磁性についてお聞きしたいのです。
一応常磁性、強磁性、反強磁性など習ったのですが、
今ひとつ意味が分かっていません。
というのは日常と結びつけることができないわけで、
磁石にくっつくということと磁石になると言うこと
の違いがよくわからないのです。
1磁石にくっつくということについて
常磁性のものは磁石にくっつくのですか?
プラスチックやビニールなどは常磁性なのですよね。
温度によっても変わると思いますが、磁性が無いという
のはこのことをさすのでしょうか?
2磁石になるということについて
ただ強磁性と言うだけでもだめらしいということは
聞きました。残留磁化がどうこうの・・・・
よくわかりません。
つまり常磁性、強磁性、反強磁性(こいつもよくわからない)について深くわかっていないので
わかるかたどうか教えてください。

A 回答 (4件)

こんにちは、お答えします。



>1磁石にくっつくということについて
>常磁性のものは磁石にくっつくのですか?
 くっつきます。鉄の化合物など

>プラスチックやビニールなどは常磁性なのですよね。
 常磁性ではありません。磁性体では、ありません。

>温度によっても変わると思いますが、磁性が無いというのはこのことをさすのでしょうか?
 このことではありません。強磁性体でもある温度になると性質を失うのです。

>2磁石になるということについて
>ただ強磁性と言うだけでもだめらしいということは聞きました。残留磁化がどうこうの・・・・
 磁性体は全て一時的には、磁石になりえますから、永久磁石のことでしょう。永久磁石になるためには、強磁性体の中で外部磁界が無くても安定した大きな磁化を保つ必要があり、残留磁化や保磁力大きい必要があります。KS鋼、MK鋼、アルニコ、バリウムフェライトなど

>つまり常磁性、強磁性、反強磁性(こいつもよくわからない)について深くわかっていないのでわかるかたどうか教えてください。
 常磁性体:永久磁性はないけれども、強い磁石には、引かれる物質。  
 強磁性体:外部の磁界が無くても磁化が存在する物質。 鉄、ニッケル、コバルトなど
 反磁性体:磁界と逆向きに磁化する性質を持った物質。 ビスマスなど

もし磁界、磁束、保磁力などについて、さらに詳しい知識が欲しいようでしたら、下記URLが参考になるかも知れません。

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~katsuaki/magQ&A.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答が遅くなり申し訳ありません。詳しく説明していただいてありがとうございます。なるほど、常磁性体は磁石にひかれるのですね。もちろん強磁性もひかれると言うことで。反強磁性のままのやつならひかれないと言うことですね?

お礼日時:2001/09/25 10:11

大学で磁性についての基礎研究をしている者から、補足コメントいたします。



永久磁石であるか否かということと、磁石に引かれるか反発するかという性質は、区別して考えて下さい。

永久磁石になっている物体は、外部から磁場をかけなくても、それ自身が外部に(巨視的な)磁場をつくります。この状態は、強磁性体という種類に分類される物質が、キュリー点と呼ばれる各物質固有の温度点より低い温度におかれ、かつ物体内の微小な永久磁石領域(磁区)の方向が揃うような処理を受けた場合にだけ実現します。

一方、全ての物質は、その強さを別にすれば、必ず、外部から印加した磁場の勾配の正の方向または負の方向の何れかに向かう力を受けます。前者が「磁石に引かれる」タイプの磁性体で、全ての温度領域での、強磁性体、反強磁性体などが含まれます。後者の「磁石に反発する」タイプの磁性は反磁性と呼ばれます。反磁性体の中で圧倒的に強いのが超伝導体、そして、水やほとんどの有機物を含む大多数の物質は弱い反磁性体に分類されます。

「磁石に引かれる」タイプの磁性は、物質中の対をつくっていない電子個々のスピンという性質に由来します。このときは、物質中に、原子レベルの永久磁石が存在すると考えればいいでしょう。また、反磁性は、物質中の電子の運動状態が、(電磁気学の)ローレンツ力によって変化することにより生じます。運動する電子を含まない物質はありませんから、弱い反磁性は本来全ての物質に備わっています。しかし、スピンの効果はこの反磁性の効果に勝るので、その差額が「磁石に引かれる」タイプの磁性として現われてくるのです。

常磁性という言葉は、たいていの場合は、強磁性体や反強磁性体が十分高い温度におかれ、原子レベルの永久磁石の方向がばらばらの方向に乱れて運いている状態を指します。このような状態でも、外部から磁場をかければ、原子レベルの永久磁石はある程度揃うので、磁石に引かれるのです。(その他、「パウリの常磁性」など別の常磁性機構があるのですが、長くなりますので割愛します。)

ただし、一般の方が普通に入手できる磁石の磁場はあまり強くありません。これを使って、引かれるか反発されるかが体感できるのは、キュリー点近傍ないしそれ以下の温度にある強磁性体(あるいは液体窒素が使えれば超伝導体も使えるが)の場合に限られます。ただし、このとき、その強磁性体は永久磁石になっている必要はありません。強磁性体の磁区構造は弱い磁場でも容易に動き、磁化されるからです。

この回答への補足

すごくよくわかりました。日常の現象がわかったような気がします。けれども磁性がない物質ってあるのですか?No1で磁性体じゃないと言われましたが。電子を持っているのだからどの物質も磁性はあると言ってはだめなのでしょうか?わかりやすい説明だったのでまた暇であれば教えてください。

補足日時:2001/09/26 17:04
    • good
    • 0

元素で常温で強磁性体なのは鉄とコバルトとニッケルとガドリウム(20℃まで)です。


これらは一般的に言う磁石にくっつきます。
しかし、元素では保磁力がほとんど無いので、磁石としては使えません。
これらの元素に不純物を混ぜたり、他の元素を混ぜた合金で、保磁力を高めた物が磁石(永久磁石)と呼ばれます。
保磁力が無くても磁化率の高い合金はそのまま強磁性体です。(ステンレスの様に強磁性体を含んだ合金で常磁性対の物も多々あります。逆に常磁性を混ぜて強磁性体にした物もあります。)

これら以外はほとんどが常磁性、反磁性体で有り、一般的に磁石にはつきません。磁化率がかなり低いので。
ただ、非常に強力な磁界を発生できる磁石(超電導磁石など)では、このわずかな磁化率でも、くっついたり反発したりします。
水は反磁性を示すので、このような強力な磁石では浮くことが出来ます。
(モーゼ効果等。蛙を入れると浮いてしまいます。)

常磁性体は磁気モーメントが全体として中和している状態です。
強磁性体は磁気モーメントを持つ、主に電子が対にならずに存在し、その磁気モーメントが揃ってしまうことが可能になっている物です。
これをうまく全体でそろえてやることで磁石になります。

反強磁性というと、超伝導体がそれで、全く磁界が内部に入りません。(マイスナー効果)
この上に磁石をおくと、磁石が自分の磁力が返ってくるので完全に浮いてしまいます。

温度に関しては強磁性体にはキュリー温度というのがあって、それ以上の温度になると常磁性体になってしまいます。
磁石であってもこの温度以上に上げると単なる石になってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。一般的な室温での話わかりやすかったです。やっぱり磁力が強いと常磁生のものでも引っ張られるのですよね。引っ張られるということが強磁性、常磁性どちらに由来するのかよくわからなかったのです。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/26 17:03

磁性についてなんですが、物質が磁性を持つというのはその物質が磁気モーメント


を持っているかどうかだと思うんです。
磁気モーメントを持つ物は遷移金属や希土類などです。
その磁気モーメントがある方向にそろって並んでいる状態が強磁性、逆を向いて並んでいる物が反強磁性、バラバラな方向を向いている物を常磁性と言うと思います。高温で常磁性になるというのは、温度により秩序をもって並んでいたものが
ばらばら(無秩序)になるためだと思います。
永久磁石を作り出すためには、(おおまかですが)先ず大きな磁場を掛けて磁気モーメントを磁場の掛けている方向に揃えます、そのあと掛けた磁場を0にもどします、そのとき磁気モーメントはモーメント間の相互作用(この機構は良く分かっていません)によりヒステリシスを描き、ある程度磁化されたままになっています。
その磁化を残留磁化といいます、この大きさが磁石の磁力の大きさになっています。さらにこのまま磁場を反対方向に掛けるとある磁場で磁化(磁気モーメントの足し合わせ)が0になりますこの時の磁場を保磁力といいます。一般のテープ等は書き換えがしやすいように保持力の小さい物が使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そこまでの知識は教科書で習ったのですが、いざ日常の物質に当てはめようとすると困るのです。鉄はどうなんだ?などわからなくなってしまいます。本を買ったので少しずつ勉強してみようと思います。

お礼日時:2001/09/25 10:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反強磁性の磁化率について

反強磁性体の磁化率はネール温度までは磁化率が上昇しますがそれはなぜですか?

私の考えとしては、温度を上げるとスピン間の相互作用が弱まり外部磁場の影響を受けやすくなり自化しやすくなるためと思ったのですが、実際どうなのでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もっというと、磁性は2次の相転移現象です。
自由エネルギーの温度の2階微分に異常が現れる点を相転移温度と呼び、キュリー温度等がそれに当たります。

この現象を決定付けるパラメータは温度であり、外場は関係ありません。

Q金属で熱伝導率の高くて、常磁性体か反磁性体のものは?

コイルが非常に狭い所にあるので、直接は冷やせない場合、

コイルの発熱を抑えるのに 
"その金属板"を熱伝導体として使用して
"その金属板"をCPU用に売っている放熱板につないで
さらにクーリングファンでその放熱板を冷やす。
のですが、

Cu か Al あたりが使い安いでしょうか?
Agはやわらかいし。Mn Au Pt は難しそうですし。

そんなことしなくても、もっとよい方法がありましたら
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

#1です。
難しいですね。ダイヤモンドは熱伝導は良いですがちょっとね・・・
ノートパソコンの下にひく冷却用のジェルシートみたいのがありますが,あれの中身をコイルにべっとり縫ってそこにヒートパイプを突っ込むというのはどうでしょう・・ジェルがどの程度の粘性があるかわかりませんが・・・
また,
非常に狭いところにあるのであれば,周りにあるパーツを冷やせば,コイルも冷えると思いますが,それはできないのでしょうか?

Q強磁性体と常磁性体について質問です。

強磁性体と常磁性体について質問です。

ガドリニウムや鉄は、強磁性体だったり常磁性体だったりするんですが、強磁性体と常磁性体っていうのは同じことなんでしょうか??

Aベストアンサー

 元素単体で強磁性の物として知られているのは、Fe,Ni,Co,Gd,Tb,Dy,Ho,Er,Tm(Tb移行はごく低温で)ぐらいですが、では鉄の化合物は皆、強磁性かというと、酸化鉄(III)Fe2O3は強磁性ではありませんね。
 強磁性になるためには、電子がスピンを打ち消しあうように変移できないという電子軌道になったときだけです。
 物質の磁性には、反磁性・常磁性・そして特殊なものとして強磁性があるということかな。

Q記録材料 強磁性体の磁化曲線(ヒステリシスループ)

記録材料としての磁性体を考えるとき一般にどのような磁化曲線が望ましいと考えられるかをMs:飽和磁化、Mr:残留磁化、Hc:保持力などを用いて説明する場合どのように説明したらいいのですか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

実際に磁気記録材料として使うには、環境安定性や磁性粒子の均一性など種々の特性が求められるようですが、単純に磁化曲線における特性のみを考えるなら、

1.残留磁化と飽和磁化
 厳密には残留磁化で考えるべきでしょうが、磁気記録に使われるような軟磁性材料の場合には、1に近い高い角形比のものが多いので、MrとMsはほぼ同じ値と見て良いでしょう。
 この値は大きければ大きいほど磁気信号が大きくなるので、より大きな値が望ましいです。

2.保磁力
 保持力ではなくて保磁力です。これは、磁気記録が容易に出来る程度に大きすぎず、記録された磁化が容易に消えないように十分に大きな値という適度な大きさが望ましいです。しかし、最近のHDDなどのような高密度磁気記録の場合には磁性粒子の微細化が進んでいるのですが、保磁力は通常は磁性粒子の体積に比例して減少するため、高密度磁気記録材料の場合には出来るだけ大きな保磁力が求められています。

Q反強磁性体

磁性体は、強磁性体、常磁性体、反磁性体に大きく分類されていますが、反強磁性体はこの3つのうちのどれに属するのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>強磁性体、常磁性体、反磁性体に大きく分類されていますが

この分類は適切ではありません。

磁性は、先ず、正の磁化率を示す「常磁性」と、負の磁化率を示す「反磁性」に分類されます。

正の磁化率を示す物体には、温度による磁気的性質の変化があまりないものと、ある温度を境に急激に性質が変わるものがあります。後者のグループは、磁気相転移温度以下で磁気秩序構造をつくるものです。

この磁気秩序構造の分類として、強磁性体、フェリ磁性体、反強磁性体、などがあります。つまり、強磁性体も反強磁性体も、十分温度を高くすると、いずれは普通の常磁性を示すようになります。ただし、磁性物質の分類の立場では、温度を下げれば(例えば)強磁性体になることが判っている物質は、常磁性状態にある時から強磁性体と呼ぶこともあります。

お尋ねの反強磁性体は、ネール温度と呼ばれる転移温度より高い温度では常磁性を示し、それ以下の温度では反強磁性の秩序構造をつくる物質群です。磁化率が正か負かという観点では、常磁性を示す方に分類されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報