血栓性静脈炎に適応症のある薬剤を教えてください。
バリダーゼバッカル以外のものでよろしく。

A 回答 (2件)

教科書には、「バメタン」(一般名)が載ってました。


「血栓性静脈炎などの末梢循環障害の改善」

薬理学:南江堂
    • good
    • 0

>抗酸化物質のMSMプラス・プロアンチノルズもお試し下さい。



# いろいろお試しするようなもんなんですかね

参考URL:http://www.vmall.ne.jp/~balance/kessen.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神経性大食症と神経性無食欲症について詳しく教えてください。

神経性大食症と神経性無食欲症について詳しく教えてください。
どちらもの症状の例にとても当てはまるのですが
やはり自力で治すのは困難でしょうか??
またむちゃ食いをしても体重が増えないのですが
何か理由はあるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

臨床心理士です。

まずは、最も重要な点から。
神経性大食症、神経性無食欲症のいずれにしても、ご自分の力だけで治すのは非常に難しいと思います。
精神科または、心療内科できちんとした診断を受けた上で、治療が必要と言うことであれば、そうした専門医療機関で治療をお受けになることを強くお勧めします。

どちらの症状も当てはまるということですが、自己診断は過ちの元となりますので、その可能性があると思われたら、上記のように専門医に相談し、きちんとした診断を受けてください。
また、質問者様は、お望みではないので安心していますが、こういう質問サイトで、しかも医師以外の人が診断することはできません。

それから、詳しい状況が書かれていませんが、神経性無食欲症では、その経過の中で、大食のエピソードが出現することがあります。
また、両者の間を移行することがあることも知られています。
これらのため、どちらの症状にも当てはまると思われたのではないかと推測します。

むちゃ食いをしても体重が増えないということですが、下剤を使用して排出したり、指などを使って嘔吐を誘発したりするということはしていらっしゃいませんか?
大食しても太らないという方が大半ですが、ほとんどの場合、大食をしたあとで、自己嫌悪感にとらわれて、このように、無理に排出したり、嘔吐したりしてしまうことがよくあります。

いずれにしても、早急に精神科または、心療内科のクリニック、病院で診ていただくことをお勧めします。

臨床心理士です。

まずは、最も重要な点から。
神経性大食症、神経性無食欲症のいずれにしても、ご自分の力だけで治すのは非常に難しいと思います。
精神科または、心療内科できちんとした診断を受けた上で、治療が必要と言うことであれば、そうした専門医療機関で治療をお受けになることを強くお勧めします。

どちらの症状も当てはまるということですが、自己診断は過ちの元となりますので、その可能性があると思われたら、上記のように専門医に相談し、きちんとした診断を受けてください。
また、質問者様は、...続きを読む

Q中心静脈カテーテルの合併症?

中心静脈カテーテルの合併症とはどんなものがありえますか?カテーテル感染から、いろいろなものが複合して(院内菌、一般の風邪など)急激に重篤な合併症がおこりえますか?カテーテル感染による感染時の特徴、敗血症の特徴、カテ感染によるショックの特徴を教えてください。CRPは9,3でした。

Aベストアンサー

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記載しなくてはいけません。そうしないと胃薬に対して保険がおりないのです。

 今回の場合は例えば主治医が重症感染症を疑って(実際に起こっていたかどうかは別として)、ガンマグロブリンを使おうとしたときには、やはりレセプト病名として「敗血症」と書く必要があったのだと思います。ですからレセプト病名=実際の病名では必ずしもないということはご理解ください。

>こういうものを使うときはインフォームコンセントと同意が必要なのではないのでしょうか

アルブミン製剤やグロブリン製剤を使用するときは通常同意書は必要ないと思います。

>大腸菌の細菌感染によるものなら院内感染で責任を問えるのですよね。

病院側の感染対策に不備が無ければ、IVH感染であってもすぐに病院側の責任が問われるということは無いと思います。IVH感染、院内感染というものは適切な対策をとっていればその発生率を減らすことはできると思いますが、0にすることは難しいと思います(0になることが理想ですが・・・)。

 以上の回答については、本来は私ではなく、主治医が答えるべきことだと思います。

 12回にわたって回答させていただきましたが、それぞれの回答は医師として客観的な考えを述べてきたつもりです。どうにかtakaoka0728様のお役に立てるようコメントしてきたつもりですが、残念ながら意に沿うようなお話を私はできていないように感じております。従いまして、今回の一連のやりとりにおける私の役割は終了したと考え、回答はこの回をもって終了させていただきます。

 takaoka0728様が納得のいかれる方向にいくことと、何よりもお子さんの病状が回復することをお祈り申し上げます。

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記...続きを読む

Q変形性頚椎症の手術適応基準

 変形性頚椎症に対して、保存療法でいくか手術をするかの基準が有りましたら、お教え下さい。 また、変形性頚椎症の病期分類のようなものはあるのでしょうか? 整形外科関係の書籍もいくつか調べてみたんですが、はっきりと病期(ステージ?)の分類をしているものを見つけられませんでした。
 私は理学療法士です。 勉強の糸口になるようなアドバイスでも結構ですので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 変形性脊椎症には病期分類は無いと思います。しかし、この病気が進行し「頚椎症性脊髄症」などの神経学的異常が出現した場合は「JOA score」を用いて(これも病期分類ではありませんが)この疾患の程度を判断します。つまり「変形性頚椎症」は、頚椎の加齢的変化をレントゲンなどで確認できる病態の名称にすぎません。ですから加療を行ったとしてもこの頚椎の変化は変わることはありません。しかし、これによる疼痛はもちろん出現することが多いので、その場合は消炎鎮痛剤、外用剤、リハビリを施行し保存的に加療を行います。変化が徐々に増悪し、先ほど述べた「神経学的異常」が認められ、ADL障害まで出現してくることがあれば十分なインフォームド・コンセントを行った上で(手術自体のリスク、手術をすればどこまで回復するか、術後のリハビリなどの説明をする)手術を考慮します。簡単な説明ですが御参考になれば幸いです。

Q病院薬剤師と調剤薬局の薬剤師の違い

私は東京の私大の薬学部に通っていて、4月から4年生になります。私は卒業後は薬剤師として病院か調剤薬局で働きたいと思っているのですが、どちらにするか迷っています。
調剤薬局の人とは何人かとお話ししたことがあるのですが、調剤のほうがやりがいのある仕事ができると言う人が多いです。
病院薬剤師の方とはあまり話したことがないので病院薬剤師からみた、調剤薬局と病院の違いを教えてほしいです。
また、病院薬剤師になるには大学院をでたり、研修生にならなければ、なれないのでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。田舎の小さな病院で薬剤師をしております。病院薬剤師と調剤薬局の薬剤師、いまの医薬分業のながれからはっきり役割が分かれてきつつあります。病院は主に入院患者の薬剤管理指導(適正使用、副作用のチェック、在庫管理、患者への指導、他職種へのフィードバックなど)がメインになってきます。また調剤薬局では外来患者の在宅における管理指導がメインになってきます。ので、人それぞれですがやりたい方へ進めばよいと思います。大病院でしたら研究もできるでしょうし治療内容も高度なものもありかなり勉強になると思います。が募集が少なくなかなか採用は難しいかもしれません。大学院や研修生から大学病院へという話はよく聞きますが民間病院では特にこだわらなくてもよいと思いますよ。
これは私見ですが、調剤薬局は薬剤師だけ(事務員さんもいますが)数人程度の職場が多いですから自ら進んで研修会等へ参加したりしなければスキルアップは難しいかもしれません。病院であれば病棟中心ですから、看護師さんはじめドクターともコミュニケーションを取れますし、お互いの意見交換もできます。そう考えると最初は病院で医療とはどんなものかを勉強し、調剤薬局に転職っていうのもありだと思います。

おはようございます。田舎の小さな病院で薬剤師をしております。病院薬剤師と調剤薬局の薬剤師、いまの医薬分業のながれからはっきり役割が分かれてきつつあります。病院は主に入院患者の薬剤管理指導(適正使用、副作用のチェック、在庫管理、患者への指導、他職種へのフィードバックなど)がメインになってきます。また調剤薬局では外来患者の在宅における管理指導がメインになってきます。ので、人それぞれですがやりたい方へ進めばよいと思います。大病院でしたら研究もできるでしょうし治療内容も高度なもの...続きを読む

Q薬剤師・漢方薬剤師さんにお聞きしたいです><;

私は現在薬学部に通っている3回生です。
将来漢方を扱う職場に行きたいと思い、就職は漢方薬局などを考えています。
薬局となると就職活動はもう少し後だと思い深く考えてなかったのですが、企業の漢方薬局(?)などもあり、それらは採用募集が早めだと最近分かりました・・・(遅すぎです;;)
雰囲気では薬日○堂のような漢方薬局がいいなぁと思うのですが、漢方薬剤師と言うものに、疑問があります。

(1)漢方薬剤師として勤めると新薬についての知識を得る機会は減りますか?
(2)卒業してすぐに漢方薬剤師として就職すると、次に調剤薬局などに勤めるのは難しいでしょうか?
(3)普通の薬剤師から見て、漢方薬剤師さんが患者さんの症状を聞いて調合するのはどのように見えるのでしょうか?
(4)漢方と新薬両方を扱う薬局・企業などで思いつくとこがあれば教えていただきたいです・・・

(1)~(4)、どれでもいので、分かる範囲で教えてください><;
基本的な質問で申し訳ないです;

Aベストアンサー

企業MR→調剤薬局管理薬剤師です。
まず、漢方薬局ですが日本の現況を考えるとかなり異端的な立ち位置にあると思います。というのも漢方薬局自体が一般の病院・製薬企業とむしろ敵対という立場にあるからです。漢方薬局もピンからキリまでありますが、「西洋治療」(この言葉もどうかと思いますが漢方薬局では良く使うみたいです)そのものを否定するところもまだまだ多いですし、一般の現代的な薬剤・治療の知識も極端に低いところが多く普通の病院のDrからはかなり嫌われている存在です。>(1)一般の新薬はむしろ否定する立場なので生きた知識を得る機会は非常に減ると思いますし一般の企業のMRは漢方薬局には訪問しません。>(2)調剤薬局以外にも中途のMRなども厳しいと思います。(知識が漢方のみに偏るため)要は他の漢方薬局以外への転職は難しいでしょう。>(3)違法スレスレですよね。医学の資格の無いものが行う行為で万一致命的なSEがでたらどう対処するつもりなんでしょうか?それとも漢方では副作用はありません、というレベルまで洗脳されてしまってるんでしょうか?>(4)もしあなたが私の後輩だったとするなら基本的には漢方関係は奨めませんがどうしてもと言うならツムラのMRのみ奨めます。同期でも漢方薬局に行った人がいますが、たまに集まっても皆その人とは薬や業界の話はしませんね。

企業MR→調剤薬局管理薬剤師です。
まず、漢方薬局ですが日本の現況を考えるとかなり異端的な立ち位置にあると思います。というのも漢方薬局自体が一般の病院・製薬企業とむしろ敵対という立場にあるからです。漢方薬局もピンからキリまでありますが、「西洋治療」(この言葉もどうかと思いますが漢方薬局では良く使うみたいです)そのものを否定するところもまだまだ多いですし、一般の現代的な薬剤・治療の知識も極端に低いところが多く普通の病院のDrからはかなり嫌われている存在です。>(1)一般の新薬はむ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報