お腹がいっぱいでもう食べられないと思っていても
まだ、何か食べているのです。別に食事の量を減らしている訳でもないのですが、
何かいい方法があったら是非、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私もそういう時期はありました。

食べられなくて苦しいのに
手を何故か伸ばしてしまう・・・。でも、みるみるお腹が出てきたので
辞められました。ツボ刺激や鼻の下にメンソレを塗って食欲がおさわったのと、
食事の時、必要以上にゆっくり咬んだなぁと思うくらい咬みます。
すると大丈夫でしたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが、的確なアドバイス本当にありがとうございます。

メンソレを塗ってみたら食欲が確かにおさまりました。
今度はツボ刺激についても詳しく教えてください。

お礼日時:2001/10/13 18:31

別腹=甘いものは他の食べ物とは別の胃袋に入っていくこと。

日本医科大学附属多摩永山病院の飯田信也医師は、「別腹と呼ばれる現象は確かにあります。」と説明している。満腹状態になるまで食事をた時点で、胃の状態をX線で見ると、それ以上食べ物が入るスペースはない。しかし、おいしそうなケーキを見せた途端、胃から十二指腸へとつながる前庭部が活発に動き始め、胃の上部にスペースが出来始める。この胃のスペースこそ別腹の正体で、胃の予測調節によってできたものと考えられる。通常、胃は食事の後消化活動のため胃液を分泌し、食べ物を腸へ送り出すぜん動運動を行う。このぜん動運動は、実は食事の前から行われており、この運動を予測調節という。人間の食欲は摂食中枢によって支配され、血糖値の低下を感知すると空腹を感じる。摂食中枢と胃は神経でつながっているため、空腹を感じると予測調節が起こる。好物を見た場合、視覚情報は大脳辺縁系へ送られて摂食中枢が興奮、満腹でも予測調節が起こる。更に、食感や味覚の違いといった五感の情報が摂食中枢を刺激するので、好物でなくてもでも起こりうるのである。
しかし、別腹だからといって満腹後にデザートを摂ることが習慣化すると、脂肪細胞が肥大化して細胞から放出されるレプチン量が増加するため、数日でレプチン受容体に抵抗性が出来始める。レプチンとは満腹中枢を刺激して満腹を感じさせるホルモンで、脂肪細胞から分泌される。満腹後にデザートを食べ続けると、大量のレプチンが放出されるようになり、レプチンを受け取る受容体が正常に機能しなくなる。その結果、レプチンが分泌されても満腹を感じなくなり、食べ過ぎてしまう。これが、レプチン受容体に抵抗性ができたという状態。肥満の人はレプチン受容体に抵抗性が出来たため、食事量が多くなってしまうのである。
そもそも、デザートはヨーロッパの食習慣から始まったもので、ごはんやパンなどの炭水化物料理が少ない西洋のコース料理で出される。炭水化物はレプチンと共に満腹を感じさせる働きを持つ。コース料理には炭水化物が少ないので、食後に糖質の多いデザートを食べることで満腹感を得やすくしていたのだ。別腹は確かに存在したが、満腹状態で「デザートは別腹だから・・・」といって食べ続けると、日々の食事量は増え続け太りやすい体質になってしまう。別腹を使わずに、デザートを摂ることが大切なのである。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えてくださって有難うございます。


別腹という言い訳でついつい食べ過ぎているかも…。
言葉は恐ろしいですね。

お礼日時:2001/10/13 18:36

こんにちは。


私も学生時代にそんな時期がありました。その時は茶飲んで腹膨らませてました。さすがに胃袋の限界以上には食べられませんので。
食欲減退の方法としては、ちょっと腹減ってる時に運動するとか、ガムを噛むって手があります。
肥満を気にしてるのでなければ好きなだけ食べるのはいいことだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今歯の治療をしているのでガムは無理ですけれど
お茶はいい考えですね。
早速好みのお茶を探しながら試してみます。
本当に有難うございます。

お礼日時:2001/09/26 19:21

自分の意思(食欲)と行動が一致しなくなる事はよくある事です。


と、言ってもダイエットの反動とか精神的なストレスとかが原因で神経的な疾病である事が多いようです。
一時的名ものであるならば良いのでしょうが、放っておくのは良くないです。

食べるということは栄養を取るという事です。
ですが、例えば体に不可欠な糖分や塩分も取りすぎては害になる事があるように、慢性化すると場合によっては危険です。

医師と相談して観たほうが良いのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば私は食べながらよく考え事をします。
新しいことに取り組もうとするときには何かを食べていないと不安になります。
食べ物に依存しているからかもしれないですね。
『食べるということは栄養をとる』
この言葉は私の胸に重くのしかかりました。恐らく私は過食症の一歩手前の
ところにいるのだと思います。食について深く考えるときなのだと思います。
gokuhさんの温かい言葉に感謝しています。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/09/26 19:16

私もよくそう言うことがありますよ。


私の場合ですがそう言うときはたいてい、ちょっと暇な時間だったり、食べることしか頭になかったりしているときなので、そういう時間を自分に与えないようになにか違うこと(勉強でも・仕事でも・自分の好きなことなど)に思いっきり集中して取り組みます。自分を忙しくして、やっていることにも満足して、食べていなくて、ちょっと一石二鳥な気分にもなったり。
ぜひお試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間を持て余しているときなど、よく食べる事しか考えられなくなっている
かもしれませんね。
以前からやってみたい事があったので今取り組むチャンスかもしれないです。
貴重なご意見有難うございました。

お礼日時:2001/09/25 08:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報