和歌山県にあるすさみ町という町は、なぜすさみ町という名前になったのか由来を
教えてください。

A 回答 (1件)

人口約6000人。

風光明媚なところのようですね。

下記URLをクリックして下さい。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fzenf/i/ikinki/iwak …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。悩み解決スッキリです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/24 13:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすさみ町について。

和歌山県にあるすさみ町という町は、なぜすさみ町という名前になったのか由来を
教えてください。

Aベストアンサー

人口約6000人。風光明媚なところのようですね。

下記URLをクリックして下さい。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fzenf/i/ikinki/iwakayama/wakaya07_06a.htm

Q愛知県にある膝折という地名の由来は何でしょうか?

愛知県に膝折のつく3つの地区があります。
愛知県大府市横根町膝折
愛知県知多郡東浦町緒川字東膝折
愛知県東海市大田町膝折

名前の由来はなんでしょうか?
そこに膝を折り曲げなければ登れないほどの坂があると想像しているのですが。
つまり地形由来の地名ではないかと。
ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

歴史や民俗学などにはほとんど縁のない者ですが・・・
歴史書や小説などを読んだ昔の記憶ですが・・・
ということで、明確な回答は出来ませんが・・・

確かに「膝折」という地名の由来の多くは、険しい峠などにつけられたものによく見受けられるようで、「膝を折って休まなければ越えられない」、「険しくて、途中で膝が笑う(足ががくがくする)ほど疲れる、膝が折れるようにガクッとなる」または実際に「馬の足が骨折した」ということでつけられたもが多いようです。
有名どころでは、埼玉県の朝霞市(旧「膝折村」?)に、高低差の激しい道(旧川越街道膝折宿あたり)があり、武士の乗っていた馬の足が折れたことに由来するらしい(一説には、1423年に常陸の国を追われた判官が逃げる際という細かいものまであるようですが・・・)というのもあります。

ということで、探すと各地に「膝折」という地名はあるようですよ。

また、ほかの説でごくごく不明確なものなのですが・・・
不快でなければよいのですが、ハンドルネームからすると質問者様は男性のようですし・・・
性交渉の際、まあ正上位が一般的だとします。女性が男性を受け入れるとき、膝を伸ばしたままではなく、膝を曲げて股を開くと思います。
昔、貧しい農村などで口減らしのために、自分の子供を、女の子を人買いなどに売るといった時代、そこそこの器量の子なら買ってもらえたのでしょう。それでも買い取ってもらえない、引き取ってもらえない女の子もいたようです。そのような子を親が自分で殺して口減らしする訳にもいかず、女一人で生きていく術を教え、一張羅を着せおしろいを塗りたくって峠などまで連れて行き、おおきなまちへひとりでいくように見送る。
当時は女の子一人で生きていく術など、今でいうソープランドや売春ぐらいしかなかったと思います。しかも小学生程度の女の子です。性器自体も未発達であったり、性交にも慣れてはいないし理解も浅いのでしょう。そのまま大きな町について、その日からおまんまに有りつけるのは難しいと思います。
おそらく当時の治安というものは、町や集落から離れると劣悪を極めたものだと思います。峠には山賊などが巣くっていたとか・・・
それらが、一人で歩いてくる女の子を見つければ、茂みに連れ込んだりさらって行って、やることをやる際、好む好まざるによらず女の子は「膝を折って」受け入れる、受け入れさせられる、ということになります。
女の子は連れて行かれて、新たな子供がつれてこられたり、飽きられたりするまで、数ヶ月か数年、あるいは一生、山賊などの慰み物になる訳ですが、この間に性器がこなれて商売に対応できるようになり(何のことだか・・・)、また男の求めるところを理解し、山賊のもとを離れても即戦力として通用するようになる・・・
悲しい話ですが、乱暴される際の折られた膝を見て、一応あと何日かは少なくとも生きていけるということを確信して、捨てた親は安心するとか・・・
そこから「膝折」と付いたところもあるかも・・・ということを書いたものを読んだ記憶があります。

ただし、こういう悲しい由来や人間の恥部のような話は残りにくいもであったり、隠されるような傾向が強いでしょう。もしこのような由来で「膝折」という地名がつけられたのなら、現在では残っていない(地名が改名されたとかで)場合が多いと思います。文章などで残ることも稀だと思います。ですので、質問者様の上げいる地名の場合は、急な坂があるとか、険しい峠があったなどが由来になっているのだと思いますよ。

後出の由来の出典については、大本は確か小説だったと思いますが、それを読んでから少し図書館などで調べたことがあります。ただ20年ほど前のことなので資料については詳しくは憶えていません・・・すいません。
小説は、たぶん西村寿行氏のフィクションの娯楽小説であったのではないかと思います。氏の小説には、超常現象や超能力を題材とした突飛なものもありますが、背景などの社会情勢や民族歴史に関しては、多くの資料を丹念に調べ整合の取れた小説に仕上げることには定評があったと思いますので、興味を持ち調べたことがありました・・・
小説名はきちんと覚えていないし、今は手元にありませんので、はっきりとしませんが、たぶん「峠に住む鬼」か「垰(たわ)」シリーズのどれかだったと思います・・・

こんにちは

歴史や民俗学などにはほとんど縁のない者ですが・・・
歴史書や小説などを読んだ昔の記憶ですが・・・
ということで、明確な回答は出来ませんが・・・

確かに「膝折」という地名の由来の多くは、険しい峠などにつけられたものによく見受けられるようで、「膝を折って休まなければ越えられない」、「険しくて、途中で膝が笑う(足ががくがくする)ほど疲れる、膝が折れるようにガクッとなる」または実際に「馬の足が骨折した」ということでつけられたもが多いようです。
有名どころでは、埼玉...続きを読む

QMyself Yourselfの町(すさみ町)の情報が載っているサイト

タイトル通りなのですが、Myself Yourselfの
町を題材としている和歌山県にあるすさみ町についての
いろいろな場所の情報が載っているサイトを知っていますか?

Aベストアンサー

すさみ町役場公式ホームページ
http://www.town.susami.lg.jp/
和歌山県・すさみ町商工会
http://ameblo.jp/shokokai-susami/
枯木灘残照フォトコンテスト ※都はるみの歌の作詞者がすさみ町出身
http://www2.w-shokokai.or.jp/susami/karekinadaphoto.htm

転載禁止サイトなのでタイトルのみ
Myself;Yourselfの背景を地元民が巡礼してみた‐○コ○コ動画

Q茨城県の「荒川沖」という地名の由来

ニュースで今話題になっている地ですが、この「沖」(これは普通海の沖のことじゃないのか?なぜ陸上で「沖」なのか)と「荒川」(付近に荒川はもちろんなく、大きな河川は利根川が割りと遠くにあるだけか)という、まったく「?」の地名なのです。この由来を教えてください。

Aベストアンサー

荒川沖近辺に在住の者です。
今回の事件でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。
また怪我をされた方の一日も早い回復をお祈りします。

荒川沖という地名の由来ですが、ズバリ説明しているサイトがないんですが
以前に自分で調べたことがあって↓こちらでほぼ説明されていると思うので
参考までに掲載させていただきます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=3222620

要するに「荒川」は埼玉、東京を流れている川とは関係なく、「沖」は必ずしも海や湖の「沖」を意味しないということのようです。

30年以上住んでいますが、このような事件は全く初めてで、とても驚いています。怖い思いをしたのは初めてです。

Qすさみの海中郵便ポストについて

和歌山県のすさみ町に海中郵便ポストがあるというのを本で見たのですが、
ダイビングをしない人でも投函することは可能でしょうか?
来月、旅行で訪れるので、もし可能なら投函してみたいなぁと思っています。
ご存知の方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLに書いてありますが、スタッフに頼む事もできますが・・・と。

他のダイバーにお願いするとかくらいでしょうか。

参考URL:http://www.gfc.co.jp/susami_spot.html

Q和歌山県は和歌に縁がありますか?

タイトル通りですが、和歌山県という名は和歌そのものと何か関係があって付けられたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

下のURLのように
「紀ノ川河口付近の地形をあらわした「ヲカヤマ」がなまり、それに和歌山の漢字を当てた。」
という説。

天正13年(1585)豊臣秀吉が紀州を平定し、吹上の浜の
岡山(虎臥山)に城を築き、和歌山城と命名して以降。
和歌山の地名の語源は、南に名勝「和歌の浦」がある
ので、海に対して山としたという説。

和歌そのものが関連しているという説もないわけでなく
地名の語源というのはほとんどが
複数存在するものです。
なかなか難しいですねえw

参考URL:http://homepage3.nifty.com/kabaddi/1008.htm

Q全国のひらがな・カタカナ市町村を!

ちょっとした資料を作っています。
ひらがな・カタカナ市町村を必死に探していますが、これしか思い浮かびません。

青森県むつ市、福島県いわき市、茨城県ひたちなか市、茨城県つくば市、埼玉県さいたま市、東京都あきる野市、山梨県南アルプス市、香川県さぬき市、香川県東かがわ市、宮崎県えびの市、北海道えりも町、北海道ニセコ町、滋賀県びわ町、和歌山県かつらぎ町、和歌山県すさみ町、山口県むつみ村、熊本県あさぎり町。

これ以外にも絶対あるはずなのに、調べてもわからない…。
皆さんの力をお借りしたいです。

この他に『ひらがな・カタカナ市町村名』を知りませんか?
漢字を含むものでもOKです。

Aベストアンサー

調べますと下記のものがあります。
北海道ニセコ町、福島県いわき市、茨城県つくば市、
山口県むつみ村、青森県むつ市、茨城県ひたちなか市、
和歌山県かつらぎ町、宮崎県えびの市、和歌山県すさみ町、
北海道えりも町、和歌山県かつらぎ町、 滋賀県びわ町、
香川県さぬき市、三重県いなべ市、
滋賀県マキノ町 

参考URL:http://homepage2.nifty.com/saitama-city/archives/local/hiragana_katakana.html

Q滋賀県志賀町に多くある「樹下神社」とは?

滋賀県志賀町を先日歩いたのですが、樹下神社がアチコチにありました。樹下神社以外の神社は、北比良の天満宮と和邇南浜の樹元?神社しか気付きませんでした。そもそも樹下神社とはどういう神社なのでしょうか?この地域にだけ集中している神社なのでしょうか?

Aベストアンサー

樹下神社(じゅげじんじゃ)

1) 日吉大社・山王二十一社の上七社の一つ。

2) 祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)の妻・鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)。

3) 旧称「十禅師」:地蔵菩薩の垂迹(すいじやく)で法華経守護の神。

日吉大社は全国3800余の日吉神社・日枝神社・山王神社の総本宮です。
京都の表鬼門にあたる近江には、日吉大社とその系統の由緒ある神社が多いですね。

参考URL:http://www.genbu.net/data/oumi/hiyosi_title.htm

Q墓参りに行きたがる母と嫌がる父と私

40代独身女性です、70代の両親と同居しています。

お盆と春と秋の彼岸が近づくと2週間ぐらい前から母が「墓参りに行こう、墓参りに行こう」とうるさいです。

父と私は行きたくないです。

大阪市内在住なのですが、父方の祖父母のお墓は三重県伊勢市にあります。
(しかも山道みたいな墓地で坂を3階分ぐらい登ります。)

車で片道3時間半ぐらいかかります。(父か私が運転します)

父の父(私のお祖父さん)は父が10歳の時に亡くなっています。
(父の母(私のお祖母さん)は15年ぐらい前に亡くなって同じお墓に入りました。)

だから、私も物心ついた頃から時々、墓参りに連れて行かれていました。

免許を取りたての頃はドライブがてらで遠距離も苦痛ではなかったのですが、最近は少し飽きてきました。

こんな事を言ったら、ばちあたりなのかもしれませんが、墓参りってつまらなくないですか?

特に私はお祖父さんは会った事もないし、子供の頃から不思議な感覚でした。

だいたい祖父母の墓参りって行くものなのでしょうか?

私には姉がいるのですが、結婚して奈良市に住んでいるので母も誘いません。

いつも父は「もう行かなくていいい」とか言って、母は「なんでなの!?」と怒り喧嘩になってます。

結局父が折れて行くことが多いのですが。

母がよく母の父(私のお祖父さん)に「なんで墓参りに行くのを嫌がるのかな?!」と愚痴っていたのですが、お祖父さんは「墓なんて行きたい人がいるもんか」って言ってました。

私もお祖父さんの言う通りだと思います。

でも、そういう問題ではないんですよね。

まだもう少し近ければ行ってもいいかなと思えるのですが、墓を移動するには300万円ぐらいかかるそうです。

父は長男で次男(大阪府高槻市在住)と三男(兵庫県尼崎市在住)がいます。
妹も2人(大阪市内在住)います。

次男と妹2人は時々行っていますが、三男は全然行っていないです。

やはり長男は一番行かないといけないものなんでしょうか?

また女性は結婚したら行かなくてもいいのでしょうか?

母は自分の先祖の墓参り(和歌山県すさみ町)は行こうとは言いません。
母の弟(長男)が近くに住んでいて行っているから行かなくていいと思ってるみたいです。

一般的にお盆と春と秋の彼岸と年3回は墓参りに行くものなんですか?

母の意見と父の意見とどちらが正しいのでしょうか?

40代独身女性です、70代の両親と同居しています。

お盆と春と秋の彼岸が近づくと2週間ぐらい前から母が「墓参りに行こう、墓参りに行こう」とうるさいです。

父と私は行きたくないです。

大阪市内在住なのですが、父方の祖父母のお墓は三重県伊勢市にあります。
(しかも山道みたいな墓地で坂を3階分ぐらい登ります。)

車で片道3時間半ぐらいかかります。(父か私が運転します)

父の父(私のお祖父さん)は父が10歳の時に亡くなっています。
(父の母(私のお祖母さん)は15年ぐらい...続きを読む

Aベストアンサー

人は死んだら残された人の記憶の中でしか生きられません。
もし墓参りを誰も一切しないと言うならその人が生きた人生が無くなるようなものでしょう。

といってもじゃあ毎年3回必ずその距離を行く、というのは酷だと思います。
現実的な手段として一回にまとめるかお墓の引っ越しかなと思います。
引っ越しについてはかなり面倒なので調べてみていけそうならチャレンジしてみるのもいいかなと思います。

私が見るに墓参りに行きたがるのにハンドルを握らないのであれば妥協をするのが一般的かと思います。
運転は非常に疲れるし、長距離だと事故やトラブルの危険も跳ね上がります。
ですからお仏壇があるなら3回のうち2回は御線香をあげ、弔いを丁寧にすれば亡くなられた方も納得してくれると私は思います。
どうしてもというなら今から免許を取り自分で運転するのが筋ではないかと。

Q門前町? 城下町? 寺内町?

地理Bの質問なんですが
上の3つを識別するときのぽいんとを教えてください
(センター試験でしかつかいません)

Aベストアンサー

門前町は
大規模で多くの参詣者を集める神社や寺院の前に、寺社関係者および参拝客を相手にする商業施設等が集まることによって出来た町のこと。
広義の意味では寺内町も含まれる。

また、寺内町は、室町時代に浄土真宗などの仏教寺院・道場(御坊)を中心に形成された自治集落のことを指します。
濠や土塁で囲まれるなど防御的性格を持ち、信者、商工業者等が集まって住みはじめた町です。

城下町は
その名の通り、領主の居城を中心に成立した都市のこと。
江戸期以降は、必ずしも城が中心ではなく、戦闘を想定しない行政施設としての陣屋を中心としたケースもある、それらも含めて城下町といいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報