今10ch見てて思ったのですがなぜこの人はこういうあばずれというかそういう役が多いのですか?
(他にも風俗嬢とかデリヘル嬢とか・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

う~ん、売れてないから、とかそういう理由からではないと思いますけど・・・。

私の中では女優、タレントとしての評価は高いんですけどね。

彼女が世間一般に認知されるきっかけとなったドラマが「おやじぃ」ですよね。その中でのガングロのギャル役がハマってたのが尾を引いてるのかな?という気もします。
でも、ほとんどの役に共通しているのは、根っからの悪ではなくて、可愛らしさを隠し持った役が多いのではないかなということです。

去年の暮れにやってた「マザー&ラバー」で篠原涼子の後輩役は普通のOLでした。
今年になってからは「溺れる人」で患者役(たぶんアルコール依存症)でしたね。

つい最近、小堺さんの「ごきげんよう」に出ていたときに、今日放送した時代劇のことを話してました。「最近、京都の太秦で仕事させていただくことが多いのですが、きものを着た時の所作の勉強にもなるし、北大路さんからも演技のアドバイスをしていただいたりして、すごく勉強になってるんです」と言ってました。そういえばNHKの「柳生十兵衛」にも出てましたし、今日の「大岡越前」、そして7月頃には「日本の歴史-坂本龍馬」でお龍の役をやるみたいです。
結構がんばってるな、という感じです。

http://www.japanmusic.tv/yazawa.html

私はむしろ、TOKIOの長瀬くんのほうが心配です。
IWGP、ハンドク、タイガー&ドラゴン、とセリフのしゃべり方は全部一緒ですからね。ああいう役が染み付いちゃうと、ちょっと気の毒な感じもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「おやじぃ」ですよね。その中でのガングロのギャル役

ちゃんと見てたドラマじゃないので忘れてました。
そうでした。
ここからこの一連の流れは来ているんですね。

>根っからの悪ではなくて、可愛らしさを隠し持った役が多いのではないかなということです。

それ、すっごい分かります!!こんなナリだけどいいヤツ。昨日の大岡越前も最後の方そんな雰囲気になってました(笑

最近時代劇に良く出られているのもこれから大人の女優として生き残っていく為にコギャルのイメージから脱しようとしているのかもしれないですね。


>(TOKIOの長瀬くん)セリフのしゃべり方は全部一緒

これ私もすごい思ってました。
堤・クドカン物はこのキャラが多いですよね
I.W.G.P以前白線以降は「アウトローな青年」が多かった気が・・・

まあキムタクみたいにほんとに全部全く同じ演技(あれはあれで市民権得てるんでいいんでしょう)という訳ではないですし「ムコ殿」のユウちゃんとか良かったですし(酒井法子の方は見てませんが・・・)
私は心配してませんよ(笑

堤さんとクドカンさんががんばってる間は食いっぱぐれる事はないでしょう(笑


yomyom2001さんはじめ私の愚問にお付き合い頂き改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/05/24 13:30

はじめまして。



私も矢沢心さん好きです。
俳優さん(女優さん)には、はまり役というのがありますよね。
矢沢心さんはデビューからコギャルの役が多かったですよね。
私は「オヤジぃ」でのヤマンバ役が今でも忘れられません。
あの役はかなりインパクトあったのではないでしょうか?

でも矢沢心さんは、意外!?に仕事に映画にドラマ、CM、
バラエティと幅が広いし24歳ですし、
まだまだこれから伸びる可能性大の女優さんだと思いますよ。

回答になってないかもしれませんが、こんな説明ですみません。

参考URL:http://www.japanmusic.jp/yazawa.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「オヤジぃ」でのヤマンバ役

これ!!忘れてました!!

そっかぁ~ここからこの一連の流れは来ているんですね!!

みょーに納得!

ありがとうございました!!

お礼日時:2005/05/24 12:54

それはしょうがないです^^;


あまり売れてませんから・・・
前は売れてたんですがね;;
でも、僕は結構好きですよ^^
結構きれいだし、ボケも突っ込みも出来るし・・・
なぜそんなこと聞くのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

わたしも嫌いじゃないですカワイイし面白いし。だからなんで?とか思って・・・

だって別に色気のみを売りにしているわけでもなく、演技が下手と言うわけでもないのにそういう役をやってる確率高すぎじゃ無いですか!?

あまり売れてないのが原因なのでしょうか?
I.W.G.Pの頃とかわりと人気あったと思うのですが既に風俗嬢でしたよね?^^;

もしかしたらそれの印象が強すぎてそんな役ばっか来てるのでしょうか?

今公開されてる映画の役もデリヘル嬢ですし・・・

ギャルっぽいから?でも他にもっとギャルっぽいのは居るし・・・

気になってしまって・・・

お礼日時:2005/05/23 20:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性芸能人などが元風俗嬢

元AV女優はAVという露出があるのでバレるのは理解できますし、盗撮は確証にはいたらないにしろ、もしかすると?って感じなのは分かるんですが、風俗嬢っていうのは場合によるとガセなんじゃ?って思ってしまいます。
ネットに顔出ししてしてない、お客さんと裸で写真にうつってたりしなかったら、店側や知り合いが情報だけをリークしてきても、だった“らしい”ってだけで、物質的な証拠はないですよね・・?
それでもみんな信じちゃうんでしょうか。一般的に、元風俗嬢だったんだよ!みたいなスキャンダルが週刊誌などでとりあげたりすると。

Aベストアンサー

噂っていうのは「信憑性が有る無し」ではなく、「面白いか否か」で広まります。
例えば「○○さんってヅラらしいよ」という噂がたちます。
周囲の人間は「え~!マジで?絶対見えないな~」と思ったとします。
でも、その噂自体が面白いと感じられると
本人が「イヤイヤ違いますよ。ホラひっぱってみて!」
と言っても、「そうはいってもホントはヅラなんでしょ?w」
と周囲はなったりします。
芸能人が雑誌媒体で様々な噂(スキャンダル)を流された場合も
それが面白ければ周囲は信憑性のある無しに関わらず、さもそれが本当の様に騒ぎ立てます。
よって大半の人々は「信じている」のではなく、「面白がっている」と言えるのではないでしょうか。

Q博士とかそんな役なんですが思い出せなくて・・・

外国の俳優さんで、
映画の名前も役名も、その方のお名前もわからないのですが、
いかにも冒険者という感じの恰好で登場する、確か教授か博士かそんな役で、
すらっとした細身で、顔も面長だったと思います、
クルンと巻くような髭があった役だと思いますし、メガネもかけてたと思うのですが、
何か思い当たる方がいらっしゃったら教えて下さい。

本当に、情報が無くて申し訳ありません。

確かテレビで見たんだと思うのですが、
その人を、声優の中村正さんが吹き替てたように思うんですけど、ウィキペディアで中村正さんを調べても、それっぽい役の吹き替えをしておられないようなのです。

髭とかメガネは無かったかなぁ・・・??
ちょっと、抜けた感じの役柄だったと思います。
コミカルでユーモアがある雰囲気の人で、冒険映画っぽい内容だったと思います・・・

気になるのですが、どうしても思い出せなくて困ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『ジュマンジ』のジョナサン・ハイドかな?と思ったんですけど…
http://content6.flixster.com/photo/11/29/29/11292988_ori.jpg
テレ朝で放送された時は中村正さんが吹き替えだったような。
違ってたらゴメンなさい。

Qめ組の大吾役(山田孝之)の過去の役で・・・

山田孝之くんは「サイコメトラーエイジ2」で
デビューしたとHPで見ました。

 ??どんな役で出てたでしょうか(^^ゞ
憶えてる方すみません、教えてください。

それと、彼はジャニーズではないですよね?

Aベストアンサー

「ちゅらさん」の前に「6番目の小夜子」(NHK教育)
大河ドラマ(誰かの少年時代か、子供の役)にも出てましたよ。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。

Q不美人役の子役の女の子はその役をすることにより傷ついていないのでしょうか

ドラマ等を見ていて不美人役の子役の人が同級生、親兄弟たちから、

「やあいブス」とはやしたてられるシーンがたまにあります。

そしてその子は「どうせ私はかわいくないもん」と美人の同級生(たいてい主役の子)に意地悪言ったりするシーンもあります

 本当はかわいい子がそのセリフを言うなら、そんなことないよ。と思うのですが、最近のドラマはどこからみつけてきたのか、本当にその通りだな。と思える子をその役に使っています。

 まだお子様なのにそんな役でそんなセリフを言うなんて、その子は内心傷ついていないでしょうか。。
 そんな役に選ばれた事自体傷ついてないでしょうか。。

 ドラマに出てくるくらいだからどこかの劇団所属なのでしょうが、役を与えられたこと事態が名誉なのでしょうか
 でも劇団にいるくらいだから多分周りからは、かわいい、かわいいと言われて育っていると勝手に推測しています。
 それなのに与えられた役のセリフが、
 「私ブスだもん!」って。。。何だか心配になります。
大人の女優ならまだいいのですが、子供さんなので気になります

どなたか演劇に詳しい方教えてください。

ドラマ等を見ていて不美人役の子役の人が同級生、親兄弟たちから、

「やあいブス」とはやしたてられるシーンがたまにあります。

そしてその子は「どうせ私はかわいくないもん」と美人の同級生(たいてい主役の子)に意地悪言ったりするシーンもあります

 本当はかわいい子がそのセリフを言うなら、そんなことないよ。と思うのですが、最近のドラマはどこからみつけてきたのか、本当にその通りだな。と思える子をその役に使っています。

 まだお子様なのにそんな役でそんなセリフを言うなんて、その...続きを読む

Aベストアンサー

「ブス」というのは、表情が乏しく一般に魅力的ではないことをいいますね。
つまり、顔の造作の問題ではないのです。

「ブス」の役を演じられる子役は、そうした表情の乏しい「役」を演じているわけで、日常的には表情が豊かな魅力的な子どもだと思います。

多分、オーディションの時に、そのようにレクチャーされているはずです。

大体、本当の「ブス」が劇団に所属しようとも思わないし、人前にでようとも思わないはずです。そうした消極的な性格が本来あるべき魅力を覆い隠して「ブス」という存在にさせているのです。
これは、日常生活でも同じですが、「私ブスだもん」と明るく言えた瞬間から、その人間は魅力的になっています。

ズーと以前、子役で出ていた子と10年ぶりくらいで会いました。美人ではありませんが、すごく魅力的な女性となっていて、眼をしっかりと合わせるのが眩しいくらいに成長していました。もうちょっとよく面倒を見て置いてあげれば良かったと思うコトしきりでした。造作や見た目だけではないんですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報