現在とある新聞社でアルバイトをしており、ぼちぼち記事(特集)も書かせてもらっている者です。
もっと実力をつけたいと思い、この秋からライター学校に通いたいと思っているのですが、いろいろあってどんなポイントで選んだらいいのか分からず、困っています。
また、「仕事も紹介する」というところもあるようですが、それは本当なんでしょうか?(もちろん実力次第なのは承知です)。
なかにはただ高いだけのところもあるようだし、「(仕事の紹介は)そんなん勧誘のためだけやで」という友達もいますし・・・。
どんなことに注意して選んだらいいのか、ぜひ教えてください。
できたら、実力をつけるのはもちろん、もっと仕事の幅を広げられたら・・・と思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現職ライターです。


はっきりいって、スクールは行かなくてOKです。
そのかわり、自分の書いた記事をきちんとまとめておいてください。

あなたの専門(得意分野)、あるいいは書きたいことはなんでしょう?
それに関する特集などを担当した場合は、その記事をさらに掘り下げ、
自分なりの2稿、3稿をつくったり、あるいは、
新聞記事風、ルポルタージュ風、評論風…と変化をつけたり、
そんなのがいちばん勉強になると思います。

周囲にはたくさんの編集者さんもいますよね?
その人たちに、特集以降、自分で掘り下げた作品を評価してもらってください。

担当記事のスクラップは、キャリアアップ(転職時など)の
「作例見本」として一番の説得力がある資料になります。
また、自己学習の成果と評価が、自分を売り込むときの自信になったり
方向性を見つけだす指針になります。

この業界は、現場主義、作品主義です。
スクールで勉強するより、金になった作品(掲載紙など)が
どれだけあるかが重要です。

以上のことをふまえて、それでも専門としたいものの基礎を学びたいなら、
スクールも手っ取り早いかもしれません。
総合コースでは現在の仕事と重なる部分も多すぎると思いますので、
例えばルポルタージュとか、広告コピーとかの、
単科コースを取るといいでしょう。
仕事の紹介などの宣伝文句には、あまり期待しないほうがいいです。
やりたい分野の単科があるスクールを選んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
自分の書いた特集をさらに掘り下げることは、今の私にまったくなかった発想でした。
スクールに行かなくても、できることややるべきことがたくさんあるんですね。
いろいろ勉強になりました。
いただいたアドバイスを参考に、まずは今できることに取り組み、それからスクールに行くかゆっくり考えようと思います。

お礼日時:2001/10/10 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーライター フリーライターとして働けたいと思ってはいますが、右も左も分からない状態です フリ

フリーライター

フリーライターとして働けたいと思ってはいますが、右も左も分からない状態です

フリーライターとして生計を立てている方々、仕事を取る過程、
仕事の内容、
1ヶ月、半年、1年間の仕事内容、仕事のやり方、仕事とプライベートの割合などを、教えていただけると幸いです

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

多分、硬く考えすぎです。
の割には「フリーライター」とだけで、ザックリしすぎです。
どんな仕事があって、フリーライターとしてどんな事をしたいのかを言えたら仕事は取っていけると思います。

Q【能ある鷹は爪を隠す】と言う 言葉がありますが。 実際 謙虚にしていても 実力も知識も 見せられない

【能ある鷹は爪を隠す】と言う 言葉がありますが。
実際 謙虚にしていても 実力も知識も 見せられないし。

だからと言って 【半沢直樹】【小さな巨人】みたいに 攻めの姿勢だと 【周りの味方は味方のふりをする。】みたいにならない??

どちら??

Aベストアンサー

自分の有能さを、誰にでも安易に見せびらかさない事が大事。
他人から便利屋扱いされて、自身の能力を高め・磨く事もでき
ないまま使い潰されたり、利害が異なる相手から、ライバル視
されて攻撃目標となる場合も有ります。
もちろん、爪も無いのに能力を隠そうとするのは、無駄な行為。
自分の能力を、誰にも見せないのではなく、見せるべき人には、
少なくともその片鱗だけでも見せておくべき。
誰にいつ何をどのように見せるかも、有能さを示す決め手。

Qフリーライターの仕事

もう新しい仕事をする年齢でもなく、文章の書き方がうまいわけでもありません。
しかし、昔から憧れているライター(フリーライター)という仕事に興味があります。
ライターを仕事としている人は最初はどのように仕事を探してくるのでしょうか?
友達も少なくそういった仕事をしている人もまわりにはいません。
フリーライターという仕事に大変興味があります。

Aベストアンサー

どんなテーマであっても、まずは自分で情報を探してくる、必要な人に取材を申し込むなど、自分から自主的に情報を探す意欲(周りの人が驚くくらいのレベル)がまずフリーライターには必要な資質ではないでしょうか。フリーライターの”業界”は参入しやすいとは思いますが、競争相手は沢山いるので生き残っていくのは至難の業だと思います。フリーライターは執筆”力”も必要ですが、情報収集力も桁外れにないと難しい仕事だと思います。さらに、今後はある分野における専門性も必要じゃないかと感じます。この人に聞けば「なるほど!」というくらいの”その道の権威”ぐらいの専門性です。
あとはビジネスとして展開していくためには、ひとつに、専門ライターとしての契約やフリーライター同士でアライアンスを組むということも必要かもしれません。単純に、フリーライターですと言っても、だれも仕事はくれません。
何年もの実績の積み重ねで要約食えるレベルの収入が可能かもしれないというのがフリーライターの仕事です。その間は貯金やアルバイトなどで食いつなぐという意欲も必要かと思います。

Q たいした実力もないのに、すこしパワハラをされたからといって、

 たいした実力もないのに、すこしパワハラをされたからといって、
労働基準局に相談する人っているのですか?
 といっても、そんなことしていたら普通就職先なくなりますよね?

 そんなことしている人いるのでしょうか?
なんでも良いのでご意見を

Aベストアンサー

NO7です。誤解しないように補足しますが 労働者に正当な権利はあり基本的に尊重しています。しかし、実力が無く それを理由に少し厳しく叱責等された場合にパワハラだとか言って 自分を反省せず 労基署や何とかユニオンに通報する人への対処方法みたいです。
なお、会社間でぱ在職・退職の事実以外の連絡は してはいけないことになっていますから 基本的に口頭で 会社外で行う場合が多いようです。そして、発言は具体的なことは言わず 抽象的なことしか言わないようですが 人物評を聞かれて「採用されるのは御社の自由ですが・・・(その後は沈黙)」と口を濁すだけでもう、それだけで相手はピンと来るようですよ。
別に 怖い系の人がいる会社でなくても 信用を重んじる金融関係や大手企業では これくらいのことはやっているようですよ。
まあ、待遇や労働条件が 世間並みより劣る会社では そんなことはしてないようですが・・・・
以上 あくまでも ウチの会社の出来事等ではなく 噂として聞いた話ですので誤解されないよう(笑)

Qフリーライターの方からイラストのお仕事の依頼を頂いたのですが・・・

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(?)からではないようなのです。

依頼内容と、版元の出版社、入稿時期、ギャランティの金額など詳しく書かれてはいたのですが
どうしても、その“フリーライター”というところが気になります・・・。
イラストレーターとしての経験もまだ浅く、周りに相談出来る人もおりません。
(以前お受けした1社としかお仕事したことがないのです・・・)

そこで質問です。
“フリーライター”の方のお仕事をよく知らないのですが、
フリーライターの方がイラストレーターをご自分で探して、
仕事の依頼をすることというのはあるのでしょうか?

フリーライターの方や、ご経験のあるイラストレーターの方など、
何かおわかりの方がおられましたら、ご協力頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

こんにちは。初めてこちらに質問させて頂く者です。

私は、創作系のイラストサイトを運営しているのですが
今回“フリーライター”の方(お名前も書かれてはいましたが)から、イラストの依頼を頂きました。
実は以前、別の編集者の方から依頼を頂いたことがあり
イラストレーターとしての経験は、あるのですが、
その時は“(株)○○”と、編集社の方からの依頼でした。
なので、依頼のメールを受けとった時に、その会社のHPを拝見したりして
仕事をお受けすることになったのですが、
今回は、会社の方(...続きを読む

Aベストアンサー

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかなか作りづらいです。
もしその会社の方針が変わってフリーの人に仕事を渡さなくなることとかも多々あります。

今回のフリーライターとの仕事がうまく進行して、
お互いの能力を理解したのであれば、
お互いの人脈を期待することができます。
今後もしそのライターさんがどこかの出版社とかでイラストレータを紹介して欲しいと言われれば、
もしかしたら質問者様を紹介してくれるかもしれませんし、
質問者様がどこかの会社でライターを探していると言われたら、
今回のフリーライターを紹介してあげれるかもしれません。
そうなると自ずと人脈が広がる可能性があります。

無数に存在するフリーやアマチュアのイラストレータの中から
運良く貴方を探して指名してくれたのだから、
多少心配しつつも、今回の仕事をやってみた方が今後にプラスになるような気がします。
もしトラブルが発生しても、一時的な損で勉強にはなると思いますよ。

フリーで紙媒体のデザインなど9年くらいやってます。

ライターが一括で制作を請け負い、ワタクシにデザインや制作などを依頼
することもありますし、
ワタクシからフリーのイラストレータの方にカットなどを依頼することもあります。
ワタクシが制作に関わっている某雑誌の表紙のイラストレータは、
道端で自作の絵葉書などを売っていた若い人をたまたま見つけて
依頼したりもしました。

会社からの仕事の依頼だと、会社内での人脈の広がりはあるかもしれませんが、
それ以上のネットワークはなかな...続きを読む

Q企画書、提案書?●●書かわかりません。

あるコンサルティング案件を受注しました。
よってそのクライアントに今後の方針や対策をざっくりまとめた資料を提出するのですが・・・。
こういうのは何書というのでしょう?

Aベストアンサー

企画書と提案書の区別が明快でないと前に進めにくくなります。
私も、何が・どう違うのか?
本やWEBで探しました。
ここに、明快に書かれています。
http://www.zukai.net/001wake/wake005.html
参考になると思います。

>クライアントに今後の方針や対策

方針は、
新しい「企て」をするのですから
企画書と考えて良いと思います。
内容は、「新しい何をやるのか!?」の概要

対策は、
どう進めるか、方法・手順を求められていると思います。
そこは、概要計画書..のように考えると
分かりやすくなると思います。

Qフリーライター選び方のポイントありますか?

ネットビジネスにおいてある情報商材を販売しようと思っています。
コンテンツを書くにしても全くの素人なんで到底ビジネスとして使えるものは書けません。
そこでフリーライターの方に外注しようと思い、ネットでそういうフリーライターの方が求人しているサイトを見ました。
ものすごい数のライターの方がおられるのですが、プロフを見ると実際に書いたことはないが○○の事に関しては書くのが得意だとありました。
色々見てみるとそういう実際に書いたことはないが書けますといった求人が多数見受けられました。
しかし、私としてはやはりお金を払う限りは実績がある方に依頼したい
と考えています。
こういう方に依頼した経験が全然ないのでライターの選び方がどうも
わかりません。
数いるライターの中から自分に合ったライターを見つけるポイントあればぜひ教えていただけないでしょうか?
あと少し気になることがあるのですが、やはり依頼するなら自分が住んでいる近所のライターさんに依頼するほうが何かといいのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

情報商材を売るならば、
価値があるのか無いのかわからないような品物を、
いかにも価値があるように見せかける必要があるのでしょう。

だとすれば、
自分はいかにすごいライターであるかを、
ハッタリかましつつ、
上手に宣伝している人にお願いすればいいと思いますよ。

「やったことはないけど得意」というのは、
ありえる話だと思いますし、
情報商材のライター実績がある人はそう多くないでしょうから、
必要以上に気にする必要は無いと思います。

書いた文章のチェックはメールやファックスでできますので、
近所であるかどうかは関係無いでしょうね。

Q了解と承知の違いって?

先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか?
まず、「了解」も「承知」も名詞です。
なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。
では、意味はどうなるか。

了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。例文:「お申し越しの件を了解しました」

承知・・・
1 事情などを知ること。また、知っていること。 わかっていること。例文:「無理を―でお願いする」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。例文:「申し出の件、確かに―した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。例文:「この次からは―しないぞ」

だそうです。

「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。

上記2つの言葉の謙譲語は「承(うけたまわ)る」なので、本来なら「承りました」が正解では???

Qフリーライターとは?

クダラナイ質問になってしまいますが「フリーライター」って何の職業でしょうか?質問の場所が違うかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

私はフリーライターです。

一般的には、ほかの方が書かれているように、フリーランスのライターのことです。フリーランスとは、特定の会社に属さない個人営業で、ライターとは、仕事として文章を書く人です。ライターを主な収入源として生活している人もいますが、お小遣い程度の収入しかなくても、原稿を書いてお金をもらっていれば、ライターと呼ばれています。ちなみに、所得が一定額以上に達しなければ、確定申告の必要はありません。バイトのかたらわらライターというのではなく、専業主婦のかたわらライターという人は、けっこう多いと思いますけど。

具体的な仕事は、雑誌の記事、書籍、会社案内などのパンフレット、メルマガ、ウェブの記事、機械のマニュアルなど、あらゆる分野に渡ります。ただ、日本でいう「ライター」の仕事は一般的にノンフィクションです。フィクションを書く人は、小説家や作家と名乗ることが多いでしょう。ちなみに、広告文を考える人は、コピーライターと呼ばれます。

最終的に文章という形で納品するのが通常のライターの仕事ですが、雑誌記事や書籍の企画、ネタ集め、資料提供なども仕事の一部です。

一般的の人はライターというと文章が上手で文章力で食べているという誤解があるようですが、実際には企画力や情報収集力のほうが重視されます。もちろん、文章力も必要ですが、文章力というものは、仕事として書いていれば、一定レベルまでは上達できるものですから。

なお、小説家は机に座ってライターは取材にでかけるというのは、誤解です。ライターでも、インターネット、書籍、電話などだけで情報収集することはできますし、小説家も取材に行きますよ。その人のやり方や仕事の内容によって、それぞれです。ただ、一般にライターはフットワークのよさが求められることは覆いようですね。

私はフリーライターです。

一般的には、ほかの方が書かれているように、フリーランスのライターのことです。フリーランスとは、特定の会社に属さない個人営業で、ライターとは、仕事として文章を書く人です。ライターを主な収入源として生活している人もいますが、お小遣い程度の収入しかなくても、原稿を書いてお金をもらっていれば、ライターと呼ばれています。ちなみに、所得が一定額以上に達しなければ、確定申告の必要はありません。バイトのかたらわらライターというのではなく、専業主婦のかたわらライ...続きを読む

Qマナー違反は承知の上で……

弱小ながらも広告制作会社に勤めています。
とある元請け中小商社から外注で企業の商品カタログの制作を定期で受けており、うちから更に別の印刷会社に依頼していました。しかしながら、元請け商社の担当者の対応やその商社そのものの気風、制作費用など、合わないことばかりで、その元請け商社との取引きを止めることにしました。その後クライアントととの話し合いにて、当社が直接受注する運びとなったのですが(元請け商社には無断で)、ビジネス上のマナー違反であるこは承知しています。が、こういう場合法律上では咎められるものなんでしょうか?
恥ずかしながら“業界の慣例”的な知識しか持ち合わせておりません。ちなみに…

・元請け商社=当初の顔合わせのみ立ち会い、その後はいっさいタッチせず。
       クライアントへの売上はこの商社から上がります。
・当社=クライアントとの打ち合わせ等営業実務担当。制作~納品まで管理。
・印刷会社=制作実務担当。製品写真の入力など、カタログデータの管理。

カタログデータの版権、著作権、使用権など詳しい方よろしくお願いします。

弱小ながらも広告制作会社に勤めています。
とある元請け中小商社から外注で企業の商品カタログの制作を定期で受けており、うちから更に別の印刷会社に依頼していました。しかしながら、元請け商社の担当者の対応やその商社そのものの気風、制作費用など、合わないことばかりで、その元請け商社との取引きを止めることにしました。その後クライアントととの話し合いにて、当社が直接受注する運びとなったのですが(元請け商社には無断で)、ビジネス上のマナー違反であるこは承知しています。が、こういう場合法...続きを読む

Aベストアンサー

マナー違反に問われるのは貴社ではなく発注元です。貴社は商社が発注先として抱える多くの下請け業者の一つにしか過ぎません。商社が貴社を選ぶかどうかは純粋にコマーシャルベースで判断することでしょう。貴社と商社の間に特別な協定があれば別ですが・・

一方、発注者は自ら業者を見つける力がなく商社の総合力に頼っていた筈です。業界のことがわかり、商社を通じなくても自ら発注先を開発できるようになって、貴社と契約したと言うことだと思います。この場合、商社の顧客サービスが十分ではなく、取引先を失ったわけですから、商社の自業自得でしょう。少し、後味の悪い面はあるにせよ厳しい商戦、国際化の時代に、単に長年の取引先だけでは顧客を繋ぎとめることは出来なくなっています。

以上はあくまで取引形態上の話で、版権、著作権、使用権は又別の話しです。中間業者を使用する場合も、中抜きでやる場合もこのような権利面の変化はなく、貴社に所属しないものは無断で使用することは出来ません。返却するか使用料を支払うかということになるでしょう。商社の介在する理由の一つはこのような権利関係に
業者が手をわずらわせなくても済むことではないでしょうか。

マナー違反に問われるのは貴社ではなく発注元です。貴社は商社が発注先として抱える多くの下請け業者の一つにしか過ぎません。商社が貴社を選ぶかどうかは純粋にコマーシャルベースで判断することでしょう。貴社と商社の間に特別な協定があれば別ですが・・

一方、発注者は自ら業者を見つける力がなく商社の総合力に頼っていた筈です。業界のことがわかり、商社を通じなくても自ら発注先を開発できるようになって、貴社と契約したと言うことだと思います。この場合、商社の顧客サービスが十分ではなく、取引先...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報