簡単には解決できないのもなんとなく理解できました。世界がどんどん狭くなっていく現代社会で、日本人の私でも多国の問題も、身近なものになる可能性は否定できませんので、まず相手を理解する(そんなに簡単なものではないでしょうが)事を常に頭に置いておこうかななんて思いました。

この度は誠に有難うございました。

お礼日時:2001/10/13 22:44

質問検索で、「ユダヤ」と入力されると、180件あまり出てきます。


それでyuuka-koさんの疑問の多くは解消すると思います。

また、インターネット上の検索サイト(goo,Yahoo,MSNなど)で調べても、かなりヒットすると思います。

ついでに、書店へいけば中東パレスチナ特集コーナーが出来ているはずです。そのなかでユダヤに関する書物も手に入るのではないでしょうか。

蛇足ながら、ユダヤ関係の書籍などを捜していると必ず「ユダヤ陰謀説」を主張する本に出合うと思いますが、それらの多くはいわゆる「まゆつばモノ」の内容ですからほどほどに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございました。

>蛇足ながら、ユダヤ関係の書籍などを捜していると必ず「ユダヤ陰謀説」を主張する本に出合うと思いますが、それらの多くはいわゆる「まゆつばモノ」の内容ですからほどほどに。

そうですね。本のタイトルからして、全然知らない私でさえ、何?って感じのものがありますので、そのへんも踏まえて、冷静に、客観的に理解していきたいと思います。

この度は誠に有難うございました。

お礼日時:2001/10/13 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人の特徴について

なぜユダヤ人はドイツ含み、ヨーロッパの部分部分で嫌われたんでしょうか?
歴史をみるかぎり、ユダヤ教だからという理由よりも、もっと人種的に何らかの特徴(たとえば日本人なら言いたいこと言わない民族とか、中国人は周囲の影響を考えない民族とかそんな特徴)をとらえて、戦争や迫害が起こっているように見えます。
そもそもユダヤ人とはユダヤ教徒のことなのか、民族(イスラエルの一部の人たち?)を指すのか、どのようにとらえたらいいでしょうか?
加害者、被害者ではなく、ユダヤ人は近隣諸国の他の民族から見て、どのように見え、何に反応してるんでしょうか?
ポイントが3点になってしまいましたorz
1点づつでも良いのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。
 うーん、『歴史的にみれば』宗教に起因すると考えるのが簡単だと思うんですが、たぶん質問者さんはいろいろ思うところがあるんでしょうね。短くまとめなきゃいけない質問文からは汲み取れないのが難しいところですが。

 ただこういう質問を本質的なところまで突き止めようとするのは難しいのではないかなと思います。なぜ黒人は差別されているのかその答えを導くのが難しいように。
 まあ前置きはこのくらいにして。


 ユダヤ人がいわゆるヨーロッパにおいて排他された原因はお金だけじゃないですよ? 先の回答にありますが、「イエスを殺した恨み(キリストの深い教義的には無意味だと思いますが)」を根源に差別で職業を制限するなどして優越感に浸っていたのに、思惑とは逆に成功されてしまったというやり場のない憤り、ナショナリズム、そういった「流れ」を通して、形成された反ユダヤ観ですし。金銭的なものはあくまで最後の結果です。

 あ、あと、最初に断ったと思いますが、これは『ドイツ含み、ヨーロッパの部分部分で嫌われた』背景の話です。『いつまでたっても戦争が終わらない』の戦争がどれを指しているのかわかりませんが、パレスチナ紛争のことを言っているなら、また変わります。


 ユダヤ人の民族性として挙げるなら、選民思想でしょう。やはりこれも宗教に因るものですがw(というか「性格」というのは「環境」によって作られるんです《※》。そしてその「環境」は主に「周囲の人」との出会いですが、その「周囲の人」の人格に影響を与える大きな要因が「宗教」なんです。)

 《※》逆に遺伝子によって形成されるという説もありますが、まあこれは複雑ですので置いておきます

 選民思想というのは、ユダヤ人は選ばれた民族だという考えです。特殊な民族なので、神ヤハウェから特恵が得られる、自分たちのための救世主が現れる、と考えているんです。そのために過去に神と結んだ契約を絶対に守る(戒律を守る)。

 世界に散ったユダヤ人はこの信仰を捨てなかった。かたくなに守った。と同時に、そのことは他民族(つまり散ったユダヤ人が住んでいる国の主要民族)の拒絶を意味します。これがすごいことです。
 移民とは多かれ少なかれ、移住先の文化に同化していくんですが、ユダヤ人の場合それをしなかった。これは強い選民思想を持っているからです(ユダヤ人としてのアイデンティティーを捨てることは、ユダヤ人が得られる特恵を放棄することにつながりますから)。


 ユダヤ人は多民族から差別されると同時に、宗教的にはユダヤ人が他民族を差別しているわけで、ユダヤ人がそのなかで浮いた存在になるのは必然と言えるのかもしれませんね。
 民族がたくさんあった古代では、差別も分散されるでしょうが、キリスト教を軸とするヨーロッパ人というくくりができると、ユダヤ人に差別が集中するのも不思議ではない気もします。

 言葉が至らないところがあったらまたご指摘ください。長文失礼しました。

 #2です。
 うーん、『歴史的にみれば』宗教に起因すると考えるのが簡単だと思うんですが、たぶん質問者さんはいろいろ思うところがあるんでしょうね。短くまとめなきゃいけない質問文からは汲み取れないのが難しいところですが。

 ただこういう質問を本質的なところまで突き止めようとするのは難しいのではないかなと思います。なぜ黒人は差別されているのかその答えを導くのが難しいように。
 まあ前置きはこのくらいにして。


 ユダヤ人がいわゆるヨーロッパにおいて排他された原因はお金だけじ...続きを読む

Qナチスはユダヤ人とユダヤ教どちらを迫害したの?

ユダヤ人とは、ユダヤ教徒のことをいう、どの国の人でもユダヤ教に改宗すれば、ユダヤ人となれると教えてもらいました。

そうしましたら、ヒットラーはユダヤ教を迫害したのでしょうか?ユダヤ教から他の宗教に改宗すれば強制収容所に入れられることはなかったのでしょうか?

また、ゲルマン民族であってもユダヤ教を信じていた人は、ヒットラーは迫害したのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ユダヤ人を迫害するには「法律上のユダヤ人」を定義する必要があります。
このため1935年に制定されたいわゆる「ニュルンベルク法」において

4人の祖父母のうち3人以上がユダヤ教共同体に所属している場合は、本人の信仰を問わユダヤ人。
ニュルンベルク法公布日時点・以降に本人がユダヤ教共同体に所属している者は完全ユダヤ人。
1936年7月31日以降にドイツ人とユダヤ人の婚外交渉によって生まれた者は、本人の信仰を問わずユダヤ人。

などなど(これらは一部です)の定義が行われました。
つまりユダヤ教徒である事で迫害された場合もあれば、親がユダヤ教徒である事から赤ん坊も迫害の対象になる場合もあったのです。

Qユダヤ人って見た目で分かるものなのですか?

映画を見ていたら、ある人の顔を見て「ユダヤ人だ!」とか「ユダヤ?」と問いかけるシーンが違う作品で続けざまに出てきました。
ユダヤ人と言うのは、一目見て分かる印とか特徴があるんですか?
ナチスドイツの時代、ユダヤ人狩りというのは何か目印でもあったのでしょうか?
素人が考えるのに何か根拠がなければ、ユダヤ人顔に似てるということで、謂れもない罪で収容所に連れていかれた人もいたのではないかと思うのですが…

Aベストアンサー

ユダヤ人といってもロシア系やドイツ系、その他色々あるので見分けるのは実質不可能です。

よくあるのは、
・鉤鼻
・名前に鉱物(ゴールドバーグ、アインシュタイン等)
ですが、混血も進んでいますし迷信に近いような気がします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=739890

Qなぜユダヤ人は戦争でドイツ人に迫害されたの?

昨日「戦場のピアニスト」を見ました。
ユダヤ人が受けた迫害についてかなりリアルに表現されていたのではないかと
おもいます。
映画を見た後で私はなぜユダヤ人がドイツ人にこれほどひどい迫害を受けたのか
とても気になりました。
どうか教えてください。知識がないのでできれば分かりやすい言葉で
お願いします。

Aベストアンサー

うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。

ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか、彼らに金持ちが多かったからというのは、後からつけた理屈みたいなものです。なお、ヨーロッパ社会でユダヤ人排斥の風潮が強くなるのは意外にも19世紀になってからのことで、中世あるいは近代以前は「嫌われ者」であっても排斥されてはおりません(金貸しを業とするものはいつでもどこでも嫌われます)。

この点を詳しく書くと長くなってしまうので、簡単に書きますがフランス革命とナポレオン戦争によって人権思想が拡がり、ユダヤ人たちにもそれまで認められていなかった人権が認められて、ユダヤ人とヨーロッパ社会との同化が始まり、それがもとになってかえって身近なものとしてのユダヤ人排斥感情が起こります。

さて、ヒトラー=ドイツにおいてユダヤ人排斥が本格化し、ホロコースト(民族虐殺)に至ったのはまた別の理由があります。その基本的な考え方は、明確なわかりやすい敵を作ることによって自分たちの団結を強めることにあります。

第一次大戦に敗れて自信を失っていたドイツ人に対し自分たちの優秀性をヒトラーは宣伝しますが大衆は容易に乗って来ませんでした。戦後のドイツにおけるインフレは1923年に絶頂を迎えますが、この時にヒトラーがルーデンドルフと組んで起こしたミュンヘン一揆が簡単に鎮圧されたのをみてもそれは明らかです。その後1929年に始まった大恐慌の影響がドイツに及ぶに至ってユダヤ人たちは不況にあえぐドイツ人たちの感情のはけ口となっていきその風潮を煽り立て利用したのがナチスということになります。

ヒトラーはドイツ民族の優秀性を言うために、それまである程度一般的であった反ユダヤ感情を利用しますが、同時にそれはユダヤ人財閥の持つ資金を狙ったものでもありました。こうして1932年に政権を得たナチスですが、ユダヤ人の権利を制限したもののいまだ虐殺という所までは至らず、虐殺が本格的になるのは1941年に独ソ戦が始まってからのことです。一例をあげれば「アンネの日記」でも彼女たちが隠れ家に入って隠れ住むようになったのは42年からのことです。ここには、次第に苦戦となっていく対ソ連戦などをもとにした戦時下の狂気が働いたと思われます。

まだ充分な説明ではありませんが、少々長くなってしまいましたのでこれぐらいにいたします。

うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。

ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか...続きを読む

Qユダヤ人ってのは基本的にどーゆー人たちなんですか?

ヒトラーがユダヤ人を大量虐殺したり、アメリカの資産の大半をユダヤ人が保有していたり、それでロビー活動によりイスラエルを支援したりと、いろいろなばめんでユダヤ人を聞くんですけどもそもそもユダヤ人ってなんなんですか?イスラエル人=ユダヤ人なんでしょうか?教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

宗教の歴史のような昔の話はともかくとして、中世以降のユダヤ人は
自分たちの国を持たずヨーロッパ各地にちりぢりに居住していました。
宗教や身分で差別がまかり通っていた時代ですから、いわばよそ者である
彼らにできる仕事は商業やその稼ぎを元手にした金貸し、
つまり当時は誰もがやりたがらない卑しいとみなされる
職業しかなかったのです。
  
しかし産業革命以降の社会では金融業は重要な地位を持つ
こととなり、ユダヤ人の中にも大きな資産を作るものが増えてきました。
よそ者である彼らが豊かのなってゆくことがねたみを生み、
彼らがより一層差別される原因にもなったのです。
ヒトラーのユダヤ人虐殺も人種的偏見とともに彼らの資産を接収することが
目的であったと言われています。
  
そして資産をバックにした彼らがアメリカ・イギリスなどの当時の強国に迫って造らせた、
悪く言えば金で買った、国がイスラエルです。
建国後のイスラエルは旧ソ連など世界中から同朋(=ユダヤ教を信じる人々)を移民として
受け入れて今にいたっています。
ですから現在のイスラエルにはさまざまな人種のユダヤ人が住み、
また世界各地にもさまざまな人種のユダヤ人が暮らしているということです。
ちなみに生物学的には”ユダヤ人”という人種は存在しませんのでお間違えなきように。

宗教の歴史のような昔の話はともかくとして、中世以降のユダヤ人は
自分たちの国を持たずヨーロッパ各地にちりぢりに居住していました。
宗教や身分で差別がまかり通っていた時代ですから、いわばよそ者である
彼らにできる仕事は商業やその稼ぎを元手にした金貸し、
つまり当時は誰もがやりたがらない卑しいとみなされる
職業しかなかったのです。
  
しかし産業革命以降の社会では金融業は重要な地位を持つ
こととなり、ユダヤ人の中にも大きな資産を作るものが増えてきました。
よそ者である彼らが...続きを読む

Q【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。どういうことですか?ユ

【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。

どういうことですか?

ユダヤ人が共産主義を作り、失敗したと思って資本主義を作ったのではなく、共産主義と同時に資本主義も存在していましたよね?

資本主義の方が歴史が古くて共産主義の方が日が浅い。

ということは、ユダヤ人が資本主義を作り、次の人類の進化として共産主義を考え出したが、ユダヤ人が作った資本主義で成功を収めていた資本家がユダヤ人が新たに作ろうとした資本主義の次のステップのはずだった共産主義を潰し、もう2度と資本主義ではない次の主義を生み出さないためにユダヤ人を虐殺した。

というのが資本主義と共産主義の関係性という認識で合ってますか?

もうユダヤ人はまた虐殺されたくないので資本主義の次のステージを人類に提示するということは止めてしまったのでしょうか?

その割にアメリカのユダヤ人はイスラムの中東に必要に関心があるようでアラブ諸国をどのようにユダヤ人は使おうとしているのでしょう?

ユダヤ人が世界の石油を牛耳りたい?

でももう石油の時代は終わりを迎えようとしています。

サウジアラビアも石油が暴落して毎年10兆円の財政赤字に転じています。

アメリカのユダヤ人たちは次に何をしようとしているのでしょう?

【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。

どういうことですか?

ユダヤ人が共産主義を作り、失敗したと思って資本主義を作ったのではなく、共産主義と同時に資本主義も存在していましたよね?

資本主義の方が歴史が古くて共産主義の方が日が浅い。

ということは、ユダヤ人が資本主義を作り、次の人類の進化として共産主義を考え出したが、ユダヤ人が作った資本主義で成功を収めていた資本家がユダヤ人が新たに作ろうとした資本主義の次のステップのはずだった共産主...続きを読む

Aベストアンサー

「ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した
 どういうことですか?」

 それは、ワシが聞きたい。
 質問の前提となってる上記の文言は誰がどこで言ってるのかね?

Qユダヤ人になった日本人はいますか

最近、ユダヤ人とはユダヤ教を信じる人のことであり、
ユダヤ教を信仰するといえばユダヤ人になれると聞きました。

~人と名乗るときはその国の国籍を取るのが普通ですが、
ユダヤ人はこんなにお手軽でいいのかと思いました。

もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人とみなしてもらえるということです。

これに対して日本人、中国人、インド人などはユダヤ人とほとんど接触がありません。
こういう接点もなく肌も違う人達がユダヤ教を信仰するといっても
すぐにユダヤ人の仲間入りをすることができるのでしょうか。
それとも明らかに違う東洋系はユダヤ人になるのは何かの試験みたいなものを
受けなければいけないのでしょうか?

はっきりいってユダヤ人になったという日本人もきいたことがありませんので
いまいちイメージがつかめません。よろしくお願いします。

最近、ユダヤ人とはユダヤ教を信じる人のことであり、
ユダヤ教を信仰するといえばユダヤ人になれると聞きました。

~人と名乗るときはその国の国籍を取るのが普通ですが、
ユダヤ人はこんなにお手軽でいいのかと思いました。

もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人と...続きを読む

Aベストアンサー

ユダヤ教徒になるためにはとても時間がかかります。
宗派には超正統派、正統派、アメリカに多い保守派と改革派、新改革派(アメリカで最近出来たもの。)があります。
まず、非ユダヤ教徒の人の改宗は、
正統派、(超正統派)のみが、ユダヤ教徒、イスラエル帰途の民として認められます。
これは次の子孫にきちんとユダヤ教徒を教えること、
ユダヤ教育がきちんと出来るかが一番重要な課題でもあります。
簡単にユダヤ教徒になれるわけではなく、まずユダヤ教会が家の近くにあること、ユダヤ人のいる地域であること。
食事規定を守ること、安息日をまもること、ヘブライ語の勉強(ブレッシングを含む)、偶像参拝禁止、服装、ユダヤ人女性サークル勉強会など・・・旧約聖書に沿った生活が基本になります。
とにかく、ユダヤ教徒になるまでは、勉強させられます。そしてなった後も勉強させられます。

改革派のユダヤ人(もともとユダヤ人母から)はそこまでしている人はいない。と不利に思うかもしれませんが、非ユダヤ教徒がユダヤ人になるための法律は厳しいです。
また、誰かのためにユダヤ教徒になるのは
大きな間違いを作る原因のひとつともされています。*一番断られるのはユダヤ系の彼彼女と一緒に行くこと。
この宗教は、自分の意思が一番重要です。
また、ユダヤ教会内にいるラバイも、勧誘はしてこないので自分できちんとした目的、明確意識を行動や口で伝えなければなりません。

>もう少し色々考えていて、ひょっとしたら手軽にユダヤ人を名乗れる人種は
ユダヤ人の関係の深いところに限られるんじゃないかと思いました。
つまり白人とアラブ人です。アメリカ人やフランス人、あるいはエジプトなんかの人達が
ユダヤ教を信仰するといえば直ぐにユダヤ人とみなしてもらえるということです。

ここの質問は、キリスト教徒圏、アラブ圏の人は、
宗教に旧約聖書が少し入っているので
知っている人が多い点があるのですが、スタートは大きく変わることはありません。

一度ユダヤ教徒になると、一生ユダヤ教徒になります。
そういう人達はすぐにユダヤ人と沸いてくるものではなく、日々のユダヤ人的生活がものを言うことになります。(代々ユダヤ人はそう思っています。)
とにかく時間がかかり、
ユダヤ教徒は勉強をする宗教と考えた方が良いかもしれません。

現代正統派と言うのが最近ではあり、
外から見ると正統派とはとても分かりにくいかもしれませんが、
中身は超正統派と変わらない生活をしている人がアメリカ社会には沢山います。


PS結婚もユダヤ教徒同士を重視するために非ユダヤ人との結婚では、改宗を迫られる人も多くいます。

ユダヤ教徒になるためにはとても時間がかかります。
宗派には超正統派、正統派、アメリカに多い保守派と改革派、新改革派(アメリカで最近出来たもの。)があります。
まず、非ユダヤ教徒の人の改宗は、
正統派、(超正統派)のみが、ユダヤ教徒、イスラエル帰途の民として認められます。
これは次の子孫にきちんとユダヤ教徒を教えること、
ユダヤ教育がきちんと出来るかが一番重要な課題でもあります。
簡単にユダヤ教徒になれるわけではなく、まずユダヤ教会が家の近くにあること、ユダヤ人のいる地域で...続きを読む

Qユダヤ人迫害の理由

お世話になります。
先日質問させていただいた内容と別に新たにコーナーを設けました。
ユダヤ人は、なぜ差別され、迫害されるのか。ユダヤ人の周囲には、なぜ紛争が絶えないのか。というところ分かりやすく教えてください。

(あまり専門的だと混乱するので易しく分かりやすくお願いします^^;)

Aベストアンサー

 参考 URL に、似た質問がありますね。
 この参考 URL の No.1 で、「自己強化」という話が出ていますが、差別され続け、迫害され続ける中で、それが固定化されてきたというメカニズムが働いています。

 その出発点ですが、ユダヤ教という生き方は、ユダヤ教が生活の中に戒律を持ち込む啓示宗教であるため、他の人たちと同化するのではなく身内で固まることを強制します。この特性と、自国が無いという「どこへ行っても異邦人」状態から、「違う人たち」扱いをされることになります。
 啓示宗教であればイスラム教も同じですが、ムスリムには自分の国がありますから、いざとなれば、強弱あるにせよ、自分の国が外交力で守ってくれます。が、ユダヤだけはそれが無かったため、イスラエルが作られるまでは一旦迫害されると止め処がなくなる状況がありました。それもまた、迫害が持続するメカニズムの一つです。

 なお、ユダヤ人の周囲に紛争が絶えないというのは、偏見です。別にユダヤ人の周囲でなくても紛争はおきていますし、ユダヤ人の周囲で平和な所もあります。
 このQ&Aの No.2 で言われているような民間レベルの揉め事は、いまだにありますが、これはどちらかというとユダヤの文化が排他的であったり平和ボケの人には意味が理解できなかったりユダヤ教の選民意識というものが鼻に付くからでしょうね。

 例えば、こんなエピソードがあります。
 父親と子供がお金を家の中に隠し、「お母さんには内緒にしようね」と言っていた、というものです。
 平和ボケした日本人は、「家族で隠し事なんて、しかもお金の話なんて、なんて酷い!」と反発するわけです。が、ユダヤ人というのは突然隣人にリンチされて殺されて家財丸ごと略奪されるなどという目に遭うことを、極めてリアルに警戒しなければならない立場でした。であれば母親が知らなければ、たとえ拷問されてもお金の隠し場所は言えず、結果として父や息子は助かるわけです。そういうシビアな状況での文化であり生活の知恵ですから、なかなか平和ボケの人たちとは素直に近所づきあいができません。
 まあ、その結果、突然皆殺しにされたりする状況を招いてしまうので、悪循環ではあるのですが。

 なお、イエスを殺したのがユダヤ人だという話は、聖書に載っているのですが、この辺の時代を述べた聖書の話は、そうとう疑わしいということは踏まえておきましょう。
 キリスト教が、死に掛けの皇帝をだましてローマの国教の座に居座ってから、教会は権威を帯びそれを維持するために、あらゆる手段を取っています。異端認定による異論の封殺、一般民衆の愚民化政策、民間の知恵の圧迫、魔女裁判、etc. その一環として、キリスト教の敵を作り、キリスト教徒を一体化させるという戦略も取られたと考えるべきです。現在、中国や朝鮮が日本を敵として国内を纏めているのと同じ手で、古今東西でよく使われる手ですから、キリスト教会がそれを使わなかったと考える方がナイーブというものです。そして、その敵が、ユダヤ人でした。
 よく聖書を読むと、イエスの処刑に関連するピラト総督とユダヤ人たちの問答は、いかにも作り話くさいシナリオです。実にステロタイプにユダヤ人が悪人に描かれ、それが却って創作であるという疑惑を強めます。フィクションに慣れてスれた現代人だからそういう疑惑を抱けるのであって、千年以上前の人々は、たいがい騙されたでしょう。

 ヘロデ王の時代はユダヤの自治も認められローマ帝国と特に衝突も無く暮らしていたユダヤ人たちですが、たぶん、後継者が悪かったのでしょうね。ユダヤ教という一神教の教条主義的な面が強烈に出て、多神教のローマ人と徹底的に衝突し、弾圧されます。この辺はヨセフスという男の書いた「ユダヤ戦記」に経緯は詳しいのですが、そういう敵であった経緯が、キリスト教の敵という座を押し付けられる相手として適役だったと考えられます。

 こう見ると、なんだか迫害された可哀想な人たちと感じるかもしれませんが、それは一面に過ぎません。そういう迫害を受け続けた故に、極めてタフでシビアでプラグマティズムの塊であるという一面もあります。
 例えば、「ホロコースト」は、恐らくユダヤ人の捏造です。イスラエル建国のために、連合国に恩を売るためにシナリオを作り証人や証拠を揃えたと考えられます。極めつけは、「ホロコースト」に異論を挟んだら逮捕されるという法律をドイツに作らせてしまって、捏造を法的に固定化した点です。こんな立法をしたこと自体が、逆に捏造だということを示していると考えられます。捏造だからこそ法で強制しないと、自由な議論や研究の結果、捏造がばれてしまうと、自分でも思っているわけですね。
 日本ですら、「ホロコースト」が捏造であるというテーマを記事にした「マルコ・ポーロ」という雑誌が、ユダヤの圧力で廃刊に追い込まれています。
 可哀想なだけの人たちではないということは、認識しておく必要があるでしょう。

参考URL:http://okwave.jp/qa2318062.html

 参考 URL に、似た質問がありますね。
 この参考 URL の No.1 で、「自己強化」という話が出ていますが、差別され続け、迫害され続ける中で、それが固定化されてきたというメカニズムが働いています。

 その出発点ですが、ユダヤ教という生き方は、ユダヤ教が生活の中に戒律を持ち込む啓示宗教であるため、他の人たちと同化するのではなく身内で固まることを強制します。この特性と、自国が無いという「どこへ行っても異邦人」状態から、「違う人たち」扱いをされることになります。
 啓示宗教であれば...続きを読む

Qユダヤ人は見た目で判別できるのですか

ナチスはユダヤ人を強制連行しましたが、ユダヤ人という判別は、見た目でできるものですか?
つまり、ユダヤ人が歩いていたら、すぐにユダヤ人とわかるほど、顔つきが違うものなのですか?
(私にはよくわからないのですが)

Aベストアンサー

ANo.5を拝読して、少し誤解があるようなので…。

ドイツにはドイツと言う国の名前がまだ無い頃からユダヤ人とドイツ人は差別はあったものの、それでも一緒に暮らしていました。そして、その両者のどちらにも、ドイツが祖国でドイツ語が母国語でした。
(ユダヤ人の差別はモーゼの時代よりもっと前から何処の国でもありました。)

20世紀のドイツでは、すでに混血も進んで、ドイツ人とユダヤ人は顔つきや見た目や外見では誰にも見分けが付かない状態でした。ヒットラーは何世代前のユダヤ人の血が混じっている人でもユダヤ人としました。何世代前にユダヤ人の祖先が居て自分自身ユダヤ人という意識が無い人でも、役所の書類を見ればすぐ分ってしまったそうです。
例えば、ノーベル賞受賞者のアインシュタインもユダヤ系ドイツ人です。古くは音楽家のメンデルスゾーンもユダヤ系ドイツ人です。そのことは、公表されているので分ることで、外見ではわからないと思います。
宗教もユダヤ教だけでなくカトリックやプロテスタントを信仰するユダヤ人もいたのです。

また、1933年にはユダヤ人には表紙にJudeを表す”J"と大きく書かれたパスポートを持たせ、服にはユダヤの星を付けさせ、1935年以降は大学教授、高校の教師等の教育関係や公務員などを初め、ほとんどの仕事からユダヤ人ははずされ、失業しました。
(ドイツでは昔も今も身分証明初の携帯が義務づけられています。)

現在、戦前にドイツに住んでいたユダヤ人の子孫などが戻って来ています。また、ドイツの俳優の中にもユダヤ系の人がいますが、顔つきや服装、外見上では全くドイツ人との見分けは付きません。

ANo.5を拝読して、少し誤解があるようなので…。

ドイツにはドイツと言う国の名前がまだ無い頃からユダヤ人とドイツ人は差別はあったものの、それでも一緒に暮らしていました。そして、その両者のどちらにも、ドイツが祖国でドイツ語が母国語でした。
(ユダヤ人の差別はモーゼの時代よりもっと前から何処の国でもありました。)

20世紀のドイツでは、すでに混血も進んで、ドイツ人とユダヤ人は顔つきや見た目や外見では誰にも見分けが付かない状態でした。ヒットラーは何世代前のユダヤ人の血が混じって...続きを読む

Qユダヤ人が迫害され続けた期間はどのくらいでしょうか。

ユダヤ人が迫害され続けた期間はどのくらいでしょうか。

Aベストアンサー

いちおー1945年


人気Q&Aランキング

おすすめ情報