三浦綾子さんの『続氷点』の中に、
“一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたもの
    ではなくて、われわれが与えたものである”
              という言葉がありました。
ジェラール・シャンドリという人の言葉らしいのですが、
そのジェラール・シャンドリとは、どこの国のどんな人かご存知の方、是非教えてください。

A 回答 (1件)

同じ疑問を持たれている方は多数いらっしゃるようですね。

下記URLにも同様の質問がありました。
また、三浦綾子記念文学館の方ならわかるかもしれません。
(もしかしたらですけれど・・・)
三浦綾子記念文学館のWebサイトは
http://www.eolas.co.jp/hokkaido/hyouten/
になっています。(最後のディレクトリの/hyouten/は氷点ってそのまんまですが・・・)
私もこの回答を知りたいので、ほかのかたの御意見を一緒に待ちましょう。
お役にたてなくてもうしわけないです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~NT5T-KNI/Ayako/Log/g …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリバーススタートのことフィリップって言いますよね

競技スキーの時二本目リバーススタートの範囲をフィリップっていいますよね?これって語源はなんなのでしょうか?意味は?何語?他に使用するスポーツはあるのでしょうか?今思うと普通にフィリップって使ってたのが不思議です。ちょっと調べたんですけど、人名のフィリップとかフェリペ2世にちなんでフィリピンと命名されたとかしか分かりませんでした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フィリップじゃなくてフリップ(flip)じゃないですか?
フリップ30とかフリップ15とか

Q中村春雨『無花果』の結末(三浦綾子『塩狩峠』)

中村春雨(吉蔵)のキリスト教小説『無花果』の結末に関する質問です。
学生の時分にこの小説が授業で取り上げられたことがありました。
三浦綾子の長編『塩狩峠』にも登場する作品です。
ところがこの『無花果』の結末、授業で学んだものと『塩狩峠』に書かれているものとでは著しく異なっているのです。


●授業での結末(授業バージョン)
主人公の牧師鳩宮が紆余曲折の末、家族に温かく迎えられて幸福の涙を流す場面で終わりです(七十五章)。

●『塩狩峠』での結末(塩狩峠バージョン)
授業での結末の続きが書かれています。
主人公が苦悩の末に家出し、汽車にはねられて死ぬところで終わります。


私は実際に読んでおりませんが、
この『塩狩峠』に書かれているエピソードがあるかないかによって、
『無花果』の読後感は180度変わってくると思います。

「授業バージョン」は物語の御都合主義的な欠陥が際立つ結末となっています。
授業でも「入信→救済」という単純な図式が指摘されていました。
つまりキリスト教の宣伝小説のような印象を受けるのです。

一方「塩狩峠バージョン」はいわばバッドエンドです。
『塩狩峠』の主人公信夫もこの結末に考え込んでいます。
「せっかく鳩宮家に平和が戻って来たというのに、どうしてこんな結末になってしまったのだろう」と。
しかしこの結末に考え込んだ信夫は以前にもましてキリスト教に強く関心をもつようになります。


当時この点について授業の担当教員に質問したところ、
「おそらく三浦綾子の記憶違い」とのことでした。
しかしこれほど重大な部分について記憶違いが起るだろうかと私は疑問に思うのです。
たとえば中村春雨が結末に手を加えるなどして、異なるバージョンが存在することになったということもありえます。
『無花果』を読めばすぐに疑問が解決するのでしょうが、
たいへんに古い作品のため容易に読むことができない状況です。


『無花果』の結末についての真相をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

中村春雨(吉蔵)のキリスト教小説『無花果』の結末に関する質問です。
学生の時分にこの小説が授業で取り上げられたことがありました。
三浦綾子の長編『塩狩峠』にも登場する作品です。
ところがこの『無花果』の結末、授業で学んだものと『塩狩峠』に書かれているものとでは著しく異なっているのです。


●授業での結末(授業バージョン)
主人公の牧師鳩宮が紆余曲折の末、家族に温かく迎えられて幸福の涙を流す場面で終わりです(七十五章)。

●『塩狩峠』での結末(塩狩峠バージョン)
授業での...続きを読む

Aベストアンサー

 検索してみました。

 「yahoo!オークション」の、
  オークション > 本、雑誌 > 文学、小説 > 小説一般 > 日本人作家 > 複数作家
に、
  ◆現代日本文学全集【歴史・家庭小説集】改造社◆昭和3年◆
というのが出品されています。
-------------------------------
当時全集ブームにのって、大ベストセラーとなった改造社の現代日本文学全集です。
天の部分が金色になっており豪華に作られております。
大変古いものですので入手困難な貴重なものだと思います。

由井正雪 塚原渋柿園
元禄女 村上浪六
無花果 中村春雨
小松嶋 村井弦齋

経年によるヤケ、シミ、折れ、角に傷み、汚れ、函破れあります。
ご了承いただける方のご入札お待ちしております。
-------------------------------
との説明があります。写真を見ると全集の中の「第34集」のようです。
 現在の価格は700円、あと4日です。

QJR新宿-西武新宿-JR高田馬場

現在西武新宿線の自宅付近駅より東京駅まで通勤しております。
行きは、自宅付近駅-高田馬場-新宿-東京駅というルートを使用しています。
帰りは疲れているので西武新宿線で座って帰りたいので、東京駅-新宿-(徒歩)-西武新宿-自宅付近駅というルートを使用しております。

現在は、自宅付近駅-西部新宿駅と高田馬場-東京の2枚の定期を使用しておりますが、Suica-PasmoのJR-私鉄相互利用のカードどちらか一枚にどうにか集約することは可能なのでしょうか?

ちなみに新宿駅-西部新宿駅近辺の事情が分からない方への説明ですが、西武新宿線とJRは高田馬場で連絡しており、都下からですと高田馬場の次が西武新宿駅終点で一駅だけ飛び出した形となります。この西武新宿駅には、JRも地下鉄も他の私鉄も連絡しておりません。
よって、通常、都下から東京まで定期券をJRの窓口で購入すると、都下-高田馬場-新宿-東京というルートになります。

Aベストアンサー

こんにちは
小田急沿線の者です。

現在磁気定期で1枚に出来ない区間はICになっても同じです。
これが大前提。
これは定期券の入れ物が磁気以外も選択可能になっただけで、
連絡定期を発券するための会社間の協定は変わっていないためです。

で、質問者の方の区間ですが、西武線とJRの場合、新宿駅での連絡運輸協定はないようです。
http://homepage2.nifty.com/mars/transfer.html

そのため西武新宿駅を経由した定期券は元々が連絡定期には出来ないので
無条件に2枚以上になります。
西武新宿線ですと、高田馬場乗り換えでしか連絡定期を作ることは出来ません。

ですので、最寄り駅~<西武新宿線>~高田馬場~<山手線>~新宿~東京の経路で定期を購入し
西武新宿→高田馬場間を毎回SFで精算するしか1枚にする方法はありません。
この経路であれば、PASMOでもsuicaでも購入可能です。

Q和歌の中の“真砂”は“まさご”?“まなご”?

新続古今和歌集の飛鳥井雅世のうたで、

白妙の真砂のうへにふりそめて思ひしよりも積もる雪かな

というものがありますが、この場合の“真砂”は“まさご”でしょうか?“まなご”でしょうか?
ネットで検索してもわからなかったので、質問させていただきます。
もしよろしければ、全文、ひらがなで読みを教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

国文学研究資料館の「電子資料館、本文データベース」(下記URL)をご紹介します。あとは以下の手順でお進みください。

「二十一代集(和歌)」をクリック。
→「和歌本文(よみ)」の欄に「しろたへの」と入力して検索ボタンをクリック。
→「しろたへの」を含む和歌が表示され、最後のあたりに問題の和歌が出てきます。
→〈詳細〉をクリック

というわけで、「真砂」は「まさご」であるようです。

参考URL:http://www.nijl.ac.jp/contents/d_library/index.html

Qエルザって覚えてますか?もう かれこれ30,35年前になると思いますが

エルザって覚えてますか?もう かれこれ30,35年前になると思いますが コマーシャルか何かでエルザというモデルさんが良く出ていたと思うんですが とても好きでした。今どうしているのでしょうか?
その当時の画像とか見たいのですがどこかアクセスする方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

歌手のエルザのことでしょうか?

あまり残ってないようですが、検索でヒットしたのは・・・
http://www.geocities.jp/return_youth/showa/elza.html

人違いならすみません・・・

Q“利用”と“使用”と“応用”の違い

“利用”と“使用”と“応用”の違いがわかりません。特に“利用”と“使用”はどう使い分けるべき何でしょうか?どなたか明確な回答をお願いします。

Aベストアンサー

利用:役立つようにうまく用いること。「例:休暇を利用して帰省する」
使用:物・場所・人などを使うこと。「例:マイクを使用する、新しい橋には鉄材を使用する」
応用:知識や原理などを実際の事柄にあてはめて、生かして用いること。「例:国語に関する施策に言語学の知識を応用する」

その他、似たような言葉として、
活用:そのものが持っている価値を充分に生かして用いること。「図書館をできる限り活用する」
運用:その場その場にあわせて規則・金などをうまく用いること。「資金をうまく運用して利益をあげる」

Q"Can you celebrate?"ってどういう意味??

安室奈美恵さんの「Can you celebrate?」
という曲がありますが、そもそもこの英語はどういう意味ですか?
(誰が誰に対して言っている言葉なのでしょう・・・)
「Will you celebrate our marriage??」
とかならわかるのですが、celebrateが自動詞ではおかしいと思うのですが・・

Aベストアンサー

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。

結論を言うと、「Can you celebrate?」は微妙なところだと思います。「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。

慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。

中傷だけで終わるのも何なので補足します。

Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。質問者さんは、「Can you celebrate?」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。

例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。これは明らかに米英人はしない間違いです。意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...続きを読む

Q三浦哲郎の一冊目の随筆集の題名を教えてください

彼の随筆集(小説も)を愛読しています。
昭和50年講談社発行の随筆集 ゜せんべの耳゛の あとがきに
これが二冊目だと書いてありますが。
娘たちの夜なべ、 春の夜航、 下駄の音、 一尾の鮎
狐のあしあと、と続くのですが、第一作目はなんですか?

Aベストアンサー

『笹舟日記』 (1973年)かと思います。昭和47年4月から翌年3月まで毎日新聞日曜版に連載された全52の掌編集です。

Q99-00シーズンのバレンシア

99-00シーズンのバレンシアの基本フォメ&メンバーが知りたいの
ですが、データが載っているサイトや書籍等ご存知でしたら教えて
ください。
友人との話題に出てきて、はっきりと思い出せずにずっと気になっ
てますTT
クラウディオロペスやジェラール、メンディエタあたりがまだいた頃だとは思うのですが、かなりうろ覚えで・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

俺のあやふやな記憶でよければ

         ピオホ   アングロ(か、イリエ)

   キリゴンザレス         メンディエタ

         ファリノス  ジェラール

カルボーニ  ペジェグリーノ  ジュキッチ   アングロマ

            カニサレス

こんなんだったような気がする・・・・
不確かですんません。

Q☆古代エジプトが舞台の小説を教えてください☆

こんにちは。今度エジプト旅行に行くので、
古代エジプトについて勉強したいと思っています。

本格的なエジプトの歴史の本だと、とっつきづらそうなので、
ツタンカーメンやクレオパトラ、アレキサンダー大王などが
主人公の小説があったら読んでみたいな、と思っています。

とりあえず私でも知っている人物を挙げただけなので他にも
みなさまのお勧めの本を教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんがご紹介されている、クリスチャン・ジャック著「太陽の王 ラムセス」は私も読みました。
軽く読めますよ。

宮尾登美子さんにも「クレオパトラ」という小説があります。
http://www.geocities.jp/nanamaru28/syo/jm/miyao.html#kureopatora

こちらは漫画になりますが、山岸涼子さんの『ツタンカーメン』(全3巻はハワード・カーターによる王家の谷発掘に関するもので、結構「エジプト」への興味を惹かれますよ。
http://shopping.yahoo.co.jp/search?p=%BB%B3%B4%DF%CE%C3%BB%D2&cspid=&first=1
そういえば漫画は結構ありますよね…。
山岸涼子『ハトシェプスト』、里中満智子『アトンの娘』…何といっても有名なのは『王家の紋章』かと思いますが、これはちょっとジャンルが違うという感じもしますね。

あと、こんなサイトを見つけましたが、いかがでしょうか。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ryoyoka/yoka/index.html

#1さんがご紹介されている、クリスチャン・ジャック著「太陽の王 ラムセス」は私も読みました。
軽く読めますよ。

宮尾登美子さんにも「クレオパトラ」という小説があります。
http://www.geocities.jp/nanamaru28/syo/jm/miyao.html#kureopatora

こちらは漫画になりますが、山岸涼子さんの『ツタンカーメン』(全3巻はハワード・カーターによる王家の谷発掘に関するもので、結構「エジプト」への興味を惹かれますよ。
http://shopping.yahoo.co.jp/search?p=%BB%B3%B4%DF%CE%C3%BB%D2&cspid=&first=...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報