こんばんわ。恥を偲んで質問します。
私は5~6年前(もっと前かも)に陰嚢に湿疹が出来て
以来ずっと治りません。
もともと湿疹体質のようで、膝の裏、臀部、肘の裏、腋下、などにも湿疹があります。
何回ほんとにたまに恥を偲んで陰嚢の湿疹を皮膚科に診てもらいに行きましたが、そのたびにステロイド軟膏を手渡されています。今も使っているのは「ホルメゾンVG軟膏(外用合成副腎皮質ホルモン・抗生物質配合剤)」という薬を常用しています。
このステロイド軟膏を長年(毎日ではありませんが、)塗布していると、部位が陰嚢だけに睾丸へ悪影響を及ぼさないか心配です。
もし睾丸へステロイドの何らかの作用が働き、精子へその影響が及び、まだ見ぬ我が子へ影響が出てしまうのではないか心配です。
自分の精子がステロイドに影響を受けていないか検査する機関はあるのでしょうか。

長くなりましたが、「睾丸・精子へのステロイドの影響」と、
「精子のステロイド浸潤(?)検査」みたいなことをやってくれる検査機関の有無。
2点を質問したいと思います。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

美肌水と言うものが有ります。

検索サイトで「美肌水」と検索してみて下さい。かなりヒットするはずです。現在の所かなり有効です。費用も安いです。ステロイドはわずかでも使用すると依存症になってしまい、最後にはステロイド皮膚炎に成ってしまいます。「ステロイド被害」と検索してみて下さい。怖さが解りますよ。
幼いころには副腎皮質はまだ未発達で、そこから出ているホルモンが代謝機能を維持して居るのですが、外部から農薬等の影響により、上手くどうさせず、ホルモン分泌を阻害されます。その為外部からのアレルゲンの影響を受けたり、ぜんそくやアテノイドを引き起こしていきます。
そこに外部からステロイド(人工副腎皮質ホルモン)を与えると、身体の副腎がホルモンを作らなくなるのです。その上ステロイドの害がもろに作用して行きます。
美肌水は対症療法ですが、これを使用し、副腎がホルモンを出してくるのを待たなければなりません。
さらには、温泉などに入り、身体内部の重金属(農薬)を汗と一緒に体外排出するのも有効です。
ステロイドは絶対に止めて下さい。
    • good
    • 2

補足です!



<以後、同じ部位に出来た場合は一々医者に行かず
<使い切れなかったステロイド軟膏を自分で塗っています。

↑これは、絶対ダメです。
ご存知かとは思いますが、ステロイドには濃度があって、
湿疹の程度、皮膚を掻きこわした状態などによって
処方されるステロイドの濃度に雲泥の差があったりするからです。

お願いです。いくら残っていても、
それを自分の判断で塗ってはいけません。
場合によっては、悪化します。
必ず皮膚科の受診を行った方がいいです。
    • good
    • 1

アトピー性皮膚炎で、よく皮膚科のお世話になっています。



基本的に外用薬は、多分睾丸・精子への影響はないと思いますが。。。
婦人科医に確かめたことがありますが、
少なくとも妊婦や胎児への影響はないと説明を受けました。

ステロイドなんですけど。。。。
処方してくださるとき、医師から塗り方の説明をきちんと受けていますか?
私がお世話になっている皮膚科の先生とは、長いお付き合いをしていますが、
この薬を処方されるときは、口を酸っぱくされて
「悪いところだけに塗ること。健康な周囲の皮膚に塗り広げないこと。」
そして、指定の治療期間(だいたい7日間の塗布)のあと、
必ず再度受診することを義務付けされます。

ステロイドは、正しい使い方をしないと、
副作用がひどくなる怖い薬です。

ダラダラ長期間使ったりすると、

皮膚が薄くなったり、ニキビが出来やすくなったり。。。。
カミソリを使ったあとの皮膚に塗るのは、もっての他だし、
ニキビの上に塗れば悪化するし。。。
とにかく、いいことはありません。
また、塗り方の指示をしない医師も良い先生とは言えません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
ステロイドの塗布は患部だけにしています。
新しい場所に出来たとき、一応医者に見せて、
それから自分で塗布しています。
ただ、以後、同じ部位に出来た場合は一々医者に行かず
使い切れなかったステロイド軟膏を自分で塗っています。
aidoさんも産婦人科医に確認された様ですが、私も念のため医者に聞いてみます。別の部位(腋下など)にまた湿疹が再発したので、今までとは別のゆっくり診察してくれる皮膚科に行こうかとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/26 00:08

下のサイトで調べてみたところ、「陰部にステロイドを長期間使用していると、いわゆるインキンタムシになることがありますので、薬のみでなく、一度診察して下さい。

簡単な検査でその場ですぐわかります。」とありました。こちらで信頼できる病院(皮膚科)を探されると良いかもしれません。

参考URL:http://www.10man-doc.co.jp/topics/archive.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介url、たいへん参考になりました。
勝手な自己解釈は危険ですね。
皮膚科に行って見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/24 21:21

relux-beerさん


ステロイド剤は長期の使用は危険だし、副作用もかなりのものだと聞いたことがあります。
たまに病院に行くのではなく、きちんと定期的に受診されたほうがいいのではないでしょうか?
できれば、なるべく自然治療を行なうところが近くにあれば良いんでしょうが。
下記サイトで確認して、正しい治療をされることをお勧めします。

参考URL:http://www.osk.3web.ne.jp/~medinet/steroid2.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご紹介url紹介させていただきました。
怖いですね。
一度皮膚科に相談してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/24 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステロイド軟膏と特発性大腿骨骨頭壊死

50代の男性です。

7年ほど前に左股関節に痛みが生じ特発性大腿骨骨頭壊死と診断されました。痛みは一週間程でそれ以降痛みはなく定期診察はここ2年ほど受けていませんでした。レントゲン画像では骨頭壊死の範囲は半周以上白くて病期としては初期の診断です。

お酒は若いころは結構飲み、今も晩酌はしていますが、酒量は減りγ-GTPなどは正常値です。
普段の生活は一般成人男子よりは運動しているほうでそれ以外はあまり変わらないと思います。
最近また左足股関節に軽い痛みが出ましたが3~4日で収まりました。
身長:175cm
体重:70kg(ここ十数年変化なしです。)

加えて3年ほど前に耳、鼻の中のかゆみで耳鼻科から「強力レスタミンコーチゾン」を処方され、耳に週に2~3回、鼻は週に1回使用しています。
ステロイド剤が大腿骨骨頭壊死に影響があるらしいと聞き不安になりました。
この程度の使用量と大腿骨骨頭壊死に影響する度合いを分かる方ご教授願います。

Aベストアンサー

特発性大腿骨骨頭壊死とステロイドの因果関係は間違いないですが、発生機序はまだ不明です。ステロイド性の場合、たとえば全身性エリテマトーデスの患者さんに多くみられます。この病気は女性に多いですから必然的にステロイド性の骨頭壊死症も女性が多くなります。また少量を長期間投与の場合に比べ、短期間に大量のステロイドを投与する方法に多く発症しやすいことも特徴です。これは例えば花粉症などでステロイド経口投与している場合に全く起きないという意味ではありません。またステロイドもアルコールもまったくやっていなくても起こりえます。貴方の場合はステロイド外用薬ですから可能性は限りなく低いと思われます。発生機序が完全に解明されていない以上は絶対とは言えませんが。


>ステロイド剤が大腿骨骨頭壊死に影響があるらしいと聞き不安になりました。

「今は症状もなく安定しているが、ステロイドを使用しているので不安になった」というのがご質問の主旨ですよね。であればステロイドよりもアルコールに気を付けられた方がいいかと。男性ではアルコール性の方が多いですから。量を減らす、休肝日を作るなどされてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

特発性大腿骨骨頭壊死とステロイドの因果関係は間違いないですが、発生機序はまだ不明です。ステロイド性の場合、たとえば全身性エリテマトーデスの患者さんに多くみられます。この病気は女性に多いですから必然的にステロイド性の骨頭壊死症も女性が多くなります。また少量を長期間投与の場合に比べ、短期間に大量のステロイドを投与する方法に多く発症しやすいことも特徴です。これは例えば花粉症などでステロイド経口投与している場合に全く起きないという意味ではありません。またステロイドもアルコールもま...続きを読む

Qステロイド「テクスメテン」軟膏を塗って、市販の飲むかゆみ止め薬「アレギール」を併用して大丈夫?

ステロイド「テクスメテン」軟膏を塗って、市販の飲むかゆみ止め薬「アレギール」を併用して大丈夫?でしょうか。

足のひざの裏側と、腕のひじの裏側の、折り曲げて重なる部分(なんていうのか分からない!)のアトピーのかゆみがひどくて、

少し前に皮膚科でもらったステロイド軟膏「テクスメテン(吉草三自負コルトロン1mg含有(0.1% 10g)」を、
いままでまったく使わずに我慢していたのですが、この際一気に短期間で治してしまおうと、塗りました。そしたらすごくかゆくて。。。

非常にかゆいのは最初のうちだけでしょうか?

あまりに痒いので、「アレギール錠」
(1日9錠/3回の成分)
クロルフェニラミンマレイン酸13.5mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)22.5mg、グリチルリチン酸カリウム280mg、グルコン酸カルシウム水和物1350mg

を同時に飲んで痒みを我慢しようと思っていますが、

この2種の薬の併用で、ステロイドの効果がなくなるとか、よけいひどくなるなんてことはないでしょうか?

もし詳しい方がいらっしゃれば、アドバイスお願いいたします・・・

ステロイド「テクスメテン」軟膏を塗って、市販の飲むかゆみ止め薬「アレギール」を併用して大丈夫?でしょうか。

足のひざの裏側と、腕のひじの裏側の、折り曲げて重なる部分(なんていうのか分からない!)のアトピーのかゆみがひどくて、

少し前に皮膚科でもらったステロイド軟膏「テクスメテン(吉草三自負コルトロン1mg含有(0.1% 10g)」を、
いままでまったく使わずに我慢していたのですが、この際一気に短期間で治してしまおうと、塗りました。そしたらすごくかゆくて。。。

非常に...続きを読む

Aベストアンサー

24歳男性です。

子どもの頃から軽いアトピーですが、2年前に症状が急に悪化しました。
乾燥・炎症・湿疹・かゆみ・痛み・落屑・不眠に悩みましたが、今は症状が落ち着いています。


薬の飲み合わせに関してはわかりません。
ただ、経験からいって、ステロイドを塗るとべたついて逆にかゆくなります。
ステロイド自体の成分が肌に合わなくて、かゆくなることもあります。
他のステロイドに変えてもらうのも、一つの方法です。


ただ、アトピーは病院に行っても治りません。
ステロイドを使用しても、アトピーは鎮静と悪化を繰り返すだけです。
医療用の保湿剤(ヒルドイド・ワセリン)も、逆にかゆみを増し、アトピーを悪化させます。


アトピーは自分の肌に合ったスキンケアさえすれば治ります(特別なアレルギー・重度のアトピーは除く)。
だまされたと思って、以下のことを試してみてください。



・アルカリ性の固形石けんは使わない。

・安い洗顔料・ボディーソープ・シャンプーは使わない。

・ベビーセバメドのボディーソープ(泡タイプ)で顔・からだ・髪を洗う。

・アトデルムのクリームDでからだ・髪を保湿する。

・ロコベースリペア・ミルクで顔を保湿する。

24歳男性です。

子どもの頃から軽いアトピーですが、2年前に症状が急に悪化しました。
乾燥・炎症・湿疹・かゆみ・痛み・落屑・不眠に悩みましたが、今は症状が落ち着いています。


薬の飲み合わせに関してはわかりません。
ただ、経験からいって、ステロイドを塗るとべたついて逆にかゆくなります。
ステロイド自体の成分が肌に合わなくて、かゆくなることもあります。
他のステロイドに変えてもらうのも、一つの方法です。


ただ、アトピーは病院に行っても治りません。
ステロイドを使用し...続きを読む

Q顔、身体に湿疹が出ています。ステロイド・・・??

 40歳、男性です。
 10日程前(10月初旬)から、顔(オデコ)に湿疹が出ております。
 通常は痛み・かゆみは感じませんが、入浴後は少しヒリヒリとします。
 又、関係はないと思うのですが耳ダレのようなものが出て耳鼻科で10/6に診察してもらい下記の薬を服用した三日後に右肩部分に湿疹が出始めました。
 気になったので昨日、皮膚科で診察したら、下記の
「3デキサンG軟膏にステロイドが入っているので湿疹になった」
と医師に言われました。
 耳鼻科で頂いた下記の薬をすべて飲む、塗るのは即座に止めましたが、放っておいてこの湿疹は治りますか?


1セフポドキシムプロキセチル(細菌による感染症の治療剤)
2ムコセラムLカプセル45淡黄色T444(炎症を抑える、痰の切れをよくする薬)
3デキサンG軟膏(皮膚の化膿、炎症を抑える)

Aベストアンサー

耳垂れが出たりということですので,花粉症のようなアレルギ-も考えられますよ.私も何が原因かわからないのですが,耳の中がかゆくなって,たらーっと耳垂れが出るようになります.医者からは花粉症のようなものといわれ,デキサンGと同じものをぬっています.ステロイドは炎症や湿疹を抑えるクスリですので,お医者さんがおっしゃったことは一寸意味不明ですね.
セフポドキシムプロキセチルには人によってまれに湿疹が出たりすることもあるようですが,ANo1のように,湿疹が出た時期と服用時期が逆だとクスリのせいではなさそうですし,部分的な湿疹はこのお薬のせいとは考えにくいですね.デキサンGを肩に塗られました?塗っていなければ,デキサンGが原因とは考えられませんよね.
この処方だと外耳炎の治療を目的としているのかなとも思えるのですが,耳は大丈夫ですか?

Qステロイドによる出産の影響について。

29歳女性です。私は生まれつきアトピーで18歳まで強いステロイドを使用していました。
子供を考えているのですが、皮膚科で「長い間ステロイドを使用していたから副腎機能が弱っているかも。出産する時こわいかも」といわれました。
ステロイドはもう10年は使用していませんがやはり何か影響あるのでしょうか?
アトピーで出産された方でご存知の方お願い致します。

Aベストアンサー

医師の発言とは、思いがたいですね。現在または最近まで大量に内服されていたのなら、副腎機能の回復を待つ必要性もありそうですが、それですら、止めるときは漸減していきますので、年単位の休薬など必要ないでしょう。

外用剤の体内ホルモン分泌へ影響について、いくらかの報告があります。
(1)国内文献から1つ⇒最も強力なステロイド外用剤を10g使用すると、プレドニゾロンを5mg内服したのと同等の全身作用があると報告されています。
(2)外国文献から1つ⇒強力なステロイド外用剤を1週間の総投与量として、成人で30g、小さな小児で10gまでの使用なら、全身作用は現れない。1週間の総投与量が50g(成人との記載はありませんが、成人でしょう)を超えると、内分泌系への影響を考慮すべきとの報告があります。

前述のことを総合的に考えて、okome38さんの現在の副腎の機能が低下し続けているとは考えにくいです。

どうしても、副腎機能が正常か否かを知りたいのであれば、病院で検査を受けることです。内科でも産婦人科でもしてくれるはずです。(おそらく、その様な検査を受ける必要性が無いことを説明してくださるとは思いますが・・・)安心を買いたいのならそれも一つの方法ではあると思います。

医師の発言とは、思いがたいですね。現在または最近まで大量に内服されていたのなら、副腎機能の回復を待つ必要性もありそうですが、それですら、止めるときは漸減していきますので、年単位の休薬など必要ないでしょう。

外用剤の体内ホルモン分泌へ影響について、いくらかの報告があります。
(1)国内文献から1つ⇒最も強力なステロイド外用剤を10g使用すると、プレドニゾロンを5mg内服したのと同等の全身作用があると報告されています。
(2)外国文献から1つ⇒強力なステロイド外用剤を1週間の総投与量として...続きを読む

Q湿疹に湿疹の薬を塗ると頭のだるさが消えるのですが。

僕は数年前から
「集中力が無い」「だるい」「本が読めない」「人の話が聞けない」という
症状に悩んでいて、喉に異物感があるのですが、

不思議な事に湿疹の薬を湿疹に塗ると
しばらくの間、喉の異物感が無くなり、頭もスッキリして
元気になります。

湿疹の薬には抗菌作用があるようですが、
もしかして血液に何か異常があるのでしょうか?

どういう現象なのか教えてほしいです。
どうも思い込みとは思えない程に際立った変化があるのです。

Aベストアンサー

心と体は一つだと思ってください。喉の異物感は心の問題です。体はどうにかして心のストレスを吐き出したいのにそれができずに喉に痞えてる状態です。ストレスを吐き出そうとするのは副交感神経の働きによるものですが、実は湿疹も体にストレスになるもの(これ以上は受け入れることができないもの)を皮膚から排泄してる姿です。両者とも副交感神経が優位になって時に出る症状です。また頭がぼんやりするのも同じように副交感神経が優位の状態でおこります。

湿疹に浸かってる薬は強めのステロイドだと思いますが、結構広範囲に塗っておられませんか。ステロイドは即効性があり交感神経を緊張させて副交感神経を抑制する働きをします。ですから交感神経の緊張が強いほど副交感神経による種々の反応は消えることになります。しかし、クスリの効果がなくなると症状は再燃することになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報