どちらを買おうか迷ってます。
石油ファンヒーターとガスファンヒーターはどちらが暖かいですか?
壁はコンクリートです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 結論から先に言うと、同じです。

機器の能力さえ適切に選択できれば、熱源に関わらず暖房することができます。ただし、排気ガスの室内環境に及ぼす影響度は石油ファンヒーターでは看過できません。FF(強制給排気)タイプをお薦めします。
 ところで、直接暖房とふく射暖房の違いをご存知ですか。部屋の壁の熱容量が多い(コンクリートなど)では、ふく射暖房が効果的です。この違いは簡単に説明できないが、一言で言うと、直接暖房は空気を暖めるのに対して、ふく射暖房は物体を暖めます。コンクリート壁の部屋でよくある現象に、室温は高いのに寒気がする場合があります。それは、室温は部屋の空気の温度ですが、体感温度を示しているわけではありません。壁が冷たいときには壁から冷ふく射があり、言い換えれば、壁は冷房しているわけです。
 ファンヒーターは空気を暖める暖房器具なので、熱容量の大きいコンクリート壁を直接温められず、室温がある程度上がってから間接的に壁が暖まり、ホカホカ感を得られません。薪ストーブの暖かさに接したことがある方はわかると思いますが、これがふく射暖房の暖かさです。参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなお答え有難うございました。
実は石油ファンヒーターは持ってましたが(消臭大国というやつ)、なかなか暖まらない気がして、今年は新しくガスファンヒーターを購入しようか迷ってました。
結果的には、ガスファンヒーターを購入しました。

使う時間帯によって、使い分けようかと思ってます。
みんなさん有難うございました

お礼日時:2001/09/28 13:31

在来工法の木造住宅に住んで8年になります。


最初、私も本当に迷いました。
(住宅メーカーの担当者が「絶対につけておいて損はないから!」と言ったので、一応ガスの栓はリビングに設置してありました。)
しかし、最初の冬、あまりの底冷え(愛知の郊外ですが)に手持ちの石油ファンヒーターでは太刀打ちできず、遂にガスファンヒーターを購入することに!
大型で20畳を一気に暖めてくれるスグレモノです。
これなしではもう冬は越せません。

ただ、皆さんのおっしゃるように「ランニングコスト」はとても高いので、(いい気になってつけていると夏場¥3000のガス代が¥20000まで跳ね上がるのです)暖まったら、他の暖房器具にタッチした方がよろしいかもしれません。
立ち上がりの速さは感激モノです。
私は寒がりなので、それ以外にオバサンソックスとホットカーペット、石油ストーブを併用しています。
家族がいなくなり、自分ひとりが部屋に残った時はもったいない暖房ですので、すぐに上記のパーソナル?暖房に切り替えます。
しかし、やはりメインは「ガスファンヒーター」です。
同じく、移動は出来ませんが、お部屋の空気を汚さない「FF式(強制換気)のガスファンヒーター」もありますので、そちらもご検討下さい。

コンクリート住宅なら、私の家より保温性はずっとあるとは思いますが、お住まいが寒いところ、ご自分が寒がりならば、絶対「ガス」がオススメです!
    • good
    • 0

石油ファンヒーターとガスファンヒーターを迷うってことは、ガスコンセントなどの設備は十分ってことですよね。


私はそれならば安全性で数段に勝る『ガス』を推薦します。特に小さな子供がいたり、ペットがいる家庭ならなおさらです。
ガスの難点は『ランニングコスト』と『ガスコンセント』だからです。代わりに『手間』と『臭い』『灯油の購入管理』から開放されます。着火時すぐに暖まるのもガスの特徴ですしね。ただガスファンヒーターは停電時使えません。石油ストーブは使わなくても取っておいた方がいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

立ち上がりの瞬発力で言ったら「ガスファンヒーター」でしょう、


ランニングコスト(燃料費)で言えば「石油ファンヒーター」が有利です。

どちらも実際に使っていますが、
朝出かける前のほんのチョットした時間は「ガス」
長い時間つけっぱなしにするなら「灯油」と使い分けています。

一日どれくらい使うかが目安になると思います、
壁がコンクリートでしたら、保温力は抜群のはずですから、
「石油ファンヒーター」のほうがいいかな?

どうしても立ち上がり寒いようなら、一時的に他の暖房具を併用するとか、
ただし、灯油を購入できる販売店が近所にあることが絶対条件ですが…
    • good
    • 0

暖かさは、カロリー数によって違いますから、部屋に合うものを買えばよいでしょう。



便利さでは、燃料の補給の手間がかからないことと、点火・消火時の無臭な点と、点火後直ぐに暖まるのでガスが便利です。
ただ、ホースの長さしか移動できないことと、燃費が高いことがガスの欠点です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションで石油ファンヒーター

賃貸マンションに住んでいるものです。

借りる時、「石油ファンヒーターやストーブは灯油の保管とか危ないから使わないでください」と言われました。

なのでうちではエアコンを使用しています。

年末くらいからたまにエレベーターに乗ってると灯油臭い時があって、
誰だろうな?って思ってたら同じフロアの方が灯油タンクを持っている所に遭遇しました。

あれ?おかしいなぁって思いながら特に注意とかせずに去りました。

さきほど、契約書などを引っ張り出して確認をしました。

物件の間取りや家賃が載ってる案内の紙に
※(借主の禁止事項)貸主は本物件内において石油ストーブ及び石油ファンヒーターを使用してはならない。

と記載されています。

ですが、契約書にはそのような内容が載っていませんでした。

契約書に載ってないから使用していいのでしょうか?

うちではこれから先もファンヒーターを使うことはないのですが
もし違反してるのなら不動産屋に連絡するのですよね?

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難問ですね。私のマンションは分譲ですが築28年で耐火性非常に悪く

いざどこかで火災でもあれば上下両隣明らかに燃えるずさんな建築です

450世帯ありますが灯油お使いの方まだまだ居りますが管理会社からは

特に制限なし(過去に火災無しもあり)なので許されてます。

電気火災も起きないとも限りませんし何をどう安全に使用するかは

意識とモラル、マナーに由りますし灯油無しでも私の隣町では頻繁に

台所の油や火の消し忘れ、タバコの小火が多いです。

石油ファンヒーターは確かに煤が出ますので使わないと決めておられ

懸命な選択かと思います。賃貸アパートは禁止多いです。マンション

も賃貸の案内に記載してあれば禁止でしょうね。危険物ですので一度

不動産管理会社に使われている方居ります旨伝えるべきかと思います。

QFF式石油ファンヒーターの購入を考えています

新築し,初めての冬を迎えようとしています。
借家時代はエアコンと石油ファンヒーターを使用していたのですが,
新築を気にFF式石油ファンヒーターの購入を考えています。
ただ壁面に穴をあけることに抵抗があるので,
壁面の通気口の穴をそのまま利用できないかと考えています。
可能でしょうか。それとも専用の穴をあける必要があるのでしょうか。
何卒,お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど。
それでしたら出来なくはありません。ただ延長用配管ともしかしたら脱落検知のコードも長さが足りないかもしれないので、オプションの購入が必要になるでしょう。まあ業者がきちんとやってくれると思いますけど。

ただですね。本来部屋の通気口は通気口として使用する目的の物なので、それが使えなくなるわけですから、部屋の換気がきちんと出来なくなるので、あまり好ましい話ではありませんが。
(エアコンスリーブの流用であれば通気口は別に存在するでしょうから問題ないと思いますが)

多分その通気口は24時間換気のためのものですからね。(シックハウス対策)

Q20畳用のポータブル石油ファンヒーター使用時の結露

北海道からです。
今度、リビング15畳、和室6畳が繋がっているマンション(築16年)に引っ越します。

そこ用に、コンクリート20畳用のポータブル石油ファンヒーターを置く事を検討しています。

ただ、結露がかなり心配です。

20畳用というハイパワーな分、結露は物凄いと想像できます。

換気ももちろんですが、除湿機も併用して使用しようと思っていますが、1台で足りるでしょうか。

そして、もし除湿機を設置するとすれば、どこがベストでしょうか。

また、結露防止の為の豆知識など、ご教授いただければ幸いです。

宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

次のとおり、灯油1リットルを燃焼させると、約1.13リットルの水蒸気が出ます。
http://www.geocities.jp/shuji_maru/news/keturo.html

ですから、ファンヒーターの灯油消費量が分かれば、発生する水蒸気の量が分かります。
除湿器の除湿能力が、それに見合っているか、比較してみれば良いと思います。

なお、水蒸気は非常に拡散しやすいので、置き場所にそれほど神経質になる必要はないかと思いますが、コンプレッサー式の除湿機などは低温で能力が落ちますから、その辺を考慮した方が良いでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%A4%E6%B9%BF%E6%A9%9F
普通に考えれば、ファンヒーターの温風の通り道に近いところが良さそうかとは思います。

Q石油ファンヒーターと結露・加湿について教えてください。

木造1戸建て、6畳の部屋においてです。
普段から結露がひどいのですが、部屋は乾燥しているように思えるため加湿器を使用したいと思っています。
ただ、一晩中加湿していると窓から結露が滴って、床に水溜りができてしまいます。
おまけに石油ファンヒーターの使用も始めました。
こういった場合、どのように加湿器とファンヒーターを使用すると良いでしょうか?
加湿器は弱のメモリに合わせて、一晩中使用しています。タイマーは付いていません。
そもそも一晩中つけておく必要があるのかもよく分かっていませんが、軽い喘息持ちなので使用しています。
ファンヒーターは寝る直前にスイッチを切り、起きる直前にスイッチが入るようになっています。

どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

石油ファンヒーターはFFというタイプですか?
タイプにより燃焼時の水蒸気が室内に残ります。

まず湿度計を購入して、その部屋の湿度がどのようになっているかを調べてください。
多くとも60%を越えないようにしてください。
それでも室温が5℃程度になれば余剰湿度により結露はします。

通常のインフルエンザ菌は、湿度が高いと繁殖力が弱まるので、あまり乾燥状態を保つのは、健康上良くないのですが、結露がいやだったら別の健康維持方法を取り入れてください。

QFF式石油ファンヒーターか電気蓄熱暖房器(深夜電力利用)

上記の内容で、それぞれ工事費トランニングコストを考えるとどちらがよいでしょうか?
特に工事費が気になるところなのですが?

Aベストアンサー

ランニングコストは深夜電力利用の蓄熱暖房器よりもFF式石油ファンヒーターの方が若干安いと思います。(ほぼ同じ位です)

但し、設置(イニシャル)コストは蓄熱暖房器の方が断然高いです。
蓄熱暖房器はユニデールのVFEi70J(7kw)が定価で325,000円、VFEi50J(5kw)が260,000円、VFEi30J(3kw)が192,000円もします。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が3万円弱/台位掛かります。
本体以外にも蓄暖用の電気幹線工事が5万円/台前後は掛かります。

それに対してFF式石油ファンヒーターは本体が三菱の16帖用が定価で180,000円位+オイルタンクが200Lタイプで定価で4万円位掛かります。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が油配管込みで4万円/台位は掛かります。(電源は普通の100V配線で大丈夫です)

トータルコストはそれぞれの機器の寿命が違うので、単純比較は難しい所です。
FF式石油ファンヒーターの機器の寿命が約15年~20年位なのに対して、蓄熱暖房器は事実上半永久に使えるからです。

FF式石油ファンヒーターは給油の手間が必要(ガソリンスタンドに連絡が必要)なのに対して、蓄熱暖房器はメンテナンスフリーです。
私の個人的な好みとしては、対流式暖房のFF式石油ファンヒーターよりも輻射式暖房の蓄熱暖房器の自然な暖かさの方が好きですね。

ランニングコストは深夜電力利用の蓄熱暖房器よりもFF式石油ファンヒーターの方が若干安いと思います。(ほぼ同じ位です)

但し、設置(イニシャル)コストは蓄熱暖房器の方が断然高いです。
蓄熱暖房器はユニデールのVFEi70J(7kw)が定価で325,000円、VFEi50J(5kw)が260,000円、VFEi30J(3kw)が192,000円もします。(値引き率は会社によって違います)
プラス施行費が3万円弱/台位掛かります。
本体以外にも蓄暖用の電気幹線工事が5万円/台前後は掛かります。

それに対してFF式石油ファンヒーターは...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報