ロンドンやイギリスの生活習慣について勉強しているのですが、もしよければどんなことでもいいので日本との相違点など、教えてください。
 ちょっとしたことでもかまいません。
 また、おすすめなサイト、本などあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は、イギリスに9ヶ月間滞在したことがあるので、お役に立てるかもしれません。



まず、お勧めの本ですが、私が渡英する前に読んでとても参考になったのが、林 望著の「イギリスはおいしい」と「イギリスは愉快だ」です。ケンブリッジ大学の客員教授として滞在されたときの体験談をエッセイにまとめたもので、特に食べ物に関しては、この本に勝るものはないと思います。

さて、私自身の体験ですが、イギリスと日本とではあまりに違いすぎるので、一口に説明するのは本当に難しいです。まず、年頭に置いておかなければならないのは、全く違う風土の土地で、全く違う歴史を歩んできた人々とは、根本的な考え方が違っているということです。そのことが生活習慣全般に渡り、日本とイギリスの相違点を生んでいると思います。

細かな生活習慣の違いを挙げるときりがないのですが、幾つかご紹介しておきます。

1.古いものを愛する
私の滞在した家は、150年前に建てられたもので、家族はそのことを大変誇りにしています。建物の歴史をきちんと調べていて、「100年前にはこのおばあさんが住んでいたのよ」と教えてくれました。

2.庭を愛する
イギリスのどのご家庭でも、自宅の庭に傾ける愛情は半端ではありません。仕事はかならず5時きっかりに切り上げて、小走りで家に帰ってきて、庭仕事に取り掛かります。日本人のように、鉢植えの植物や切花を買ってくるのではなく、芝生の手入れから、花壇作りまでなんでもやってしまいます。

3.自分で修理する
たいがいのものは自分で修理してしまいます。壊れた冷蔵庫でも、電灯の配線でも、庭の塀でも、何でも直します。また、部屋のペンキを塗り替えたり、庭に池を作ったり、ポーチに敷石をしいたり、とにかく何でもしてしまいます。

4.パブを愛する
イギリスであれば、どんな田舎町であろうと、必ず一軒はパブがあります。農作業を終えたおじさんや、授業の後の学生もみな、夕食後にはパブにやってきます。日本の居酒屋のようなおつまみというものはなく、みなエールやビターをちびちびやりながら、おしゃべりに花を咲かせています。酔っ払いを見かけることはほとんどなく、みな適当なところで切り上げて帰っていきます。

この他にも様々あると思うのですが、他の方からも解答がつくと良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お答え下さってありがとうございます。とても為になりました。ところでお聞きしたいのですが、ロンドンなど、大きな都市でも古い家とかが多いのでしょうか?
 やはり歴史の例の事件からレンガ作りな建物が今でも多いのでしょうか?
 質問が多くて恐縮なのですが、
 パブについてですが、日本のようではなく、昼間からたくさんの人が来ていたりするのでしょうか?
 それと「フィッシュアンドチップス」のことなんですが、やはり英国の人たちはよく食べているものなんでしょうか?(あまりよくは知っていません)
 全部でなくともかまわないのでよろしければ教えてくださいますと幸いです。

お礼日時:2001/09/24 11:16

回答が、大変遅くなってしまってごめんなさい。



ロンドンなどの大都市でも、もちろん古くて歴史のあるレンガ作りの建物がたくさんありますよ。
パブは、昼間は日本でいうところの喫茶店のような感じで、ランチを出しているところもあります。紅茶やコーヒー、もちろんビールを飲んでいる人もいます。夜ほどではないですが、結構人が入ってますよ。
イギリス人はフィッシュ&チップスが大好きです。しょっちゅう食べてます。フィッシュ&チップス専門の店があちこちにあります。パブでも、ランチメニューとしておいてあるところが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返答ありがとうございました。
 いろいろご存じなんですね。失礼だとは思いましたが、いろいろ聞いてすみませんでした。それに答えてくださってとても感謝しています。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/16 02:16

今度主人が転勤になるので、うちも調べている最中ですが、ダイヤモンド社の「地球の暮らし方」がおもしろいです。

住んでいらっしゃる方の体験談がぎっしり、ためになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。今度図書館へ行って探してきます。
 イギリスに転勤ですか。わたしもいつかロンドンへ行きたいと思ってます。

お礼日時:2001/09/24 11:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

こんにちは。
私からは、下記のとおり、
5人の写真家の
作品を紹介させて下さい。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。


1、ロバート・メイプルソープ

●「メイプルソープの花」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=09217979

センセーショナルで、なまめかしいポートレートで、
世間の注目を浴びた写真家。
しかし、彼の撮ったポートレートも美しいですが、
(衝撃的なものもあります)
彼の撮った「花」も素敵です。
自由自在に光を操って、
ある時はなまめかしく、
ある時は可愛らしく、
撮影した花は秀逸です。


2、マン・レイ

●「写真家マン・レイ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02024620​

●「マン・レイ マスター・オブ・フォトグラフィ」

シュールレアリズムに身をおく写真家で、
幻想的な写真を多く撮っています。
画家のマグリットと似た雰囲気の気がします。
写真を中心に活躍しますが、幻想的なオブジェも多数制作していました。
以前、自宅からかなり遠い山口で、「マン・レイ展」があった時、
本気で行きたい!と思ったほど好きな写真家です。
その時は行けなかったのですが、
数年後偶然「マン・レイ展」に行く事ができました(笑)。
「ソラリゼーション」は彼が偶然から見つけた手法です。
美が多様化する前に、女性のポートレートを撮ったせいか、
同性から見ても極めて美しい写真が多い気がします。
なまめかしい作品もありますが・・・。

特に、「白と黒」というポートレートを見た時、
心底しびれました。
こんなに綺麗に人間を撮れるのか、
と絶望に近いくらい、うちのめされました。
下記は、カレンダーですが、
表紙が「白と黒」です。
オリジナルは、青い色がのっていない、
モノクロ写真だった、と思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/3832711414/qid%3D1138585402/sr%3D1-1/ref%3Dsr%5F1%5F0%5F1/250-9522730-7858600​


3、ウジェーヌ・アジェ

●ウジェーヌ・アジェのパリ
~タッシェン・アイコンシリーズ~
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31024439

100年前のパリを、大きな写真機を抱えて、
撮って歩いていたのが、この写真家です。
「近代写真の父」という異名があります。
画家に「風景写真」を売る仕事をしていたため、
モネにも、町並みの写真を売っていたとか。

写真機の性能により、
はっきりとした画像ではないのですが、
なぜか、不思議なあたたかみをたたえた写真が多いです。
どこか「絵画」のような雰囲気のする作品だと思います。


4、田所美惠子
http://www5a.biglobe.ne.jp/~m-tado/index.htm

●「針穴のパリ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31679138

今年の3月に、初の写真集「針穴のパリ」を発売。
今年の5月に都内で写真展開催の予定。
オフィシャルページにも数点、作品があります。
昨年、ポーラ美術館でとても気になったポストカードがあって購入したのが、
彼女の作品です。
「ピンホールカメラ」で撮影した、
「白黒」の写真です。

色彩あふれる作品が多い現代の中でも
不思議なかっこよさがあって、
ひかれています。


5、荒木経惟

●「愛しのチロ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31066964​

●「天才アラーキー 写真ノ方法 集英社新書」http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30829091​

「スケベな写真」の人という認識を長年、持っていましたが、
(今も持っています)
彼の撮る、猫、人、花は、魅力的です。
悔しいけど、彼の撮る「おじいちゃん」「おばあちゃん」、
とてもあたたかいのです。
「かなわないな~。」としみじみと思いました。

飼い猫のチロの写真もいい写真が多いですね。
写真展で見た、「家族の肖像」では、
「荒木経惟」「チロ」「亡くなった奥さんの遺影」で、撮っています。


参考になれば幸いです。

こんにちは。
私からは、下記のとおり、
5人の写真家の
作品を紹介させて下さい。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。


1、ロバート・メイプルソープ

●「メイプルソープの花」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=09217979

センセーショナルで、なまめかしいポートレートで、
世間の注目を浴びた写真家。
しかし、彼の撮ったポートレートも美しいですが、
(衝撃的なものもあります)
彼の撮った「花」も素敵です。
自由自在に光を操って、
ある時はなまめかしく、
ある時は...続きを読む

Q日本人の習慣や、平和に関する詩を探しています

日本人の良い習慣、悪い習慣などについて歌っている
詩、又は歌詞を探しています。英語の詩がよいの
ですが、ネットで探してもどうしても見つからない
ので、日本語でも結構ですのでどなたかご存知の
方、紹介して頂けませんか?

日本人の習慣以外でも、それに関連するようなもの
でしたらなんでも結構ですのでお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詩については受取り手の感じ方次第なので、質問の内容と一致しているかどうか分かりませんが、中島みゆきの「4.2.3.」なんてどうでしょうかね?

この曲の入っているアルバム『私の子供になりなさい』は、確か英訳版の歌詞カードも入っていたような気がします。

参考URL:http://utahime.sukinano.net/megami/00/000allsongs_frame.html

Qイギリスに関する本で・・

イギリスに行きその魅力にすっかりはまってしました。
しかし、主婦なので次回はいつ行けるのやら・・・
という事で 英国に景色が満載の写真集や本・・
何でもいいです。
少しでも英国を感じられるもの 教えてください!!!

Aベストアンサー

こんにちは。
私もイギリス好きなのでいろいろ書店で探しています。
(ランズエンドも昔行きました。)

日経BP社の「旅名人ブックス」シリーズは写真が結構たくさん載っているのでオススメです。
イギリスに関するものは
No.7  ケンブリッジ・東イングランド
No.16 ウェールズ
No.41 コッツウォルズ・西イングランド
No.42 湖水地方・北イングランド
No.46 英国の田舎町
No.54 イギリスの田舎のホテル
No.58 スコットランド
などがあります。
1冊当たり¥1500~2000とちょっと高めなのが残念ですが。
また小さな書店には置いていないことも多いです。

あとは昨年夏に発売された芸術新潮(雑誌です)で1冊まるごとイギリス特集がありました。
(イングランドとスコットランドのみですが)
在庫があればお近くの書店からでも取り寄せが出来るかもしれません。
http://www.shinchosha.co.jp/geishin/bn.html

Q好きな冒険小説ってありますか?あったら教えて下さい。できれば理由や感想も教えて下さい。

タイトルの通りです。

私は、ホーンブロワーが好きです。皆さんはどのようなものが好きですか?教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

それではついでに、
ジャック・ヒギンスの「鷲は舞いおりた」。これも絶対面白いです。

Qもしあなたが本文組をするとしたら,どんな書体を使いますか。

もしあなたが本文組をするとしたら,どんな書体を使いますか。

Aベストアンサー

石井明朝体。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報