ブラックライトで蛍光物質を光らせて可視化実験を行っている者なのですが、ブラックライトをかなり近づけて実験を行うので、光ってほしくないものまで光るのです。
よってブラックライトの可視光を出来るだけ抑えるフィルターなどがほしいのですが、そのようなものはないでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

18Aという紫外線写真用のフィルターが検索に


ひっかかりました。可視光を1/80までカット
するようです。
理科実験なんか鉱物の観察等にで使う蛍光検査
装置?なんかでもよろしいのでは?

参考URL:http://www.photo.net/photo/edscott/uv000010.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
遅くなってすみません。
そういったフィルターは存在するということですね。
またいろいろ検討してみます。

お礼日時:2001/10/01 17:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックライトで光るガスはありますか?

容器の漏れを見つけるため、ガスを入れて、ブラックライトを当てると
漏れたところが光るようなことができないか考えています。
ブラックライトで光るガスは何かしりませんか?

Aベストアンサー

t遷移かs遷移(蛍光の方.燐光ではない.どちらか忘却)で紫外線分解するぶしつならば.大体光ります。ただ.ホトマルを使わないと検出は困難でしょう。
又.消光剤として有名なぶしつは水です。PPMオーダーの水があると大体発光できなくなります。

液体や固体では.分子構造がある程度安定しているために遷移状態から発光してもとの基底状態にもどるので.比較的連続発光が可能です。しかし.気体では遷移状態でたとえば分子のままラジカル構造を持つ酸素とぶつかったり.水とぶつかったりすると多くの場合に化学反応を引き起こしもとの基底状態に戻れません。又.このような反応が起こる条件では爆発的な反応が予想されますから(このくらいにしないと肉眼で見えない).危なくて使い物にならないのが現状です。それに.対象ぶしつが毒性の強い有機金属とかのたぐいになってしまいます。

Q赤外光を可視光に変換するLEDについて

赤外光を可視光に変換するLEDの動作原理や材料、構造などを教えてください。
調べても、普通の赤外LEDや、可視光LEDとかしか出てきません・・・
もし、いいwebサイトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nmの緑色のレーザは赤外のレーザ光(YAGレーザ)の波長をSHG素子で半分にしたものです。半導体レーザの波長860nmを半分にした青色レーザにもSHGが使われています [2]。「第二次高調波 SHG」で検索すればいろいろ出てきます。

[1] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%AB%98%E8%AA%BF%E6%B3%A2%E7%99%BA%E7%94%9F
[2] SHGレーザ http://www.ilt.or.jp/sample/laserkagaku/wave/1-76.htm

元LED開発エンジニアです。
LEDは電流を光(赤外~可視~紫外)に変換するもので、光を別の波長の光に変換するものではありません。蛍光体を使った白色LEDの中身は青色LEDで、LEDで発生させた青色光を周囲の蛍光体に照射して、長い波長(赤~緑)の光を発生させ、これと元の青色と混ぜて白色光を作るものです。

結晶の非線形性を利用して波長を半分(例えば赤外を可視)にするものをSHG(second harmonic generation:第二次高調波発生)[1] と言います。これは半導体素子でなく単なる光学結晶です。波長532nm...続きを読む

Qブラックライトで白い布が光のはなぜ?

子供がブラックライトを欲しがったので、ハンディータイプのミニ蛍光灯に、FL-4D(4ワット)型のブラックライトを買って取り替えてみました、ばっちり暗い中で、白い布が、青白く光り子供に大受けでしたが、どういった仕組みで光るのかと聞かれて、答えに困ってしまいました、つい、青い光りの波長だけを通すようにコーティングされているんだよと、口からでまかせを言ってしまいました。ほんとうは、どうなっているんでしょうか?また、体に害は無いのでしょうか?いまさら心配になりました、ご存知の方、是非、ご教授ください。お願いします。

Aベストアンサー

ブラックライトから出て来る物は紫外線です。これは皆さんの回答の通りです。

で、布が白く光るのは、布の中に含まれる蛍光物質がこの紫外線が持つエネルギーによって刺激され(励起されると言います)紫外線の持つ波長とは全く異なった波長の光りを発光させ、それば目に届くため白く見えます。
蛍光ペンで塗った個所がその蛍光ペンの色で光るのもその為です。

通常の蛍光灯は先程の紫外線が蛍光管のガラス内壁に塗った蛍光物質にあたりその蛍光物質が発光することにより蛍光灯が光ります。

ブラックライトをお持ちでしたら、1万円札とか1000円札を見ると可視光線では見えなかった部分が明るく見えます(ハンコの部分とか。)。 また、郵便されてきたハガキとか手紙の表面を見るとオレンジ色のバーコードが見えます。これは最初に集められた郵便局で住所をバーコード化し、後処理を簡単にする為に付けているバーコードですが一般の方にはほとんど知られておりませんのでお子さんへの知識としてお話されるのも面白いと思います。

Q実験計画法 実験順序のランダム化

直交表L27(3^13)を用いて実験を行いたいと考えています。
その際に直交表No.1~27の実験をランダム化する必要があるかと思うのですが、どのようにランダム化して(試験順序を決めて)実験を行えばよいのか分からず困っております。
ご存知の方みえましたらご教授頂けないでしょうか。
 ※専用ソフト等があれば良いのかも知れませんが、そのようなソフトは現在持ち合わせておりません。

  以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単純にランダム化するだけなら、エクセルでやっています。

1) セルA1からA27までに、1から27までの数字を順に入力。
2) B1からB27までに、=rand()を入力。
3) A1からB27までを選択し、データ > 並べ替え > 最優先されるキーを列Bにし、OKをクリックする。

Q赤外光と近赤外光について

赤外光と近赤外光の分析する上でのそれぞれの特徴を詳しく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

赤外線の定義はいろいろあるようです。
超遠赤外から近赤外まで、遠赤外のヒータ関係と天文学関係を参考まで。
http://www.nippon-heater.co.jp/design/infrared/infrared.html
http://www.ir.isas.ac.jp/ASTRO-F/intro/ir-intro.html

参考程度まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報