植物は亜硝酸を吸収できないと聞きますが、これは本当ですか?
また、本当ならば、何故なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

植物一般の話しと聞いてください。

植物には,同化型の亜硝酸還元酵素を持っています。この酵素は亜硝酸をアンモニアに還元します。従って,亜硝酸を利用できます。ただし,亜硝酸は一方では「毒」なので,アンモニア態窒素に比べて,高濃度には与えない方が良いでしょう。
なお,前解答者がアンモニア態窒素を利用できない旨,記していますが,誤りです。植物の代表的な肥料「硫安」(硫酸アンモニウム)を頭に描けばすぐ理解できると思います。
なお,硝酸も亜硝酸を経て,最終的にアンモニアまで還元されますから,良い窒素肥料になります。
ついでに,一般的に硝酸態窒素(亜硝酸もですが)を肥料として作物に与えない理由は,土壌中に生息する脱窒素細菌が硝酸,亜硝酸を窒素に還元してしまい,作物の利用を妨げます。

この回答への補足

少々幅を広げ、淡水性や海水性の高等植物や藻類も含めた場合はどうなるのですか?

補足日時:2001/09/24 23:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 23:25

植物がアンモニア体窒素を吸収できないというのは知っていますが亜硝酸体窒素を


吸収できないという話は聞いたことがありません。
恐らく何かの間違いではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 23:34

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#2で紹介したサイト・成書も参考にしてください。

http://ss.jircas.affrc.go.jp/topics/ine.htm
(硝化抑制作用をもつ熱帯イネ科牧草の発見)
http://www.bio-kaken.com/nougyou.htm
(農業用 土壌改良剤)
http://www5.ocn.ne.jp/~yuuki123/add_organic_chem …
(アンモニア態窒素)
このページの記載では量的なことは分かりませんが、「亜硝酸」でも吸収するようですが・・・?
http://www.linkclub.or.jp/~edmonton/UsaInfo/Nitr …
(牧草による亜硝酸中毒についての考察)

これらは直接的な回答ではないようですが、関連事項として。

以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
==============================
植物生理学/Hans Mohr,…[他]/シュプリンガー・フェ…/1998.12 
植物生理学講義/ユリウス・フォン・ザ…[他]/森北出版/1997.6 
植物生理学/増田芳雄,菊山宗弘/放送大学教育振興会/1996.3 
=============================
ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=66399
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 23:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亜硝酸ナトリウムの効果

亜硝酸ナトリウムは血管拡張作用があるということですが、それはどのような仕組みによるのですか?コリン作動性、アドレナリン作動性いずれかのレセプターに作用するのだとは思いますが、構造式からも想像できずお手上げです。もしご存知の方がいらしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アドレナリン受容体・コリン受容体の何れも関与しない、
寿命の短い神経伝達物質としての一酸化窒素(NO)の役割を解き明かしたことで、
1998年のノーベル医学・生理学賞が授与されています。

古くからニトログリセリンや亜硝酸塩が、
血管弛緩剤として有効であることが知られていました。
これらの物質は体内で還元を受け、配位力の強いNOを発生します。
cGMP合成酵素のヘム部へ配位することでcGMP合成が促進されます。
cGMPがカルシウムポンプに作用し、Ca2+の膜外への放出を促進し、
筋繊維蛋白についたCa2+が外れて弛緩をもたらします。

未確認ですが、多分最新の生化学の教科書では、
NOの役割について記述されていると思います。

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n1999dir/n2325dir/n2325_05.htm

Q昆虫学の無翅亜綱と有翅亜綱の分類について

 いつもお世話になります。今回は、昆虫学の無翅亜綱と有翅亜綱の分類について質問させていただきたく書き込みさせていただきました。私は、公務員の農学系受験を考えており昆虫学の書籍を読んでおり、自分なりに図で分類の樹形図を書いてみました。しかし、間違って理解しているのではないかと思い、ご存じの方が居られたらお教えいただけると幸いです。
 現在は、「昆虫は、翅の有無により無翅亜綱と有翅亜綱に分けられる。そして、無翅亜綱は内顎綱と外顎綱(昆虫綱)に分けられ内顎綱と外顎綱を合わせて六脚上綱という」と理解しているのですが、正しいでしょうか。
 上手く説明できず、申し訳ないのですがご回答いただけると大変助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

綱を分けたのが亜綱で綱をいくつかまとめたのが上綱ですから亜綱を分けて綱になることはありません。
昔からの単位をつけると混乱するので、類であらわすことにします。
現在では外顎類を昆虫類とするのが普通です。外顎類と内顎類を合わせたものが六脚類です。昔は六脚類を昆虫類と言っていましたが、変更されたわけです。
以前は多足類から進化したと考えられていましたが、DNAの解析などにより甲殻類から進化したことが判明しています。甲殻類と六脚類を合わせたものを汎甲殻類といいます。
さて、外顎類は単関節丘類(イシノミ類)と双関節丘類に分類されます。
双関節丘類が総尾類(シミ類)と有翅類に分けられます。
この有翅類がかつての有翅亜綱です。無翅亜綱は解体されて現在の分類体系では無くなっています。
内顎類はトビムシ類とコムシ類、カマアシムシ類に分けられますが、これらが互いに近縁かは分っていません。
参考URLに最新の学説が書かれているページを紹介しておきます。
今後研究が進めば、さらなる変更も考えられます。

参考URL:http://www8.atwiki.jp/u3002/pages/48.html

綱を分けたのが亜綱で綱をいくつかまとめたのが上綱ですから亜綱を分けて綱になることはありません。
昔からの単位をつけると混乱するので、類であらわすことにします。
現在では外顎類を昆虫類とするのが普通です。外顎類と内顎類を合わせたものが六脚類です。昔は六脚類を昆虫類と言っていましたが、変更されたわけです。
以前は多足類から進化したと考えられていましたが、DNAの解析などにより甲殻類から進化したことが判明しています。甲殻類と六脚類を合わせたものを汎甲殻類といいます。
さて、外顎類は...続きを読む

Q二酸化窒素は植物にどのように吸収されるのでしょうか?

ザルツマン方を用いて,二酸化窒素濃度の測定を行いました。
その結果,公園や神社などにおける濃度の値が低くなりました。

測定方法の紙に,「緑は空気を浄化する作用があるので低い値となる」と記載されていたのを鵜呑みにし,公園や神社は,植物が多いから低かったのだと考えたのですが,植物は二酸化窒素を直接吸収することはできないことを思い出しました。

にも関わらず,植物の多いところでの二酸化窒素濃度の値が低くなったり,緑は空気を浄化する作用があると記載されていたのはなぜなのでしょうか?
また,二酸化窒素はどのように循環するのでしょうか??

Aベストアンサー

「植物は二酸化窒素を直接吸収することはできない」
これはどのような情報源なのでしょう。昔の成書等では間違って記載されていることはありますが現在では誤りと思います。

植物は葉からも水や二酸化窒素等を吸収しています。二酸化窒素は細胞内で水に溶けますと硝酸イオンや亜硝酸イオンになります。これがNOxが酸性雨の原因の1つになる理由です。これらイオンは窒素同化に利用されます。

植物の中には根が発達しなかったり、つる性植物のように根からの水や硝酸イオンの供給が十分でない植物たちは特にこの機能が発達しているようです。

Q植物の根毛細胞や動物の吸収上皮細胞に穴はある?

twitterで会話したときに意見が食い違いました。

「根毛細胞や吸収上皮の細胞には
腎臓の細胞のような大きな穴は空いていない」
と思っていたのですが相手は「空いている」と言いました。

一般に細胞膜にイオンチャネルがあることはどちらも認識済みですが
それより大きな穴があるのでしょうか?

Aベストアンサー

植物についてはわかりませんが、哺乳類の小腸吸収上皮細胞には物理的な穴はあいてません。
そもそも細胞に穴があいてたら細胞質が流出して細胞が死んでしまいます。それに小腸には食べ物が流れてきますが、食べ物の構成物の全てが栄養ではないですよね。栄養ではないものまで細胞内に流れ込んできますよ。細菌やウイルスだっていますし。
栄養吸収についてはそれぞれの栄養(糖分、アミノ酸、脂肪など)に対応したレセプターやチャンネルによって特異的に取り込まれます。
脂肪については細胞膜を受動拡散で透過したりしますけど。また、細胞単位でなく上皮単位でも穴はありません。上皮細胞同士はタイトジャンクションによって結合し、隙間はありません。

腎臓でも細胞には穴は開いてないはずですが、もしかして有窓性毛細血管や穴あき型毛細血管と勘違いされてるのでしょうか?
細胞に穴が開いてたらその細胞は死にますよ。

Qなぜ、植物の吸収する光の範囲と、人(おそらく他の動物も)が見える範囲とが(おおよそ)同じなのですか

植物は、光の可視光を吸収して、波調ではすぐ隣の赤外線を反射するそうですね。
ところで、この可視光は、人の見える光の範囲です。
質問は、なぜ、植物の吸収する光の範囲と、人(おそらく他の動物も)が見える(利用できる)範囲とが(おおよそ)同じなのですか? (① 単に偶然に過ぎないのですか? ②植物も動物も同根だ、という理由ですか?)

Aベストアンサー

no10です。
生命体には生体高分子でできているという前提があります。
前述のエネルギー帯域より波長の長い帯域では分子内の振動にしかエネルギーは反映されず
短い帯域では高分子による構造を維持できなくなるほどのエネルギーが加わる
ということだと思います。

ということによって
もしも電磁波による影響を生体内に取り込もうとするのなら
可能なエネルギー帯域というものが限られるということになって
その結果
動物における視覚においては可視光という範囲
植物の光合成ということでもその範囲
に限定されるという前提になったんだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報