いまさら、ですけれども教えて下さい。

流通の過程で物の価格はどうなっているのかわからなくなりました。

仮に、

製造者:A、卸業者:B、小売業者:C、消費者:D
消費税5%
A~Cは利益なし(利益率0%)
Aの製造コストは100円

とした場合、税込みではどちらになるんでしょうか?

(1)
A→B 105円
B→C 105円
C→D 105円

(2)
A→B 105円
B→C 110円
C→D 115円
(1円未満切り捨て)

要は物を売った人全員が、税金として国または地域に4%+1%=5%を収めれば(2)だとおもうのですが、そうすると中間の流通業者が増えるごとに税金が加算されますね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご理解の通りです。



そして、(2')を例にとれば、
消費者が預けた15円の消費税を、
AとBとが分担して国・地方へ納税するという図式になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/25 01:02

 消費税の課税には、本則課税と簡易課税とがありますが、ここでは本則で説明します。


 消費税は、「売上の際に購入者から預かった消費税」から「仕入れの際に販売者へ払った消費税」の“差額”を納付します。

 したがって、(1)のケースでは、BもCも納付税額はゼロになり、利益額もゼロです。Aだけが5円の消費税を納付することになります。
 一方(2)のケースでは、Bは預かった消費税10円から払った消費税5円を引いた5円を、Cは預かった消費税15円から払った消費税10円を引いた5円を、それぞれ納付することになります。そして、BとCには5円ずつの利益が出ます。
 「利益無しで」ということでしたら、(1)が正解ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PTPCE-GSRさん、ありがとうございます。

こういう風に理解しましたが、いいのでしょうか?

Bの視点で考えると、

(1')利益なしの場合
BはAから、
100円プラス消費税5円で計105円でAから仕入れ。
100円プラス消費税5円の計105円でCに販売。

この場合国・地方への納税は0円。

(2')利益ありの場合
100円プラス消費税5円で計105円でAから仕入れ。
300円プラス消費税15円で計315円でCに販売。

この場合、Bは15円-5円=10円を
国・地方へ納税する。

お礼日時:2001/09/24 11:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報