西田幾多郎先生の哲学作品やプロフィールや路線について教えてガリレオ!!!!!!!!!!!!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

◆ 善の研究 【明治44年1月】


◆ 思索と体験  【大正4年3月】
◆ 現代における理想主義の哲学  【大正6年5月】
◆ 自覚に於ける直観と反省   【大正6年10月】
◆ 意識の問題  【大正9年1月】
◆ 芸術と道徳  【大正12年7月】
◆ 働くものから見るもりへ  【昭和2年10月】
◆ 一般者の自覚的体系 【昭和5年1月】
◆ 無の自覚的限定 【昭和7年12月】
◆ 哲学の根本問題 【昭和8年12月】
◆ 哲学論文集(第1~第7) 【昭和10年11月~昭和21年】
◆ 続、思索と体験 【昭和12年2月】
◆ 日本文化の問題 【昭和15年3月】
◆ 続、思索と体験以降 【昭和23年3月】

1870年
(明治3年0歳) 石川県河北郡宇ノ気村字森レ85番地にて出生。
1883年
(明治16年13歳) 石川県師範学校入学。
1884年
(明治17年14歳) 病気のため中途退学。
1886年
(明治19年16歳) 石川県専門学校付属初等中学科第2級に補欠入学。
1887年
(明治20年17歳) 同校官立移管。第四高等中学校予科第1級に編入学。
1890年
(明治23年20歳) 第四高等中学校を中途退学。
1891年
(明治24年21歳) 帝国大学文科大学哲学科選科に入学。
1894年
(明治27年24歳) 同大学卒業。
1895年
(明治28年25歳) 尋常中学校七尾分校の教諭となる。
1896年
(明治29年26歳) 第四高等学校講師となる。
1897年
(明治30年27歳) 山口高等学校教務嘱託となる。
1898年
(明治31年28歳) 父得登逝去。
1899年
(明治32年29歳) 第四高等学校教授となる。
1901年
(明治34年31歳) 雪門老師より寸心居士の号を受ける。
1907年
(明治40年37歳) 肋膜炎発病。
1909年
(明治42年39歳) 学習院教授となる。
1910年
(明治43年40歳) 京都文科大学助教授となる。
1911年
(明治44年41歳) 「善の研究」出版
1913年
(大正2年43歳) 京都帝国大学教授となる。文学博士の学位を受ける。
1918年
(大正7年48歳) 母寅三逝去。
1919年
(大正8年49歳) 妻寿美、脳溢血にたおれ、病床の人となる。
1920年
(大正9年50歳) 長男謙死去。
1925年
(大正14年55歳) 妻寿美逝去。
1928年
(昭和3年58歳) 定年退職、翌年2月同京大名誉教授となる。
1931年
(昭和6年61歳) 山田 琴と再婚。
1933年
(昭和8年63歳) 居を鎌倉に移す。京都を往復しつつ続々と論文を出版する。
1940年
(昭和15年70歳) 文化勲章受賞。
1941年
(昭和16年71歳) 皇居にて、御講書始の儀にご進講。
1945年
(昭和20年75歳) 6月7日、病気のため急に逝去。
    • good
    • 0

学校の宿題かなんかですか。


参考までに下記のURLをクリックして下さい。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/mekata-h/nisi …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西田幾多郎の著書で・・・

こんにちは。
西田幾多郎の著書を読んでみたいと思っているのですが、
たくさんありすぎてどれから読もうか迷っています。

はじめに手に取るならこれがオススメというものがありましたら
参考にしたいので教えてください。

Aベストアンサー

善の研究 はいかがでしょうか?
文庫で手に入りますし、(余計なことが書いてなくて)純粋です。

Q素人が西田幾多郎を読む

こんばんは。
私は何の変哲もない大学一年ですが、最近哲学に触れてみたいなと思っていたところ、西田幾多郎を知りました。
今、彼の記した「善の研究」を読むことに特に理由もなくあこがれているのですが哲学を勉強したことのない私でも読める代物なのでしょうか?
それともまず何か哲学を学ぶ上での骨組みを作る必要があるのでしょうか?初心者にお勧めの哲学の本がありましたら併せて教えていただけたらと思います。

ちなみに「善の研究」を読むときには岩波の原典(?)と講談社学術文庫の注釈つきのもの、それと西田幾多郎(もしくは「善の研究」)を解説した本が必要かなと思うのですがどうでしょうか?

以上いくつも質問してしまいましたがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

善の研究は、西田哲学の中では、わかりやすい本だと聞いたことがあります。

ですから、初心者でも、意味は、わかると思いますよ。

Q西田幾多郎の喫煙について、ご存じの方お教え下さい

西田幾多郎に関してお詳しい方、お教え下さい。
西田幾多郎が禁煙に苦しんだという事実を最近知りました。
「西田幾多郎の書」によると、昭和4年頃まで、
日記に喫煙についての苦悩が書き綴られていたとのことです。

西田幾多郎はこの後禁煙に成功したのでしょうか? 或いは成し得なかったのか?
その辺りの消息についてご存じの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

『新編西田幾多郎全集』の日記の部分を読むと、禁煙の言葉が登場したのが大正10年頃のことです。
それから氏の煙草との格闘が始まり、禁煙と喫煙の記録が交互に日記に登場しています。
昭和5年頃の喫煙の記録までを、全集の日記の部分で読むことができます。

最初の回答に霧島と書いたのは敷島の間違いです、訂正いたします。
それにしても、1日に敷島十二本チエリ四本は吸いすぎのような気がします…。

Q西田哲学

哲学は全くの素人です。
よく西田幾太郎さんの西田哲学という言葉を耳にするのですが、かいつまんで言うとどういった感じなのでしょうか?
初心者でも読める著作がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

直接原典を読むのが一番かと。
岩波文庫「善の研究」。

Q感性を深める方法論の価値を問う哲学や哲学論議は?

感性を深める方法論の価値を問う哲学や哲学論議は?

心理学のカテでも 心と感性の世界を問う心理学の存在についての疑問の質問をしましたが、

そういう心理学の価値を問うのはやはり哲学の世界と思います。

気持ちや行動を 左右してしまう無意識の世界は確かにあると思いますが、 もし感性が深くなれば その感性によって気持ちや行動のすべてが正されてくるはずですから、 

その探究抜きに無意識を追及しても ほんの部分的にしか人間が生きていくうえでの生活や意識に役立たないと思います。

そのへんを問う哲学が 過去においてはありましたでしょうか?

ありましたら 現在それはどのようにどこまで発展しているでしょうか?

みなさんのお考えをお聞かせください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

反面教師という言葉があります。

こういうのはダメということからハジめるのもよいのではないでしょうか?

具体的にダメな諸例)
「感性=環境認識力」としゅちょうしながら、いつもおなかの具合が悪い、健康食品狂信者。味覚異常で、やる気がなく、昔のことしか頭にない自称 「最新の哲学者」

自分は最高とわめきながら、友達がいない。学生運動をやりすぎて、就職できないとわかり、広き直って海外逃亡したのに、自分がなぜつまはじきにされるのかわからない。不確定なものに基づくことは、できないのに「全ての存在は、量子的な不確定性に基づいている」と発言し、優柔不断な「自分中心」こそ宇宙の真理であると信じている。そういう典型的自己中。

宇宙には何もないと妄想し、全ては無だとわけのわからないことを断言、無と有は、「厳密には等しくない」のだが等しいといううそを言う。

認識を物理的に切ることは出来ず、無限のゼリーも存在しない
という ごく単純なこともわからない 鼻くそ。
本当の宇宙が見えず、望遠鏡を見ているだけなのに、自分には「見えない宇宙」が見えると主張するペテン師。

いつも汚い服装をしているので、色覚に鈍く、計測可能な色が存在しないという、変わった人。

「イタイの」「きついの」はいやなのに、
経験や感情、本能や肉体的形質の射影である「ひょろひょろボクチン」が、この世界の本質であるとしんじている自己中。

聞き手はいつも馬鹿だから本当の説明は、おいらの完全最強論理を研鑽・暗記してからにしろ!と叫び、詳しい説明は、次の機会にすると言い逃れる。「精神の内容」・「自我の存在場所」を説明することすら出来ない卑怯者。

唯物論者特有の感謝のない態度をもち、悪いのは社会だとトンでもない責任転嫁をする音速赤軍。「色は存在しない」と主張し、自分が真っ赤であることを隠したい臆病な社会主義者。

精神の幼稚園児(唯物論者)が何人集まってけんかをしても、勝負がつくはずもなく、自分はマッハを改造した最強の哲学者であると信じて疑わない無知な人。

マッハは、マルクスに敵対したという馬鹿な想像をする正真正銘の唯物論者。
馬鹿な唯物論者が二人集まっても、馬鹿であり、かえるの子はかえるで、知識が増えるはずがないのに、なんでも足し算と掛け算で考えようとするが、計算は苦手という自己崩壊。

おや こ ともども、醜い腹を公衆の面前にさらし、くだらないコピペと補完説明でみんなを困らせる高齢者。

一級も持っていないのに教員面するおっさん
こういうお爺さんの感性では何も得るものがないということです。

反面教師という言葉があります。

こういうのはダメということからハジめるのもよいのではないでしょうか?

具体的にダメな諸例)
「感性=環境認識力」としゅちょうしながら、いつもおなかの具合が悪い、健康食品狂信者。味覚異常で、やる気がなく、昔のことしか頭にない自称 「最新の哲学者」

自分は最高とわめきながら、友達がいない。学生運動をやりすぎて、就職できないとわかり、広き直って海外逃亡したのに、自分がなぜつまはじきにされるのかわからない。不確定なものに基づくことは、できないのに「全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報