牛のすじ肉を買ったのですがどうやって食べればよいでしょう。できれば煮込んで食べたいので調味料は何を使えばよいのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私のお薦めはどて煮です。


材料はすじ肉、こんにゃく、大根、ねぎ、調味料は赤みそ、酒、砂糖、みりんです。
作り方 
(1)すじ肉は軽く下ゆでして水洗いし、一口大に切っておき ます。こんにゃくも下ゆでして肉と同じように切ります。
(2)大根は肉、こんにゃくより少し大きめに切っておきます。
(3)出し汁に(1)を入れてコトコト煮ます。1時間以上はじ っくりやわらかくなるまで煮てください。あくがたくさ ん出るのでこまめにとってください。
(4)(3)がやわらかくなったら大根と調味料を入れてさらに
 30分くらい煮ます。味付けはお好みですがみそはたっ ぷりめでこってりさせ少し甘めにしたほうが食べやすい です。器に盛り付けてからお好みでねぎを散らします。

少し時間はかかりますが材料を入れて煮るだけなのでとっても簡単でおいしいですよ。白いご飯にぴったりです。

あと、串に刺しておでんの具にするのもおいしいです。
その場合も下ゆでして水洗いしてからが良いようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

その牛すじは生ですか?それなら下茹でしてからつかったほうがいいでしょう。


私の自己流ですが、まずすじ肉と野菜の芯やしょうがといっしょに鍋たっぷりのお水から煮込みます。
沸騰したら、中火で約20分くらい煮て、いったん煮汁をすてます。そこにお水をまたたっぷり入れて、沸騰したら弱火で30分から40分煮込みます。これで下茹では完了です。
味付けはすじ肉が浸るぐらいのお水を入れてそこに砂糖とお醤油とお酒とみりんを適量いれて沸騰させてから中火で10分ぐらい煮込むと、とっても軟らかくてジューシーなすじ肉のできあがり!これは冷凍しててもいいし、おでんにいれてもよし!チャーハンに細かく切っていれてもよし!お好み焼きの具としてこんにゃくといっしょにいれるととってもおいしいです。手間がかかりますが、作って損はしませんよ!冷凍しておくといろいろつかえるので是非おためしあれ(o^o^o)
主人はこれが大好きです。あともう一つこんにゃくとしろみそとだし汁と砂糖とこの味付けしたすじ肉をいれて煮込むと簡単どてやきのできあがりです。
とっても評判がいいので、おすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とても参考になりました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

わたしのおススメもPingaさんと同じに、


ビーフシチューですね。
セロリとの相性は絶品です。
我が家では、
セロリはこのメニューでしか登場しないくらい
人気のない食材ですが、
シチューにするとあの存在感が逆に嬉しい程、
おいしいのっ♪

あとは、牛丼!
ひたすら柔らかく煮て作ると、
ほんっとにおいしいです。

『美味しんぼ』の山岡さんもおススメの一品です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

牛すじは煮込めば煮込むほどやわらか~くなるので、ビーフシチューやカレーがおすすめです! ビーフシチューもカレーも作り方はいろいろありすぎるので書ききれません。

でもビーフシチューなら市販のデミグラスソースやルーに、赤ワインや野菜類(とくにセロリ)を入れるだけでも本格的な味になりますよ。カレーは辛すぎないほうが合うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

私は関東人なので、イマイチ自信ありませんが、関西のおでんって、当たり前のように牛すじ入っていませんでしたっけ?前に同じメーカーのレトルトおでんの各地版を比較して食べる機会があり、関東風、関西風、九州風とかあって、その関西風に入っていた気がします。

とすると、調味料はだしプラスちょっと醤油というところでしょうか?
個人的にはブイヨンとかで野菜と一緒に煮込んでも美味しいと思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牛すじの食べ方について

http://item.rakuten.co.jp/foodshonpo/10000257

上記URL先の牛すじを購入しました。

ただ、そこのページに
下処理の仕方が書いてあった事がとても気になっています。

処理の仕方として
沸騰したお湯でアクと脂をとりながら20分ゆでた後、
肉をざるにとり、水につけ、脂をよく落とす。
再び鍋に肉とたっぷりの水をいれ、コラーゲンが出てとろっとなるまで1~2時間煮る。

とありました。
(圧力鍋を使用しない場合)


これはあくまで、牛すじ肉を柔らかく食べるための方法ですよね?
それともこのぐらいしないと、この肉は食べられませんよという意味でしょうか?


私は牛すじのステーキが好きです。
松阪牛の牛すじは食べたことがありませんが、
スーパーでもよく国産牛の牛すじ肉を買ってきてステーキにして食べます。

値段的にも他の部位よりも安いですし
何より「すじ」が大好きです。

歯ごたえのある肉が好きです。
(ささみのすじとか、鶏もも肉のすじの部分とか大好きなので、すじ切りは絶対にせず
できるだけすじの食感が残るようにして食べます)


今回購入したのは牛すじカレーでもいいかなと思っていますが
牛すじステーキとしても食べたいなと思ったので質問させて頂きます。

http://item.rakuten.co.jp/foodshonpo/10000257

上記URL先の牛すじを購入しました。

ただ、そこのページに
下処理の仕方が書いてあった事がとても気になっています。

処理の仕方として
沸騰したお湯でアクと脂をとりながら20分ゆでた後、
肉をざるにとり、水につけ、脂をよく落とす。
再び鍋に肉とたっぷりの水をいれ、コラーゲンが出てとろっとなるまで1~2時間煮る。

とありました。
(圧力鍋を使用しない場合)


これはあくまで、牛すじ肉を柔らかく食べるための方法ですよね?
それともこのぐらいしな...続きを読む

Aベストアンサー

ごはんの質問に回答していたら、しめきられてしまって残念です…。
加熱時間の問題ではない、ということをお伝えしたく思い、こちらもお借りします。
最初の炊飯時に何らかの理由で米に水が浸透しきらず、なおかつ芯の周りが米のでんぷん質によって粘度の高い壁になってしまったために、その後おかゆにしようとしても芯が残ったままだったのではないかと思われます。
米に芯ができる理由はおおまかには、
・浸水時間が足りなかった(気温が低かったり古米であるほど長めの時間を必要とします)
・水/水位が足りなかった
・加熱温度が足りなかった
・加熱時間・蒸らしが足りなかった
のいずれかが言われます。
1合しか炊かなかった、とのことで、水位の問題が大きいのではないかと思います。お米は2合以下だと失敗しやすいといわれます。
いずれにしても、鍋にしろ炊飯器にしろ加熱時間そのものは20~25分ぐらいで火が通りますので、40分炊いておかゆにならなかったのは上述の問題のためだと思われます。
できれば、2合以上で炊いてあまったら冷凍しておくことをおすすめします。
余談ながら冷凍時にラップをお使いになるのなら、塩化ビニリデン製のものが向いてます。酸素透過度が低いために冷凍焼けが起こりにくいのです。

さて、牛すじです。
>このぐらいしないと、この肉は食べられませんよという意味でしょうか?
たいていの人は、さっと煮たり焼いただけの牛すじは固すぎて食べられないと考えると思います。
牛すじはコラーゲンが豊富な部位です。

えーそのまえに。
肉はタンパク質豊富な食材です。なので焼くとタンパク質の熱変性により凝固しはじめます。
さらに加熱を続けると、タンパク質がぎゅーっと縮むために細胞内から水分が押し出され、肉はいわゆる「焼き縮んで固い」状態になります。
ローストビーフやステーキが表面だけ焼き固めて内部温は70度を超えないように調理するのは、この焼き縮みを押さえ、「火は通っているけれど水分は逃がさない」しっとりした仕上がりを目指すからです。

さて、牛すじに話を戻しまして。
タンパク質とひとことでいってもいろんな種類があります。その中でも牛すじの主体となるコラーゲンは縮んだあとも75~100度で加熱を続けるとゼラチン化します。
かんたんにいうと、柔らかくなってぷるぷるしはじめます。
詳しくはこちらをごらんください。
http://www.jmi.or.jp/recipe/cooking/niru_main6.html
右上のグラフ、大きなWを描いているのがおわかりになるかと思います。
この性質のため、牛すじは肉でありながらぷるぷるした柔らかい食感を味わえる部位です。
なので、牛すじのレシピというと「じっくりことこと煮込んだ」ばかりなのはこのためです。
簡単に焼いた状態では牛すじはゴム同然の硬い固まりにしかなりません。たいていの人はこの状態では食べづらいと感じると思います。
質問者さんがこの状態がお好きだ、というのなら、もちろんこれで召し上がっても大丈夫です。
ただ、ステーキにするにしても、臭みなどもあり、アクの多い部位ですから、3回ほど湯でこぼしてからをおすすめします。


なお、牛すじについている脂は集めることもできます。黒毛和牛ならただ捨てるのはとてももったいないですよ。
湯でこぼした時の湯をボウルにこぼしてよく冷まし、上に固まって浮いた脂を集めれば牛脂として使えます。他のお料理を作るときにお使いになるととてもおいしいですよ。

ごはんの質問に回答していたら、しめきられてしまって残念です…。
加熱時間の問題ではない、ということをお伝えしたく思い、こちらもお借りします。
最初の炊飯時に何らかの理由で米に水が浸透しきらず、なおかつ芯の周りが米のでんぷん質によって粘度の高い壁になってしまったために、その後おかゆにしようとしても芯が残ったままだったのではないかと思われます。
米に芯ができる理由はおおまかには、
・浸水時間が足りなかった(気温が低かったり古米であるほど長めの時間を必要とします)
・水/水位が足りな...続きを読む

Q牛すね肉って硬いんですか?

安かったので、牛すね肉のかたまりを買ったんですが
すね肉を買ったのは初めてでして・・・。
見た目は硬そうには見えないんですが、すね肉は煮込まないと
硬くて食べられないものなんでしょうか?!
普通に、ステーキのように焼くかサイコロ状に切って焼いては
硬くて食べられないですか??硬さでゆうと、他のどの部位と似て
ますか?すじ肉のようなものなんでしょうか・・・

Aベストアンサー

硬さとしては、安くて硬いモモより少し硬い、というレベルでしょうかね?
モモはステーキにはなりますが、ご存知のように硬いです。それよりもう少し硬いので、あんまりステーキとかには向かない肉質であるとは思います。
肉質としては、やはりモモに近いかと。スジみたいにスジだらけというわけではないです。モモとスネは、煮込みに使う部位の代表ですね。
ただ、
http://www.meat.gr.jp/101/115/post_24.html
のあたりを見るとスネ肉を使ってステーキを作っている人も見かけるので、食べられないわけではないと思います。

Q(変な?)牛すじの使い方

お世話になっております。

牛すじ煮込みを作ろうと思いお使いを頼んだ人が
予想をはるかに上回る牛すじを買ってきました。

パッケージには確かにBeef Suji Niku(Tendon)と書いてあるのですが
僕が今まで使ったことのある牛すじとは明らかに違うんです。

ゼラチン質のところと骨?軟骨?筋?みたいなところだけで
肉なんてこれっぽっちもありません。

もしかしてこれが本当の牛すじなのでしょうか?(当方アメリカ在住)

とりあえず水と酒で煮込んでますが
牛すじ煮込みにできる自信がありません。

捨てるのは勿体ないので何かに使いたいのですが
いいアイディア、レシピございませんでしょうか?

あまり料理得意ではないのでできれば簡単なのがいいです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

★牛すじの煮込み。


まずは、「牛すじ肉」の下準備をしますね。

肉に、血や汚れは、よく水洗いして落とします。
次に、

沸騰したお湯に、肉を入れて 15分間、灰汁(アク)を取りながら下ゆでをします。
(お湯から何故? 湯ではじめるのか?
それは、霜降り状態にして 旨みを閉じ込める為で、水からゆでるのは? スープを取るときです)

すると?
筋が縮んだ所、固い所。柔らかい所、油の所と、別れてきます。

次に、鍋を(肉と湯を入れたまま 15分経てば?)
水道の下に置いて、水を中の肉が出ない程度に 流し入れます。
( 余分な油、臭み、汚れを取り除きます)

次に取り出して 水をザルなどで切り、

肉を分けていきます。

すじの、硬い部分。肉と脂肪の、柔らかい部分に分けて、一口大より少し大きく切り分けます。
( 火の通りが違い、縮みかたが違う為です)

新たな鍋に、「硬い部分」(大体でいいです)を入れて、水を浸かる程度入れて落し蓋をし、
火をつけます。・・・大体、約一時間位、ゆでて、
次に、残りの「柔らかい部分」を入れます。・・この後、ゆでる時間は、約60分から、2時間です。

硬さは、竹串などで、見てくださいね。・・ココまでが「筋肉の下準備です」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乱切りにした大根、ニンニクを少し用意します。
(ニンニクは、皮を取り、ガーゼなどに包み 軽く叩いたものを用意します)

新たな鍋に、大根を入れ、上記の「すじ肉を、スープこど入れます」

そこに、「酒 2cap、昆布 30g」わ入れます
そして、水を したしたになる位まで入れ  ニンニクを入れて落し蓋をして煮ます。

大根に 軽く串が通る手前で 

砂糖、1/2cap, 醤油 1cap,を用意して、入れます。

沸騰したら、火を止めて冷ます、
コレを、三回か、四回します。

仕上げに、醤油を 1/4cap入れて香りをつけ、土鍋などに入れて
青ネギの、ぶつ切りを入れて出来上がりです。

★牛すじの煮込み。


まずは、「牛すじ肉」の下準備をしますね。

肉に、血や汚れは、よく水洗いして落とします。
次に、

沸騰したお湯に、肉を入れて 15分間、灰汁(アク)を取りながら下ゆでをします。
(お湯から何故? 湯ではじめるのか?
それは、霜降り状態にして 旨みを閉じ込める為で、水からゆでるのは? スープを取るときです)

すると?
筋が縮んだ所、固い所。柔らかい所、油の所と、別れてきます。

次に、鍋を(肉と湯を入れたまま 15分経てば?)
水道の下に置いて、水を中の肉が出ない程度に ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報