相続権の放棄に3ヶ月という、期限があることを知らずに、後回しにしてしました。相続人の人数が多く、死亡している人がいたため、その確認に時間がかかってしまいました。もし、相続人の中に相続を放棄したい人がいた時はどのようになるのでしょうか?相続人の中には、相続の権利があることも知らない人がいると思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相続放棄の申述の申立の期間は、原則として被相続人が死亡してから3ヶ月以内となっていますが、例外として被相続人の財産があることを知った日から3ヶ月以内とされています。


文脈からすると、あなたの相続権の発生がわかっていたのであれば、受理されない(認められない)可能性があります。
そもそも被相続人の相続財産にどういうものがあるのかを確認されたのでしょうか。もし、不動産、動産、預金その他の財産があればできるだけ相続人どうしで遺産分割協議をされたほうがいい場合もあります。
蛇足かもしれませんが、遺産分割協議がまとまらない場合は家庭裁判所に遺産分割の申立をされるのが賢明でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/25 23:31

相続放棄したい理由は何ですか。



もし、マイナス財産が多い等の理由で相続するのが嫌だというのであれば、民法上の「相続放棄」が必要で
その場合は#1で書いておられるとおりの条件が必要です。

しかし、ご質問中に「相続の権利」と書いておられるので、ひょっとしてマイナス財産の場合ではないのでは、
と思いましたので書いてみました。

その場合は、相続人間で遺産分割協議書を作り、自分の相続分を他の相続人に譲渡する形をとれば良いのです。
裁判所手続は要りません。期限もありません。
遺言のない場合、当事者の合意があればどのように分割しようと自由です。

この回答への補足

ありがとうございました。ところで、遺産分割協議書とは、どのような内容のものですか。教えて下さい。

補足日時:2001/09/25 23:29
    • good
    • 0

 亡くなった方の住所地(戸籍地?)の家庭裁判所へ、今からでも相続放棄を申告して下さい。


 相続があったことを知ってから、ですので、事情によっては認められます。
 また、なくなった方の除籍謄本を戸籍地の役所で早くとって、相続人の範囲を明確にする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/25 23:28

 結論的には、とにかく相続放棄の申述をしてください。



 裁判例上、「3か月」の起算点となる「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは、
・ 自分が相続資格のある立場であること(*1)
・ 相続を放棄するかどうかの判断に重要な影響を及ぼす遺産を認識していること(*2)
の双方を満たした時、と解釈されているようです。難しい話を抜きにすれば、ratataさんのケースでも、おそらく相続放棄の申述は受理されると思います。

 ただし、相続放棄の申述が受理されても、必ず相続放棄が有効なのではなく、最終的には債権者との間の訴訟(及び場合によっては相続人間の訴訟)で決着がつけられます(家庭裁判所に、相続放棄が有効であることの念書を要求しても、出してはくれませんし、何らかの言質を取っても、ratataさんにプラスにもマイナスにもなりません。)。しかし、申述しない限り、絶対に相続放棄の効果は生じません。
 

*1 ratataさんのケースであれば、自分がAさんの甥・姪であり、しかも、Aさんの奥様、直系尊属(ご両親、祖父母様、……)、直系卑属(子供さん、お孫さん……)がすべて他界しておられることを知った時です。法律を知っていたか知らなかったかは、関係ありません。「法律は、知らない方が悪い」というのが、法律の建前です。お暇があれば、刑法38条3項をお読み下さい。この行為が犯罪になるなんて知らなかった、という言い訳は通用しません、と書いてあります。

*2 要は、予想外の借金が出てきて、相続財産がマイナスになりそうと気づいたら(例えば、サラ金から督促が来たとか。)、その時から3か月を考えるということです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=140510
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/25 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続放棄した後の相続税控除の法定相続人の人数。

相続放棄した後の相続税控除の法定相続人の人数。

相続税の基礎控除額は
5000万円+(1000万円×法定相続人の人数)
となるのは理解しています。

たとえば、夫が亡くなって妻、子供が相続人となり、
子供だけ相続放棄したと仮定します。
そうすると、父親の両親に相続権が発生して、
今度は妻、父親の両親の3人が相続人になります。

このとき、相続税控除額を割り出すときの
法定相続人の人数は何人で計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

相続放棄は無関係です。
控除額の計算は変わりません。

Q法定相続人は誰になりますか?(被相続人死亡後に相続人の一人が死亡)

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいます。
(3)【相続人の次男(D)】は、【被相続人の祖母(A)】が死亡した2週間後に死亡しました。

この場合の法定相続人は誰になりますか?

『B、C、Dの子供』の3分割でしょうか?

私がネットで調べて気になっているところは「被相続人の死亡前に相続人が亡くなっていた場合、相続人の子が相続できる」と書いてあったところです。
今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?

少し複雑なのでうまく説明できているか不安ですが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。初めて質問させて頂きます。

春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。

被相続人:祖母(A)
 相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D)

(1)祖父は15年以上前に亡くなっています。
(2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいま...続きを読む

Aベストアンサー

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、その後、Aの相続人のDについてDの死亡によるDを被相続人とする相続が発生したという状態を指します。ここでDの配偶者と子は、あくまでもDの相続人であってAの相続人ではありません。
とは言え、Aの相続について分割協議等が整っていない場合には、Dの配偶者と子はDの生前の地位を承継しているので、Dになり代わって相続分割協議をすることができます。しかし、それはあくまでも数次相続によりDの地位を承継したことが理由であり、Aの相続人になったからではありません。

ということで、
>今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか?
なれません。
しかし、なれなくても
>またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか?
参加できます。なぜなら、Dの妻はDの生前の地位を承継しているからです。Dの妻はDの相続人として自己の固有の地位に基づいて参加できるのであり、Dの子の代わりに参加するのではありません。Dの子もまた同様にDの生前の地位を承継しているのでDの妻とは別に自己の固有の地位に基づいて参加することができます。

だから数次相続が生じると関係者が増えたり、血縁者以外が入り込んだりして面倒臭いことになるのです。分割協議はさっさと済ませる方が楽なんですよ。

代襲相続は生じません。代襲相続するというのは誤りです。相続人の死亡という代襲原因は、相続の開始以前であることが“民法887条2項という明文の規定”で決まっています。相続開始後の死亡は代襲原因になりません。

Aの法定相続人はB,C,Dの3人です。相続はAの死亡時に発生しているのでその時点で死亡していないDは当然に相続人です。その後にDが死亡したことは何の関係もありません。
Aの死亡“後”にその相続人Dが死亡した場合を“数次相続”と呼びますが、これはAの死亡によりAを被相続人とする相続が発生し、そ...続きを読む

Q兄の死亡後、家族が相続放棄しましたが、私も相続放棄しなくてはなりませんか?

兄は債務が多く、亡くなって家族はすぐ相続放棄したとの連絡を受けました。
兄との交流は無く、先日家族から亡くなった事知らされました。
債務が多く、生前から相続放棄するようにと言われたそうです。
私は実弟ですが、私も相続放棄の書類を家庭裁判所に送る必要はあるのですか?

Aベストアンサー

家族が2度でてきますが、兄の家族なのか、あなたの家族なのか判然としないのですが、

兄から見て、

0:配偶者
1:子
2:直系尊属
3:兄弟姉妹

までが相続人となる範囲です。ただし先順位の相続人がいれば、次順位以下は相続人になることはありません。ですので、兄から見て先順位の相続人がいる、いても全員相続放棄したのでない限り、あなたは相続人になることはありません。(配偶者0と記載しましたが、どの順位とであれ常に相続人となります。)

生きている先順位人全員、相続放棄したということであれば、相続というお鉢があなたに回ってきたわけで、どうするかはあなたが決めることになります。

Q遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


相続人とはどういう基準で決まるのでしょうか?
我が家では、母・父しかいませんし、母方も叔母、父方は誰もいません。


両親が亡くなった時だけ相続放棄をすればいいのか、遺留分の放棄を前もってしておけばいいのかさっぱり分かりません。

一番知りたいこと
(1)相続人とはどういう基準で決まるのか。
(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか?
(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか。
(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか?


以上になります。よろしくお願いします。

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・父のみ
http://minami-s.jp/page008.html

>(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか…

一度って、あくまでも父なら父に関するもののみですよ。
父が亡くなって相続放棄したからといって、母からの相続権まで放棄したことにはなりません。

>(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか…

そもそも遺言状がなければ遺留分は関係ありません。
例えば父が先に亡くなったとして、父が「全遺産を妻 (母) に」という遺言状を残したとしても、あなたには法定分の半分を請求する権利があり、これを遺留分というのです。
http://minami-s.jp/page010.html

>(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか…

(3) の例で、あなたが別に何も要らないと思うなら、それが「遺留分の放棄」です。
基準も何も、遺言状で除外された人の心一つです。

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・...続きを読む

Q相続放棄と死亡保険金と相続税他について

 
事業失敗による金融機関の借金と、国や地方自治体の課徴金や未納税
金を抱えていた父が、つい先日他界しました。遺言書はありません。

負債総額は5,000~6,000万円ほどですが、一部の保証人や共同事業者
だった母にも2,000万円近くの負債(課徴金・未納税金等含む)が残って
います。

土地・家屋や金融資産などの財産は、今は一切ありません。
別に父と前妻との間に1人子供がいます。

葬式用と準備した、母と私ら4人の子供が受取人の死亡保険金が1,000万
あり、母が3/5で600万円、4人の子供が1/10ずつでそれぞれ100万円受け
取れます。葬式は質素にしたおかげで香典で賄えました。

母と私ら4人は相続放棄する予定ですが、

1、基礎控除後の相続税はそれぞれいくら課税されるか。
2、負債のある母は、受取保険金は国や自治体(銀行も?)に没収か。
3、前妻の子供の所在を探して何かの書類をもらう必要があるか。

取り合えずこの3点が不明です。
お知恵をお貸しください。
 

Aベストアンサー

1.受取死亡保険金は相続財産ではありませんが相続税の対象です。
ただし今回の場合は控除額未満ですから相続税は掛りません。

2.母は自分の負債を何とかしなくてはなりません。
ただし、受取保険金をそのまま支払う必要はありません。
正しいやりかたとは言えませんが、現金はなかなか見つけにくいもの
ですし、使ってしまったことにすることも可能な場合もあります。

3.前妻の子どもからあなたがたのために手続きしてもらうことは
ありませんが、前妻の子も相続放棄の手続きが必要ですから、連絡する
に越したことはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報