初歩的な質問だと思いますが、
 硝酸銀水溶液の溶質、溶媒、溶液はそれぞれ何ですか?
 また、アンモニア水にスチールウールを入れた時の反応は?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

●硝酸銀水溶液について



【溶質】硝酸銀
【溶媒】水
【溶液】・・・水溶液(全体) という答えになりますかね。

●アンモニア水+スチールウールについて
反応はありません。(という答えが一般的です)
微量の泡が出るときはスチールウールに付着するごみが反応しているときです。
アンモニア水は「弱アルカリ性」ということで
Fe(鉄)を反応させるほどのアルカリ性はないという定義が普通です。

水酸化ナトリウム水溶液(強アルカリ性)や塩酸(強酸性)と
平行して実験するのが一般的な実験学習ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速にお答えいただきありがとうございました。
 頭の良い方の文は本当に無駄がなく解かり易いものですね。芸術的にさえ思えてしまいます。

お礼日時:2001/09/24 01:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化ナトリウムと硝酸銀

塩化ナトリウムに硝酸銀を混ぜたときに、白色沈殿を生じることを詳しく教えていただけませんか?

Aベストアンサー

塩化ナトリウムを水に溶かすと、塩化物イオンとナトリウムイオンに分かれます。
硝酸銀を水に溶かすと、硝酸イオンと銀イオンに分かれます。
これらを混ぜると、その水溶液中には上記の4種類のイオンが存在することになります。
そのなかで、銀イオンと塩化物イオンの組み合わせによって生じる塩化銀は極めて溶解度が低いために、溶けきらずに沈澱が生じます。

水溶液中に銀イオンと塩化物イオンが残っている限りは上述の反応が進みます。
NaCl → Na+ + Cl-
AgNO3 → Ag+ + NO3-
Ag+ + Cl- → AgCl

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Q塩化ナトリウムに硝酸銀溶液を加える

塩化ナトリウム水溶液(NaCl)に硝酸銀溶液(AgNO₃)を数滴加えると白くにごりますよね。この変化を化学式で表すとどういう感じになるのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

下記のようですね。
NaCl + AgNO3―→
AgCl + NaNO3
塩化銀と硝酸ナトリウムが出来ますね。

参考URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/141.htm,http://www.istone.org/element/na.html

Q硝酸銀水溶液の反応

1mlの水に硝酸銀検液を一滴加え、この溶液にホルマリンと一滴のNaOH溶液を加えると黒色沈殿が生じます。
そのときの反応式を教えてください。

Aベストアンサー

AgNO3+NaOH→NaNO3+AgOH
2AgOH→Ag2O+H2O
Ag2O+HCHO→2Ag+HCOOH
還元反応が起こりホルマリンつまり水に溶けたホルムアルデヒドが蟻酸に酸化され、酸化銀が還元されました。銀の微粒子は黒色です。

Q醤油中に含まれる塩化ナトリウム量を求めたい

0.02Mの硝酸銀1mlと反応する塩化ナトリウムの重量を0.00117gとして、醤油中に含まれる塩化ナトリウム量(%)を求めたい。
一回の滴定(三角フラスコ)中に存在する塩化ナトリウムの重量は
0.00117g×(A)×(B)=?

公式を理解してなくなにを当てはめていいのか分かりません…
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ちょっと、何を聞きたいのかわかりにくかったです。

A、Bに何を当てはめていいのか、ですか?
?という計算結果ですか?

読んでいるこちらも、何をAとおき、何をBとおいたのかが一意に定まりませんよ?
AとB、どちらがどちらでも良いのですか?

-----------
一応、勝手に解釈して進めます。
滴定に用いる硝酸銀水溶液の濃度(モル濃度)がわかっていて N(M)とします。
「この硝酸銀水溶液(0.02Mの硝酸銀)を用いて」 と書いてあれば N=0.02 とすぐに定められたんですけどね。

で、肝心なのは、滴下量です。どこにも書いていないので V(ml)とします。実験でビュレットを使ったことないですか?

NV/1000 で、何molの硝酸銀をフラスコの中に入れたのか、がわかりますよ。
ただの NV じゃなくて /1000 しているのは、V/1000 がリットル表記になるからです。
(30 ml → 30/1000 l → 0.03 l) 

次に、NaCl の式量 M を求めてください。
  0.00117/M =先ほど求めたモル数A
ですから、
  0.00117 =滴下から求められたモル数A xM
とも書けますし、
  0.00117x(1/M)x(1/モル数A)=1
とも書けます。
確認ですけど、
  A=NV/1000
ですよ。


> 0.02Mの硝酸銀溶液を100ml調製するときに必要な硝酸銀は何gですか?
は知恵袋に質問が上がっていました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1378888038


> 食塩量算出式について
はOkWaveにて既出の質問です。聞かれている部分が逆ですけどね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3579393.html
そこから式をコピー(もちろん私もわかっていますよ。でも既出の質問の活用方法を示しているのです。)
食塩量(%)=硝酸銀溶液の真の滴定値(ml)×0.00117×F×100
まあ、こういう式のFとかは、その場その場で問題を見ないとわからないので気にしなくて良いです。


もともと、
しょうゆの食塩分測定方法 として モール法 という名前がついている滴定実験のようです。私もそこまでは知りませんでした。
http://www.famic.go.jp/technical_information/datousei/pdf/1311.pdf
でも、塩分の摂り過ぎはよく話題になりますから、問題にしばしば出されているんでしょうね。


> 公式を理解してなく
とおっしゃるので、何段階かに分けて説明させてもらいました。
本来、公式とは、長~い式を一気に丸暗記するものでなく、ブロックブロックに分けて、「ここまではモル数を表している」というように、一つ一つ理解していくものです。
正直、しょうゆの問題が解けるかどうか、その答えを知ることが重要なのではありません。「どんな問題でも似たような式を、人に聞かずに自力で立てられる」 ということが目標なのです。

ブロックごとに分けて理解してもらえることを祈っています。

ちょっと、何を聞きたいのかわかりにくかったです。

A、Bに何を当てはめていいのか、ですか?
?という計算結果ですか?

読んでいるこちらも、何をAとおき、何をBとおいたのかが一意に定まりませんよ?
AとB、どちらがどちらでも良いのですか?

-----------
一応、勝手に解釈して進めます。
滴定に用いる硝酸銀水溶液の濃度(モル濃度)がわかっていて N(M)とします。
「この硝酸銀水溶液(0.02Mの硝酸銀)を用いて」 と書いてあれば N=0.02 とすぐに定められたんですけどね。

で、肝心なのは...続きを読む

Q硝酸銀水溶液について・・・おねがいいたします。

中学1年です。

 理科の水溶液の勉強で「硝酸銀水溶液」というのがあるのですが、わたしの中ではその水溶液がなんなのか分かりません。
 辞書で調べると、「硝酸」とまでしか載っていなく、パソコンで調べると、内容が今一分からず結局なんなのか分かっていません。

 どなたか、中1でもわかるような説明で、「硝酸銀水溶液」の説明をしていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

まずは元素の理解ですね。元素と原子、あと単体をきちんと区別して理解するのが化学の最初の課題かと思います。
 他の方のご回答にもあるように、
「硝酸」とは、化学式HNO3で表される酸性の物質です。一方で、化学式NO3-(一価の陰イオン)で表される「硝酸イオン」と呼ばれるものもあったりと慣れないうちは何がどうなんだかさっぱりな気持ちはよく分かります。これから関心を持ちつつ勉強してゆけば、自然に身につきますから焦らないでね。

本題ですが、「硝酸銀」とは、先の「硝酸」の水溶液に銀(Ag)を投げ込んだ時に出来る化合物のことです。決して投げ込まないでね。

Ag+ + NO3- → AgNO3となります。これが、「硝酸」の水溶液に銀を入れた時の変化です。何となくでもお解りいただければ幸いです。

Q硝酸銀力価について

塩化ナトリウム標準液を用いて、硝酸銀溶液の力価の測定を行ったところ、0.831と大変低くなりました。
硝酸銀溶液調製に不備があったかと、記録を辿りましたが、測りとり(劇物なので、使用前後の瓶の重さを測っています)、メスアップ(メスフラスコの容量はあっていました)等に間違いがなく、天秤も確認しましたか異常ありません。
少ない情報で申し訳ございませんが、なにか失敗の原因と考えられることがありましたらご教示下さい。

Aベストアンサー

1)ひどいですが、力価・ファクターは使えればどうでも良いのです、でも少し低い。
2)秤量瓶をお使いですが、余り薦められません、ご存知の通り硝酸銀は吸水性です、秤量に掛かる時間は短い方が良いので、私は薬包紙を使います、もちろんお薦め出来ません。ですが大量の硝酸銀溶液を作るなら、前後で重さを量るのでは無く、乾燥した秤量瓶の重量を量り、硝酸銀を加えて再度量り、ビーカーなどに純水を満たしてそこへ全体を投入後、メスフラスコへ純水で洗いながらメスアップします。
3)つまらない助言ですが、上記の如く硝酸銀は吸湿性なので、封を切ったら常にデシケーターに保存し、重要な実験の場合、封を切ったら直ぐに用い、残りは酸化銅の合成などに使ってしまいます。

QAgNO3(硝酸銀)水溶液の液性

塩の液性について学んでいたんですが,ある問題集に「AgNO3水溶液は例外的に中性である」と書いてありました.これが納得いきません.理由を教えてください!よろしくお願いします.
加水分解を考えると下のように酸性になる気がするのですが・・・
Ag+ + H2O → Ag(OH) + H+
2AgOH → Ag2O + H2O

まとめて,2Ag+ + H2O → Ag2O + 2H+  だから酸性???

Aベストアンサー

 もう回答は必要ないのかもしれませんが,たまたま「コットン・ウィルキンソン 無機化学」(培風館)の記載を目にしましたので。

> AgOHは弱塩基,硝酸は強酸で,

 これが間違っている様です。上記成書によると,『酸化銀は強い塩基で,水中に懸濁させるとアルカリ性である』そうです。

 したがって,強酸・強塩基の塩で中性ですね。

Q硝酸銀の反応

こんにちわ。早速ですが質問させていただきます。
水道水(塩素が含まれている)、塩酸、塩化ナトリウム、にそれぞれ硝酸銀を加えたら、すべてが白色沈殿
しました。次にその試験管を太陽光に三十分ほど当てたら、水道水は黒色沈殿、塩酸は僅かに茶褐色を帯びた白色沈殿、塩化ナトリウムは僅かに紫がかった白色沈殿、という結果になりました。
白色沈殿したのは塩化銀が出来たからだと思いますが、太陽光に当てたときの反応がわかりません。
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あえて反応式を書けば
AgNO3+Cl2+H2O→AgCl+HNO3+HOCl
AgNO3+HCl→AgCl+HNO3
AgNO3+NaCl→AgCl+NaNO3
かと思います(水道水は違うかも)。

しかし、イオン反応式で書けば
Ag+ + Cl- → AgCl
でどれも同じです。

上の反応式ではAgCl以外の副産物が出来ているように見えますが、それらはイオンになって溶けているので、副産物として存在しているとは考えないのが普通です。
(普通、イオン反応式 Ag+ + Cl- → AgCl しか考えません。)
あえて調べるなら、陰イオンと陽イオンを別々に調べることになります。(NO3)- は褐色環反応、Naは炎色反応で調べられます。HOClが正しければ、酸化力があるので、漂白作用があるかと思います。

Q飽和水溶液と溶質

私立の過去問を解いていて疑問に思っていたのですが。
休み中なので学校の先生にも会えないし、親も分からなかったので質問します。

100mlに硝酸カリウムを飽和させます。溶媒の温度は70℃です。
(正直何mlでも何度でも溶質が何でもいいのですが、飽和させた、というところが重要です)
そこに、ミョウバンってある程度溶けますか?
別に塩化ナトリウムでも何でもいいのですが、
それとも異なる物質が飽和しているので、もうこれ以上は溶けない?

わたしを疑問に思わせたのは以下の問題です。

100mlの水(70℃)を入れたビーカーがある。
一つは、40gの硝酸カリウムを入れた水溶液Aとする。
もう一つには、40gのミョウバンを加えて水溶液Bとする。
水溶液AとBを同じ体積ずつ加えて、水溶液Cを作る。
水溶液Cを50℃まで下げる。
溶質の状態は次の内どれか。
ちなみに100mlあたりの水の溶解度はミョウバンが32g、硝酸カリウムが85gです。

1、ミョウバンも硝酸カリウムも溶け残る
2、ミョウバンだけ溶け残る
3、硝酸カリウムだけ溶け残る
4、溶け残りはでない。

4がです。

私立の過去問を解いていて疑問に思っていたのですが。
休み中なので学校の先生にも会えないし、親も分からなかったので質問します。

100mlに硝酸カリウムを飽和させます。溶媒の温度は70℃です。
(正直何mlでも何度でも溶質が何でもいいのですが、飽和させた、というところが重要です)
そこに、ミョウバンってある程度溶けますか?
別に塩化ナトリウムでも何でもいいのですが、
それとも異なる物質が飽和しているので、もうこれ以上は溶けない?

わたしを疑問に思わせたのは以下の問題です。

100ml...続きを読む

Aベストアンサー

後半の問題の内容がいまひとつわからないのでその解答はさておき、

>そこに、ミョウバンってある程度溶けますか?
>別に塩化ナトリウムでも何でもいいのですが、
>それとも異なる物質が飽和しているので、もうこれ以上は溶けない?

基本的に電解質の溶解度は溶解度積(陽イオンと陰イオンの濃度の積)に依存します。

したがって、飽和している電解との別の関係ないイオンとなる電解質を加えた場合、基本的にお互いの溶解度まで溶けることになります。

一方、同じイオンを含む電解質を加えた場合は、その共通イオン(今回の場合はカリウムイオン)が増加するため、そのままイオンとして溶けた場合は上限の溶解度積を超える値となるため、そのイオンのペアの電解質が晶析することになります。
このような効果を「共通イオン効果」とよんでいます。

一方、共通イオン効果反対に、電解質が共存すると、その溶解度が上がる現象がみられています。
この現象は「塩溶効果」と呼ばれており、主に溶けにくい溶質を溶かしたい場合などに利用されています。

また、溶解度の基本は溶解度積ですので、たとえば塩化ナトリウムと硝酸銀の溶液を混ぜれば、溶解度積のきわめて小さい塩化銀が沈殿するというような反応になるわけです。

溶解度積、共通イオン効果、塩溶効果などについては、ご自分でこれらの用語を検索して、その詳細に理解するようにしてください。

後半の問題の内容がいまひとつわからないのでその解答はさておき、

>そこに、ミョウバンってある程度溶けますか?
>別に塩化ナトリウムでも何でもいいのですが、
>それとも異なる物質が飽和しているので、もうこれ以上は溶けない?

基本的に電解質の溶解度は溶解度積(陽イオンと陰イオンの濃度の積)に依存します。

したがって、飽和している電解との別の関係ないイオンとなる電解質を加えた場合、基本的にお互いの溶解度まで溶けることになります。

一方、同じイオンを含む電解質を加えた場合...続きを読む


人気Q&Aランキング