昔、大阪のお土産で「手作り最中」をもらったんですが、その美味しさが忘れられません。道頓堀の側で売っていたと聞いたんですが、店の名前がわかりません。教えて下さい。
特徴:あんこと皮が別々になっていて、あんこは小さい陶器のようなビンに入っています。ビンの色は水色と赤色(他の色もあるかもしれません)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大阪人ですが、道頓堀のお店については心当たりはないのですが、京都の「仙太郎」というお菓子やさんに手作り最中があります。


最近はあちらこちらのお店でやっているようですが、ココの最中は「ご存知最中」と言うほどそれなりに有名です。(もともとアンコを詰めている最中の方です)

余談ですが、あんこと共にカンヅメのみかんやパインをはさんでも、いけますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q餡子がボソボソ・シャリシャリになってしまいました

賞味期限が迫った小豆があったので、あんこを作ってみました。
袋には小豆をよく洗って、三倍の水でじっくり煮て、やわらかくなったら砂糖で味付けするとだけ書いてあったので
そのとおりにしたのですが、どうも小豆がボソボソ・シャリシャリした感じです。
今になってよく考えたら、水を吸わせずにいきなり煮てしまったので、それがいけないのかもしれません。

このボソボソの美味しくない小豆をどうしたらいいのか困っています。
滑らかなあんこにする方法、もしくは別の活用法があれば教えてください。
砂糖を入れるところまではやりました。

Aベストアンサー

生豆の期限は一応有りますが、期限後半年くらいは全く問題無いです。
なお、一年くらい経った古豆は煮ても余り軟らかくならない程度なので、お赤飯には向かないけど、一所懸命煮込めば餡子ならば普通に作れます。

さらに、小豆は水を吸わす必要無い豆ですから今回のボソボソ・シャリシャリの原因では無いです。
ボソボソ・シャリシャリの原因は煮込みが足りないだけでしょう。普段は弱火で2時間程度煮込んでいます。

現状の煮え方が判りませんが、更にブクブク程度の弱火で1時間位い追い煮してください。
豆の皮もはがれて豆の形が無くなるまで煮込んでください。
煮ている途中は火加減に注意しながら、焦げ付かないようにヘラで全体を混ぜていてください。
鍋底をヘラでこすると鍋底が見える位まで煮込めば完成です。
しかし1時間経つ前に途中で鍋底が見えたら火が強すぎるのか水分が不足しているので、火を弱めたり水を追加するなど調整してください。

回答整理すると、なめらか餡子にするには煮足りなかっただけでしょう。1時間追い煮すればなめらかになります。
もしそれでも滑らか餡子にならなかったら、原因は買った豆が一年以上の古豆だったのです。
余り考えられないですが、売れ残りを日付誤魔化して売っているのかもしれませんね。

生豆の期限は一応有りますが、期限後半年くらいは全く問題無いです。
なお、一年くらい経った古豆は煮ても余り軟らかくならない程度なので、お赤飯には向かないけど、一所懸命煮込めば餡子ならば普通に作れます。

さらに、小豆は水を吸わす必要無い豆ですから今回のボソボソ・シャリシャリの原因では無いです。
ボソボソ・シャリシャリの原因は煮込みが足りないだけでしょう。普段は弱火で2時間程度煮込んでいます。

現状の煮え方が判りませんが、更にブクブク程度の弱火で1時間位い追い煮してください。
豆の...続きを読む

Q食物の化学変化(玉葱の色が水色に)

ホタテにオニオンソースをかけてオーブンで加熱した所、オニオンソース部分が水色に変化していました。食欲がなくなる色だったので食べることもできませんでした。なぜこのような色の変化が現れたのかわかる方お願いします。

材料はホタテの生・摩り下ろした玉葱とにんにく、パルメザンチーズ。これらをオーブンにいれました。

Aベストアンサー

にんにくは特定の条件(酸性)下に置かれると、成分のアルキルサルファイド(辛味・臭いの成分)が分解して元々持っている鉄分と反応し、鮮やかな青色に染まることがあります。酢漬けなんかでよく見られますし、らっきょうでも時々ありますね。

今回のケースは、たまねぎがラッキョウの仲間ですし、ホタテもにんにく以上に鉄分が多いですので、原因になりそうなものがいっぱいですから、このあたりが複合して起きた現象の可能性があります。

それぞれの成分の含有量や温度など、いくつかの条件に左右され、必ず出るものではないようですが、安全性には特に問題ないですよ。

Q 餡子の甘さをおさえる方法

「ゆであずき」のような市販の餡子の甘さをおさえるにはどうすればよいのでしょうか?
家で和菓子を作るとき、なんとかもっと甘さを控えることが出来ればとおもうのですが、良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

簡単にあんこやしるこを作るための粉末の「餡子の素」みたいなのが売っているので、それを混ぜたら甘さを緩和できます。
まあ、あまり美味くはないでしょうが・・・

ちなみに砂糖が入ったものと無糖タイプがあるので、必ず無糖タイプを選んでください。

Q皮むきごまとは、どうやって皮をむいているの?

皮むきゴマは、あの小さなゴマひとつひとつを
どうやって、皮をむいているのでしょう??

皮むき胡麻を家庭で作ることは可能なのでしょうか?

教えてください。お願いします

Aベストアンサー

皮むきゴマの作り方には二種類あって、以前は苛性ソーダで取り除いていたのですが(缶詰のみかんのフクロを溶かすやり方ですね)、最近では水につけておいてから皮を専用の機械でとるやり方が主流だそうです。
ご家庭でするなら、炒っていない洗いゴマを求め、8時間ほど水につけ、すり鉢で外種皮を取ることができれば皮むきゴマになるはずです。

しかし皮の部分にも栄養がありますし、香ばしい風味は皮付きの方がまさります。
それと、外種皮を取り除いても、内種皮といってもう一枚皮があります。
粒粒感を楽しむ分には皮むきゴマ、栄養はすりゴマというところでしょうか。

http://www.wadaman.com/johobox/03101301.html

参考URL:http://www.wadaman.com/johobox/02072301.html

Q餡子の意外な食べ方

餡子が大量にあります。
つぶあんです。
大福・汁粉・アイスに添えたり・小豆ミルク・あんバタ・白玉・団子・おはぎ・アンコ巻き・羊羹・水羊羹・餡チーズ・キナコ・餡ロール・あんぱん・蒸し饅頭・・・・その他色々。
大体、基本的な、餡子レシピはやりつくしました。
まだ余っていて困ってます。
ふつうに思いつく餡子料理ではないもので、手軽に作れるものがあれば教えてください

Aベストアンサー

ミルクもち&あんこはいかがでしょうか。

牛乳1カップ、片栗粉大匙2、砂糖大匙1~2(お好みで加減)
以上をお鍋に入れ、火にかけて木べらでもっちりするまで混ぜる。
ぬらしたスプーンでひとくち大にすくい、器にもりつける。
あんこと、少し濃い目のコーヒー(インスタンとで十分です)をかける。

あんことコーヒーの組合せは、ちょっと前にはやってましたね。
おいしいです。

それと、あんこはいたみが早いと思うので、冷凍しちゃった方がいいのではないかな、
と思います。
水分が多すぎる状態(おしるこみたいな)では、冷凍したことないですが、
ちょっとゆるい、あるいはかためだったら、大丈夫ですよ。

Qあんこの消費量について

日本で一番あんこが多く消費されている県って何処ですか?噂では名古屋って聞いてますが、これと言った証拠がなくて困っています。消費量とかの数字が分かったら最高なんですが・・・。どなたか分かる方が見えましたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

エクセル形式でのダウンロードは可能ですか?
総務庁の統計調査に次のような、家計の消費を調査したものがあります。

「家計調査 平成13年年報」  統計表

http://www.stat.go.jp/data/kakei/2001np/02nh.htm

↑の「第18表 都市階級・地方・都道府県庁所在市別  全世帯 」の中の
食料「油脂・調味料」~「菓子類」 [124KB]を開いてください。【エクセル形式】



あんこは見つけられなかったんですが(たぶん、「その他の穀類」の中に入ってしまっているじゃないか思います)
まんじゅうは、ダントツでしたよ(;^_^A
(菓子類の中の341)
県庁所在地別、名古屋一位! 大都市圏別、中京一位! 地方別、東海一位!


家計調査は、いろんな形で公表結果が出るので、「家計調査年報」などの本を探っていくと、目的のものが見つかるかもしれません。

ご参考程度に。

Q餡子を使った料理

卒論で餡子を使った料理のジャンル分けをしようと思っています!
なんでもいいので、あなたの周りにある餡子を使った料理を教えてください!

お菓子として、おかずとしてでもなんでもいいです。

あと、あなたの出身地、どのような時に食べるか、それを食べるのは普通なのか等も教えて貰えると嬉しいです。

Aベストアンサー

先ずは確認です。
 【餡子】・・・通用していますが、正しくは【餡こ】。
 【餡こ】・・・大福やおはぎなどの菓子類を想起。
 【料理】・・・【餡かけ】を想起。
        【料理】と言う場合は通常は菓子を含まない。
 【餡】・・・・菓子類に使う【餡こ】も餡、【餡かけ】でかけるのも餡。
       中華では材料に関わらず皮に包む中身の具を言います。
             餡かけは勾?(gou1qian4)、餡は無関係です。
 【餡こを使った料理】・・・とは???
☆ご質問の「あなたの周りにある餡こを使った料理を教えてください!
       お菓子として、おかずとしてでもなんでもいいです」
   ・・・「菓子類に使う【餡こ】」を使う菓子や料理と言う意味かな???
論文のための調査でしたら、事柄の区別と明示的な表現をしましょうね。
答えて頂きたいことも、項目列挙するなど...。
その方が調査効率も効果も上がりますね。
参考に、
・餡
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%A1
   餡の概要、菓子の餡、料理の餡(中身として皮に包まれる料理のみ)
   餡の種類が沢山、リンクで和洋菓子、料理も出てきます。
・日本全国の銘菓
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%8A%98%E8%8F%93
   県別に列挙、餡物を拾ってみましょう。

・私は東京育ちです。先行回答にないものをいくつか。
・百合根餡:和菓子各種 京都-百合根餡と錦玉羹・・・到来物。
                北海道-ゆり根どら焼き・・・到来物。
                北海道-百合根きんとん(菓子)・・・到来物。
         料理     百合根饅頭・・・料亭。
                百合根きんとん・・・自家製、正月。
・家庭惣菜-小豆餡とかぼちゃの煮物・・・冬季。
・関西-あんこサンドイッチ・・・出張時体験。
・名古屋-あんこスパゲッティ・・・出張時見かける。

先ずは確認です。
 【餡子】・・・通用していますが、正しくは【餡こ】。
 【餡こ】・・・大福やおはぎなどの菓子類を想起。
 【料理】・・・【餡かけ】を想起。
        【料理】と言う場合は通常は菓子を含まない。
 【餡】・・・・菓子類に使う【餡こ】も餡、【餡かけ】でかけるのも餡。
       中華では材料に関わらず皮に包む中身の具を言います。
             餡かけは勾?(gou1qian4)、餡は無関係です。
 【餡こを使った料理】・・・とは???
☆ご質問の「あ...続きを読む

Qあんこの発祥の地はどこでしょうか?

あんこの発祥の地はどこでしょうか?

Aベストアンサー

餡は遣隋使として小野妹子を中国に派遣した頃(西暦607年)からその歴史は始まると言われています。

参考URL:http://www.mochizuki-seianjo.co.jp/p2.html,http://www.sogoseian.co.jp/chishiki.htm

Q栗餡子の作り方は?教えてね~~

栗餡子を手作りしたいですが、作り方はよく分からないので誰かさんが教えてくださいませんか。ありがとうね。

Aベストアンサー

探せばみつかりそうですが…

材料
栗…お好きなだけ
砂糖…お好きなだけ
   大体、栗の2割程度で
   好みで増減
クチナシの実…無くてもOK
水…たっぷり

用意するもの
口が広い鍋(栗が入るもの)
木べら
裏漉しに使うザル
(細・粗、二種類あると尚由)
体力
時間


工程
・クチナシの実の処理
 クチナシの実を
 包丁などで潰す。
 クチナシの実一個につき
 300ml見当の水に
 浸けておく。
 (省略可能。
 この水で栗の剥き身を煮ると
 鮮やかな栗色にできます。
 食用黄色で代用も可能。)


・栗の処理(2通り)
 ①皮ごと茹でるやり方
  たっぷりの水に栗を
  入れて、火にかける。
  沸騰したら弱火にし、
  25分くらい、茹でる。
  ザルにあけ、
  縦半分に切って、
  スプーンなどでくり貫く。
  
 ②剥いてから茹でるやり方
  栗を剥く。渋皮も剥く。
  鍋に剥いた栗を入れ、
  水から茹でる。
  沸騰したら弱火。
  20分くらい茹で、
  一度茹でこぼす。

 以下、共通
  ここで、剥けた栗の
  重さを量り、砂糖を準備。
  栗を鍋に戻し、
  クチナシ水濾したものを
  (或いはただの水)を張り、
  火にかける。
  沸騰したら弱火。
  柔らかくなるまで煮る。

  柔らかくなったら裏漉し。
  冷めると固くなるので、
  熱い内に手早く。
  体力とスピードの勝負。
  ここで、剥けた栗の
  1/4くらいを取りだし、
  目の粗い裏漉しで濾すと
  粒が残って食感が上がる。

  裏漉したら鍋に戻し、
  砂糖の半量を入れ、
  弱火にかける。
  焦げないように
  常にかき混ぜること。
  砂糖が溶け、
  しっとりなめらか
  お好みの固さになるまで
  根気よく混ぜる。

  お好みになったら
  火から降ろし、
  砂糖の残りを入れて
  力強く練る。
  均一に混ざり、
  光沢が出てきたら完成。





とにかく、体力が必要ですよ。
がんばってくださいませ。

探せばみつかりそうですが…

材料
栗…お好きなだけ
砂糖…お好きなだけ
   大体、栗の2割程度で
   好みで増減
クチナシの実…無くてもOK
水…たっぷり

用意するもの
口が広い鍋(栗が入るもの)
木べら
裏漉しに使うザル
(細・粗、二種類あると尚由)
体力
時間


工程
・クチナシの実の処理
 クチナシの実を
 包丁などで潰す。
 クチナシの実一個につき
 300ml見当の水に
 浸けておく。
 (省略可能。
 この水で栗の剥き身を煮ると
 鮮やかな栗色にできます。
 食用黄色で代用も可能。)


・栗...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは


出来ますよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報