賢いポイント生活をはじめよう >>

土地を借用して家を建てて住んでいます。
隣接している駐車場の会社から、この土地に看板を立てさせて欲しいと要請がありました。
この駐車場は通行に便利なため、日常無断で素通りさせてもらっているため断りづらいのですが、借地であるので勝手に承諾していいものか迷っています。
仮に承諾する場合、口頭だけでなく文書で契約関係をまとめたほうがいいでしょうか。
どなたか法律的に問題はないか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ご質問の借地権が、地上権等の物権ではなく賃借権であるものとしてアドバイスをします。

借地権といわれる権利は賃借権であることがとても多いからです。

さて、民法612条1項には、「賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。」
また、同条2項には、「賃借人が前項の規定に違反して第三者に賃借物の使用又は収益をさせたときは、賃貸人は、契約の解除をすることができる。」と定められています。

したがって、質問者さんは地主さんの承諾なしに転貸することはできず、無断で転貸すると借地契約を解除をされてしまう原因となります。

なお、ご質問の看板を立てる部分の土地については、借地借家法の適用はないと考えられますので、同法の19条等は関係ないことになります。
    • good
    • 0

takkan39さんへ。

気を悪くなんかしてませんから大丈夫ですよ。質問主さんの反応とあわせて回答しようと思っていたのですが、takkan39さん用にもう少し詳しく書きます。

takkan39さんがおっしゃるように、看板を掲げることは利用方法に関する問題です。居宅を目的とする借地契約において、家を建て、居住し、それに伴う日常生活や日常的経済活動を営む(使用・収益権)ことが許されるのは当然ですから、看板を掲げることも目的に沿った通常の用法にあたると是認できるはずです。

個人でやられている塾や習い事教室の看板、または政党・議員支援の看板などを思い浮かべてみればよいと思います。これらの個人の日常生活に伴う商業的・政治的宣伝が借地・借家人に限り認められ無いと解するのは不合理ですから。

勿論、民法第594条により、別に地主との間で看板を設置しない契約(特約)があればそれに従わなければなりません。

この特約については、質問主も契約書を見ればあるかないかはすぐにわかるはずですし、質問欄にも記入がなかったため通常に従いました。

一般的に、借家契約においては、ペット不可なり看板設置不可なりの特約がついてきたりしますが、借地契約においては、貸主に不利益にならないようなペットや看板の特約等がつくことのほうが例外的場合です。

本件は、借地契約ですし、借地契約であれば、借家と比べかなり利用方法の自由がききます。

takkan39さんのおっしゃる論点の話にうつりますが、文面から推察するに、例え看板の所有権を取得したとしても、実質は賃貸借ではないか、結局、第三者のために土地を利用さす転貸にあたり許されないのではないかということですね。

ごもっとも。ただ、それで承諾がなかったらあきらめろでは話しが終わってしまいますし、もったいないなぁと思いましたので。

この点について、類似の判例があって知っているならビシッと指摘できるのですが、あるのかさえ分かりません。

本件は、いつでも撤去可能な動産である看板を置かして貰うだけであり、人が実際に敷地に入って使用・収益する形式ではないというところに特殊性があります。

確かに、ベストな援用ではないのですが、前回に書いた1,2の判例と借地上の建物を譲渡担保に供した場合の判例から考察すると、判例は、借地人が排除されて他人が土地を独立して使用・収益し、土地の使用主体が変わったに場合には、借地権の譲渡・転貸にあたるとするスタンスです。

1,の判例は、借地人がその所有する建物を賃貸した場合、建物賃借人が敷地を使う結果(実質的に土地の転貸借)になるにも関わらず、それは、借地人の所有する建物の使用・収益の範囲内にあり建物賃借人が独立して使用・収益しうる地位に立ったとはいえないから土地の転貸にあたらないとしているのです。

であるなら、敷地を囲んでいる外壁などは、厳密に言えば別個のものですが、建物が着ている洋服のようなものですからそのまま1の判例が妥当する。また、看板が外壁と一体となっていれば、その部分においても借地人を排除して独立して使用・収益をしうる立場に立ったとはいえないと解せるでしょう。

敷地にそのまま他人のため看板を設置する場合には、確かに形式的に敷地の賃貸にあたると言えるでしょうが、借地人であれば許される利用行為の変型ですし、これが信頼関係の破綻を招くほどのものか議論があるでしょうから、慎重に期す提案もした次第です。

ただ、先に言いましたが、他人の動産(犬も含む)を敷地に置く場合、他人が自ら敷地に入って使用・収益する形式でしか目的を達成できないわけではありませんから、賃貸借もしくは使用貸借という形式をとらなくても、不当性の問題は発生しないでしょう。

もちろん、相手所有のイナバの物置を置かしてあげて、相手が搬出・搬入のため出入りするという形式でしたら潜脱行為になるでしょう。
    • good
    • 0

質問者を混乱させてしまいそうですが、


air0001さんの回答で少し疑問があるので、私の意見を書かせていただきます。

>借地上のあなた所有の建物を誰かに賃貸しても、借地の転貸借にあたらず・・・

それはその通りだと思います。
借りているのは土地ですから。しかし、今問題としているのは借地の利用権及び利用方法ですよね?
論点は、この第三者の為に行う土地利用が借地契約に違反しないかだと思います。
第三者のために土地を利用させるのですから、権利の外観としては賃貸もしくは地役権の設定と言えるのではないでしょうか?

また、借地権には様々な特約も可能ですから
民法や借地借家だけを考えていてもダメで、いちど契約内容を確認して、
この契約独自の土地の利用制限についても確認しておくべきです。
普通の建物所有目的の範囲外ですから、なんらかの制限があるかも知れませんよね。

また類似のケースでの判例など、具体的に指摘可能でしょうか?(判例によるとおっしゃっていたので)
浅学で意見を述べてしまいましたが、
質問者にとっても有益な議論だと思いますので
お気を悪くしないでください。
    • good
    • 0

あなたのように土地を賃借している借地契約において、土地の貸主により、無断譲渡・転貸を理由にあなたが借地契約を解除されてしまう場合について整理します。



これは判例によるルールです。

1 借地上のあなた所有の建物を誰かに賃貸しても、借地の転貸借にあたらず解除されません。建物を貸しただけであり、あなたにも土地の使用・収益権が残されており、建物賃貸人が独立して土地を使用・収益できるわけでないからです。

簡単に言うと、借地権は依然としてあなたに残されているということです。

2 借地上のあなた所有の建物を誰かに譲渡した場合は、借地権の譲渡にあたり解除されてしまいます。建物を譲渡するということは、同時に、あなたから借地権が移ってしまうからです。

簡単に言うと、借地権はもはやあなたに残されていないということです。

そして、たとえ解除できる場合であっても、それにより信頼関係が破壊された場合にしか解除できません。

1,2から、結局、土地の借地人があなたから他人に実質的に変わらなければ許されるということです。貸主にとり重要なのは誰が賃借人かということなのです。つまり、土地の使用方法・占有状態に変更があるかどうかです。このことだけを覚えておけば問題なしです。

せっかく、お金をだして土地を借りているのです。土地の使用・収益権を有効に利用しないと勿体ないです。ちなみにひとつの建物所有目的の土地を借りて、ここからここまでがそうであそこからは違うなんて有り得ないことです。

あなたの借地に、誰かから頼まれて物を置かしてあげたら、土地の無断転貸で契約を解除されると思いますか。そんな馬鹿な話しはないでしょう。

看板を有償なり無償で立てたら、あなたの土地の使用方法・あなたが占有しているという状態に変更がありますか。相変わらず、あなたが使ってるという状態にかわりはありませんよね。

慎重を期したいのであれば、土地に外壁があるでしょうし、あなたが作った外壁でしょうから、そこに看板掲げればいいのではないですか。建物の賃貸が許されるのにいわんや外壁をやです。

また、あなたが無償で看板を買い取ったことにし、それを掲げれば、賃貸とかの問題も発生しないですから、いいのでは。堂々と広告宣伝費もいただけばいいのです。

駐車場があなたにとって有益な通り道になっていて、負担にならないのであれば協力してあげるのもいいことだと思います。

もちろん、地主さんに「看板あげるよ」の挨拶ぐらいはしといた方がベターでしょう。
    • good
    • 0

(趣旨)


第1条 この法律は、建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権の存続期間、効力等並びに建物の賃貸借の契約の更新、効力等に関し特別の定めをするとともに、借地条件の変更等の裁判手続に関し必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
1.借地権 建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権をいう。
2.借地権者 借地権を有する者をいう。
3.借地権設定者 借地権者に対して借地権を設定している者をいう。
4.転借地権 建物の所有を目的とする土地の賃借権で借地権者が設定しているものをいう。
5.転借地権者 転借地権を有する者をいう。

(土地の賃借権の譲渡又は転貸の許可)
第19条 借地権者が賃借権の目的である土地の上の建物を第三者に譲渡しようとする場合において、その第三者が賃借権を取得し、又は転借をしても借地権設定者に不利となるおそれがないにもかかわらず、借地権設定者がその賃借権の譲渡又は転貸を承諾しないときは、裁判所は、借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。この場合において、当事者間の利益の衡平を図るため必要があるときは、賃借権の譲渡若しくは転貸を条件とする借地条件の変更を命じ、又はその許可を財産上の給付に係らしめることができる。(…2項以下略…)

以上、借地借家法の条文です。


>「看板を立てる部分の土地については、借地借家法の適用はない」ということは、当方で決めることができる余地があるということでしょうか。

逆です。
建物の所有を目的とする部分の土地については、質問者さんが借地権の譲渡・転貸ができる余地があります。
借地借家法の19条の規定により、地主さんに不利になるおそれが無いにもかかわらず、地主さんが借地権の譲渡・転貸を承諾しないときは、地主さんの承諾に代わる許可を裁判所に求めることができるのです。後は裁判所の判断になるということです。

看板を立てる部分の土地は、建物所有目的とは考えにくいので借地借家法は適用されず、地主さんに無断で転貸をすると民法の612条により、借地契約を解除される原因となってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐ自分に都合のいいように解釈してしまいました。
再度のご教示ありがとうございました。
お礼が遅くなりました。

お礼日時:2005/05/25 18:26

#4ですが、説明不足があり誤解を招いてしまうといけないので補足をします。


ご質問の土地については、家が建っている土地と、看板を立てようとしている土地を分けて考える必要があると思います。
借地契約を解除されてしまうのは、全部の土地ではなく看板を立てるため転貸された部分の土地になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
「看板を立てる部分の土地については、借地借家法の適用はない」ということは、当方で決めることができる余地があるということでしょうか。また民法第19条の規定に関することがわからなかったのですが、でも地主さんに断りもなく承諾するのは問題がありそうですので、よく相談してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 20:39

土地を借用と書かれているのは、定期借地権かなにかでしょうか?


であれば、土地の一部でも他人に転貸したりするには
地主の承諾が必要になります。
(転貸ではなく地役権ともとれますが・・・)

いずれにしても相談者とその会社との間だけで
看板を設置するような取り決めはできません。
相談者がその会社から報酬をもらうという前提で
地主に承諾をお願いするのであれば、
契約時に特約の無い限り、通常は承諾料を払うようです。
その時は転貸の契約を結ぶことになると思います。
しかし頼まれているだけなのであれば、自分に処分権限が無いことを伝えて、
お断りするのがよいと思います。

また、仮に地主とその会社が談判して看板の設置を決めたとしても
それによってあなたの土地の賃借に差し障りが出るようであれば、
地主はあなたの賃借権に基づく土地利用権を害するような行為はできませんから、
その時はしっかりと権利主張するのがよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
報酬を得ることは考えていないのですが、断った場合に無断通行をとがめられた時に困ると思っております。
通行は便利なので利用しているわけで、通行できなくなると大変というわけではありませんが、でも通行できたほうがいいのですが。。
地主さんの意向を考慮することが解決の入り口のようですので、まず相談してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 20:31

回答ではないのですが……



土地を借りるときに契約書を交わしていませんでしたか?

その時に、土地の使用目的を限定している場合、土地の持ち主に無駄で看板などをたてさせることは、難しいかも知れません。

また、実際に契約する場合には、口約束でも契約と認められます。
しかしながら、何か問題がおこった時には(例えば、台風などの災害で看板が倒れ、通行人がけがをしたときは、誰が責任を負うの?など)、お互いの主張が水掛論になる場合もありますので、書面を交わしていたほうがいいと思いますよ。

今回のようなケースでは、市販の定型契約書などはないと思われますので、こんな契約書にしたいとたたき台を作って相手にも検討してもらい、お互いの意見を取り込んで契約書を作成するといいと思われます。

契約書の作成には次のページがお役に立つかも知れません。

↓その契約書、大丈夫ですか?~あなたの契約書のトータルコンサルタント~契約書の達人

参考URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~r_osanai-jimusho/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
まず地主さんに地主さんに相談することが先決のようです。
先になりますが承諾する場合になった時は、契約書作成のホームページを参考にしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 20:13

私は、法律に詳しいわけではありませんが、



一般的に、あなたは、その土地に住む目的で、土地を借りているわけですから、それ以外の用途に、その土地を使用することは、おそらく、法的に問題があると思います。
おそらく、地主に異議を申し立てる権利があるはずです。

地主に連絡するか、或は、あなたの了解を得て地主とその会社が直接契約するほうが、無難ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございました。
やはり地主さんに断りもなく承諾するのは問題があるのでしょうね。地主さんに相談してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/21 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無断で看板設置されたら・・・・

初めて質問させていただきます。 友人の実家の話なのですが駐車場を経営しており、周りをフェンスに囲まれたアスファルトの平地駐車場です。 ここ3.4日前に駐車場の使用者から見たこともない看板がフェンスに針金でつけてあるとのことを聞き見に行ったらしいのですが全く見に覚えもないとのことです。 確認したところ消費者金融系の怪しい看板で友人は勝手に外して処理したらもし見られていれば仕返し等されないかと大変不安になっており、現在放置している状態とのことです。 私は気持ちが悪いので早急に外して捨ててしまえばいいと思うのですが、無断で設置されたとはいえ勝手に捨ててしまうと後々めんどうなことになるのでしょうか? 良いアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ
No.1の方の対処でいいと思います。
駐車場の管理権限は、質問者様のご友人にありますので、無断で掲示されたのであれば、外してかまいません。
むしろ、気づいたにもかかわらず放置なさると、了承したと取られる場合があります。
それでなくても、近所に良い評判にはならないでしょう。

器物損壊が心配なら、外して捨てずに置いておき請求があれば返すか、着払いで送りつければいいと思います。
若しくは、看板に書いてある連絡先に電話(内容証明郵便ならより確実)して撤去を申し入れ業者自身に外させる方法(期限内に撤去しない場合は取り外して看板は廃棄する旨は通知する)や、連絡先の判らない場合、看板自身に、撤去する旨を告知した張り紙をしばらく掲示すればよいと思います。

Q野立て看板設置用の土地の賃料を決めるには?

所有している土地、(空き地)に看板を建てたいと
言うことで賃料を決めてくれと言われておりますが
広告主から直接の依頼でお互い相場も分からず困っています。
同じような経験をお持ちの方、または専門業者の方がいらっしゃいましたら助言を頂きたいと思います。
立地条件は国道沿いの交差点で
24時間当たり2万台の交通量が有ります。
交差点になっていて、視界を遮る建物は有りませんので非常に
視認性は良いと思います。
、鉄の1本支柱にコンクリートで土台固定し
縦長に横1m×縦5mの広告(社名と道案内)
全体的な高さで10m位になるようです。

Aベストアンサー

私の親戚が国道沿いの畑に看板をたてさせていますが、
横1m×縦5mの大型スーパーの看板ですが、
一月1万円で、年度の初めに1年分の12万円支払う契約です。
red_kids様も一年で12万円という契約でどうでしょうか。
相手に一年で15万円という話をしておいて、
13万円ぐらいで手を打つのがいいでしょうね。
交渉ですから、12万円前後で、うまくまとめるといいでしょう。

Q看板設置の使用料(お礼)

民家の軒先に1000mm×400mm程度の広告看板を置かせてもらった場合、
月にどの位の使用料(お礼)をお支払いすれば宜しいでしょうか?
設置は簡素で、スグに撤去可能な設置です。跡形も残りません。
そんなに都会ではなく、車の月極め駐車代金が1万5000~2万円程度の地域です。
駐車場の大きさから考えれば、20分の1程度なので、月1000円というところでしょうか?
そのような計算の仕方で良いのか・・・
仮に1日50円×30日で1500円くらいですと安すぎますか?
相場が分かりません・・
基本は当人同士の交渉で価格が決まるのでしょうが、
高すぎては当方がキツイし、安すぎては家主の方に失礼ですし・・・
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

うちの所は月極で5000円程度なのでうちの所より相当都会ですね。

すぐに撤去可能な状態と言うことで盆暮れに5000円程度の商品券とかでは少ない気がしますか?

Q看板の契約書

道路沿いに看板を設置させてもらおうとしておりますが、その時の契約書や覚書のひな形のようなものはどこかにないでしょうか?インターネット上のアドレスを御存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

屋外広告は地域によって、管轄もルールも違います。

公道の種類、国道,県道、市道などから所轄所を探してください。

設置予定地の自治体、役場で管理部門、管轄事務所を教えてくれます。

設置する場所により許可、不許可,許容範囲、サイズ,風圧、耐気候性等の書類の提出を求められることも多いです。

一般に公道であればその地域の道路を管轄している土木事務所などが所定の必要申告用紙と道路地図などを準備しています

管轄所でルールの説明書を貰い所定の書式に記入し要求される設計図書を提出するのが一般的です。

私有地内であればまず土地の所有者に意向を聞き、
設計図書,設置期間、設置契約費用等を書きこむ書式を自身で作っても良いでしょう

雛型のアドレスは生憎知りませんが、
私達は、役所のものを見本にして付け足したり,
省略したりしてワープロにて作成し、両名捺印署名のうえ両者が同じ書式を1通ずつ所持し契約を成立させています。

下記のアドレスは兵庫県加古川市のものです。
参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/hp/tokei/okugai/okindex.htm

屋外広告は地域によって、管轄もルールも違います。

公道の種類、国道,県道、市道などから所轄所を探してください。

設置予定地の自治体、役場で管理部門、管轄事務所を教えてくれます。

設置する場所により許可、不許可,許容範囲、サイズ,風圧、耐気候性等の書類の提出を求められることも多いです。

一般に公道であればその地域の道路を管轄している土木事務所などが所定の必要申告用紙と道路地図などを準備しています

管轄所でルールの説明書を貰い所定の書式に記入し要求される設計図書を提...続きを読む

Q冷蔵庫は横にして大丈夫?

引越しで自分で小型の冷蔵庫を運ぼうと思っていますが、乗用車で運ぶため立てた状態では運べません。
横に寝かすか、斜めの状態で運ぼうと思いますが大丈夫でしょうか?良くは無いと思いますが、絶対にだめな危険行為でしょうか?ガスが漏れるとか。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

移動運搬するときの基本は立てたままがもちろんよいのですが、
仕方がない場合は斜めでもOKです。
最悪横にしても構いませんが、その場合はできれば1日ほど
立てたまま、コンセントもささずにしてから
使用してください。
 なぜ、立てたままにしないといけないかと言いますと、
ガスにはあまり関係なく、コンプレッサーより、オイルが出て行き
冷媒能力低下、及びコンプレッサー故障に繋がり易いためです。
あと、オイルがコンプレッサーに戻るには時間がかかります。
横にしての移動時間にもよりますが、最低2時間。できればやはり1日は立てたままにすることを重ねてお勧めいたします。
まぁ~斜め程度でしたら、1時間電気を入れずに立てていればOKです。

Q看板設置金額の相場を教えてください。

母が経営する駐車場の一台分のスペースに近くの中古車販売店に広告の設置を頼まれましたが、金額交渉の前に相場金額を知りたいのですが、一ヶ月の駐車代ぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

地元の貸し看板やさんに聞いてみたらいかがですか。
 ちなみに1台分のスペースが1カ月分のということがありませんが、土地の場所のもよりますので。
 貸すのであれば看板の撤去要求時期、撤去した後の現状復帰など契約書は、きちんとしておくといいですよ。以外と撤去時トラブル時あります。契約書は取り交わす前に詰めをどうぞ。
 1ヶ月の駐車代+00円で貸し看板やさんに貸す方法もあります。(貸し看板さんには賃貸の条件撤去などの契約書あるとおもうので。)
 

Q根抵当権の抹消手続きをしたいのですが私でも可能でしょうか?

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

また、その根抵当権のついている土地は義父名義のもので、借り入れも義父名義での借り入れだったのですが、私が代わりに手続きにいくことは可能なのでしょうか?

仕事を休んで手続きに行かなければならないので、行ってから私ではダメだったとか、足りないものがあってまた後日もう一度・・・となってしまっては困るので、なんとか一回で済ませられるようにと考えています。

質問が多くて申し訳ありません。
ちょっと気持ちが混乱してしまっていて、うまく文章にできませんでしたが、よろしくお願いします。

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の余白欄にお義父様のご署名・ご捺印(認め印で結構です)されても構いませんが、万が一書き損じがあった場合に、金融機関の捨印がないために再度委任状をもらいに行かなくてはならないということになってしまう恐れがあります。
よって、お義父様の委任状は白紙の紙に別途記入されることをおすすめします。
土地に根抵当権がついているとのことでしたが、建物にはついていませんか?
通常土地建物はセットで取得するので建物にもついているのでは?と思います。

法務局では、登記申請書の記入が必要になりますが、親切丁寧に教えてもらえますので、安心して行ってみてください。
ただし月末月初の繁忙期は避けてあげて下さい☆
費用は登記印紙で納めますが法務局で購入できます。

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の...続きを読む

Q土地を借りている人が、その土地を他の人に貸したら違法行為ですか?

TVで見かけたのですが、こういう商売があるそうです。
土地を持っている人
「小さな土地だが、駐車場にしたりアパートを建てたりすることなく、更地のまま活用したい・・・」
商売のための土地を借りたい人
「短期間とか一日数時間の契約でいいから自由に商売をやらせてもらえる場所はないだろうか・・・」

こういう二者をマッチングして、「狭い土地の時間貸し」をするネット商売が出現したそうです。

主な契約は
借主「軽ワゴン車を使って鯛焼き屋、弁当販売、靴磨き、などの商売をする人」
貸主「小さな事務所の経営者で、営業マンが出払ったあとの駐車場を短時間で貸し出しする」
こういうニーズがマッチしているそうです。

ここでふと思ったのですが、土地を貸す側が自分の土地ではなく、地主から借りている土地を貸し出すことは可能なのでしょうか? それとも地主からクレームが入って、借り賃の何割かをピンはねされてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

底地地主の承諾があれば、可能でしょう。

現在の契約書の契約範囲を越えて、無断で、また貸しをすると、契約解除になると推測しますが。。

Q土地を勝手に使われています

自宅より80kmほど離れた場所に、
80坪程度の土地(更地)を所有していますが、
隣の方が、勝手に土地を耕して畑を作っています。
以前、土地を買い取ってもらうか、賃貸にするか、
畑を作るのを止めてもらうか、いずれかにして欲しい旨伝えましたが、
お隣さん曰く「放っておいたら、草が伸び放題になるから
畑を作って管理してあげているんだ。」と逆ギレされてしまいました。
確かに、頻繁に見に行ける場所ではないので、
そういう風にいわれてしまうと、反論できませんが、
税金を払っている私としては、なんだかスッキリしません。
一度、売りに出したんですが、
古くからの住宅街の中のせいか、買い手は現れませんでした。
今年もまた作物を植える季節がやってきました。
なんとか、阻止する方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

登記簿謄本の地目は何になっていますか

「雑地」「農地」「宅地」解らなかったら調べてみてください

もし宅地なら農地に登記変更を迫られて資産価値減少に繋がります

先の方が仰っている様に占有を主張されて土地の全て持って行かれます

早急に手を打つ必要が有ると思われます

弁護士に依頼して裁判になると手間や弁護士費用だけ損になります

従って少し金がかかりますが

土地全部に「熱く砕石を撒く」又は「全体をコンクリートで覆う」

その上で駐車場として貸出看板を出せば良いのではないでしょうか

もし借り手が無くても手段としては有効だと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報