金属材料の熱起電力で銅とニッケルの熱起電力特性は1℃あたり何Ωなのかご存知の方いらしゃれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

熱電対」に関するQ&A: 熱電対の誤差原因

A 回答 (2件)

専門家ではないので詳しいことは解りませんが、個々の金属の「ゼーベック係数」が理論的に算出可能であれば解るかもしれませんね。


一応#1の回答から線形であると仮定して概算しますと、
Cu-Pt-Ni間の熱起電力がCu-Ni間と等しいと考えれば、Cu-Ni間の起電力は算出可能ですので、
-100℃~0℃では
(-0.37-1.22)/-100≒0.016mV/℃
0℃~100℃では
(0.76-(-1.48))/100≒0.022mV/℃
という値が得られますが、これだけ違うと線形という仮定にも疑問が生じますので、詳しい値を調べることをお勧めします。
ただ、一般的な熱電対でもなければある金属(#1ではPt)に対する起電力の記述しかないと思われますので、上記のような換算は必要になると思います。

専門家の方、フォローお願い出来ますでしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=19863
    • good
    • 0

まだ回答がついていないところを見ると


>熱起電力特性は1℃あたり何Ω
起電力をΩ表示することに無理があるのではないでしょうか?
一応対白金につきましては、
  
Cu : -0.37(-100℃),+0.76(+100℃)
Ni : +1.22(-100℃),-1.48(+100℃) 【mV】
理科年表(H6)より

とありますので、もしかしたら化学便覧等により詳しい数値が記載されているかも知れません。

この回答への補足

すいません単位を間違えました。1℃あたり何V(ボルト)です。銅対ニッケルを知りたいのでよろしくお願いします。

補足日時:2001/09/27 13:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅に熱濃硫酸を加えると硫酸銅と過酸化水素と二酸化硫黄ができると聞きましさた。この過酸化水素と二酸化硫

銅に熱濃硫酸を加えると硫酸銅と過酸化水素と二酸化硫黄ができると聞きましさた。この過酸化水素と二酸化硫黄は反応して硫酸にはならないんですか?

Aベストアンサー

反応式で示すと↓になります。
Cu + 2H2SO4 → CuSO4 + 2H2O2 + SO2↑
反応によって生成する二酸化硫黄SO2は、ガスとして分離排出されるので硫酸が出来ることはありません。

QRG-114/U(特性インピ185Ω)に使用できる同軸コネクターありますか

RG-114/U(特性インピーダンス185オーム)に使用できる同軸コネクターがありましたら、メーカー名などを教えてください。

Aベストアンサー

 M型なら、不整合型ですので使えると思います。ただし、使用周波数はせいぜいVHFが上限だと思います。

Q逆起電力防止用ダイオードについて

モーターやリレー等、コイルを使う場合、逆起電力で部品が壊れるのを防ぐために
ダイオードを使うと思いますがダイオードの選択方法がわかりません。
例えば3V、2AをDCモータに流すとしてこのモータの逆起電力を防止するためには
どのくらいの定格のダイオードを利用すればいいのでしょうか?
計算方法があれば教えてください。
またダイオードにも小信号用やショットキー、整流用等、色々種類がありますが
どのタイプを選択すればいいんですか?

Aベストアンサー

モータなどのインダクタンス成分をもっている回路での還流ダイオードでは、モータやリレーなどの通電電流をバイパスすることができるだけの電流容量と、駆動時の電圧に耐えるだけの逆対電圧、(もうひとつ、高速にスイッチングするときには、逆回復特性も)を基準にして選定することになるかと思います。

3V2Aで駆動しているモータの場合だと、電流容量が2A以上の(高速整流用)ダイオードを選べばよいかと思います。
耐電圧の3V以上は、まず問題になることはないでしょう。

Q金属材料の種類

SK(生材)  S45C(生材)   A5052(アルミ?)   SCM440H
SUS303   SUS304     FC    SUS440C(焼き入れ材)
SKH(焼き入れ材)   SKD(焼き入れ材)  ピアノ線    SS(生材)
MCナイロン   SKS(生材)     SCM435(生材)    S55C(生材)

上記の材料がそれぞれ、P種(鋼材) M種(ステンレス材) K種(鋳鉄)
N種(アルミ合金) S種(耐熱合金) H種(高硬度材) のどれに
あてはまるのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 通常の仕事をしている範囲での知識で答えます。明確でない点に関して特に確認しません。ですから、そのように注記してある事項に付いては、自分で再確認してください。

 P種以下の分類は切削加工時の超硬素材の選択ということでしょうね。
P・・・SK(生材)、S45C(生材)、SS(生材)、SCM435(生材)、S55C(生材)、SCM440H、SKS(生材)。
M・・・SUS303、SUS304。
K・・・FC。
N・・・A5052(アルミ?)。
S・・・?
H・・・SKH(焼き入れ材)、SKD(焼き入れ材)。 
不明・その他・・・MCナイロン、SUS440C(焼き入れ材)、ピアノ線。

 最後の項目ほかに関して説明します。
 SCM440Hの最後の記号Hに付いては判らないので調べたところ、熱処理を示すものではありませんでした。
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/hanbai/micagnh.htm
 SUS440C(焼き入れ材)。単純にHに分類すれば良いだろうと思いますが、私はこの材種は全く知りませんので置いておきます。焼入れの効く不錆鋼というと包丁などの刃物への利用が主なところでしょうか。
 MCナイロンはエンジニアリング・プラスチックの一種で、割合多く使われているもの。
http://misumi.jp/cp/gizyutsu/jis_12.html
 ピアノ線は焼入れされているのかどうか知りませんが、超硬でも削るのが容易ではないという印象があります。不明なので分類しません。
 Sに属する物が無いことになります。普通だとこの材種はインコネルとかハステロイ辺りになります。

 こんにちは。
 通常の仕事をしている範囲での知識で答えます。明確でない点に関して特に確認しません。ですから、そのように注記してある事項に付いては、自分で再確認してください。

 P種以下の分類は切削加工時の超硬素材の選択ということでしょうね。
P・・・SK(生材)、S45C(生材)、SS(生材)、SCM435(生材)、S55C(生材)、SCM440H、SKS(生材)。
M・・・SUS303、SUS304。
K・・・FC。
N・・・A5052(アルミ?)。
S・・・?
H・...続きを読む

Q金属材料について

Fe-C系平衡図でフェライトやオーステナイト、パーライトなどの相変態が図式化されていますが、これと合金や結晶構造などを合わせて考えた時に関係性がうまくイメージできません。
合金の組織写真の中でこの白いところはフェライトで結晶粒界があってここがパーライトでとか言いますが、結晶構造はもっとミクロな話(原子レベル)の話で組織写真では見ることはできないということでいいのでしょうか?逆に合金が複数の元素から成るものであるならば組織写真の中で例えば上記の相以外のものが存在して目で確認できるのでしょうか?それともそれぞれの元素にもフェライトやオーステナイトなどの相があって組織写真では各元素を目で判断することはできないということなのでしょうか?
文系なのでもともと知識もないのですが、勉強しています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本単位格子の隣接する原子との間隔は長さa = 2.78?=2.75×10^(-8)cm程度で、特殊な電子顕微鏡で観察できる大きさです。結晶の大きさは、結晶粒径、10~100μm=0.01~0.1mm程度で、光学顕微鏡で観察できます。原子レベルと結晶レベルでは大きさのレベルが異なります。結晶レベルの組織は顕微鏡で確認できます。
フェライトやオーステナイト、パーライト等は、鉄と少量の炭素との合金の組織で、元素が異なると別名の組織となります。
参考URL
http://ms-laboratory.jp/strength/ms2/index.htm
ステンレスの組織、炭素鋼にNi,Cr等を合金
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9+%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%86%99%E7%9C%9F&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=SpW5UeicCMueiAeI2YHwBw&ved=0CCkQsAQ&biw=782&bih=440

基本単位格子の隣接する原子との間隔は長さa = 2.78?=2.75×10^(-8)cm程度で、特殊な電子顕微鏡で観察できる大きさです。結晶の大きさは、結晶粒径、10~100μm=0.01~0.1mm程度で、光学顕微鏡で観察できます。原子レベルと結晶レベルでは大きさのレベルが異なります。結晶レベルの組織は顕微鏡で確認できます。
フェライトやオーステナイト、パーライト等は、鉄と少量の炭素との合金の組織で、元素が異なると別名の組織となります。
参考URL
http://ms-laboratory.jp/strength/ms2/index.htm
ステンレスの組織、炭...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報