民事訴訟で、相手方からひどい中傷(事実でないこと)を書かれた陳述書を出されました。
当該陳述書の名義人は、陳述書に署名押印しただけで、法廷証言にはこちらが申請しても現れませんでした。
陳述書にあることないこと書いた人(書いたのは相手方代理人弁護士でしょうがそれに署名押印した人)を相手取って、名誉毀損で訴訟を提起することはできるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



敗訴されたのは地裁ですか?
私も地裁では半分程度しか認められませんでした。
しかし、高裁に上告し、高裁では全面勝訴になりました。
更に、高裁の判決文では「相手側の発言には一切信頼できない」とまで、書いてくれました。
勝負は高裁ですよ。

ただ、どのような内容の訴訟なのか、わからないので、一丸には言えませんが。

私の経験で言えるのは。
相手側の誹謗中傷に関し、証拠を求めることです。
虚偽である以上、証拠はありません。
これを徹底的に追及することです。
また、徹底的に、「返し技」です。
相手に発言さえ、その証拠を求める。
必ず、ぼろが出ます。
また、相手側の前の陳述書とも比べて下さい。
必ず、前後で辻褄が合わないような所が出ていきます。
ここをまた、追求。
攻撃は相手側にさせ、こちらは常に、カウンター狙いですよ。
一発KOで行きましょう。
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
証拠どころか、相手方は陳述書を書いた人が人証にさえ応じてない状況です。
訴訟活動は弁護士に任せてますが、証拠を求めても完全無視です。
一審の裁判官があまりにも酷かったもので、普通に考えたら負けるわけがない裁判だと思いながらも、まな板の上の鯉の状態ですので、ひたすら不安なんです。
一審の判決があまりに酷かったので、高裁はひたすら逆転判決をとりに行きますが、あまり過信せずに、負けたときの他の回復方法を知りたかったのです。

お礼日時:2005/05/28 01:51

私も同様のことをされたことがあります。


私の場合、相手方は自分に優位な証拠を提出できなかったため、裁判官への私の身上を悪くさせるため、「事実でない内容の陳述書」提出してきました。
その一部は私の反論陳述書により、公判中、謝罪を得ることができました。
その時、調べたのですが。
陳述書に虚偽を書くのは法的に問題があります。
確か、名誉毀損も可能だったはずです。
しかし、名誉毀損で得られる金銭等は僅かで、その為の労力を考えると・・・。
ですから、私の提案なのですが。
先ず、本件に勝訴されることを重要とし、その中傷に関し、反論陳述書で「その証拠を求めて下さい。」。
恐らく、事実でない以上、証拠はありませんから、逆に、その次の相手側の陳述には証拠は明記されませんから、その点を陳述書で追求されると良いと思います。
これにより、裁判官への相手方の身上はますます悪くなり、質問者様にとって、優位に働く結果となると思います。
この手の人には「返し技」で対抗されると得策ですよ。
因みに、私は全面勝訴しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
回答者さんの場合は幸運だったのだと思います。
私の場合は負けました。
客観的な証拠が何もないにもかかわらず
私にとって不利な事実認定をされているので、
誹謗中傷のたぐいの陳述書が裁判官の心証形成に影響したとしか思えません。
そういう裁判官もいるのです。
まだ控訴審で争ってはいますが、これで控訴審で負けたら本当にやりきれないし、無責任な陳述書を書いた人には自分が人の人生をめちゃくちゃにした事実をしっかりと受け止めて欲しいので、名誉毀損が認められても貰える金銭が僅かなのは承知の上で訴訟を提起したいと思っているのです。

お礼日時:2005/05/27 19:22

名誉毀損というのは人の社会的評価を引きさげる行為ですから、訴えるためには実際に社会的評価が引き下げられたか、その虞があったことが必要です。



傍聴人のいる法廷で実際に陳述書を朗読されて、多くの人に聞かれたというなら別として、陳述書自体は当事者と裁判官なり書記官しか閲覧しないものです。

裁判官も書記官も、そこに書かれている事実が存在するかどうかをこれから審理するのですから、陳述書を読んだだけで、それを信用して、あなたのことをひどい人だと頭から決め付けたりしません。ですから、ご質問者の社会的評価が下がっているとはいえないので、この段階では名誉毀損にはなりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

陳述書は、裁判記録を閲覧申請すれば誰でも見ることができるので、当事者と裁判所しか見れないものではないと思います。

「社会的評価が下がる」というのは刑事上の名誉毀損の要件だったと思いますが、民事上も社会的評価が下がることが名誉毀損の要件になっているのでしょうか。
そもそも民事上の名誉毀損は民法709条の不法行為に該当するか否かの話ですから、いわれのない誹謗中傷により精神的苦痛を受けたら慰謝料請求はできそうな気がしますが・・・。どうなのでしょう。

お礼日時:2005/05/27 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫婦が同じ不法行為にあったときの、裁判で出す陳述書

夫婦が同じ不法行為にあったときの、裁判で出す陳述書で、内容が99%以上同じ場合、夫婦が連名で「一つの陳述書」を出してもいいのでしょうか?

それとも、やはり一人ずつ、別々の陳述書(2つの陳述書)を出すべきですか?

Aベストアンサー

弁護士の判断にもよりますが・・・基本、連名は「有り得ない」と考えます。

まず、仮に夫婦で「99%以上同じ」であれば、2通の陳述書を出す必要性は存在しませんが、2名で出す必要性も、余り存在しないからです。
2名の連名にすれば、倍の効力を発揮するワケでもありません。

また、いずれかの名義で陳述書を提出し、「この陳述内容に関しては、同様の立場で当事者である妻(or 夫)も、概ね同様の認識である」等の一文を入れ込めば、ほぼ事足ります。

それにも関わらず、もし連名の陳述書を作成すれば、相手方弁護士の立場で考えますと、反論の材料として興味津々かと思われます。

同じ事象に対してでも、夫婦とは言え別個の人間が、99%以上も同じ認識である可能性は、まず有り得ないと思われますので・・。
即ち、一つの陳述書を元に、夫婦それぞれに証人尋問すれば、いずれかが多少は陳述書の内容とは相違したり、夫婦で違うことを言う可能性は高いので。
そうなれば陳述書そのものの信頼性が低下することになります。

一方、いずれかの名義として、「妻(or 夫)も、概ね同様の認識」と言う程度であれば、多少の齟齬などは許容されるかと思います。

従い、1つの事象に対し、大勢が証言した方が良い場合もありますが、複数が証言することが仇となる場合も充分に有り得るので、注意が必要です。
言い換えれば、大勢の証言である必要性が無ければ、「最も有力な証言者だけにすべき」です。

大勢が証言した方が良い場合でも、陳述書と証言に食い違いが生じにくい様、出来れば自分の言葉で書いた方が良いと思います。

法廷に提出する陳述書は、「証拠」として取り扱われるので、弁護士と相談の上、慎重に対処なさって下さい。

弁護士の判断にもよりますが・・・基本、連名は「有り得ない」と考えます。

まず、仮に夫婦で「99%以上同じ」であれば、2通の陳述書を出す必要性は存在しませんが、2名で出す必要性も、余り存在しないからです。
2名の連名にすれば、倍の効力を発揮するワケでもありません。

また、いずれかの名義で陳述書を提出し、「この陳述内容に関しては、同様の立場で当事者である妻(or 夫)も、概ね同様の認識である」等の一文を入れ込めば、ほぼ事足ります。

それにも関わらず、もし連名の陳述書を作成すれば、...続きを読む

Q名誉毀損の訴訟を提起しようと思っておりますが、地裁か簡裁どちたに訴訟を提起したらよいのでしょうか?

 前にご質問をいたした者です。
 
 名誉毀損の訴訟を提起したいと思っておるのですが、名誉毀損の賠償額は、日本では低い算定しかされませんし、印紙代もありますので、数万円程度の賠償額で本人訴訟を考えております。費用倒れでも気持ちの整理の為に行う予定です。
 
 そこで、額から言えば簡裁でしょうが、名誉毀損という訴訟の性質上、地裁が扱っていただけるところではないかと勝手に私は思っているのですが、いかがでしょうか?

 家賃滞納の為、家屋明渡し訴訟を、よく本人訴訟で行っておりますが、これは訴額に関わらず地裁が、訴訟を提起する場所です。このようなことから私は、訴訟額の大小に関わらず名誉毀損は、地方裁判所に訴訟を提起するものだと思うのですが、私の考えは間違っておりますでしょうか?どうかご教示をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 訴額が140万円を超える事件は地方裁判所が(裁判所法第24条第1項1号)、140万円以下の事件は簡易裁判所が管轄権を有します(裁判所法第33条第1項1号)。これを事物管轄といいます。名誉毀損を理由とする損害賠償請求事件も訴額で事物管轄が決まります。
 140万円以下の事件を地方裁判所に訴えた場合、管轄違いで簡易裁判所に移送することもありますが(民事訴訟法第16条第1項)、地方裁判所が相当と認めれば、自ら裁判をすることもできます。(民事訴訟法第16条第2項)これを自庁処理といいますが、名誉毀損の損害賠償請求権事件は、簡易裁判所の専属管轄事件ではありませんので、自庁処理も可能です。
 なお、訴額が140万円以下でも家屋明渡訴訟のような不動産に関する事件は、地方裁判所と簡易裁判所が競合的に管轄権を有しています。(裁判所法第24条第1項1号参照)

Q陳述書の作成の日付について

陳述書を作成するにあたって、日付は裁判の日付にするのでしょうか。それとも陳述書を作成した日になるのでしょうか。ちなみに裁判は少額訴訟で、この陳述書内容は裁判当日に提出する予定です。

Aベストアンサー

1 陳述書のサイズ
 A4版用紙を縦置きにし、横書きで、文字サイズは12ポイント、左側の余白を30ミリ程度取り、裏面は白紙にする(=1枚の用紙に記載するのは1ページのみ)と、裁判所は喜びます(記録整理に便利ですので。)。もちろん、そうしたから必ず勝訴できるというものではありませんが。

2 準備書面と陳述書の違い
 事実関係を説明した書面を、主張として提出するのなら「準備書面」、証拠として提出するのなら「陳述書」というタイトルになさってください。
 実際に提出するのが口頭弁論期日であっても、「陳述書」の作成日付は、現実の作成日にするのが一般的です。

 「準備書面」か「陳述書」かどちらのタイトルで出せば有利なの?とお考えになるかもしれませんが、結論的には、陳述書(証拠)としてお出しになり、口頭弁論期日で「陳述書記載のとおり主張を補充します。」と述べておかれるとよいでしょう。

 以上、お役に立てば幸いです。

Q法定訴訟担当が訴訟追行しているときに、当事者も訴訟を提起できますか?

民事訴訟法に関する質問です。
法定訴訟担当(債権者代位権者など)がすでに訴訟を追行しているときに、当事者(本人)が別に訴訟を提起したり、あるいは訴訟に参加するようなことは可能でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

端的に二重起訴の禁止にふれないかという点が問題となると思いました。
 しかし、債権者代位訴訟に債務者が七一条〔現四七条〕の参加をして第三債務者に対し代位訴訟と同じ訴訟物の訴えを提起することは、重複起訴の禁止に触れない。(最判昭48・4・24民集27-3-596)
三省堂 『模範六法2001平成13年版』

 とされています。

 確認してください。

Q陳述書って最初に「陳述書」ってタイトルが必要ですか?

よろしくお願いします。
題名の通りです。

陳述書を書いて頂いたのですが、一番上に「陳述書」というタイトルを記入してもらうのを忘れてしまいました。
「陳述書」というタイトルは必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 複数の書証を出す場合,証拠説明書を添付します。その証拠説明書に「陳述書」であることを記載すれば足ります。
 単独で提出する場合でも,裁判所書記官に「これは陳述書である。」と言って提出すれば足ります。
 裁判官は馬鹿ではありません。提出されたものが陳述書であるか否か判断できます。
 no.2の回答者が述べられているとおり,「陳述書」を冒頭で書いておけば,簡潔であることは言うまでもありませんが,タイトルに「陳述書」と書いてなくても判断が付くのが通常です。
 ただし,「陳述書」となるべき書証に印鑑が押印してないのであれば,話は別ですが。

Q取消訴訟勝訴から国賠訴訟提起までの最大期間は

表題のとおりですが
現在取消訴訟中です そこで勝訴した場合
既判力が働くので 国賠訴訟を考えています
その際
取消訴訟の勝訴から 国賠訴訟の提起まで
最大どのくらいの期間が可能でしょうか?
(空いても)
直ぐに提起は当然ありですが
1年~2年~3年
とか どんなもんでしょうか?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

国賠請求というのは、損害賠償です。
何かの損害を受けたのですか。
そうだとすれば、その損害が発生した時点(=損害を発生させた行政の行為の時点)が消滅時効の起算点となります。

取消訴訟がいつ確定するかとは無関係です。

Q破産者陳述書について

私は破産債権者です。破産者が作成した「破産者陳述書」を見たいのですが、破産者の代理人が作成した「報告書」なるものしかなく、破産者陳述書が破産事件資料の中に見当たりません。
破産者陳述書を手に入れるにはどうしたらいいのですか?

Aベストアンサー

破産申立てに,破産者自身の「陳述書」があるとは限りません。
個人破産の場合ならば,通常は代理人が報告書として整理し,その中に破産に至る経緯として,破産者からの聞き取りの内容をまとめます(個人破産の場合は,報告書には破産者本人の署名・押印をもらいます。ただし大阪地裁方式ですので,東京地裁方式は私は知りません)。
法人破産の場合も,代表者の陳述書などを付けるケースもありますが,少ないと思います。
法人でも個人でも,破産に至る経緯というのを申立に記載しなければならないのは当然でして,その形式として,報告書だったり陳述書だったりするということです。

裁判所に破産記録の閲覧に行かれたのですね?
破産債権者は破産の一件記録の閲覧が可能です。
その中に陳述書がなかったのならば,陳述書はこの事件では存在しないのでしょう。
破産事件で陳述書に閲覧制限が付されているということはありえないと思いますし(民事再生などの再生型の倒産事件では,営業秘密等に関する点などには閲覧制限が付されることがあります)。

Q会社が訴え(少額訴訟)を提起する場合と訴訟委任状

会社が知り合いをアルバイトとして雇うという話で、20万先払いで貸しました。
その時「借用書」も書いてもらいました。

しかし、その知り合いが働かず音信不通になりました。
そこで、少額訴訟を起こす事になるかもしれません。

わたしは小額訴訟の敷金返還で強制執行で回収までやった経験があり
任されるかもしれません。

そこで、法人が訴訟の当事者となる場合、代表者(代表取締役、理事、清算人など)が
会社を代表して訴訟を行う(訴訟の提起自体は会社の代表者がしなければならない?)
との事ですが、

代表取締役は忙しいので行く時間がありません。
一般社員のわたしが一人で訴状を作成・提出し、口頭弁論から回収まで可能なのでしょうか?

訴訟委任状は訴状を作成・提出する時に簡単に作成して認められるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>一般社員のわたしが一人で訴状を作成・提出し、口頭弁論から回収まで可能なのでしょうか?

可能です。(少額訴訟であり、管轄が簡易裁判所ですから)
まず、会社がmimimi3さんを社員であることの証明書を発行します。(社員証明書)
次に、会社はmimimi3さんに訴訟を委任します。(訴訟委任状)
次に、mimimi3さんが裁判所に「代理人許可申請書」を提出します。
勿論、社員証明書と訴訟委任状は添付書類として同時に提出します。
それで裁判所の許可があれば代理人となれます。
実務では、「社員であること。」「法律知識があること「当該事件を精通していること」等が満たされていれば許可しています。
なお、強制執行は、委任状だけでよく、裁判所の許可は不要で代理人となれます。
各書類の書き方などわからなければ教えます。

Q民事訴訟の陳述書での誹謗中傷

民事訴訟で、相手方からひどい中傷(事実でないこと)を書かれた陳述書を出されました。
当該陳述書の名義人は、陳述書に署名押印しただけで、法廷証言にはこちらが申請しても現れませんでした。
陳述書にあることないこと書いた人(書いたのは相手方代理人弁護士でしょうがそれに署名押印した人)を相手取って、名誉毀損で訴訟を提起することはできるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。

敗訴されたのは地裁ですか?
私も地裁では半分程度しか認められませんでした。
しかし、高裁に上告し、高裁では全面勝訴になりました。
更に、高裁の判決文では「相手側の発言には一切信頼できない」とまで、書いてくれました。
勝負は高裁ですよ。

ただ、どのような内容の訴訟なのか、わからないので、一丸には言えませんが。

私の経験で言えるのは。
相手側の誹謗中傷に関し、証拠を求めることです。
虚偽である以上、証拠はありません。
これを徹底的に追及することです。
また、徹底的に、「返し技」です。
相手に発言さえ、その証拠を求める。
必ず、ぼろが出ます。
また、相手側の前の陳述書とも比べて下さい。
必ず、前後で辻褄が合わないような所が出ていきます。
ここをまた、追求。
攻撃は相手側にさせ、こちらは常に、カウンター狙いですよ。
一発KOで行きましょう。
頑張って下さい。

Q本人訴訟の陳述書

本人訴訟です。私は原告です。
先日、裁判所に陳述書を出しました。
自署せず、ワープロ打ちの氏名&押印だけで出してしまいましたが
自署すべきだったかと反省しています。

被告(代理人付き)から届いた陳述書は
被告の住所と氏名が自署されていました。

本人訴訟だから、本人が書いたものに決まっているから
氏名はワープロ打ちのままで大丈夫でしょうか?

書記官さんから何も連絡(指摘)はありません。
書記官さんが苦手なので、自分から電話して確認する気もありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約書など偽造の恐れが無いような、特に原告本人が持参する書式には記名捺印で十分です。
大事なのは、陳述書の内容だからです。

貴方から書式を受取った書記官に対する心証がそれに依る影響などは全くありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報