住民税について課税の一般原則、地方税固有原則を満たしているか

A 回答 (1件)

課税の一般原則、地方税固有原則とは何か、補足を入れられたし。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q応能原則と応益原則

応能原則と応益原則について

公共財の財源としての税ならば応益原則で課税すればいいのに、なぜ応能原則が加味されるのかがわかりません。

わかる方、ご教授ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払能力のない人に課税しても、納税がされないからではないでしょうか。

Qどうして法人税を課税するのですか?

どうして法人税を課税するのですか?
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答は、法人税は、所得税の前取りなのです。

税法では、法人は株主の集まり(株主集合体説)なので、法人の儲け(所得)は、株主のものと考えています。

法人に所得をプールされると、いつまでたっても所得税(個人=自然人を対象)を課す事が出来ないので、国としては困ってしまうのです。
法人が配当するか、解散すれば、その法人から個人がお金を受け取って、所得税を取ることが出来るのですが、それまで待てないのです。

歴史的には、現行の法人税そのものが、所得税から生まれたものです。
法人税が生まれる前のように、法人にも所得税を適応することは出来るのでしょうが、法人が複雑になりすぎて、一つの法律でくくれなくなったことと、早く税金を取りたいためだと考えられます。

法人税の税理士試験を受験勉強中の身なので、この辺で勘弁してください。

Q税財政・地方分権の研究に資する書籍

大学の3年生の者なのですが、
卒業論文には日本の税財政をテーマに選ぼうと思っています。


そこで、この研究を行うのに有益な教科書や日本の現状を語った本を紹介して頂けませんか?

私の現状としては、

1.財政のミクロ経済学上の知識はある
2.日本の現状と問題点を踏まえて卒論を書きたい
3.地方分権が問題意識としてある

ということがあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『地方交付税の経済学: 理論・実証に基づく改革』有斐閣(2003年)赤井伸郎、佐藤主光、山下耕治
という2004年度の日経・経済図書文化賞を受賞した本をお薦めします。

タイトルどおり地方交付税に焦点を当てています。
緻密な理論分析、実証分析を背景に平易に書かれていますので、この分野を研究されるのであれば本書で大まかなイメージを掴み、参考文献等を当たっていくのも1つの方策かと思います。

Q経済学の課題で、三面等価の原則やGDPとの関係について分からなくて困っています。

「三面等価の原則」を説明し、GDPとの関係の説明と、
経済成長とは具体的に何を意味するのか、GDPの概念を使いながらの説明と、
経済政策と金融政策によってGDPの何が変わるのかという説明
をしなければならないのですが、難しくてよく理解できず、困っています。教えてください(>_<)

Aベストアンサー

何かの課題なので皆さん回答しないのだと思います。
まずは参考URLを見ていただいて理解してください。
分配面からの話が抜けていますので分配面から見た国民総生産は
国内総生産 = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗
になります。
これで生産面、支出面、分配面で捉える事ができます。この3つが等価なわけです。

生産面
GDP = 国内産出額 - 中間財投入

支出面
GDP = 民間最終消費支出 + 政府最終消費支出 + 総固定資本形成 + 在庫品増加 + (輸出 - 輸入)

分配面
GDP = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗

支出面と分配面の2つの式を眺めていると民間と政府の黒字超過の合計は貿易黒字と等価だから、政府がお金を使うと貿易黒字が減るとかわかります。他にも上の3つの式から経済政策、金融政策でどうなるか考えてみればいいと思います。

参考URL:http://www.campuspark.net/blog/economics/index.php?ID=44

何かの課題なので皆さん回答しないのだと思います。
まずは参考URLを見ていただいて理解してください。
分配面からの話が抜けていますので分配面から見た国民総生産は
国内総生産 = 雇用者報酬 + 営業余剰 + (間接税 - 補助金) + 固定資本減耗
になります。
これで生産面、支出面、分配面で捉える事ができます。この3つが等価なわけです。

生産面
GDP = 国内産出額 - 中間財投入

支出面
GDP = 民間最終消費支出 + 政府最終消費支出 + 総固定資本形成 + 在庫品増加 + (輸出 - 輸入)

分配面
GDP = ...続きを読む

Q予算原則

予算原則とは一体何ですか?意味がいまいちよくわからないのでわかる方いましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

予算原則とは、「予算はこうあるべき」というルールを書いたモノです。
予算原則は、これまで、いろんな国でいろんなヒト(学者など)がいってきています。
例えば「単一性の原則」というのがあります。これは、「予算は1つしかっつくったらダメだよ」というルールです。
なぜなら、予算がたくさんあったら、ゴチャゴチャしちゃって、オカネの出入りがわからなくなるからです。
でも、日本の国家予算の場合、「一般会計予算」「特別会計予算」「政府系金融機関予算」の3つがあるので、
この「単一性の原則」には反していることになります。
原則とはあくまでルールであって、法律ではないので、
反しても罰せられませんが、
なるべく、そのルールには沿っていった方がいいでしょうね、
という話です。
これ以外の予算原則も、まだたくさんあります。
知りたかったら、「財政学」のテキストを開いて下さい。
必ず載っています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報