後方支援は、安全なのですか?
戦争に協力している以上は、攻撃されることもあると思います。
その時に自衛隊は、丸腰状態で逃げて帰ってこれるのでしょうか?
心配です。

A 回答 (5件)

こんばんは。

安全な訳ありませんよね。
日本はアジア最大の米軍の補給基地となってます。
もしアメリカが言うように世界中にテロリストのネットワークがあるのなら、世界一無防備な?補給基地である日本は恰好の目標ではないでしょうか。
直接米軍基地を攻撃しなくても、日本の政府が困るような事をやってアメリカを困らせる、或いは日本自体も敵と見なして直接攻撃目標になるかもしれませんね。

>その時に自衛隊は、~
それ以前に、自衛隊が向う行って何ができるんでしょうね?
難民どうのこうのっていってるけど、自衛隊は難民を扱う訓練なんてしてるんでしょうか?

どうも踏み出すべきではない方向に歩み出しているような気がします。
    • good
    • 0

敵の補給線を断つ。

これは戦闘の基本です。
相手も補給部隊が自衛隊であると知っているでしょうから、下手したら全滅ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
小泉首相は、「危険なところへも行かせる」という発言もありました。
今のところ「軍隊を出す」と表明しているのは、日本だけみたいです。
日本の行動を中国や韓国はどう思っているのでしょうか?
靖国神社の時のような反応がないので心配です。
もし自衛隊の派遣が決まったら、無事に帰ってきてもらいものです。

お礼日時:2001/09/26 09:02

下記のURLを閲覧していただければ解ると思いますが、「後方支援」というのは言葉のごまかしで軍事的色彩を薄めているモノで「後方支援」も立派な軍事行動といえます。

戦力差が大きいほど補給を狙うのは軍事の常識です。

参考URL:http://www.asaho.com/peace/jpn/bkno/1998/0713.html
    • good
    • 0

戦争に参加している以上、安全地帯などありません。


近代戦では最前線より後方支援が重要視されます。
補給や情報収集ですね。
これを断ち切れば最前線の兵士は動けなくなります。
特に戦力に差が大きい場合、真っ先に後方を狙います。
ですので、有る意味最前線より危険かも。
自称平和主義者の圧力により自衛隊はロクに戦うこともできず引き上げさせられ、
また笑い者になるでしょう。

戦闘が始まれば東京もテロのターゲットなのは間違いないですね。
私がテロリストなら都庁、駅など不特定多数がいる大型建物を狙います。
もし、そうなったとき「日本にテロなど起きない」と言っている人間は責任などとりません。
    • good
    • 0

おっしゃる通り、安全なわけがありません。


向こうから見れば、敵以外の何者でもないはずです。
個人的には、丸腰で紛争地域(というか、戦場)に送り出すこと自体が異常だと思います。
というか、自衛隊の存在自体が宙ぶらりんのままなことの方が一番の問題でしょうけど。すべてを先送りにしてきたツケをここで一気にナントカしようとすることに無理がありすぎる気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 今回の件で、「あっ」と言う間に法律が作られようとしてますよね。「法律」というのは、簡単なものだったのですね。

お礼日時:2001/09/24 08:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェニファー・コネリーの映画の題名

ジェニファー・コネリーの映画の題名

添付ファイルしか情報がありません。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

「レクイエム・フォー・ドリーム」ではないでしょうか。
http://movie.walkerplus.com/mv31984/

製作は2000年。監督はダーレン・アロノフスキー。意志の弱さから転落人生まっしぐらになる4人の男女が味わう地獄のような日々を、強烈な音楽と映像で描く野心作です。

特に麻薬中毒患者が見る「映像」の描写は圧倒的です。

Q自衛隊による後方支援に関する日本国民の世論は、あまり取り上げられていませんね!

 リチャード・アーミテージ米国務副長官が15日に「今回は日の丸の旗を立てて欲しい」と発言したことを受けて、日本政府は時限立法という手法で、自衛隊による後方支援の具体策(燃料などの補給、物資の輸送、医療サービスの提供)という新法の骨格案を固め、与党との調節に入ったということが各紙で報告されております。
 今回の新法は、米国の要求・国際世論に応じるかたちで発案されたと思いますが、最も重要な日本国民の「世論」が何ら反映されていないように思うのですが、如何でしょうか。
【以下は、私の考えです】
 「目には目を」の思想は支持します(「目には歯を」でさえ仕方ないケースもあると思います)。理性で止められる感情ではないと思います。しかし、それが戦争を生むこともまた事実です。
 過去の戦争・テロをきちんとお互いが納得できる形で整理・総括しないと、戦争・報復の悲劇は繰返されるのだと思います。靖国神社問題に代表されるように、平和国家である日本でさえ、過去の戦争に対する「総括」が未完成であると思います。
 武力行使で裁くのではなく、本当の意味での「世界の警察」が必要なんだと思います。
 日本政府も「後方支援」だけに気持ちを向けるのではなく、米国国民の「憎いが、報復合戦に終止符を打とう」という国民感情形成にも精力を注いでほしいと思います。それが平和国家日本の一番大切な役目ではないでしょうか。前回の湾岸戦争で国際世論の批判を浴びたから今回は・・・というのでは、あまりにも筋が通っていません。
 日本国民の世論調査をして、国際社会に提示することも大切ではないでしょうか。
 自衛隊員も、平和国家日本の自衛のために入隊した方が多いのではないでしょうか。国際有事に出動するのであれば、入隊前にインフォームド・コンセント(説明と同意)が必要ではないでしょうか。

 リチャード・アーミテージ米国務副長官が15日に「今回は日の丸の旗を立てて欲しい」と発言したことを受けて、日本政府は時限立法という手法で、自衛隊による後方支援の具体策(燃料などの補給、物資の輸送、医療サービスの提供)という新法の骨格案を固め、与党との調節に入ったということが各紙で報告されております。
 今回の新法は、米国の要求・国際世論に応じるかたちで発案されたと思いますが、最も重要な日本国民の「世論」が何ら反映されていないように思うのですが、如何でしょうか。
【以下は、...続きを読む

Aベストアンサー

1.
今回のテロの残虐性・不当性についてや、その行為に対する怒り・憤りは、誰もが一致するところだと思います。
しかし、その発生を増長させた原因が国際社会特にアメリカに無かったかと言えばそうではないと思います。特に、ブッシュ政権になってからのアメリカの、気候変動枠組条約、包括的核実験禁止条約、ミサイル防衛問題、小型武器規制問題などでの、独善的な態度はあまりにも酷い。それ以前からも、パレスチナ問題ではあまりにもイスラエル寄りの姿勢、湾岸戦争での情報操作、大使館爆破テロでの報復誤爆など、とても「世界の警察」などとは言えないことをやってきています。
今回のテロのあまりの被害の大きさに、そういった原因への批判・反省が国際的にも国内的にも殆ど出来ない状態になってしまっています。これは大変な問題だと思います。

2.
もし、自衛隊が派遣されるとして、いつまで派遣し続ければすむのか、分からない。国連決議か多国籍軍かNATO軍かアメリカ主体か、どういう形態で、どういう報復行動が行われるかも分からないが、実際の行動はアメリカの指揮下になるのは目に見えている。その場合、アメリカの意思ひとつで、いつまで続けるかが変わってしまう。日本にはもちろん細かい相談などしないでしょう。10年続いても終わらないという話もアメリカの首脳からは出ています。しかも、終わったとしても、本当にテロ組織を壊滅させられるとは誰も思っていない。例え、壊滅しても、テロを生む土壌がある限り、また復活するでしょう。
そんな、先も見えない、泥沼の戦争に協力する覚悟が日本国民にあるのでしょうか?

3.
アメリカ政府の行動原理は、常に国益だけであってそれが問題であることは明らか(だから、国益のためには180度政策が変わることもある。)ですが、一方、日本政府の行動原理には、国益という概念は殆ど無い。
もし、国益にもならないのに、自衛隊を派遣し、お金を出し、しかも、感謝もされず下手をしたら恨まれるとしたら全く無駄なことです。
日本は、一国主義に陥らずに(そもそも日本はアメリカに比べれば遙かに一国では成り立てない国ですが)日本自身の将来にわたるテロの脅威に対する安全保障、中東諸国との平和友好とエネルギー安全保障、世界全体との友好関係や環境問題への取り組みを通じた食料安全保障など、ありとあらゆる国益を検討して、それでもプラスだと判断するのなら(もしそうであれば、上で書いた条件は全て満たされるはず。)、特別時限立法で自衛隊だけに拘らず支援すれば良ろしい。中谷防衛庁長官のようにただ、前回の轍を踏みたくないというだけではダメだ。

1.
今回のテロの残虐性・不当性についてや、その行為に対する怒り・憤りは、誰もが一致するところだと思います。
しかし、その発生を増長させた原因が国際社会特にアメリカに無かったかと言えばそうではないと思います。特に、ブッシュ政権になってからのアメリカの、気候変動枠組条約、包括的核実験禁止条約、ミサイル防衛問題、小型武器規制問題などでの、独善的な態度はあまりにも酷い。それ以前からも、パレスチナ問題ではあまりにもイスラエル寄りの姿勢、湾岸戦争での情報操作、大使館爆破テロでの報復...続きを読む

Qジェニファー・コネリーとデビッド・ボウイが出てた映画

かなり前の映画ですが、ジェニファー・コネリーが継母とうまくいっていない少女で、「弟なんていなくなればいい」と願ったら、デビッド・ボウイの魔王に弟を連れていかれてしまって、それを取り戻すための冒険をする・・・という内容だったと思います。
DVDかビデオでもう一回観たいのですが、題名がわかりません。Amazonでも調べましたが、DVD化されていないらしく見つかりませんでした。
どなたかご記憶の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラビリンス ここまで自信あり
魔宮の伝説・・・ ここは自信なし。

Q自衛隊の中に戦わず、安全圏にいる自衛官はいますか?

医官や看護や技術者などは除きます。
自衛官でもサイバー防衛隊と情報保全隊はPCを使って中国サイバー犯罪者と戦うとか、反日左翼で老人ばかりの平和団体の監視などが任務のすべてでしょうか?
有事も敵の銃弾やミサイル攻撃におびえずに済みますか?
きついかどうかは問題じゃなくて安全なところを探しています。
素人目線でいいので自衛隊で他に安全そうな分野があったら教えてください。

Aベストアンサー

どの部署にいても戦況によって任務変更が有るだろうし、例に出されたサイバー防衛隊だって敵が地上侵攻してきたら表に出されて弾除け・おとりにされるんだろうし、情報保全隊も捕虜収容所勤務で脱走兵に殺害される恐れもあるし。
自衛隊トップ陣も核攻撃に耐えられるのは日本じゃ国会議事堂の地下防空壕くらいのもんで逃げ切れないだろうし。
軍医や従軍看護婦、技術者・整備員といえども基地にミサイル飛んできて巻き込まれるだろうし。

日本が核武装していたらこんな時には戦略原潜の中とか、地下数百メートルの核戦略基地勤務だとか、ありえますが、無いのでw

そんな中でも駐在武官(防衛駐在官)なんかが戦時には最高の安全度を有するのでは?
海外の日本大使館等に赴任して、外交官身分で軍事情報を収集したり各国軍事関係者と親睦を深める役割。
戦争になっても第3国に弾は飛んでいかないし、外交官身分なので逮捕されにくい。
もっとも、駐在武官になれる自衛官は数が少ないですけど。

Qテレビではアニメ、映画では実写の理由

 最近、テレビではアニメ、映画では実写にするパターンの作品が多いが、何か理由でもあるのでしょうか。
 特に実写映画でヒットした作品(NANA、デスノート等)をドラマではなくアニメにする理由がわかりません。
 ドラマだったらアニメより3~4倍の視聴率は稼げるはずなのに・・・

Aベストアンサー

既に回答は出揃ってますが、映画がアニメでなく実写である理由をちょっとだけ。
アニメというのは基本「子供の見るもの」というイメージが今でもあります。
中学・高校生にもなってアニメを見ていると「ヲタク」と後ろ指をさされたりする事もある位です。
どんなに内容がいいアニメでも、アニメというだけで観ない人は多いです。
映画の興行収入は観客がどの程度入ったかで決まります。
間口が狭まるアニメを作るより、実写にした方が、普段原作の漫画やアニメに全く興味のない層も見てくれます。
(原作のファンは逆に見てくれないかもしれませんが)
そこで、原作が漫画と知り、普段読まない漫画を買ってくれる可能性もあります。
アニメより実写の方が、外国で配給もしやすいですしね。

Qハイチの地震 どうして自衛隊は派遣しないの? これを見た自衛隊の人に聞

ハイチの地震 どうして自衛隊は派遣しないの? これを見た自衛隊の人に聞きたい

Aベストアンサー

自衛隊の最高指揮官は内閣総理大臣なんです。
文民統制(シビリアンコンとーロール)により、旧軍のように軍隊が勝手に暴走しないように決められています。
したがって政府が決定を下すまでは行動できません。
最近、活動を終えた海上自衛隊インド洋給油活動も政府の決定により終了となりました。
個人的には早急に救助に行くべきだと思います。
中国はすでにアジアの一国として救助活動をしています。
毎日多くの人が苦しみ亡くなって行く現状はとても悲惨です。
但し現地は治安も急速に悪化していますし、救援物資も届かないようです。
他の国と協力しながら救援して欲しいです。

Q反日映画「パッチギ」に文化庁が3000万円の金額を支援した理由は?

文化庁は日本の省庁のはずだが、韓国・在日朝鮮人合作映画と云うべき「あなたを忘れない」に3000万円を寄贈し、
今回もこのような反日映画「パッチギ」に「3000万円」を拠出したとのことです。
私たちの税金から反日映画に計6000万円も使われています。

文化庁は反日映画「パッチギ」に3000万円を拠出した理由を知っていますか?
シネカノンの親会社の「朝鮮総連」からの脅しがあったのでしょうか?

日本の省庁である文化庁から、2つの反日映画「あなたを忘れない」「パッチギ」に計6000万円もの税金を使っているとは信じられないので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文化芸術振興費補助金制度、というものが毎年ありまして、一定の条件(映画の公開に関することとか、製作会社側が用意する製作費など)を満たして応募すれば、どんな作品も審査対象になります。
てなわけで「パッチギ」は応募した作品の中から、助成金の対象に選ばれたということになります。
ちなみに審査員は映画評論家や製作者など映画関係者がほとんどです。
そのむかし、応募して対象にされなかった苦い経験がありまする(^_^;)
http://www.bunka.go.jp/1bungei/19_hojokin_boshu.html

Q日本は自衛隊だけで防衛できないのでしょうか? いつまでもアメリカの影にかくれんぼ? 日本の自衛隊

日本は自衛隊だけで防衛できないのでしょうか?

いつまでもアメリカの影にかくれんぼ?

日本の自衛隊は優秀だと聞いていますが…

Aベストアンサー

日本は自衛隊だけで防衛できないのでしょうか?
   ↑
中国の防衛費は日本のそれの3倍です。
計算方法を日本と統一すれば4倍にもなります。
しかも核武装大国です。
今の自衛隊では太刀打ち出来ません。



いつまでもアメリカの影にかくれんぼ?
   ↑
だから、日本は米国追随のままなのです。
防衛を米国に委ねているので、米国の
言うがママの政治になっています。

フランスが核武装したとき、当時のフランス
大統領、ドゴールが言いました。
「これでやっと米国の鎖から逃れることが
 できる」
防衛を外国に委ねる、ということはそういう
ことなのです。



日本の自衛隊は優秀だと聞いていますが…
   ↑
優秀らしいですね。
でも実戦経験が無いのが最大の欠点です。
また、米国に依存しているので、武器はあるが
弾薬が無いとか、輸送経路が整っていない、など
装備がちぐはぐで、これで本当に戦争が
出来るのか、という問題点も指摘されています。
要するに、国を守る、というのが他人事になって
いるのです。

Q映画「野獣狩り」のDVD化されない理由

藤岡弘主演の、「野獣狩り」をどうしても見たいとずっと思っていますが、
上映されることがあっても映画館がかなり遠方だったり、
知らないうちにテレビで放映されていたりと
いまだに見ることが叶いません。

この映画がソフト化されない理由に、「権利関係」ということを耳にしたのですが、
実際のところ理由は何なのでしょうか。
またこの作品は永遠にDVD化されないのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては、映画ごとに、それぞれ契約が異なりますので、一概には
いえませんが、監督脚本音楽など「著作権所有者」には、決められた
パーセントで支払う契約になっていることが多いので問題はないと
思います。

結論を一言でいえば、今の時期に、DVDを発売しても売れない
からでしょう。なかには、放送禁止用語があったとしても、
投書などがあったら困るな程度で、自主規制をして、声を消したり
する処理をすればよいことです。
現在のDVD視聴層の多くは、40代くらいまでの若者が中心。
映画をリアルタイムで見た年齢層の多くは、まだ再生機器すら
ない状態です。若い人は古い映画は見ない、でしょうから発売
にならないのも当然なのかもしれません。十年後くらいには?

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては...続きを読む

Qさっぽろ雪まつりでの自衛隊協力について

さっぽろ雪まつりが始まりました。
今年で真駒内会場が最後です。

真駒内会場って言うのは、
自衛隊の駐屯地内に作られた会場なんです。

雪像作成や会場貸し出しなど、
自衛隊にと~っても協力してもらった雪まつりなんですが、
来年から自衛隊の協力規模が…。

ここで素朴な疑問です。

自衛隊は「訓練の一環」と言う事で
雪まつり雪像制作などを担当されているんですが、
これって何の訓練なんですか?

別に実弾を使った訓練でも、
戦地において役立つ訓練でもなさそうです。

いったい、どういう効果を狙った訓練なんですか?

自衛隊のメセナ活動の一環として、
そこから人間的に色んなものを学んで欲しいって言うことなのでしょうか?

Aベストアンサー

父が元陸上自衛官で、雪祭りの雪像作りにも参加した経験があるそうです。
定年退職後、それまでほとんど仕事に関して話をした事がなかった父の口から初めていろんな話を聞きました。

演習へ行って1週間ずっと穴掘りをしていたとか(笑)、若い頃は40キロの荷物を背負って一日中ずっと山を走っていたとか(笑)、どう聞いても仕事とは思えない内容で大爆笑しつつも大変驚きました。

その際、雪祭りについても聞いてみたのですが、あれは「極寒の地での停泊地にキャンプする際の施設作り訓練」なのだそうです(正式な訓練名があるそうですが僕は知りません)。
スコップ一本で積もる雪を移動し、土台を作り、被弾用の堀を作り、囲いを作る・・・。テントなどは張らないにしてもかなり根気のいる作業なのだそうです。
寒い中で細かい作業もスコップを中心に行うため、スコップの技術が高くなるのだとか・・・。

ちなみに、同じような訓練は夏でも行っているそうで、その技術はイラクの宿営地でも生きているのだとか。
最初にイラクへ派遣されたのは北海道の部隊でしたが、特殊な部隊があるという以外に雪像作りの技術が生きているようです(だから北海道の部隊が派遣の中心なのかしら)?

父が元陸上自衛官で、雪祭りの雪像作りにも参加した経験があるそうです。
定年退職後、それまでほとんど仕事に関して話をした事がなかった父の口から初めていろんな話を聞きました。

演習へ行って1週間ずっと穴掘りをしていたとか(笑)、若い頃は40キロの荷物を背負って一日中ずっと山を走っていたとか(笑)、どう聞いても仕事とは思えない内容で大爆笑しつつも大変驚きました。

その際、雪祭りについても聞いてみたのですが、あれは「極寒の地での停泊地にキャンプする際の施設作り訓練」なのだそうです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報